岳行ノート

天吉寺山 918m/滋賀県長浜市

2011年12月7日(水)



池発見、ナメコ発見


 ある夜『7日11時30分、天吉寺山山頂に来たれよ』とメールが届きました。いつもトレイル山行をお誘いいただくジオンさんは、私がこの山を周回したいことをご存知です。

 ガイドブックでは、経験者向きとアドバイスがある南西尾根を登ります。このルートはジオンさん達が最近歩かれたので最新情報は入手済みです。

 下山は本のコース通り、稜線から大吉寺跡を経由します。メールは、ジオンさんパーティが直線で3km南の七廻り峠から北上し、山頂で一緒にランチするプランです。


 遅刻は許されません。ところが麓の集落内は、ナビの道表示が無くアッチャコッチャ。駐車場でGPSをオンしても中々電波を捉えません。えらいコッチャ。


 教科書は、山と渓谷社刊「真・分県登山ガイド 滋賀県の山」です。参考書は「ジオンと山歩記」さん、「山聲」さんのお世話になりました。
<駐車場>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動


大吉寺駐車場

大吉寺

鉄塔

稜線出合

天吉寺山

尾根下降点



大吉寺跡

木橋

大吉寺

大吉寺駐車場

 ※赤線はGPS軌跡  

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前7時30分発  曇り/7℃
駐車場:午前9時10分着  曇り/7℃
天吉寺山:2時間05分(以下、小休止含)
駐 車 場 :1時間55分 ◆所要時間:4時間00分

 名神高速道路の関ヶ原インターで下り、道の駅伊吹の里を経由、草野川を遡ります。上草野小学校を過ぎて野瀬バス停を右折し、JA前の野瀬北バス停を左に見て東進。天吉寺川左岸沿いの細い道で集落を抜けます。林道を詰めると写真の広い駐車場に到着しました。進入禁止の車道を歩き、山門を潜り本堂へ‥
(9:25)

大吉寺の創建は865年(1146年前・平安時代前期)、当時は天吉寺山山頂近くに本堂がありました。
寺名の由来は古文書で「延暦元年の洪水により、天吉寺の天の字の一が洗い落とされ、大吉寺
天吉寺山大吉寺って変だと思っていたのですが、謎が解けました。




 本堂裏に回ると登山口があり、坂を登って入山します。
(9:35)

※下山時、建物の奥からここへ戻ってきました。





 尾根はの木が多く、道は明確です。松茸のシーズンには、入山禁止になります。 




 第一目標の鉄塔到着。展望はありません。小休止後、写真中央のススキを突破すると、道は続いていました。
(10:00)
鉄塔から10分も登れば、周囲は感じのいい森で少し紅葉も残っていました。
尾根は広く有りませんが、登山道・踏み跡はあります、藪も大したことが無く、登っていけました。
葉があるときは様子が変わるかも。右手稜線から女性の声が届きました。きっと待ち合わせのパーティだ。

『ヤッホー』向い風なのか反応がありません。次第に急登になり、踏み跡も不明瞭になりました。
喘ぎ出すと第二目標の大岩、鹿の糞も転がっています。約束の時刻まであと30分程、休憩してられません。
勾配が緩み、薄い踏み跡が右カーブすると溝道が現れました。青のPPテープが道に沿うように付いています。
(10:55)



 溝道と南北の登山道が交差する稜線に出ました。南向きで写真を撮ったのですが、パーティが来る気配はありません。

 もう登頂してるでしょう。振り返り北へ歩きます。籔っぽいのですが、ルートは確保されていてPPテープを辿ります。
(11:20)




 山頂二等三角点の向こうに『わ〜』笑顔の皆さん『ジャスト』間に合いました。鍋パーティが始まるところです。
(11:30)〜(12:20)





 東に切り開きがあり、展望は隣のブンゲン(写真中央)1260m。おかしな雲が空を支配。汗も引きカッパの上着を着ます。

 稜線はブナなどの広葉樹林で落葉の道です。春のGW頃はイワウチワの大群生が見られます。780mピークを越え、さらに踏み跡を辿ると‥

 『ナメコ!』女子は感心するほど見つける。右斜面を降っると乾燥したナメコ。でも『下に池がある!』確かに、写真左端の灰色がそれです。




 稜線から下降する箇所に目印テープが10個も付いています。池を確かめてみましょう。急傾斜を斜めに降りると‥
(13:00)


傾斜が緩んだ所、登山道から少し右へ歩くと池を発見しました。
カール地形のように斜面が囲み10m×6mくらいの浅い池です。
写真上方が池を見つけた稜線です。(ガイドブック、ネットでも池名は判明せず)

女子は池より、天下衆知ぬらめくナメコを発見して喜ぶ。
ごっそり収穫し大満足。
(13:05)



 ルンルンの女子と降りて行くと覚道(カクドウ)上人入定窟(ニュウジョウクツ)。覚道は一切経を求め唐へ渡り、宿願を果たしました。

 その後、自ら断食をし念仏を唱え入定した岩窟です。鎌倉時代後期のこと。更に降ると遺構群に次々と出合います。
(13:15)
  大吉寺跡の遺構図の上中央に入定窟、降って干上がった閼伽(あか)塔跡鐘楼跡、この↑本堂跡経々跡と跡ばかりですが、そのスケールは大きく、昔々山中によくこしらえたものです。
(13:20)
  奥に頼朝供養塔があります。この案内板は最近のもので新しい。しかし支柱にの仕業か、ひっかき傷!塔の上部にボーリング大の丸い石が収まっています。平治(へいじ)の乱で敗北した源氏は、東国を目指し落ち延びました。当時、13歳の頼朝は一行とはぐれ、この寺に難を逃れたといわれてます。

