岳行ノート

土田山 172m/岐阜県可児市

2012年3月13日(火)


土田山 -北東のJAめぐみの土田JAより-

右から第一峰(本丸:最高点)、第二峰を挟み中央が第三峰
左鉄塔のピークが第四峰(金子山出丸:三角点)





 先回の岳行ノートで低山彷徨派の野良人さんと梨割山(ナシワリヤマ)278mを登り、駐車場の清水谷川公園でランチをしました。そして低山城跡巡り第2山へ向かいます。

 そこは可児市の鳩吹山314m東南に位置する土田山(ツチダでなくドタで国道41号線で両山は分けられています。四つの峰があり、各々に曲輪・出丸が築かれた城山でした。

 切り立った崖山なので山腹道はないと思われ、当然ピストンだと考えていたら周回ですよと言われ驚きました。駐車場は鳩吹山登山と同じ大脇公民館です。



 この山の存在は知っていましたが、私の中では鳩吹山の強いオーラに隠れた山でした。野良人さんに声をかけられなかったら登ることはなかったと思います。感謝です。 
<駐車場>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動



大脇公民館P→登山口→本丸(第一峰)→第二峰→第三峰→金子山出丸(四等三角点)→
下山口→公園→竹林へ→虹ヶ丘橋潜る→遊歩道(旧東山道)→大脇公民館P

 ※赤線はGPS軌跡  ※黄○は主な分岐

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


梨割山:午後01時00分発  曇り時々晴れ
駐車場:午後01時15分着  曇り時々晴れ
往:30分(三角点まで以下、小休止含)
還:40分
◆所要時間:1時間10分
 国道41号線で可児市に入り、大脇交差点で南へ折れます。突当たりを右折するとすぐ大脇公民と駐車場です。

 写真右、土田城跡の案内板と城跡石碑があり、小さな石柱には「左 旧東山道」と示されています。その方向へ‥
(13:20)





 公民館奥から地道を歩く「古城山めぐり遊歩道略図」の案内板。右端が登山口、周回して左の遊歩道からここへ戻ります。
その略図は、汚れていて古く現在とは異なるルートもあるようです。
下の水色の横線が可児川でそれに沿うのが旧東山道です。
略図では、現在地から第一峰本丸堀切へのルートが消されているようですが?

土田城は約530年前の室町時代に築かれ、城主土田氏織田信長の生母土田御前の実家です。
西の第一峰に主郭、第二峰・第三峰大手曲輪中曲輪と並び、
東の第四峰出丸が配置されていました。

2代目城主の次男が、母方の生駒家の養子になり生駒親重と改名。
後に戦功を重ね四国丸亀城主となり土田城は廃城となりました。
そのため土田城は、出世城とも言われます。





 まず大手道と書かれた道を登りました。この道が、情け容赦のない勾配です。この鎖場の急登も慎重に歩を進めました。




 しかし10分足らずでピークの第一峰展望台登頂172m。今日は、樹間から御嶽山3063mらしき山影が、かろうじて見えます。
(13:30)



 一段下がった西の裏側に‥小広い平地があり、ここが本丸のあったところでしょうか。今は灌木が茂っています。

 峰の山頂部分を削平しただけに曲輪はとても狭いようです。





 ピークに戻り、これから先の南東方向を見ると右に第三峰、左が第四峰です。緩やかなはっきりした道を降りますが‥




 堀切は不明でした。そしてほんのピーク。地形図では、三つのピークしか表示されていませんが、ここが第二峰です。そこから‥
(13:35)

 急に岩場の道となり、一旦降って登り返します。その鞍部が大手跡のはずです。
 多治見市の高社山で教えて頂いた堆積岩の頁岩(ケツガン)が、この山でも多く見られます。

略図にあった第二峰第三峰の鞍部の大手跡は、結局見当たりませんでした。
 そして数分で第三峰に到着。中出丸と呼ばれる所です。
また略図では、登山口から大手道が鞍部に上がり、稜線道と合流しますがそのポイントも分かりません。
(13:44)

 降って行くと植林の細い樹木が茂る広い場所に出ます。『見当たらなかった大手跡はここでもおかしくないなあ』と思いました。するとこの先で‥

 最低鞍部には「大脇へ→」の分岐標があり、道が北方向へ降っています。ここが合流ポイント?この道はどこに着くのでしょうか?疑問を抱え更に登ります。



 鞍部からは、竹林を登ります。野良人さんによると以前は、ここに道が無く、抜け出るのは大変だったそうです。

 土田城跡は戦中・戦後の一時期燃料の亜炭を掘ったことから、現在に至るまでその跡が無数に残っていると言われます。





 「♪君が代」で詠われるさざれ石のような岩が路傍にありました。本物は石灰岩、これは泥岩なので違うそうです。



 その先で山裾の名城大学へ降る広い道に出合います。左折すれば道脇に第四峰の四等三角点171.8mです。

 中電鉄塔9が目の前にあり、少し先で東方面の展望が開けていました。

左端に薄い山影は笠置山1128m、中央左よりが恵那山2191mですがはっきりしません。
右端の低山は美濃富士と呼ばれる浅間山372m、可児市最高峰です。
中央に木曽川の支流、可児川の流れ。右に虹が丘団地、手前右下が水道タンク。

