岳行ノート
吉田山  1450m/長野県高森市

2007.9.22(土) 曇り時々晴れ
              25℃
往路:2時間35分 (小休止含)
復路:1時間55分


 あれだけまとわり付いた夏の暑さが去りゆく今日この頃。夏と秋のミックスジュースもその味を日に日に秋へ移している季節です。

 そんな日に長野山を計画しました。私のETC割引高速利用限界は、100kmだと飯田インターまでです。その付近を探して未踏のこの山に決めました。

 途中、キャンプ場もあり単独なので登りやすさで選びました。


 教科書は、山と渓谷社刊「名古屋周辺の山200」です。
駐車場周辺図


登山道はキノコ色の季節
(ウラグロニガイグチ)





キャンプ場

吉田山




※色線は実測ではありません。
■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」




 8年間で16万2980km、CR-Vの横顔が好きだった。家族同然に親しみを持ちどこへ行くときもいつも一緒。でももういない。

 実はその購入時よりも新車が安く提示されたのです。決算期、知人の紹介もあり、下取りゼロが思わぬ高価査定で承諾しました。

 家族同然だと思ってたけど売っぱらって‥言ってることとやることが違う現金な私。(新車は3コマ目に写ってます)
 




 さて高速を試し運転。飯田インターで降り下道を走れば、旅先のコスモスが迎えてくれます。が、雲が山を覆う。



 大島川沿いを走り、堂所森林公園を抜けると左に駐車地があります。奥に続く不動滝への道は工事中でした。
(9:35)
 



 車を置き、少し降ると山側に道標があります。植林の間を歩くとすぐ舗装道路に出て左へ登っていきました。




 ガイドブック通り、橋にキャンプ場への道標です。右の地道では、来年1月末まで崩落地を工事しています。
 



 間もなく流れに仮設の丸太橋。渡るとブルトーザーの跡で登山道がわかりません。ガイドブックを見て左折しジグザグ登ります。

ところが間もなく道に藪が覆いかぶさります。ナビで現在地を確認。
1本尾根が違うようです。でもいずれ合流するのでこのまま行くことにしました。
しかし急登、急登でシャツは、ビショ濡れ。
 

 藪は平気だけどイバラはきつい。ん?何かが来て、私にまとわり付く。

♪また夏が右からやってきた。僕はそれを左に受け流す〜     (但し必死で‥) 




 45分間、苦闘をこなすと別尾根で上がってきた道と合流しました。何のことは無い、そちらは遊歩道のようないい道です。

 その後は溝道の広葉樹、山腹道の松林、唐松林と樹相の変化を楽しみ緩やかに登ります。ここまでキノコは何種類も見ました。こんなにアカマツがあるなら松茸もあるのかな?
 

 やがてキャンプ場に着きます。展望を期待していましたが樹間に伊那谷が少しだけ。
(11:15)

少し先に「吉田山展望台→」の道標があります。『どこかな?』わかりません。先に進みます。
 



 結局展望台は見つからず、この道標まで来ました。これに「あと5分」の手書き文字が加えてあります。少しの急登です。

山頂への尾根道では、根元から幹別れした荒々しい巨樹たちに迎えられます。



そして台地上の広い山頂です。眺望は、わずかに樹間からのみですが、居心地がとてもいい。青空ランチをします。
(12:10)〜(12:45)
 



 帰路には余裕も出てきました。背の高いシラカバ、カラマツなどを堪能しつつプロムナードを歩きます。

 先ほどのキャンプ場に戻ってきてもう一度「吉田山展望台→」の道標近くを見渡しました。
するとその草むらに下の「南アルプス眺望案内」の鉄看板が埋もれています。
(13:15)

木々が伸びガイドブックの写真のような展望はもう望めません。
私のように3m以上の身長があると上の景色が見えます。

左:ミズヒキ(水引)の花期は8〜10月  中:クリタケ  右:タチフウロ(立風露)の花期は7〜9月




 そして往きのイバラ道へは降りず、遊歩道を降りてきて謎が解けました。朝、この道を通れなかったわけを‥
 


 朝、右の丸太橋を渡って写真右手へ進んだのです。正解は橋からもう少し直進(写真左方向)し、青のブルがいる道でした。

駐車地着(14:40)

伊那谷の山裾を走れば、赤くないリンゴと稲刈り風景が横切ります。

最近、紅葉ツアーの新聞チラシも多くなり、気持ちも高揚する。
‥皆さん、あと数週でいよいよキラメキの山ですね。


東海岳行
       父の一番長い夜     


『おい起きろ!水が来た』

 父が大声で叫びながら家族一人一人の身体を揺する。その夜は台風で停電、玄関隣の6畳間で家族5人が寝ていた。小学生の僕と次男は、寝ぼけ眼でぼーっと起き上がる。一年生の末っ子はどうしても目を覚まさない。

