岳行ノート

北山770m・岩ヶ峰919m・釈迦ヶ岳1092m
段木883m/三重県菰野町

2012年4月10日(火)


岩ヶ峰尾根で春めく可憐な花 “バイカオウレン”



 2003年9月に購入した「鈴鹿の山 万能ガイド」釈迦ヶ岳を周回するコースが載っていました。岩ヶ峰尾根から段木尾根の岩尾根を歩くものです

 釈迦ヶ岳は、庵座谷道松尾尾根から登ったことがありますが、紹介コースはちょっとレベルが高いと感じました。その地図の中で眼を引くものがあります。

 「鏡岩(巨大な三角錐の奇岩)」と書かれた箇所です。マーカを付けました。このころリンク頂いている山幸彦さんがこの鏡岩を度々訪れられ興味津々。



 一度は歩いて見たいと思っていたところジオンさんが、このコースを最近歩かれ、レポで現況がわかりました。天気の良い日を選んで出かけましょう。

 教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊「鈴鹿の山 万能ガイド」です。参考書は「ジオンと山歩記」さんを拝見しました。
<駐車地>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動



栃谷橋駐車地→栃谷登山口→▲北山→▲岩ヶ峰→県境稜線→▲釈迦ヶ岳→段木尾根→

段木→滝谷出合(八風街道)→八風神社・中の鳥居→三池岳駐車地→栃谷橋駐車地


  ※赤線はGPS軌跡  ※●は分岐

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前7時10分発  晴れ/10℃
駐車地:午前8時50分着  晴れのち花曇り15/℃
往:3時間05分(釈迦ヶ岳まで以下、小休止含)
還:2時間45分
◆所要時間:5時間50分





 国道306号で菰野町に入り、八風キャンプ場へと走ります。途中7分咲きの桜の向こうに浮かぶ釈迦ヶ岳。‥春ですね。




 キャンプ場の駐車場を過ぎ、栃谷橋の先で空き地へ駐車。リュックを背負って少し戻り、西へ栃谷沿いの林道で歩きます。
(9:00)

 5分歩き左のまばらな木立を通り抜け、川へ降りて右岸へ渡渉。道標はありませんが、そこが登山口です。

 さあ植林の斜面に取り付きます。窪地右側にかすかに踏み跡があり、登って行くと‥




 自然林の岩ヶ峰尾根に出ました。狭い尾根は、良く歩かれているようで踏み跡が続いています。
(9:20)




 最初の岩壁は登山道をふさぐ要塞のようです。 リスがその下を走りすぎました。左に迂回路があり急登が始まります。
(9:30)



 ザレた白い鞍部へ出ると北に好展望。左端から少し下った地肌のピークが段木です。そこから右の斜面で下山します。

 標高差300m、傾斜が凄い。写真中央のピークが三池岳972m、右端奥は竜ヶ岳1100mです。この時点では青空でしたが‥

いつの間にか全面花曇り。行く先の西が開けました。左下のコブを登り、右上の岩ヶ峰へと辿ります。
その山腹に鏡岩が、くちばしを尖らした鳥のようです。左奥にランチ予定の釈迦ヶ岳が望めます。

         
足元に開花の待たれるイワカガミアセビと鈴鹿っぽい道を行けば‥




 通過点のピーク北山山頂。手作りプレートの770.4mは、小数点以下までよく分かったなと思います。
(10:30)

そして鏡岩832.6mの核心の展望地。最初、鳥のくちばしのように見えたので変だなと思いました。
「巨大な三角錐の奇岩」ガイドブックの表記をこれで納得。目の当たりにすると自然の不思議を感じます。
あの上に立っている人の写真を見たことがありますが、トラバースすれば行けそうです。

鏡岩変幻写真集。(左)最初に見えた鳥のくちばし、次が(上)の三角錐に見えました。
その先で(中)水晶の結晶のよう。(右)ランチ後ですが、岩から北西地点の県境尾根から裏側から見る感じ。




 シャクナゲが密集する斜面を登ると、その名どおり岩の積み重なる岩ヶ峰。ここを降ると‥
(11:20)




 窪地に十数m×5mの大きな池がありました。以前はヌタ場で初夏、上の枝にモリアオガエルの卵塊がぶら下がるようです。
(11:30)



 そしてお馴染み稜線下の急勾配。補助ロープは大助かり。迎えたブナは、ザブングルの「カッチカチやぞ」のように見えます。
(11:55)

 厳しい岩尾根を終え、優しい県境稜線。並木道のような登山道は緩やかな登りです。しばらく歩けば‥



 春霞に浮かぶ静かな釈迦ヶ岳山頂1092m。ランチ中に突然、南の山腹でザッザッの音にドッキリ!

