岳行ノート

ニュウ 2352m/長野県小海町
2008年10月3日(金)


秋の声を聞く白駒池


 昨夏、蓼科に行ったとき、白駒池を知りました。秋に池の周りを紅葉が縁取る写真を宿泊地で見たのです。それは心魅かれる美しいものでした。

 1年待ち、紅葉便りが届いたので勇んで出かけます。池を通るコースが、ガイドブックに載っていました。ニュウという変わった山名の山頂からは、白駒池が鳥瞰できます。

 「ニュウ」NEWではありません。「ニウ」「ニュー」「乳」とも表記されます。JOY’08秋号によれば、脱穀後のワラを三角錐状に積んだものを「にゅう」と呼んだそうです。


 また佐久方面からは、二つの峰が胸のように見えるらしい。いずれにしろ山容から名づけたことは、当たっているのでしょう。さて当初の計画では、ニュウ中山高見石と周回コースを考えましたが‥


 教科書は、信濃毎日新聞社刊「信州花の湿原を歩く」です。参考書は、「八千穂高原」のHPより「旬のイチオシBLOG」で確認しました。
駐車場周辺図
[-]:縮小 [+]:拡大




駐車場

青苔荘

白駒湿原

稲子湯分岐

ニュウ

稲子岳分岐

撤退地

ニュウ
(ランチ)

白駒湿原

白駒荘

駐車場


※色線は実測ではありません。

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)


江南:5時20分発 16℃/晴れ、時々カメラマン 往路:2時間20分(ニュウまで/小休止含)
復路:1時間35分(ニュウ~撤退地除く)


 3時間半で白駒池入口有料駐車場着。今日は平日なので十分停められます。料金は500円で50円トイレもありました。

 既に標高が2,090mもあり、気温は8℃です。しかし歩けば温まるでしょう。長袖シャツで出発します。
(9:05)
 




 車道を横断し、立派な門構えから遊歩道に入ります。幅広の道を歩けば、たちどころに針葉樹林をさまよう旅人です。




 マツ科のコメツガトウヒの香りを胸一杯吸いこめば清々しい。苔が森を覆い尽くしています。2,000mの原生林の迫力は圧倒的です。

15分も歩けば白駒池、標高2,000m以上で日本最大の天然池です。
青空と紅葉が池に映り込み、上下対称の光景が眼に飛び込みます。
おや、青苔荘前の立ち木で構えるテレビ・クルーが狙うのは‥


桟橋のカメラマンです。すれ違いも困難でポジション取りは大変だ。
遠く関東や中京ナンバーでここまで来たら
いい絵を撮りたいと誰もが願うところです。
(9:20)




 そして池を巡る木道を時計回りに歩きます。カツ、コツと靴音が、苔に吸い込まれていくようです。

池畔を半周し、南側から見ると先ほどの桟橋が明るい。
ドウダンツツジなどの紅葉がピークを迎えようとしています。
ここで池と別れ、木道を分岐に注意しさらに進みました。



 すると原生林から突然視界が開けます。ここはガイドブックでは無名湿原とされてましたが、白駒湿原と名付けられました。
(10:00)

 ここまでくれば私たちだけ。静寂の小休止ができます。



 木道は丸太道に変わり、やがて岩が転がる荒々しい登山道になりました。足場探しが続き、歩き難いことこの上なし。

 稲子湯分岐で右の[にゅう 中山峠]を選びます。
(10:35)


 最後の急登で2,352m山頂です。岩峰は、確約の四囲眺望。最高点までは、岩場をひょいと這い上がらなければなりません。

 意外と怖く見えますが、登りやすいように手がかり足がかりがあります。ひよこさんを残し単独登攀すれば‥
(11:25)

 『お~!これか』樹海に炎の輪で囲まれた白駒池が不思議模様。
雲の影が残念ですが、池にかかってなくて良かった。



 左端に茶臼山、その右の蓼科山が雲に隠れ横岳が一番高く見えます。
『ぜ~んぶ、登ってないなあ‥』
夢は多い。

ズ~~ム


アップ

中央に桟橋が見えてます。
標高2,115mにあり、池周1,350mで冬に全面結氷するとスケートリンクに変わる。
しかし、広大な空間で池畔だけ紅葉している‥どうしてでしょう?

 なお三角点は、岩場の下からは見えません岩峰に登らなければタッチできません。  
 遥か南には、噴火?見つければ嬉しい富士山です。山頂で15分ほど遊び、次の中山を目指します。

 数分で分岐らしき場所に出て道を探すと、左にケルン。そこから降る道があります。

 ナビの方向は、正面だけどピークを避けてトラバース?私が少し降りてみます。鞍部から道が続いていました。

 エネルギー補充にお握りを一つ食べ、そこを進むことにしました。
(11:55)



 ここは激降りですが、ゆっくり降りればなんてことはありません。でもひよこさんは前向き後ろ向きと大難儀の事態です。

 何とか降りてテープに導かれ気分のいい尾根道を進んでいきます。


 石楠花イワカガミが道脇を賑わすころ、もう一度地図とナビをみます。『わっ!ぜんぜん違う。稲子岳に向かっている』

 もう予定の中山高見石には、時間が足りません。がっかりするひよこさんに平身低頭のお詫びをして撤退決定。
(12:30)

