岳行ノート

サクラグチ919m・横谷山873m・能登ヶ峰760m
/滋賀県甲賀市

2012年4月18日(水)


鹿の楽園を西から振り返る

左端ピークが第一山のサクラグチ、稜線を右方へ歩きました。
中央左奥に尖峰の鎌ヶ岳1161mが覗き、その右峰が第二山横谷山



 「ジオンと山歩記」さんから面白い山行のお誘いを頂きました。甲賀市土山町うぐい川両岸を取り囲む尾根をU字状に周回するものです。

 その右岸尾根にはサクラグチ、U字の底の源流部に横谷山、左岸尾根には能登ヶ峰があり、それらの山峰を繋ぎます。ロングコースで2回分の山行に値するほどです。

 自身の体力を測る耐久登山になりそうだ。さて土山町と言えば、東海道五十三次の土山宿がある町です。街道は、三重県亀山市の坂下宿から鈴鹿峠を越えます。


 そして滋賀県甲賀市の土山宿へと辿ります。まだ未訪の宿場なので寄り道してみましょう。集合時刻は7時、新名神高速道路の甲賀土山インターで下ります。

 国道1号線に乗り、土山支所前交差点を右折し、二本目の道を左折するとカラー舗装された東海道が伸びていました。


 教科書は中日新聞社刊「地図で歩く鈴鹿の山」です。参考書に「ちゃたろうのMountain Hut」さんを拝見しました。
<駐車場>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動



うぐい川公園駐車場→林道登山口→789mピーク→ヌタ場→▲サクラグチ→▲横谷山→カタコシ峠→
758mピーク→700mピークでランチ→鹿の楽園→▲能登ヶ峰→林道出合→うぐい川公園駐車場


 ※赤線はGPS軌跡  ※●は主な分岐  ※●はヌタ場

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前5時10分発  晴れ/8℃
駐車地:午前7時00分着  晴れ
往:4時間25分(横谷山まで以下、小休止含)
還:4時間45分
◆所要時間:9時間10分



 東海道四十九番目の宿場町は、古い街並みが残され往時の風情を味わうことが出来ます。見所も多いようです。

 「道の駅」あいの土山には、レンタサイクルもあるので改めて来なくてはなりません。さあて県道9号線を北上します。



 鮎河集落に入り、うぐい川を渡る手前、左のうぐい川公園駐車場が集合地です。今日は10名のパーティで出発します。
(7:15)

 橋を渡り、集落内の細い道をぞろぞろ歩き‥

 鮎河小学校北にあるこの水路を上流へ辿りました。すぐ左岸からフェンスを開閉して右岸へ移ります。

 7分ほど林道を辿ると左にコンクリート枠の穴。ここが登山口のようで谷を奥へと進み‥(7:40)



 地形図はその先で右尾根に波線があります。ところが手近な左尾根に取り付いてしまいました。植林内はどこも歩け、大丈夫。

 稜線に出てテープを発見。そこからひたすら北東に伸びる尾根を登ります。鮎小の親子登山記念板があるガレ地にでました。
(8:10)



 ボロボロの古い鉄線フェンス沿いを息を切らすと789mピーク着、ここにも記念板。南面が大きく崩れ展望が効きます。

 下のうぐい川を挟んだ向こう側、右端に能登ヶ峰のピークです。時計回りであの峰へと辿るのですが先は、めちゃ長〜い。
(9:05)

 
ピークから先は自然林に変わり、林床のコバイケイソウが明るく笑う
 やがて891mピークに着くと北に展望が開けています。
一番高いのが綿向山1110m、その左ピークは水無山985m。


左端、山の字ピークの真ん中が奥草山820mです。
下に60年前完成した農業用の野洲川ダム(ヤスガワ)が見えます。
野洲川御在所岳を水源とし、琵琶湖に流入する河川では最長です。
(9:45)



 やがて本日第一山のサクラグチ三等三角点山頂。展望は全くありません。出発して3時間経ち、行動食がふるまわれます。
(10:10)

