岳行ノート

カナ山(夜叉ヶ妹池) 986m/滋賀県長浜市

2011年11月9日(水)


白龍大神神域の夜叉ヶ妹池<ヤシャガイモイケ:標高930m>

(福井県南越前町の夜叉ヶ池は標高1100m)



 その山を登るには何か理由があるわけですが、山中に池があると何故か惹かれます。鈴鹿なら御池岳の池々、銚子ヶ口水舟の池三池岳仙香池等。

 印象に残ったのは夜叉ヶ池ですが、その妹の池があることは知りませんでした。湖北の金糞岳南尾根、その途上に聞き捨てならない夜叉ヶ妹池があります。

 先週登ったブンゲンから一本西の尾根で、カナ山というピーク近くです。ネットを調べると、池や山頂へ辿りつくのに中々難渋するようで行く前から緊張します。


 何しろガイドブックの著者も迷い迷ったと書くほどです。GPSを持って挑戦しましょう。名神高速道路の関ヶ原インターで下り、道の駅伊吹の里を経由、草野川を遡ります。


 教科書は、ナカニシヤ出版社刊「琵琶湖の北に連なる山」です。参考書としていくつものHPを確認しました。 
<駐車地>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動


鳥越林道駐車地

公社看板

琵琶湖展望地

窪地

夜叉ヶ妹池

標高1000m地点

カナ山

夜叉ヶ妹池(ランチ)

窪地

琵琶湖展望地

鳥越林道駐車地


 ※赤線はGPS軌跡

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時50分発  10℃ 曇り
駐車場:午前8時45分着  10℃ 曇り
往:2時間50分(カナ山まで以下、小休止含)
復:1時間40分
◆所要時間:4時間30分

 草野川の左岸沿いを走ると、高山町に白龍神社があります。目指す妹池は、この神社の神域で以前は雨乞の行事が行われていました。その後ろに‥

 名水百選の堂来清水。説明板に「遠く三国峠夜叉ヶ池を姉池とし、榧谷(カヤタニ)山腹の妹池に発すると伝えられている」池は湧水の水源なんですね。



 すぐ高山キャンプ場に着き、入口右に鳥越林道金糞山登山案内図には「林道は自己責任で通行」と注意があります。

 登山者カード入れもあり、バリケードは車一台分が通れるよう開いていました。



 約3kmを15分走り、しもたにばしの次、榧谷にかかる橋手前のスペースに駐車。橋を渡ると右側に大岩と杉木立があります。

 登山口はその横、明確な踏み跡とテープですぐ分かりました。沢音を聞き植林を進むと堰堤があり、左から巻いて‥
(9:00)

 小さな流れを渡ります。
(9:05)

 左岸沿いのはっきりした道に変わり、落葉を踏んで登りました。5分足らずで道は‥

 尾根に向い急勾配をジグザグ刻みます。「公社営林地」の看板で一枚脱ぎました。
(9:10)

 さすが公社、食害除けテープ、枝打ち、間伐‥登山道は造林用でしょうか。
この尾根を登るには、東へコンパスを合わせればOKです。
良質な枝道や山腹道に何回も誘そわれますが、兎に角「東の登り」を貫きます。
でも一度だけ確認したくて横へ行くと、やはり隣尾根と繋ぐ造林道ですぐ戻りました。

今日は曇天ですが、薄い雲から陽が射す事もあります。
植林されていない所に現れる色彩のキャンパスに急登が癒されました。

 振り返ると琵琶湖が見えます。左に湖畔の薄い影は山本山324m。その左上に小さな竹生島(チクブシマ)が重なっています。
(9:55)

 しばらく登ると踏み跡が薄くなりますが、コンパス通り頑固に東へ。歩きやすい場所を探し、進むと植林↓になり、直登して‥



 尾根上に空が多くなれば稜線出合です。雪解け頃、ヌタ場になりそうな窪地が2ヶ所あります。この場所は下山時の目印です。
(10:25)

 道標もなく周りは同じような光景なのでリボンなど付けた方が良いでしょう。




 ここからは、広葉樹の明るい尾根を辿ります。倒木にサルノコシカケ。新しいカメラは一発でピントが合うので気分がいい。

 女優で上手く合わす人は「泉ピント」



 尾根芯の踏み跡は凹んでいますが、けたたましい藪で先が思いやられます。忘れていました、稜線に着いたら芯を外すことを。

 早速、左(西)斜面へ少し移動すると随分楽になりました。ヌタ場から15分(300m)歩いたのでそろそろ池があるはずです。



昨夜、GPSナビに山頂から200m南、2重山稜風の箇所に妹がいると予測しマークしました。
案内板やテープは全くないのですが、斜面を登るとそんな雰囲気が‥『妹さんですか』『はい』