 1時間近くのロスで悩みの分岐に戻りました。じっくり確認します。

 (←)写真の左方向へミス道しました。正面右上に見える道を拡大すると右写真。

 道をふさぐ50cm高の倒木で道を見つけられませんでした。方向的にもこちらが正解です。
(12:50)

まだランチをしていません。もう一度、ニュウの山頂肩に寄ります。
ここでなぐさめの展望ランチにしました。
グチと反省と絶景が、おかずに加わります。
(13:10)~(13:40)


巻頭に記しましたが、この山の名は下の道標写真のように異なる表記になっていました。

左から「ニュー」・「にゅう」・「乳(ニュウ)」・「にう」

※「日本山名事典」では、ニュウは入で稲をハザ木に掛けた形に似ていることからの山名となっています。



 ピストンの帰り道は、肩の荷が軽い。知った道をどんどん降り、池に出合ったら左へ時計回りです。

 もう一つの山小屋白駒荘に着けば、沢山のカメラマンが午後の遅い光をねばり強く待っています。
(15:00)

 次に来たときは、この小屋近くの道から高見石に登ってみよう。



 もう遊歩道には、観光客の人影が少なくなりました。道をミスすると精神的、体力的に疲労感が強く残ります。

 ピストンに切替えて良かった。余裕を持って駐車場に戻ることができました。
(15:15)

帰路、麦草峠からつづら折りのメルヘン街道を下ります。
茅野市は、まだ稲刈り前です。すると富良野のような風景が車窓に飛び込みました。
山旅をするとこうした偶然の幸運に出合うことがあります。するとまた次の山旅を考えている。



東海岳行
  “バナナを食べて歩こう”      

 スーパーでバナナが、あっという間に売り切れてしまう。昨日は夕方買いに行ったら既になく、価格の高いコンビニで仕方なく買いました。今日も2つ目のスーパーであったのですが、高いものしか残っていません。きっと9月19日放映の黒柳徹子さん出演「ドリーム・プレス社」朝バナナ・ダイエットが紹介されたためでしょう。

 この方法で森公美子さんが、1ケ月半で7kg減量しました。でも体重110kgからでは誤差のうちと思うのですが、私もまんまと引っ掛かる。やってみることにしました。バナナ不足は、そう考えた人が日本中にいるためです。私はあと2kg痩せたいのですが、なかなか思うようにはいきません。

 いつも山歩きで、2ℓボトルを余分に担ぎ上げているようなものです。何とかしなくては‥


1.朝バナナ

 その方法は簡単。朝食は「バナナ+常温の水」とします。バナナの本数の制限はありません。何本食べてもよいのです。しかも昼、夜は何を食べても自由ときてる。でも寝むるのは、食後4時間以上経ってからです。簡単でしょ。だから誰でも試みるわけです。

 とりあえず森公美子さんと同じ1ケ月半は続けてみましょう。


2.3軸式歩数計

 さてバナナ・ダイエットは、眉唾ものかもしれません。そこでダイエットの基本は運動です。友人が1年間歩いて4kgの減量に成功しました。今も毎夜の如く、ご夫婦で1時間ウォーキングに励んでいます。私も歩くことを決意しました。

 そこで最近、最新型の歩数計を電器店で購入したのです。今までは振り子式のを持っていました。最新型は、3Dセンサー(3軸)式とあまりよく分かりませんが、計測精度が高いのかも。実際に両方を腰につけて測ってみました。

 カウントしながら2,000歩を歩くと新型は1,997歩の表示、旧型は高感度に設定して927歩です。勝負になりません。価格は3,000円対1,000円なので仕方がないかも。新タイプは、オムロン、シチズン、タニタから発売されています。

 実はこれが必要になったのは、次のものを活用して効果を上げるためなんです。


3.クロスウォーカー

 メタボ男性に超人気の「はいて歩けば、お腹がひきしまる ワコール社/クロス・ウォーカー」を2割引きしてたので思わず購入しました。女性用の「おなかウォーカー」は既に発売され、部署のそれなりの女性に尋ねると結構、所有していました。それの男性用が、後から発売になったのです。

 太ももにクロス構造があり、テンションがかかります。刺激された筋肉で歩幅が広がり、エクササイズ歩行になるのです。すると夢の引き締まり腹になるという魔法のパンツ。但し、そうなるためには条件があると説明書に記載されています。「週5日着用」「1日6,000歩以上歩行」しなければなりません。

 ということは、1日履けば汗をかきますから代えが必要だ。『う~ん、最低2枚は買わなくてはならないのか。ワコールは商売上手だ』とりあえずは、1枚買って様子を見ましょう。もし登山時に履けば、歩数は軽くクリアします。

 しかしテンションをかけて登山道を歩けば、足がばてて無理でしょう。結論!朝はバナナを食べ、夜はクロス・ウォーカーを履き近所を1時間歩く。ただし山行日と翌日はやらない。

 ひよこさんをこのウォーキングに誘うため、馬人参で「おなかウォーカー」を買ってあげました。『よし、準備万端だ。やるぞ!』と思ったら2日連続で雨。先が思いやられます。

2008.10.05(日)23:45