 まだ1/3の行程、15分休憩を取り歩を進めました。

 するとすぐヌタ場に出合い、皆が嬌声を上げています。見るとそこにカエルの卵塊がびっしり。干上がらないといいいですね。

 卵塊を食する人たちがいます。一見するとタピオカに見えるそうです。



 889mピークを過ぎ、痩せ尾根から少し登ると大ガレ地に出ました。崩壊面はコンクリートが塗布されています。

 東南を中心に180度の大展望です。左奥が仙ヶ岳961m。手前の稜線、左端カタコシ峠から右方に鹿の楽園へと辿ります。
(10:55)

大ガレの東端から北東に進むと、なだらかな快適道となります。
イワウチワの葉が目に止まる痩せ尾根を登って行くと‥





 横谷山山頂です。展望は殆どありません。ここでやっと行程の半分。ランチはいい時間ですが、15分休憩して歩き続けます。
(11:40)



 しばらく植林の尾根を降ると明るい鞍部に着きました。カタコシ峠と木のテープに書かれています。登りに変わり‥
(12:30)

 木の根の痩せ尾根を過ぎると植林の尾根道になました。アップダウンを繰り返すと‥

 見上げるほどの758mピーク。長々と続く直登道に声も出ません。先頭の健脚班は、直登してあっという間に姿が消えます。

 地形図では、ピークを左に巻くのでその道へ移ったのですが、誰も付いてきません。『ピークから降りた所で合流できるか』

 回り込むとピークから呼ぶ声が聞こえます。そこへ登ると私を探しに行くところでした。勝手な判断はNG。陳謝しました。 



 気を取り直して行くとOh!懐かしい。田村川林道分岐の目印、ドラム缶です。4年前は、ここから降って行きました。
(14:00)

 いやいや、2時だ、14時だ!絶体絶命の空腹。

 
 鹿の楽園でのランチは諦めました。仙ヶ岳の展望が利き、広いピークがあったので温もりランチします。
(14:10)〜(14:50)



お腹が膨れても登りは、鹿の楽園から能登ヶ峰までの1箇所だけです。歩いて行けば、ジャングルのようなアセビの純林。

 そこを抜けると突然、草原のような光景が目に飛び込みます。



『待望の鹿の楽園!』笹原の薄い線は、鹿道なのか登山者の踏み跡なのか。 
樹木は極端に少なく、どうしてこのような状態になったのでしょう。
見飽きません。残念ですが降って最後の第三山へ向かわねばなりません。
(15:20)


-08年05月17日アセビの彩り- 西から鹿の楽園を見る 



 周囲はやがて植林になり、第三山能登ヶ峰(ノトガミネ)山頂三等三角点に到着しました。ここからは北西尾根を歩きます。
(15:50)

 8分ほどで尾根は直進と右へ分かれますが、地形図の波線で示された右を取りました。 




 最後に植林斜面は急勾配になり、一気に降ると林道が下に現れます。降りればもう緊張感は失せ、のんびり里へ戻ります。
(16:35)

やがてうぐい川に出ると両岸のが満開です。リュックを背負った観光客が、浮き橋で撮影しています。
駐車場に帰着したのは、出発してから10時間後。よく歩けましたと、自分自身を褒めてやりましょう。
「鮎河さくらまつり」は、今年は4/21〜22の開催、岳行ノートが出る頃は葉が出るでしょう。
(17:05)


 後列左より、ドルフィーさん、脱力登山家、yakoさん、福ちゃん、長さん、私、ジオンさん。前列左よりmayuさん、Kおじさん、みれさん、ご馳走をありがとうございます。お世話になりました。


東海岳行
   “あんぎゃ〜  


 今年2月、岐阜市民会館「週末吉本」の公演があり、お笑いの好きな私とひよこさんは見に行きました。1階の11列なので双眼鏡は不要です。出演者9組中、私達の知っているのは、はんにゃ、椿鬼奴、バッファロー吾郎、友近、笑い飯、博多華丸・大吉です。