ここから鉄塔巡視路で北東方向へ降ります。

最短周回路(40分):第四峰から来た道を戻り、竹林を過ぎた所にある最低鞍部の分岐まで降ります。
そこから道標「大脇へ→」の北方向へ更に降ると可児川沿いの道に出合い(下3コマ目)
左折して左岸を進めば駐車場です。



 すぐに水道タンクへ通じる舗装道に出合いました。ここから東の広い車道に出て道沿いに可児川に出る予定です。

 ところが道が工事中で通れず、大廻りして可児川の左岸へ歩きます。
(13:55)

 そこから虹ヶ丘橋を潜り、旧東山道のしっかりした踏み跡を辿りました。
(14:10)

 可児川は絶壁の断崖が続きます。20010年7月16日 カヤバ工業のトラックが10台流された記録的な大雨の傷跡が、今だに見られました。


 右は崖、左は迫る竹林。心細い気分で道を行くと分岐標があります。

 表示の「金子山出丸へ」を進めば第三峰第四峰の鞍部へ着くのでしょう。抱えていた疑問が解けました。

 略図ではこの道は描かれていません。
(14:20)



 この道沿いにニリンソウ群生地があり、4月中旬に咲き誇ります。

 道の途中で崖を削った箇所が見られます。覗くと恐ろしいほどの高さがあり、落ちたらヤバイ!
1km弱旧東山道を辿りましたが、このような道が今も残っていること自体驚きです。
最初、可児川木曽川と思っていたほど切れ立った崖の流れは印象的です。
下の岩場にポットホールも見られました。流れはやがて鳩吹山の北東で木曽川に合流します。

うら寂しい道の途中でうら若くない単独女性とすれ違った時はビックリしました。
やがて先に登山口が見えてきて、城跡巡りの周回は終わりました。
(14:30)

登山口→第一峰〜第四峰→戻って鞍部の竹林分岐→旧東山道→登山口のコースで最短周回ができると思います。


東海岳行
   “最後がいい  

 山崎さんご夫婦の子供さんたちは、全員独立しました。彼は奥様へのねぎらいにと流行りのクーポンチケットサイトで年初にホテル特別チケットを購入しました。そこは鳥羽市のお洒落なホテルでスイートルームに1泊出来ます。有効期限が3月末と迫ってきたので2月末に3月の予約を取ろうとしたら全て満室です。

 クーポンチケットは売れ過ぎるとこういうことがあるようです。スタンダードな部屋なら空きはあると言われ、泣く泣く彼はスイートルームを諦めてその部屋で予約を取りました。当日はチェックイン前に伊勢神宮へ寄ったのですが、休日は行列のできる神宮、駐車場で長時間待たされました。


 その日はひどく寒い日で境内を歩くと凍える気分。そんなことでホテルに遅く着き、フロントで夕食の予約をすると何と一番遅い8時。当てにはならないけどキャンセルが出たらもう少し早めにと依頼し部屋へ入りました。ドアを開けると前日ヘビースモーカーが泊ったようでタバコの匂いが強烈に鼻を刺します。



 ご夫婦はタバコを吸わないので堪りません。気持ち悪くなり二人で『臭い!頭が痛くなる』と大声で訴えました。案内の男性が『申し訳ございません。すぐ空気清浄機をお持ちしますのでお待ちください』と出て行きます。部屋の窓を開けて待っていても中々電話がかかってきません。

 さすがにイラっと来てフロントに問合せます。すると『スイートルームにキャンセルが出ましたのでお部屋を変更させて頂いてよろしいでしょうか』二人には願ったりかなったりで二つ返事です。デラックスな部屋に移動し、山崎さんは露天風呂に入ります。

 冷えた身体を温めて戻ると奥さんが『夕食もキャンセルがあったので6時半でOKになったよ』ホテル側が気を使ったのか、お伊勢参り御利益があったとのかと二人で大喜び。早速レストランへ行きました。彼は気分良く「御品書」を見て「グレードアップコース」をリクエストします。



 更に鮑ステーキ、高級ワインなどを追加し、最高のディナーを奥さんと楽しもうと思いました。ところがコース料理が始まると前菜のスープを飲むためのスプーンがありません。パンに付けようかと思ってもそのパンもありません。どうも不運→幸運→不運と運命の波にもてあそばれているようです。

 スタッフにクレームを言うと責任者が来て平謝りです。ただ料理は、美味しく二人は満足しました。翌朝、フロントで渡された請求書を見ると鮑ステーキの料金が載っていません。尋ねると『ホテルからプレゼントさせていただきました』実は宿泊した日は、顧客カードにも記入しましたが奥さんの誕生日だったのです。

 色々不手際があったのでホテルも誠意を示してくれたのでしょうか。何はともあれ最後に幸運が来たので山崎さんには、いい旅になりました。

2012.03.19(月)16:00