岳行ノート

風越山 1535m/長野県飯田市
2009年9月26日(土)



伊那谷の秋を彩るソバの花



 この風越山(フウエツザン)は、12年前に読売新聞で連載していた「東海の百山」で知りました。中央道を走ると飯田インターあたりで左手にどっしりとしたその山容が見えます。

 地元の方々が信仰、遠足、ハイクと親しまれる山とのことです。その新聞で紹介されたのは虚空蔵山経由のコースでしたが、そこはピストンしなければなりません。

 ところが新しいガイドブックを見ると周回コースがあります。シルバーウィークが終わり、渋滞ゼロの高速で出かけましょう。



 教科書は、しなのき書房刊「信州日帰りでゆく山歩き 中信・南信」です。参考書は「長野県山岳ガイド」にお世話になりました。

駐車場周辺図
[−]:縮小 [+]:拡大



猿庫の泉P

小橋

堰堤

滝分岐

今庫の泉

展望台

白山神社奥宮

▲風越山


岩穴(道迷い)

水場

高鳥屋神社

猿庫の泉P

 ※赤線はGPS軌跡

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江南:午前5時55分発  22℃
    曇り、時々肝を冷やすパ〜ン
往路:2時間50分(小休止含)
復路:2時間10分 [歩行時間:5時間]

飯田インターで下り、県道で松川ダム方面へ向かい、猿庫の泉(サルクラノイズミ)の道案内で右折。
その駐車場には、名水を沢山の人が汲みに来ています。右はトイレです。
左の赤いテープの中に入るには「きのこ入山券」を買わなければなりません。

私たちは、キノコには目もくれず林道を登って行きます。
熊出没注意なので二人とも熊スズを付けましょう。
(8:40)





 その終点、広場奥に架かる小橋を渡って円悟沢(エンゴサワ)コースに入りました。
 (8:50)





 道は終始、左岸沿いに延びはっきりしています。今日は蒸し暑く、ゆっくり歩いてもシャツに乾いたところが無くなりました。




 堰堤を過ぎ、木の「乙女の滝あと十分」の注意書手前で斜面に取付きます。登ると林道のような広い道に出て、横切ると‥
(9:25)




 東屋がある今庫の泉(イマクラノイズミ)に着き、ひと息入れました。ちょうどペットボトルが1本空いたので名水を入れます。
(9:55) 


 ヒノキ林の急登でさらにシャツを濡らし高度を上げました。主尾根に出ると虚空蔵山への分岐があり、その先に展望台です。


 せっかくの眺望は、ごらんのようにはっきりしません。休憩していた地元の方たちとしばらくお話しました。
(10:35)



 熊は以前、虚空蔵山の南面で見られたそうです。そのコースには延命水ベニマンサク群生地があります。

 そこでは日当たりが悪くまだ紅葉していません。しかしこの展望台付近ではやるき十分です。

やがて「駐馬休み」の看板があり、そこには立派な鳥居があります。
昔、飯田のご領主が参拝に来た時、ここ迄で乗馬を止めた場所です。
しばらく行くと大岩で道が左右に分かれます。
(10:55) 

 地元の方がすぐ合流しますよと言われました。10m近い大岩に南無妙法蓮華経と彫られた「駐馬厳碑」です。

 左道で岩を回り込むと一枚岩を彫った石段に驚かされます。その上で新しく朱色に塗られた隋神門を潜ると‥




 国重要文化財の白山神社奥宮本殿。ここも最近塗り替えられたようです。この左側から奥に進みます。
(11:10)  

一旦狭い鞍部に降りると眼の前に岩場です。
深く、太く、強い木の根とロープに助けられれば、ひよこさんでも登られます。


 そして緩やかなブナの道を少し歩けば、1535m山頂。二等三角点の広場からは、殆ど眺望はありません。


 「かざこし山」が正しいのかな?さあ、ランチにしましょう。濡れたシャツが冷たく感じるようになりました。
(11:30)〜(12:10)


 シロシメジモドキの茎に小蠅が止まっています。『ワシ、きのこ界では白い貴公子で売っているのにイメージくずれるなあ』

 下山は南方向でちょうど広い道が降っています。道標には「句碑 岩穴→」そこからしばらく行くと‥

(10/26)キノコ達人より:1本で命を奪われるドクツルタケです。



 確かに「秋風や狗賓の山に骨を埋む」と昭和34年に彫られた自然石がありました。そこから先は道が、岩に阻まれ怪しい。

 しばらく探しましたが、ガーミンを見ると明らかに尾根が一本違います。20分のやれやれロスです。



 一旦、山頂に戻り、今度は西側の籔っぽい進入口に入りました。プレートはボロボロで「高」の字が逆さまになっています。
(12:30)