 『玄関を見ろ!』と父に促され母と僕と次男は、横のたたきを覗きこむ。ロウソクの明かりに信じられない光景が目に入った。外から猛烈な勢いの水が、戸の隙間から流れ込んできている。

 『どうして?』と考えた瞬間、畳が浮き上がり不安定になって来た。それほど水は早い。『隣の部屋の押入れに上がれ!』そう言いながら父は、末っ子を布団ごと丸め、その部屋の押入れに投げ上げた。

 そこは荷物で一杯なので僕たちは入れない。その時、ロウソクの火が消え真っ暗。恐怖に襲われる。浮かんだ畳は、ブカブカと沈み僕は倒れそうになる。慌てて壁に手を着き、伝い歩きで隣室へ逃げる。闇の中を手探りだ。

 やっと押入れのふすまを開け、床上90cmの棚に僕、次男と母の順で上がった。そこは寝ていた布団の置き場でかなり空間がある。ここまで3mの距離、1分ほどの時間だったけどみんな異常事態に動転していた。

 子供でも今、生死がかかっていることを充分わかる。三人で中腰になっていると父が上がってきた。『テレビも一緒に上げる』我が家の最大の財産だ。そしてすぐ押入れの天板を動かし『天井に上がるぞ』と言う。

 最初に父が上がり私たちを引っぱる。天井裏なんて初めてだ。怖いなんて言ってられない。母が『心臓があぶつ、ちょっと待って』と言いぐずぐずしている。『早くしろ!』と父に怒鳴られ引き上げられた。

 太い横柱に寝巻きのまま4人並んで座る。手触りで埃が、積もっているのがわかった。水はつい先ほどいた押入れの上の棚をもう越えている様子だ。水が今いる所まで来たことを考え、父が屋根を破ろうと拳骨で叩くが歯が立たない。

 『いかん、置いてきたヒロキを見てくる』と父は、もう一度押入れに降り、深く浸水した部屋から部屋へ移っていった。かなづちなのに‥。息を殺し父の様子を伺う。長い時間が過ぎ『お〜い、大丈夫だ』

 みんな安堵した。やがて轟然と渦巻いていた風がやんだ。台風の目に入ったことは後で知る。静寂が訪れ柱時計が時を打つ。どこからか『お〜い助けてくれ』と心細い声が聞こえる。

 父もその声に呼応する。『お〜い助けてくれ』僕たちも叫ぶ。『お〜い助けてくれ』誰も来ないことはわかっている。無事なことを訴えているだけだ。末っ子以外、誰も眠ることなく朝を待つ。

 明るくなって海や川から来た水は、引き潮になり床下まで下がった。畳がグチャグチャになっていて床下の基礎柱が見えている。その間を泳ぐ蛇にビックリ。水は床上170pまで来た跡があり、浸かった土壁はすべて落ちている。それなのに戸のガラスが、一枚も割れてないのは不思議だった。

 外を見ると見渡す限りの湖の中に家が浮かんでいる。『学校行けないなあ。これからどうなる?』と考えた。でも台風一過、素晴らしい青空だ。お昼になると炊き出しのお握りが、即製のいかだで運ばれてきた。ご飯を塩水で丸めただけのもので中に具は無い。空腹なので誰も文句は言わない。真っ黒の手で頬張った。


 当時、私たちは名古屋の南区に住んでいたのです。周りは殆ど平屋だったので水が進入したとき、近くの2階家屋まで逃げようと外に出た家族がいました。激流の中、進退窮まり街路灯に一家で登ったのです。でもそこは全員を助けるほどの高さがありませんでした。我が家に水が来た瞬間、父の判断で私たちの生死が決まったのです。



 告別式の日、喪主の私は最後の挨拶で何か父のエピソードを伝えようと思いました。そして一番インパクトのあるこの出来事に決めたのです。話をしている途中、思いがけなく涙が溢れてきました。

 それは父に大事なことを言っていないことに気付いたからです。親戚は、私の涙を見て食い入るように聞いています。私は振り返り父の遺影に語りかけました。

 『父さん、僕は伊勢湾台風のとき子供だった。今、話していて気付いた。あの日の感謝の言葉を何も言ってないことに』
 『‥父さん、あの夜、命懸けで家族を助けてくれてありがとう。本当に、本当に、ありがとう。もっと早く言わなければいけなかった。‥随分遅くなってしまいごめん。お陰で兄弟三人は仲良くやってるよ』
 『‥返事をもう貰えないのが残念で寂しい』
今年、父は91歳で永眠しました。

2007.9.24/16:45