岳行ノート

キトラ747m・東山790m・旭山755m・岳781m
/滋賀県東近江市

2012年3月21日(水)


黄和田集落から岳

予定では左山腹に立つ鉄塔右上の稜線から降り、中央の2本の鉄塔の下を通る予定でした。
道が不明で上の鉄塔に着き、→下の鉄塔→里へと直降しました



 「ジオンと山歩記」さんから鈴鹿山行のお誘いを頂きました。ジオンさんは、鈴鹿のカタカナ山を登り尽くす目標があります。イブネ、クラシ、ハライド、ヒキノ、キトラ、、 、

 今回は、そのキトラへ登り、東山・旭山そして(ガク)まで縦走します。半分以上は鉄塔巡視路を辿りますが、マイナーなコースなのでGPS必携です。

 教科書のガイドブック通りに歩くプランですが、この時期なら道に雪は無いでしょう。さてキトラですが、奈良県明日香村のキトラ古墳は壁画で有名です。


 亀虎古墳とも書きます。亀は北、虎は西を表しますが、ここの山名の意味は何でしょうか?車で初めて宇賀渓から石榑(イシグレ)トンネルを潜るのでちょっと嬉しい。


 教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊「鈴鹿の山 万能ガイド」です。
<駐車地>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動



箕川の駐車地

キトラ

ピーク(

東山

拡がる尾根(

石仏の分岐

旭山

山の神峠(
鉄塔L181

鉄塔L179(ランチ)

鉄塔分岐
(巡視路指標)



鉄塔分岐

曲折点

ガレた谷(

岩谷三社祠

黄和田の駐車地

 ※()は道迷い ※赤線はGPS軌跡  ※黄○は分岐

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時05分発  曇り時々晴れ/3℃
駐車地:午前8時25分着  曇り時々晴れ/3℃強風
往:3時間30分(鉄塔L179まで以下、小休止含)
還:2時間45分
◆所要時間:6時間15分


 難所だった三重・滋賀県境の石榑峠。そこを1年前開通した4.5kmの石榑トンネルを走行するのは快適です。

 政所町(マンドコロ)で国道421号線から御池川沿いに北上します。箕川トンネル入口で左折し、すぐのスペースに置車しました。

 防護壁の端から出発です。
(8:35) 

尾根に取り付くと急登で足筋が可愛がられます。15分くらいで踊り場に出ますが、まだ急登は序盤です。
そこに冷たい強風、風速20m?思わず頬にタオルを巻きます。
そのため体感気温は低いので汗をかきません。

 登り始めて35分、尾根は植林から二次林に変わりました。やがて写真の東西に延びる稜線に出たら左折し、僅かに登れば‥

 キトラ山頂747mです。山名表示・展望はありません。記念撮影後、戻って尾根を東方へ歩きます。
(9:45)



 緩やかに尾根道を辿って行きました。傾斜がきつくなり残雪の斜面を登ると、キトラから10分ほどで小ピークに立ちます。

 ここで方向を東から南へ曲折しなければなりません。間違いやすいポイント(?)です。そして更に一つ小さなこぶを超えると‥




 第二山目の東山790m。山名表示・展望はありません。記念撮影をしたら尾根道を歩きます。
(10:15)
下降するとおびただしいユズリハの群落。日当たりの良い場所で気が緩むのか葉はだらりとしています。
樹名は新葉が揃った後、古葉が落ちるという意味。きちんと引継を済ませ落葉するので縁起物とされました。


地形図の774mピークを降る辺りから尾根芯の判断がしずらくなります。
分かりにくい所で何度も立ち止まり方向性を確認しました。
概ね右寄りに踏み跡があります。

そして食害防止の紫テープが、大雑把に巻かれた植林。
ここからひと登りすれば‥




 北東からの尾根と合流、石仏の分岐です。ここから道は中電の鉄塔巡視路になりますが、まず北東へ旭山をピストンします。
(10:50)
 広く歩きやすい道を5分で三等三角点旭山755m、山名表示・展望はありません。
(11:00)

 三角点上部「+」は東西南北を指し、「三等三角点」の刻字は、陽の当る南向き。北側は苔蒸すからです。

 でもそうでない三角点があるのはなぜでしょう。作業ミス?山頂から戻る時、すぐY字分岐で左に誘われますが、右の道です。

     
アップダウンの少ない尾根道は、快適に歩けます。最初の鉄塔L182↑で300度のマスカット大展望!!
南方向、中央の黒い三角峰が目指す781mです。その右隣奥が黒尾山949m、左奥が銚子ヶ口1077m。


 東方向、右端が竜ヶ岳1099m、その左に静ヶ岳1088m。
左側の峰々は藤原岳で左端から右へ頭陀ヶ平(ズダガダイラ)1143m、天狗岩1171m、展望丘1140m
どの顔も雪化粧のクレンジングが進んでいるようです。次の鉄塔へ向かいましょう。
(11:40)

 降ると鉄塔L181、写真右上に山の神峠のプレート。ここで教科書のガイドブックを見て鉄塔指標のナンバーを確認します。

 次に向う鉄塔は、R182と載っていますが、その指標では東南方向です。『ここから南へ向かうべきなんだけど?』

 結論、ガイドブックの誤記(×R182→○R181)だと考え、南へ斜面を登りました。
(11:50)



 ほどなくR181に到着。
(12:05)