 結構メジャー級が揃っているのでさすが、有無を言わせぬ吉本クリエイティブ・エージェンシー。客層は若い人が多かったです。さて感想です。はんにゃは、忙し過ぎるのかもうちょっと頑張ってほしい。

 椿鬼奴は、ネタを持っていること自体に感心。バッファロー吾郎は笑えませんでした。友近が一番の狙いでしたが、演歌の水谷千恵子を演じ豆腐踊りで笑わせます。彼女の芸達者ぶりを見ることが出来満足しました。



 M-1王者の笑い飯博多華丸・大吉はうまい!次から次へと笑わせてくれます。その公演で貰ったパンフレットの中で「宮川大輔×ケンドーコバヤシ トークライブ あんぎゃ〜」の案内がありました。

 公演日は3月18日、場所は下呂市。『なんでわざわざ下呂なの、もうちょっと近くでしてよ』と思います。私達は宮川大輔ケンドーコバヤシ(ケンコバ)も好きです。前売り2800円は安い、ガソリン代はしょうがありません。

 当日、19時開演に間に合うよう下呂交流会館まで車を走らせます。800人収容のホールで座席は前から7列目、快適な場所です。舞台にはスライドの幕と腰高椅子が2脚あるだけ。セットにお金をかけていません。



 二人が出てきたら、テレビで見る姿形そのまま、当たり前ですけど。彼らが出演した番組の裏話が聴けるかと思いきやいきなり下ネタ全開。大爆発の下ネタ・オンパレード、笑いの治外法権・解体新書です。

 ある意味、テレビでは見せれないところをライブでやるのは正解ですが、えげつ過ぎる。とても内容は表せませんが、場内の若い女子・御年配方は大笑いです。ほんのさわりですが‥

 ケンコバが、若い女性ファンから秘密の玩具『飛びっ子』の送信機を貰った話しから始まり、二人が公演先で中国式マッサージに行き、横たわると小指で『ブン』といたぶられたくだり。ケンコバがロケで韓国へ行き、コーディネーターから『トテモ面白イ店アルヨ』と誘われる。



 そこで二人の美女に弄ばされた滅茶苦茶な話しetc‥とても普通人が踏み込めない異常な世界の体験記は、大爆笑で1時間喋りっぱなし。二人は全国各地でこんなあんぎゃー公演中してるのです

 この日下呂に入る前、スタッフ達と白川郷・高山へ行きました。その様子をスライドで見せてくれたのですが、これがおかしい。展望台で大輔は、景色を見ながら熱いどぶろくを飲んでいました。

 おばちゃんが走って来て、いきなりどぶろくの紙コップをはたき落とし、腕をからませ『一緒に写真撮って』『あの、、、どぶろくが‥』『え、私が悪いんか、そうか私が悪いんか。弁償するわ、弁償するわ』彼は話しながら『あかん、思い出したらめちゃ腹立ってきた』と地団駄踏んでます。



 やがて車で下呂へ向う途中、高速道路のSAで大輔『腹が痛い』と言ってトイレへ駆け込みました。ケンコバがそっと後をつけて行き、大輔の入った個室のドアに耳を当てます。腹下しの排気音が高らかに鳴るとケンコバ『めっちゃ、ブリブリ出てるやん!』とトイレ中に聞こえるほどの大声で叫びました。

 中から『そりゃ、出るやろ!』と返す。二人は、40歳でも精神年齢は高校生のよう。そんな旅の話を30分ほどして、あと30分は会場との交流です。抽選で写真を撮らせたり、髪型・服装まで大輔の成り切りファンを見つけ、舞台に上げていじったりして笑わせます。二人だけで2時間、楽しませてくれプロってすごいと感心しました。

 愛知県にはまだ来ていないので、来たらまた見に行こうっと。

2012.04.23(月)22:35