岳行ノート

桑谷山 435m/愛知県岡崎市

2012年1月14日(土)



山頂稜線の魅惑的な常緑樹のトンネル




 この時期の低山巡りが楽しみです。初めての低山で快心の登山ができると名山を新発見した気持ちになります。きっと見つけられない低山が私を待っているでしょう。

 そんな山を探すことから楽しみが始まります。そして名山に出逢った時の充実感は、変えがたいものです。年初は岐阜県の低山でしたので今回は愛知の低山にしました。

 ガイドブックを読み直し桑谷山(クワガイサン)に決定。東名高速道路の岡崎インターで下り、南下して蒲郡市との市境に近い桑谷キャンプ場を目指します。



 教科書は、山と渓谷社刊「新・分県登山ガイド 愛知県の山」です。参考者は、風媒社刊「新こんなに楽しい愛知の山130山」で確認しました。
<駐車場>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動


駐車場

桑谷キャンプ場

鉄塔

桑谷山荘

展望台

桑谷山

下山口分岐

小倉池

駐車場

※赤線はGPS軌跡

※黄丸は分岐


■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前7時2分発    晴れ/1℃
駐車地:午前8時55分着   晴れ/5℃
往:1時間45分(山頂以下、小休止含)
復:50分
◆所要時間:2時間35分

 県道324号線の桑谷町交差点から南へ走ると正面に桑谷山山頂のドームが見えます。
 道路左に岡崎市営の[←桑谷キャンプ場]の案内標を見つけました。左折して200mも行かないうちに‥




 左側に10台以上停められる未舗装の駐車場があります。そこを出るとすぐ写真の変則四差路ですが、ここは直進です。
(9:05)





 大きな坂口池の横を過ぎると舗装道がY字分岐します。左で桑谷山系遊歩道へ進むところを、右道でキャンプ場へ寄り道‥

 桑谷キャンプ場入場門を潜り、広場へ行くと案内図がありました。場内を抜けて桑谷山系遊歩道に合流しましょう。(9:15)
 テントサイトを過ぎて写真右下から遊歩道に出ました。ここを右折し、先の二俣で右へ行きます。





 せせらぎの小橋を渡ると石畳の道です。道標は「桑谷山荘→」に従います。やがて流れの音を後ろに残し尾根へ登ると‥




 送電線鉄塔です。北方向の岡崎や名古屋市街へ開けていますが、霞んで今日はさえません。ここまで出発して30分です。
(9:35)



そして趣のある石畳が続き、路傍二か所に野辺地蔵が祀られています。
由来書き「この道は岡崎と蒲郡を結ぶ重要な往還道であった」

石積みの祠のお地蔵さんは、今も大切に守られ心が温まります。
やがて林道を二度横断して道標の[展望台・桑谷山荘→]方向へ登れば‥




 分岐へ出て、手作りの案内杭が、左:桑谷山荘、右:山頂展望台と知らせます。
(9:55)

 桑谷山荘が気になるので左へ行くとひょっこり林道に登り、そこを‥



 降って行くと岡崎市民休養施設桑谷山荘に着きました。日帰り入浴420円もできますが、平成24年の年末に閉館します。
(10:05)

 舗装道を戻って登れば展望台ですが、水道タンク脇に登山口があったので樹林道を登ることにしました。



 結局、舗装道に出て大展望台。中電から昭和50年に贈呈されました。左は市の防災無線中継局アンテナです。

 ここは412mピークですが、階段で5mほど高さを上げると‥
(10:15)


 海と山の大パノラマが広がり‥と言いたいのですが、真南なので真逆光です。手前の蒲郡市街、光る三河湾、遠くは渥美半島。偏光フィルターがあれば綺麗に撮れるのでしょうか。

 逆光線の眺望は、いつも悩まされます。ここから撮影するベストな時間帯はいつでしょう?それではと防災無線アンテナ下から山頂への道を進みます。すぐに出合う→Y字分岐は左です。

 すると道は、革質の葉のヒサカキツバキなど照葉樹のジャングルに一変しました。
這って延びる登山道は、森ネズミの道のようで私は小動物になって歩きます。





 やがて樹林の中に突然、フェンスで囲んだ航空路看視レーダーが現れます。
(10:40)