 ここも好展望、鈴鹿最高峰御池岳1247mの化粧落としは、さすがに時間がかかります。

 そして4つ目の鉄塔L179でランチタイム。青空は広がっていますが、実は時折の強風です。


 ご馳走の中に落葉が飛び込んできます。それをハーブだと思えば食べられない事はありません。(12:15)〜(13:05)

 歩き続けます。↓R179を過ぎ、鞍部で鉄塔指標を見つけました。そこにリュックをデポしてへ向かいます。
(13:40)

 登り始めるとすぐこの水溜り→があり、沢に沿って進むと‥
谷の中心部にの巨木です。
右上のネエ様たちから『写真撮るので大きさが分かるように立ってて!』と言葉の矢が放たれる。

かって麓の黄和田集落では、毎年7月4日になると神主さんと村人が鐘・太鼓を鳴らしてを目指し
この大杉と先ほどあった涸れることが無い水溜りで雨乞いの神事を行ないました。昭和初期の頃です。
やがて村人が高齢化して登ることができなくなり、山頂にあった祠は麓の日枝神社(ヒシ)に遷宮されました。



 谷から尾根を急登すれば、三等三角点の781m山頂です。刻字が北向き! 後ろの倒木は07年11月の登頂時は立っていました。
(14:00)

 ここは日本一短い山名です。映画「岳」ファンのネエ様は、そのポーズを決めました。では‥




 リュックをデポした鉄塔指標の鞍部へ戻ります。ここから斜面を降り、山腹の巡視路を辿り下山です。
(14:20)



 10分ほどで曲折点に出て鉄塔指標を確認して左折。ほどなく斜面はガレてきて踏み跡が薄くなり、すーっと道が消えます。

 少し上に鉄塔標識とテープを見つけ、登って再び巡視路を行きました。ところが‥ 

 ガイドブックでは、巡視路を降っても鉄塔に出合わないのですが、R177に出てしまいました。ルートが変わったか、ミスしたのか。
(14:45)

 山頂から直接ここへ来るルートで下山すれば早かった。悔やんでもしょうがありません。さらに降るとL177へ降りました。
(15:50)

 ここで15分のティータイム後、鉄塔から尾根筋を急降します。

 15分ほどで右下に大堰堤が見えれば岩谷三社祠です。ここまで来れば里は目の前。周囲には‥
(15:25) 左右2枚の画像は07年のものを使用。
 石垣が何段にもあります。1470年代京極氏が、この地に城を構え、当時交通が盛んだった八風峠・石榑峠の要衝を抑えていたそうです。


 伊吹の弥高山でも京極氏の城跡を尋ねましたが、優秀な家系ですね。里を歩いていると立派な日枝神社がありました。

 集落の外れ、道路スペースにデポした車が待っています。1コマ目の駐車地まで戻るには、13分の乗車時間です。
(15:50)



 左からジオンさん、長さん、mayuさん、Kおじさん、yakoさん、(山たまご)、あさひさん、みれさん、ドルフィーさん、お世話になりました。みなさんのお陰で楽しい山行ができ感謝です。





東海岳行
   “柔らか○大作戦  


 私が中学生の時、お店である玩具に出合い衝撃を受けました。もちろん直ぐ購入し、友達と楽しく遊んだことは言うまでもありません。最近それを思い出し、絶対今でも売っているとネットで調べると‥やはり売っていました。高価なものではありませんので即!注文します。

 私の若い友人、鈴乃助(小一)がママ(娘:長女)と我が家へ遊びに来ると連絡が入りました。既に届いているあの玩具は彼を喜ばすためのものです。では大作戦を実行しましょう。当日になり、二人が玄関を開けました。私は居間で音なしの構え。上がり口には紙が置いてあります。「おふろのとをあけて、かがみをみよ↑」

 鈴乃助が戸を開けて脱衣所に入りました。洗面台の鏡には小さな字で書かれた小さな紙が貼ってあります。近づかないと読めないようにしてあるのです。「うしろをみよ」 その指示で彼が鏡から振り返る。背後の壁には「うえをみよ↑」 鈴乃助が天井を見上げると「きょろきょろするな! といれにいけ」



 洗面所を出て隣のトイレへ行き、ドアに貼ってある紙を見れば「どあをあけて、といれのふたをあけよ」もちろんママも一緒についています。そして彼は便器の蓋を上げる‥便座の下にダンボール紙が挟んであり、その上にあの玩具が載っています。蓋の裏に「おもちゃは、すずのすけにあげる (玩具)」

 (玩具)の字は、彼は読めないのでママ用です。笑い声が居間に聞こえてきます。二人が玩具を持って来たので記念写真を撮りました。この「柔らかUNCHI」には、が二匹付いています。この大作戦を鈴乃助は気にいったようで、早速この玩具を使って『ママに大作戦をしよう』と私に言います。オチは分かっているのに。



 そこで貼り紙の仕方を教えてあげます。ママをあっちこっち行かせて最後は風呂の蓋を開けると浮いている洗面器の中に玩具があるようにしました。

 そんなこんなで散々遊び、家についた頃にママからメール。どうも、もうすぐ帰って来るパパUNCHIで大作戦をするんだと張り切っているよう。

 すると鈴乃助はトイレに入り、用が済んでママを呼び『どうする、ぼくのUNCHIも一緒に隠す?』と真顔で言うので大笑いしたそうです。

 

2012.03.25(日)23:15