 灰色の二つの固まりが瞬間見えましたが、カモシカでしょうか?さて下山は、まず県境稜線を北へ歩きます。
(12:05)〜(12:35)

 軽快な稜線街道は多少カーブがありますが、一本道で進めました。広葉樹の森は、新緑や紅葉が素敵なことが想像できます。振り返ると‥

 釈迦ヶ岳から歩いて来た県境稜線が一望です。鈴鹿は断層山脈。右の滋賀県側はなだらかで左の三重側が急峻だということが分かります。




 ガイドブックにある段木尾根到達の時間が近くなりました。注意して行くと親切テープがあり、分岐に難なく出合えます。ここから北へ‥
(13:10)
 
 尾根を降るとすぐ道をふさぐ↑大岩。右へ迂回すると足跡があり、尾根を左上に見てしばらくトラバースしました。歩きやすいので進んでたら方向性がおかしい。尾根に登るとルートは向こう尾根なので失敗!8分のロス。大岩に戻り確かめました。(右写真)尾根上の踏み跡が、右端に覗く岩のドーム岩ヶ峰まで続いています。

足跡を追わず踏み跡を追わなければなりません。ドームに登ると手作りプレートがあり「段木930m」(ダンギ)
ガイドブックでは、900mなのでどっち?これは面倒なことになりそうです。
(13:40)

帰宅して等高線が2m単位の三重クリックマップスで調べます。
ポイント地点は小数点以下まで表記されていて段木は883.3mでした。
第一山の北山はプレート通り770.4mで岩ヶ峰は919.2mになっています。



 段木から降りるとシャクナゲの目くらましに悩まされました。歩きやすい箇所を抜けて行くとまた失敗。今度は軽微なロス。

 踏み跡とテープはセットであるので確認しなければいけません。この後も2個所で失敗をしました。この尾根で計4回です!

 こんな感じでテープを見つけるとホッとします。GPSが無ければもっと苦労したでしょう。小さな尾根が枝のように付くこの尾根は、登りより降りが難関でしょう。

 痩せ尾根をどんどん降ります。錆びたワイヤーロープがあると下に川が見え、写真右斜面で降りました。河原から振り返るとナメ滝が左に見えます。(14:45)



 川のゴーロは2008年9月の豪雨でしょう。左岸へ行くと八風林道です。滝谷出合の案内板を見て、荒れた林道を辿ります。

 やがて広い三池岳の駐車場。5年前に廃業した射撃場跡から右へ舗装道を少し歩けば、朝の駐車地です。
(15:20)


東海岳行
   “コメダにて

 
 私の住む江南市近郊の低山をご一緒する野良人さんから連絡が入りました。『今日、コメダで会いましょう』約束の時間に喫茶店へ行くとすでに待ってられます。コーヒーを注文したらお喋り開始。最初の会話は野良人さんが、岐阜県坂祝町の猿啄城(城山)の岩壁を登ったことです。

 『近在で最後に残っていた崖です。岩屋観音にお参りして少し東の尾根に取り付いたのですが、急斜面とロックネットに阻まれ、中々時間がかかりました。続いて谷を巻き岩壁に取り付き、山頂に向ったのですが、斜度がきつく高度もあるので結構緊張のルートで一か八かの判断を数回体験させられました』

 60代後半のお歳にかかわらずフリークライミングで一か八の判断するなんてどういう根性と体力?ありえない世界です。さてお互いの最近の登山話が終わると『今日、山たまごさんをお呼びしたのはかつ爺さんい会ったことをお話ししたかったんです』『え!会うことが出来たんですか。良く探されましたね』



 今年2月18日に野良人さんのご案内で本宮山を登り、山の伝説、山姥(ヤマンバ)の棲みか教えて頂いたのです。その体験から岳行ノートの道草には“山姥の棲みか”を記しました。

 野良人さんが好奇心をくすぐられたのは、HP「里に伝わる伝説」で詳細な伝説の内容が表されていたからです。とても力作で物語の解釈が素晴らしく私もほとほと感心しました。その管理人の方はブログも持ち、かつ爺というHNです。

 かつ爺さんの説では、棲みかは本宮山の隣、相澤山(ソウタクサン)にある「八大龍王神」の洞窟(右上写真)でした。ところが野良人さんは、本宮山山頂近くの「山姥青黄姫竜王社」の祠(左下写真)の崖下で新たな洞窟を見つけたのです。そこでその発見をかつ爺さんに伝え、是非意見を聴きたいとたいと思いました。



 しかし、HPもブログも5年前から全く更新されていません。そこで野良人さんは、中を丹念に見ました。内容から小牧市か春日井市辺りに住まわれ、可児市の登山クラブに所属しているように思われます。

 野良人さんは以前、可児市の低山でケイタイを落としました。その登山クラブの方が、たまたま拾われ受け取りに行ったことを思い出します。そこで連絡してそのような方が所属されていますかと尋ねました。すると現在は休止中ですが、候補がお一人みえたのです。

 住所などを聞き、野良人さんは早速その方を訪問したのですが、ご本人は不在でした。奥様が図書館に行ってると言われたのでそこまで走ります。そしてそこでお名前を小さな声で呼ぶと‥野良人さんを見る人がいて、知らない人から名前を呼ばれびっくり顔です。近づいてわけを言い、かつ爺さんの話を聴きました。



 大きな病気をされたそうで、それからパソコンを触らなくなります。まだHPが残っていることに驚かれました。そして野良人さんは、プリントした私の岳行ノートを見せ発見した洞窟(右写真、左下写真)を説明します。

 かつ爺さんは『そこは知っています。私もその後、祠から崖をロープで降りて見つけました。でもそこへ行くためには、そういった技術が必要で一般の人には危険なので公開はしませんでした』 しばらくして図書館でぼそぼそ話している二人は係りから注意されます。

 そこで別れたそうですが『もう少し話したかったなあ。かつ爺さんは70歳を超えているようですが、登山技術、HPの文章・写真・内容は大したものだ。そんなことで今日は、山たまごさんにこのことを話したくってお呼びしたのですよ』



 私は『かつ爺さんが、あの洞穴を知っていたことは驚きです。でも野良人さんの探究心、好奇心、行動力に驚嘆します』 野良人さんは私より5歳先輩ですから私も大いに刺激されます。

2012.04.15(日)23:05