 さらに気分良く起伏の少ない道を歩きました。







 再びレーダー施設↑。天辺はドームに覆われています。朝、集落から見た山頂のドームです。




 フェンスに沿って進むと道の北側に一等三角点山頂。黄色いICタグが埋め込まれています。展望は全く利きません。
(10:50)

常緑樹林の道が続きます。出合ったアオキ(青木)の真っ赤な実『マイクロ・リンゴだ』
稜線沿いにを三河湾スカイラインが通っていますが、樹林が雰囲気を守っています。





 三つ目のレーダー施設に出合うと間もなくT字分岐です。左が稜線続きの遠望峰山443mへの道、右が下山道です。
(11:00)





 山肌は植林となり、道には石が転がってますが、はっきりしています。さらに降り‥

 沢を小橋で渡れば、間もなく林道終点。未舗装路を歩くと‥

 広い林道に合流して左折します。
(11:20)


採石場を過ぎると、こちらにも大きな溜池の小倉池。12時前に帰着できそうなのでランチなしで歩き続けます。
(11:30)

 朝、車で走った道で駐車場へ向かいました。着くと12台車が停まっています。今日も充実感のある山歩きができました。
(11:45)


東海岳行
   “お餅”  

 子供の頃、お餅は季節品でした。お正月が近づくと母は米屋さんにお餅を注文します。大晦日に近い日、配達されたのし餅を切れ味の悪い包丁で私は手伝って懸命に切りました。やがて高校生になった時、引越する親戚から不要になった石臼・杵・蒸し器などの餅つきセットを貰ったのです。

 町内でも餅つきをやる家はなく、我が家は誇らしげに餅つきイベントを開催し近所の人も見に来ました。蒸したもち米を石臼に入れて、すぐつくわけでなく最初米粒を杵で押しつぶすのですが結構、腰に来るきつい作業です。

 さあつくぞと杵を下ろしても高校1年生の私は一臼をつくことができません。弟たちはさらにひどく数回杵を下ろすだけでヘロヘロ。やはり父がメインです。母親に返し方を教えてもらい爪を石臼にこすらせながらペロペロと小さく餅を返します。



 しかし2年生になると体力が増強され一臼が楽勝になりました。父に『若い者には勝てんなあ』とおだてられ私は頑張ります。当日の喜びは、最初のつきたて餅を適当にちぎり、きな粉・あんこ・大根おろしを付けて家族5人で食べることです。

 これが本当に美味しくご馳走でした。それは何臼もの餅つきが出来る力餅です。そしてつきあがったを木板に乗せ、母と二人の弟がのし餅にしたり丸餅にします。当然、誰もが下手なので、のし餅は四角にならないし、丸餅はいびつなお椀形にしかなりません。

 特に難しいのは、鏡餅でした。いつも歪んだ半球が玄関に置かれます。そして最後は特別なお餅です。もち米の中に普通のお米を少し混ぜて蒸します。青海苔を少々まぶし、それをつくと食感が独特なおこわ餅の出来上がり。焼餅が美味しく、歯ごたえがあり個性的な味で私の大好物でした。



 これは売ってなかったので我が家の味でした。正月が1週間過ぎる頃、次第にカビてきます。鏡餅はカチカチになり、カビを削り取って金槌で割って砕き、それで母がぜんざいを作ってくれました。

 これが甘くて実に美味しく、たくわんを取りながら腹一杯になるまで食べます。我が家の餅つき大会は、手間がかかることと私が年末のアルバイトで忙しく帰省しないので5年で中止になりました。それ以来、つきたてのお餅おこわ餅を食べていません。

 やがて今から25年前のことですが、ナショナルから画期的な電動餅つき機が発売されました。つきたてのお餅を家族で味わえるならと思い、電器屋へ実演を見に行きました。するとその機械はつくのではなく、くるくる回しているのです。



 試食するとつきたては美味しいのですが、水っぽく感じました。あの粘りやコシのある食感を口にする願いは叶いません。もう一度、あの味に会いたいなあ‥

2012.01.16(月)22:10