岳行ノート
竜頭山 752m/愛知県新城市

2008.2.11(月)江南6時10分発
      曇り時々晴れ  2℃
往路:2時間25分 (大竜頭まで)
復路:2時間55分 (小休止含)


角のような小竜頭


 奥三河を走っていると頭上に上の写真の角が見えます。気になって仕方なかったのですが、ガイドブックで竜頭山小竜頭という岩頭だとわかりました。

 昨年天狗棚の下調べで知った「奥三河名山八選」から詳しい地図がプリントできます。土曜日にどっさり降った雪が、日曜の太陽である程度は融けているはずです。

 月曜日の祝日は、まずまずの天気なのでアイゼン&安全を乗せて出発します。それに一度行ってみたい場所が、山の近くにあります。帰りに寄り道しましょう。


 教科書は、奥三河開発協議会HP「奥三河名山八選」です。参考書はリンクいただいてる「鄙の家」さんにお世話になりました。
駐車場周辺図
 [−]:縮小 [+]:拡大

鳴沢の滝


小滝バス停

登山口

分岐点

竜頭山

大竜頭

竜頭山

小竜頭

分岐点



※色線は実測ではありません。

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」



  
 

 夜更かししてもニワトリより早起きの好山病。

 さて足助を過ぎると国道420号線の陽のあたらない坂道は、カッチコチの路面です。これなら山に雪は、ソコソコ残っていそうです。
 


 国道を右折して鳴沢橋を渡り、100m先の側道を左に降ります。閉店中の鳴沢苑駐車場に駐車しました。

 滝への案内図から5分も歩けば、落差15m鳴沢の滝です。撮影しようと岩の上に乗るとツルッ。『凍ってる!危ない、危ない』

駐車場に戻り、道標を確かめると行く手には田園風景が広がっています。
思わず歩きたくなる道ですが、田畑の猪除け電気柵には注意しなければなりません。
(8:35)

 5分ほどで県道に上がり、下小滝バス停から左の民家の間の道を下ります。

 川に架かるこの鉄板橋を渡ると左にまた鉄板橋が見えますが、そこは渡ってはいけません。

 その手前にある登山道入口の道標で電気柵を跨ぎ、右岸を奥へ進みます。
(8:45)

 山道になるとすぐこの案内板がありました。岩を選んで川を渡ります。ここで一汗かき一口飲む。ユニクロのフリースを脱ぎました。
 



 植林地の尾根斜面を登ると10分ほどで伐採された明るい場所です。小滝の集落や駐車地も望め、この769mピークは結構筋肉質だ。
 


 細尾根になり雪道になります。昨日の先人が、感謝のトレースを残していかれました。雪の岩場は、慎重になります。

 アイゼンの装着を考えましたが、稜線の積雪具合で決めましょう。
 やがて左:小竜頭、右:竜頭山への分岐に到着。道を間違わないために道標はあるけれど、我が人生にも道標が欲しかった‥

 雪は増量しています。でもスノーシューのトレースは、この上ない明確な溝道です。これならテープや踏み後を探す必要はありません。

 雪のように頭の中を真っ白にして歩きました。アップダウンも少なくまだ登山靴でOKです。
(9:55)



 しかし傾斜が増し、滑って歩きにくいので軽アイゼンを装着します。久しぶりなのでゴムベルトの強情さに手こずりました。

 アイゼンで歩く感触も懐かしい。これを脱いだとき入れるスーパーの袋があって良かった。

 山頂に着き、これからの険しい道に備えリュックの重量を減らすことにしました。コンロや鍋、ラーメン用の水をデポします。何か生活臭がする写真だ。
(10:25)

 大竜頭への道に「この先岩場が多く危険 通行注意」と、なぜか新城警察署の注意看板です。にもかかわらず6本爪アイゼンのトレースが延びています。
 



 看板通り急降下の岩場があり、立ち木につかまりながら降りました。喉が緊張で渇きます。『リュックが軽くて良かった』
 
山頂から50mほど高度を下げると眼前に巨大な岩壁。中央下の鞍部に道標が小さく見えます。
『うへ〜これ登るの?』よく探せば足跡が、左へ岩縁の雪上を進んでいます。
『偉いもんだ。道筋がわかるなんて』あとはパズルのように岩と木の根を選び、足の置き場探し。

 それでも鞍部から10分ほどで大竜頭岩頭です。驚くことに石仏が、4体“コ”の字型の石積みに祀られています。寛永‥350年前?

 さらに降った次の岩場は展望が良いそうですが、木に「危険!この先 山岳死亡事故の発生現場です。(H19.6.5発生)」の注意看板。

 ここの眺望は残念賞ですが、小竜頭が三重丸だそうで無理はしません。
(11:00)


 山頂まで戻り、木立ランチにします。ラーメン騒動は今回は無く、蓋をめくるとき二つに裂けてしまった失敗だけですみました。

 さあ、ポッコリ腹を抱えて本日のハイライト小竜頭へ行きましょう。
(11:55)〜(12:25)
 



 雪がグズグズになって来ました。この尾根は、コナラなどの雑木林と植林が左右に分かれています。

 30分ほどで小竜頭分岐に戻りました。ここでは、リュックをデポして‥




 またまた50mほど高度を下げ、トップ写真の気になる角、小竜頭に着きました。立ち木で展望が悪いのでは?道標の先へ進むと‥
(13:00)