まさか返事はありませんが、藪の向こうに池が見え、反対側は地形図通り盛り上がっています。
気分も盛り上がり、藪を分け下から池を撮影@。想像より大きく、周囲が紅葉でいい雰囲気です。
妹は姉よりかなり小柄で東西10m幅、南北20m+沼地10mほどでしょうか。一周しましょう。
(10:40)



藪こぎして池南端Aに来ました。こんな藪こぎなら楽しい。
沼地にストックを差すと30cmくらい入る所もあるのでドボンしないように気をつけます。
『ドボンときたら龍角散』 この右の東側Bへ移り、撮影したのがTOP写真です。



北端Cに来て南方向を写しました。逆光なので水面は乱反射、偏光レンズが欲しい所です。
この写真右からからスタートして奥へ、更に左へと周回したことになります。(撮影時間込みで25分間)
実は、周回途中に写真左の山稜で裸枝をよけると眺望が広がりました。それが‥




1週間前に周回したブンゲン1260mです。その歩いたコースが全部見え感激的ご対面。
ブンゲンの下山時、スキー場施設が目についたのですが、ここから見るブンゲンは殆ど自然林です。
左側が奥伊吹スキー場の中心施設、山頂は稜線最高地点のふたこぶの右峰です。

(左)左下一本杉の駐車場に置車。真ん中の青屋根が若竹荘、そこから右の斜面を登って行きました。
(中)写真左上に1011リフト駅があり、その右の小さなこぶが甚吉岩です。
(右)右に上がる急斜面には廃リフトがあり、そこを降りました。左、山肌を削られたのが日の出山1045m。


 このコースは、道標ゼロ、テープも殆ど有りません。そこで藪を避けて歩くとき、向う方向をしっかり押さえます。

 珍しく枝にPPテープが、10m置きに付いていました。池から15分登った頃、台地になったので道を外れ東方面へ三角点探し。

 ウロウロしてると藪にしたたか責められます。しかし全然見つかりません。もう少しPPテープの跡を追っかけてみます。



 10分進みテープを見失いました。辺りは圧雪で道を這うように伸びた枝でグチャグチャ。地形図の三角点がここまでずれる?
(11:30)

 無いでしょう。戻ってナビの三角点予測マーク辺りを重点的に探します。諦めかけた頃、前コマの場所でテープの意志発見。



 例のPPテープは10m置きに着いていたのですが、2つ前のコマの箇所だけは並んで付いています。

 発見場所から写真右上に回り込むと『あ〜良かった』三等三角点に出会いました。ヒントはあったのですね。
(11:50)

 『腹減った』ランチをするため、妹池の見える所まで戻ります。クッションを置いて『どっこいしょ、ギャー』

 地上に落ち眼を開けた山栗。いがった針が、薄いクッションを貫き尻を突き刺しています。『同系色で見えにくい』
(12:05)〜(12:20)

 
カナ山(妹池)から北へ延びる尾根は→金糞岳土蔵岳三国岳夜叉ヶ池へと続いています。直線距離で約19kmです。

往きに学習したから下山道は藪のない山腹を辿りました。
南へ行くのでお昼の太陽を受け、透過光のシャワーを浴びて黄金回廊を歩けます。
登山者に与えられた至福のひと時‥



 尾根を外れるポイントのヌタ場を確認して西へ右折します。
(12:40)

 調子よく降りるといつか横にそれていました。見覚えない光景で気付きますが、本来の尾根へつなぐこの道に出合い修正。

 林道の駐車地に下山し、片付けていると軽トラ、乗用車、バイクが通り過ぎました。奥深い所で平日だけど繁盛しています。
(13:45)

 帰路、途中で北を振り返ると鳥越林道が上り着く鳥越峠が右上で小さなVに凹んでます。

 奥の左ピークが白倉の頭1271m、右へ谷を過ぎ、次ピークが金糞岳1317m。全体で見ると金糞岳はスケールがありますね。

 来た道を走ると草野川沿いは落ち着いた町並みが続いています。どうしてこんな雰囲気なのかと考えると‥

 洒落たハウスメーカーの家はなく、広告看板も自販機もありません。何しろ道路沿いの公園が「儀左エ門公園」と渋い。

 ミラーを覗くと額に赤い傷がありました。藪と格闘して池と山頂を見つけた代償。指が触れた感触は懐かしい痛みです。


東海岳行
   “バンドは行く  

 私はおじさんバンドのメンバーでサイドギターをやっています。学生時代の稲田君はリードギターをしています。彼が会社仲間を引っ張り込みベースギターとドラムの二人が加わりました。目的は年2回春と秋の発表会で演奏することです。今年2月からその練習をやり始めたのですが、発表会は3月。無理なことは承知の助。