 道はすぐ西から南に転回し、間もなく藪は無くなりました。



 もう大丈夫。あとは雑木林の尾根をルートを辿って降ります。木に赤ペンキで「水」の場所を過ぎると涼しい風に会いました。

 1160mピーク、高鳥屋神社の祠で長目の休憩を筋肉にプレゼント。
(13:25)



 そこから掘られた参道になり、周囲に太い赤松が立ち並びます。これなら銭の匂いがするキノコがありそうです。

 ときどき下から「パーン」という猟銃の音が聞こえるので熊スズを出来るだけ大きく鳴らします。





 点々と並ぶ三十三体の石仏、数字が減るのが喜びです。黒い松ぼっくりが糞のように大量に転がり踏みつけるのも楽しみ。



 樹間から少し里が望めました。でも「パーン」は鳴りやまない。やがて下に道が見えたら水汲みで賑あう駐車場です。
(14:20)

 今日も寄り道しましょう。

松川インター近くまで車を走らせました。
途中の果樹園を過ぎるとき「パーン」でびっくり。
どうも猿を追い払うため空砲を鳴らしているようです。


JR飯田線の伊那田島駅東の畑では「中川赤そば花まつり」が開催されています。
曇りなのが残念ですが、1時間に2本の列車が通過するときがシャッターチャンスです。
白い花は知ってますが赤い花は初めて見ました。

帰宅してお土産の「赤花高嶺ルビーそば」を茹でると赤色でなく普通のそば色。
当たり前か‥


東海岳行

    “泥の中”

 私が子供のころ名古屋の実家の玄関前には、宅地に接して1m幅の用水が流れていました。家への出入りのため、そこには厚い板が渡されています。ある雨上がりの夕暮れ、兄弟3人で外で遊んでいたら母が夕食だと呼びかけました。5歳の末っ子が、はしゃいで道路からカーブしながら玄関へ走ります。

 濡れた板に足がかかると滑って見事に身体が浮き、60cm下の用水へ落ちたのです。慌てて助けたのですが、しこたま汚水を飲み、ゲーゲービービー泣き叫んでいました。厄介な用水ですが、山崎川から取水されると新興住宅地に沿って流れ、水深はほんの10cmほどです。

 用水は住宅地の下水としても利用されていたのですが、昔は化学洗剤など無く、その流れや行きつく先の田んぼには沢山の生き物が生息していました。メダカ、フナ、オタマジャクシ、ザリガニタニシなどがいて、そんな水場は子供にとって絶好の漁場だったのです。



 春になれば田んぼに水が満たされ田植えが始まる。夏は騒々しいカエルの劇場となり、秋には豊穣の海が波打つ。稲刈りが終われば殺風景な季節。凍てつく中、子供たちは霜柱を踏み、鬼ごっこで走り回る。私が高校生の時、用水に変わって住宅沿いの道路に大きな土管が埋められました。

 用水も田んぼも‥そしてあの生き物たちも今は思い出の中だけです。




 もうすぐ5歳の“ともだち”のパパから私にメールが届きました。岐阜に住む“ともだち”の家の前には、やはり用水が流れ周囲は田園地帯です。反抗期に入ったようでパパと用水でメダカ獲りをして自分が少ないと沢山獲れるまで止めません。

 最近のことですが、ママ(私の娘)と散歩していて、彼はある発見をしました。帰宅してすぐパパに話します。『たんぼがひからびて、かどにみずたまりりができてた。そこにオタマジャクシがいっぱいいるんだよ』

 『よし、タモとバケツを持って出撃だ!』
その水溜りは、50cm四方のミニ湿地です。パパから『タモで泥をすくってバケツに入れるんだ』と指示が出ました。



  彼はオタマジャクシを獲るつもりが泥取りでご機嫌斜めです。『なんでドロなんかいれるの』と文句タラタラ。パパはバケツ一杯になった泥を持ち帰り、庭でホースから水を注いで綺麗にこしました。ママは人様の田んぼをあさってきたのでブツブツ言っています。

 泥が少なくなったころ、バケツの水をタモにザーっと流すと‥中にはメダカ200匹、オタマジャクシ30匹、ドジョウ20匹、コブナ10匹そして大物20cmのフナ1匹と驚くほどの大漁。予想外の出来事に彼は眼を輝かし『すごいね』と尊敬のまなざしでパパを見たそうです。

 すんでの所で救出された生き物たちは、今は玩具のプールで泳いでいます。パパはミニ湿地のこと、子供のころ得た知識として覚えていたのですね。



 この話を聞き、私も冒頭の話を思い出しました。でも泥の中に切羽詰まった沢山の生命が寄り集まっていることは知らなかった。素敵な伝承が親子の間でできたと思います。
2009.9.27/21:50