 後に鎌倉幕府を開いた頼朝は、塔宇(トウウ)を再建し寺領を寄進しました。その時代、大吉寺は隆盛を極めたとのことです。ところが戦国時代に六角定頼(サダヨリ)の兵火を受け、さらに織田信長の兵火によって焼失しました。湖北には山岳信仰の遺跡や城跡などがあり想像力を刺激されます。下山にかかると‥


 近江盆地の長浜市が見えました、その上が白く写る琵琶湖。さらに右上方で薄く写るピークは、武奈ヶ岳1214m。

 降ると手洗鉢というコンクリートでできた箱形が‥いや石をくりぬいている。ここまで持ってくるの重かったでしょう。

こちらのルートも周囲は広葉樹林で、11月中〜下旬は紅葉パラダイスと思われます。
寺院があったので樹林が伐採されなかったのでしょうか。先の人が、仁王門跡に着き休憩しています。
ここまで結構スイスイ来たのですが、夏草の茂る頃はルートの難度が少し上がるようです。
(13:40)




 やがて急降となり、植林に入ると沢を木橋で右岸へ渡ります。再度左岸に渡り、水道ホースを追い右岸に渡ると‥
 


大吉寺本堂裏に出ました。最初のコマの絵地図によると山門前に下山のはずが?ホースを追ったのが間違ったようです。

 本堂では、古刹巡りのツアー客が静粛に住職の話を聞いています。大吉寺のこの子院が残り、文化財になりました。
(14:05) 




 山門前から川の左岸にある旧参道を降ります。向こうが駐車場です。緊張と緩和、充実した周回でした。
(14:15)


 山頂にて‥
左より風花さん、kayoさん、ジオンさん、木、山たまご、みれさん、SIVAさん。みなさん、お世話になりました。ありがとうございます。


東海岳行
   “幸せの宝箱  

 2009年「コルテオ」以来、シルク・ドゥ・ソレイユが名古屋に来ました。1984年、カナダで誕生したスーパーサーカスですが、1992年に初公演し今回で9度目になります。今回は3月に友人から連絡が入り、即座にグループ券の予約を取りました。

 土日祝のSS席、殆どがSS席ですが1人13000円のチケット料金。グループで平日4人分をまとめ買いすれば、1人10000円とお値打ちになります。名古屋公演は11月23日(水)〜来年1月22日(日)なので11月30日(水)にしたのですが満員でした。

 車は会場隣のナゴヤドーム駐車場に入れます。中日の試合がある時と同じ特別料金で公演時間内2500円とちょっと高め。グループ券で得した分が出て行きました。観光バスで遠路来られる人もいて30分前でも開場前は大変な人の列が続いています。殆どが予約の人で当日券売り場はこんな感じです。


 今回のタイトルは「クーザ」宝箱という意味です。無邪気な少年イノセントに大きな箱が届き、彼の心の旅を描きます。箱からかっこいい縦じまの服を着たトリックスターが現れ、少年を「クーザ」の世界に導く。その住人達は、愉快・孤独・緊張・集中・華麗・優美・興奮・驚愕・迫力・調和・スリル・パワーと個性的。 

 11のアクロバット・パフォーマンスと楽しいクラウンを融合させた演出です。開演前から何人ものクラウンが客席を走り回って笑わせます。始まると怯え戸惑った少年が驚きと感動に満ちた世界「クーザ」の虜になりました。席は前から3列目で申し分なく、目の高さがほぼ舞台なので見上げる感じで迫力があります。

 7mの高さまで椅子を積み上げるバランス技、人間ピラミッド、驚愕の軟体少女、地上4.5mと7.6mに設置されたダブル綱渡り、巨大なホイールがものすごい速さで回転しその頂点で空中に浮かぶスリル技‥1時間で前半が終わると30分休憩。



 シルクに来たらこのチュリトスを食べるのが楽しみです・(1本350円) 御土産も買わなくてはなりません。スポンサーがダイハツなので売店前にデモカーが展示してあります。

 後半‥シルクは生バンド演奏で女性歌手が二人います。舞台中央でドラムソロがあったり、クラウンのマジックや御客を舞台に招きスリ芸で見せます。ひとつだけネタばらし、途中、独りの観客が突然、空中に浮き驚きました。そのためだけの仕掛けなのですごい。

 後半も1時間あります。フィナーレは、出演者が全員出てきてご挨拶。近くで見たためか感動と興奮が中々冷めませんでした。後日、友人からメールが来ました。『いつも後方だけど今回は感激でした。君が教えてくれなかったらこんなことは知らずに終わったかもと帰りながら夫婦で話しました』小さな親切君。

 
 さてシルクは、今月からラスベガスで「マイケルジャクソン・イモーショナルワールドツアー」を公演しています。ショーは彼の歌をベースにしたもので20曲程度をフューチャー。実はマイケルは、シルクのショーをすべて見るほどの大ファンでした。米国と欧州のツアーは決まっていますが日本にも来て欲しい。

2011.12.11(日)21:50