 1ケ月しか練習期間がないのに、4人中2人が働いていて週一練習です。何の曲をやる?稲田君と私はビートルズマニア、ドラムはベンチャーズ、ベースギターはジャズ。これでは決まらない、また全員素晴らしいテクニッシャンではありません。そこで私が学生時代に作ったシンプルな曲を提案しました。

 1曲2分ちょいなので短過ぎ、もう1曲つなげてメドレーにします。やり手がいないので私が下手ですがヴォーカルを担当しました。練習は1回2時間、この程度の練習ではいかんともしがたく発表会はミスや狂いの連続、私の採点は30点くらいの出来です。応援に来た家族はサウンドが綺麗だったよと慰めてくれました。



 次の秋の発表会まで日があるのでバンドは小休止。その間、稲田君はカラオケの上手い会社の女子にアプローチしました。私が、彼女はどんな曲歌いたいの?と尋ねると♪真っ赤な太陽♪青いうさぎ

 彼と二人で練習してみたのですが、歌謡曲は意外に難しく上手くできません。そのうち彼女が発表会に出るつもりは毛頭ないと言うので二人はがっくり。

 やはり私のオリジナルかということで前の反省を踏まえ準備に入ります。その頃、たまたま旧モーニング娘のコンサートに行き、激しい踊りと若さに圧倒されました。帰り道『そういえばダンス曲は作ってないなあ』翌日からモーニング娘のベストアルバムを聴き、ダンス曲のイメージを探ります。



 以前、フォーク調に作った曲に、イントロを加え、旋律をいじり、構成を変え、リズムをダンス曲風にしました。歌詞も新調しなければなりません。ダンス曲→疾走感がある→それならドライブ→車で知多半島から海へ→誰が主人公に?と妄想します。聖子ちゃんの♪赤いスイートピーという名曲があります。

 「春色の汽車に乗って海に連れていって‥半年たっても手も握らない‥気が弱いけど素敵な人‥」この二人をドライブさせることにしました。汽車で海へ誘ったけれど手も握れず惨敗だった彼が車を購入し、聖子ちゃんを再び海へ誘う‥という設定です。

 原曲のアンサーソングみたいですが、設定が明確なので詞は意外と速くできました。曲中にエフェメラルという言葉が何度も出てきますが、作ったときは福寿草の時期で花は春の妖精と言われていますので、その言葉を引用しました。稲田君に聴かせると『新しい境地だね』と言われまんざらでもない私。



 そして新曲のデモCDを皆に渡し、それを聴きながら家で各自練習し、練習スタジオで音合わせという段取りです。9月の発表会に向け5月から練習を開始したのですが。2時間も根気が続かないため、練習は1時間に短縮。しかし、まあ皆さん練習しないこと、しないことけたたましい。

 帰宅してビール飲んだら楽器は持てないという始末。しかも稲田君が、もう1曲追加して2曲やろうと言いだしました。『アンビリーバブ』この先どうなるのでしょうか?それでもバンドは行く。


 ※下のタイトルをクリックするとデモ曲が流れます。お時間がある方はどうぞお聴きください。音が出るまで数秒、我慢が必要です。

♪不思議


(イントロ)

何だか不思議だ 助手席に君がいる
高速道路飛ばせば 緑に一直線
窓を開けて薫る 風を受けて行こう
揺れる髪に胸を焦がす 君は春のエフェメラル

何でもないこと 素直に言えばいい
チャンスはここにあるけど ぼくは口下手で
半年たっても君の 手さえつなげない
好きな歌を口ずさむ 君は春のエフェメラル

海岸道路走れば 開放的な気分に
一番大切な人は 君だ

(間奏)

取り留めないこと 浮かんで消えていく
まるで砂の足跡 波がさらうよう
心に刻む何かを 伝えたいけれど
日射しまでもぼくをせかす 君は春のエフェメラル

君は眩し過ぎるよ

(エンディング)


2011.11.13(日)22:35