 『お〜』ただごとではない眺望です。風は止み稜線に陽があたっています。いい時間に到着したようです。右に見える鞍掛山が、御池岳のような台形とは知りませんでした。千枚田から見る姿とは、まったく違います。左へ東海自然歩道三大難所の稜線を辿れば、岩古谷山平山明神山、大鈴山‥みんな懐かしい友達です。

 さらに左手遠くに北アルプスも望め、カメラに収まりきれないワイドビューに大満足。こんなに感動したのは久しぶりです。
 


 分岐点から降ると雪が、次第にまばらになってきました。いつアイゼンを脱ぐか悩みます。タイヤチェーンを外すタイミングと同じ悩みだ。

 これではかえって歩きにくいと感じたら取ることに決めました。


 緊張から開放され駐車地へ向かいます。『雰囲気のいい道だなあ‥』向うに笹頭山がそびえている。陽だまり道をのんびり歩けます。

 駐車場で体勢を整え、お目当ての「おしどりの里」へひとっ走りしましょう。
(14:25)
 寒狭川田峯で257号線から下り、伊藤さんに挨拶をして庭に駐車します。お話を聞くと85歳には見えません。もう40年もおしどりの保護活動をされています。
 鳥がいたら300円、三脚持込なら500円で駐車代は後払い。2時頃にはブルーシート近くまで来ていたそうです。私が着いた3時には一羽もいません。
 今年は約350羽、10月から3月末までこの地にいます。餌のドングリは、11時頃右岸にまかれます。どうやら山のドングリが豊作で食べに来ないようです。

 待つと運良く50mほど離れた対岸の岩場に20羽ほど休憩しました。デジタルズームで撮りましたが、見ることが出来てとても幸せな気持ちです。
<おまけ>

時間がまだあったので「おしどりの里」近くの田峯城に寄ってみました。物見台に登ると小竜頭からみた眺望が、よりクリアでより近くに見える。『え〜そ、そんな!?』

 右:岩古谷山と左:大鈴山、その左手前に鹿島山、真中に和市の里まではっきり


東海岳行
     “富士山に登りたい”

 初めての1000m級の登山は美濃市の瓢ケ岳(フクベガダケ)でした。登山道途中にあった抜戸岩を見上げて『大きいな〜!』とそのサイズにビックリ。3階建てのビルくらいあるのでしょうか。岐阜県の美山村(当時)で大黒山頂上から見た恵那山『で、でか〜い!』と驚嘆しました。中央道で間近に見ても呆れるほどの大きさです。

 やがて乗鞍岳に挑戦することになりました。麓から眺めてもその迫力は桁違いです。畳平から頂上に辿りつくと感動が沸き起こります。そこから見下ろす球形の視野で感じたことは、乗鞍岳も広大な大地の一部なのに気づいたことです。この地球はいったいどれくらい広いのか‥

 海辺に立って水平線を見るとそこまでの距離は、4kmであることをテレビ番組で知りました。歩いて一時間の距離なら意外と近い。地球は12,756kmの直径を持つ球体で想像も出来ない大きさです。そこで地球を10mサイズに縮小すると世界最高峰のチョモランマ8,848mさえ7mmほどの突起にしか過ぎません。

 「旅客機」に乗ってシベリア上空を飛んだことがあります。高度10kmの成層圏から見下ろせば、集落や道路がはっきり確認できます。そこから見る地平線は遥か彼方ですが、それでも地球の丸みは確認できません。なにしろ小窓から除く景色なので視野角度は90度そこそこでしょう。

 10m地球で例えれば、わずか8mm離れた空間をスレスレで飛んでいるわけです。でも私たち一般人が体験できるのは、この高度が限界。では「宇宙船」なら‥。船内からの窓越しではなく宇宙遊泳すれば、その視野は180度は確保できます。

 高度はなんと185km〜578kmもあり、10m地球でも15cm〜45cm離れているので充分その丸みを観察できると思われます。 でも私たちには、そんな体験は絶対できません。映画でそういった場面を見ますが、シネコンのスクリーンは20mもないでしょう。

 さて日本人の私が地球の大きさを最大限感じられるのは、富士山の山頂でしょう。(因みに富士山が見える最遠ポイントを調べると和歌山県にある標高900mの小麦峠323kmの距離です)標高3776mの富士山山頂から水平線迄の距離は、ピタゴラスの定理* *)?で計算すると236kmになります。

 直線でほぼ東京〜名古屋間です。ところが、その球形の視野面積は、地球のたった0.03%(=236km×236km×3.14÷510,000,000平方km)『私の視力か!』残念ですが、苦労して登ってもそれだけの成果です。富士山は、道中の変化に乏しく「登る山ではなく、見る山」と書かれた本もありました。

 が、それでもいいから生涯に一度は、日本で味わえる最高の地で地球の広大さを体験したい。ただ私の場合、空気が薄いとすぐ頭痛に襲われ、ヘロヘロになってしまうのでそれを克服しないといけません。

 今回は、“アース”という(カメラマンに大拍手)映画を見た後で思ったことを書いてみました。
2008.2.13/20:50