岳行ノート

御池岳・池巡り3/滋賀県東近江市

御池岳(丸山)1247m・奥の平1241m・鈴北岳1182m・鈴ヶ岳1130m

2012年4月29日(日)


『意外な場所にあるよ』 そのとおりだった「日本庭園の池」

御池岳の未訪の池4ヶ所の一つ。他の3か所「お花池」「草原池」「キハダの池」も探索しました。




 昨年12月に御池池守さんにお願いして御池岳で池巡りを2回しました。池は、ヌタ場化したもの、涸れたものも含め30ヶ所です。前2回で24ヶ所訪れました。

 残り6ヶ所中5ヶ所を巡ります。(伝承の御手洗池は場所不明)独りで探すのは心もとなく、低山をご一緒する野良人さんと山友お2人に同行をお願いしました。

 未訪の池は、近藤郁夫著「御池岳 霧物語」掲載の地図で位置はほぼわかります。予めGPSガーミンにポイントを入れました。広大な台地を4人で手分けして探索します。


 今回御池岳が、初めての方も見えますので前半は見所をつなぎ、後半に池探しのプランです。連休中日で空いている名神高速道路を走り、関ヶ原インターで下りました。

 国道365号線で20km南進し、黄金大橋南交差点から右折して国道306号線を上ります。10分走ると‥


 教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊「鈴鹿の山 万能ハイキング」です。参考書は「御池池守のブログ」さんにお世話になりました。
<駐車地>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動


国道306号線駐車地→コグルミ谷登山口→カタクリ峠→幻池→▲御池岳▲奥の平まゆみ池
幸助の池→天狗鼻(ランチ)→風池丸池草原池お花池元池→▲鈴北岳
▲鈴ヶ岳
→▲鈴北岳キハダの池→コグルミ谷登山口→国道306号線駐車地 

TOP写真「日本庭園の池」への場所・ルートは省略しています。(道草を参照下さい)


 ※赤線はGPS軌跡  ※赤●は池  はヌタ場  ※●は主な分岐

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前7時00分発  晴れ/16℃
駐車場:午前8時10分着  晴れ時々曇り/16℃
往:2時間45分(天狗鼻まで以下、小休止含)
還:3時間35分 
◆所要時間:6時間20分ヒルはいませんでした)

 コグルミ谷下の駐車地は、さすが休日で既に満車。上のスペースに置車しました。山は朝霧で覆われています。国道を300mほど降れば‥(8:20)

 コグルミ谷登山口です。生まれたての緑を枝一杯に付け、木が揺れると山が笑う。右岸.左岸と渡りを繰り返し、高度を上げます。





 涸れ谷は、石灰岩が流れているよう。『すごい光景だ』同行のオノ博士は立ち止まり、ビデオ撮影をされます。

 長命水を過ぎると「御池岳」の著者、近藤郁夫教授の魂が眠るこの近藤岩。ここから谷を離れ、山腹を急登すれば‥
(9:05)

 6合目でカタクリ峠。気温が上がり霧が晴れました。出発して1時間が経ち小休止を取ります。『お〜咲いてる、咲いてる』
(9:20)

春を告げるスプリング・エフェメラルカタクリが、斜面のあちこちで花びらを反転させています。
片葉に鹿の子模様が、はっきり現れるので「片葉鹿の子」→「カタカゴ」→「カタクり」万歳!
先へ進みましょう。稜線に乗ったら右折して県境を歩ます。


スプリング・エフェメラルド訳は春の儚い命で春の妖精と呼びます。春先に花が咲き夏まで葉を
付けると後は地下で過ごす草花です。代表的な花[一輪草、二輪草][菊咲一華、雪割一華、東一華]
[福寿草、節分草][片栗、猩々袴、広葉の甘菜][蝦夷延胡索、山延胡索、、紫華鬘]



2輪と限らない春の妖精ニリンソウ(左)、独りで咲かないヒトリシズカ(中左)-コグルミ谷-
    
白い妖精キクザキイチゲ(中右)、ヤマネコノメソウ(右) -ボタンブチ付近-
 幻の池。5ヶ月ぶりの再会です。カエルの卵が一杯だ。ここから県境を外し西へ降りると‥
(9:50)

 T字分岐に出合い御池岳を目指します。周囲は、葉が開く前の若いコバイケイソウに満ちています。
(9:55)


 そして御池岳(丸山)山頂。『三角点が無いなあ』鈴鹿山脈最高峰ですがありません。並びの藤原岳にもありません。

 余談ですが御池岳・藤原岳霊仙山は、鈴鹿の御存じ「花の百名山」(田中澄江著)です。さて先は長い。
(10:25) 

 樹林を抜け、東南方向に見える奥の平のピークを目指します。『広大だ!』

 大草原は、視界も良く歩きやすい。到着したら南へ降り‥
(10:40)

 直線距離で約300m、5分降るとまゆみ池に再会します。西へ方向を変え‥
(10:47)

 4分程度で幸助の池とも再会できました。崖沿いをさらに西へ行けば‥
(10:53)


ボタンブチです。『迫力あるな』鈴鹿の滋賀県側展望を満喫。
ここはお食事処、どんどん登山者が来て賑やかになってきました。
北西お隣の崖地、天狗鼻が空いていて静かそうです。
(11:00)

『天狗の鼻より亀の頭に見えるぞ』
しかし、それではよろしくない。亀の甲羅へ向います。
天狗のおでこか。
 天狗の鼻を上から見るとサイの角に似ている。あら、こちらへ移ったら向こうのボタンブチが空きだしたようです。

同じ考えの人が、こちらへランチに来て賑やかになります。結局、休日は混雑を避けられない。
(11:05)〜(11:40)

 写真奥は、左から竜ヶ岳1099m、釈迦ヶ岳1092m、御在所岳1212m。天狗鼻からは、しばらく崖縁を北西に辿ります。

 3分歩くと今日は風のない風池。さらに苔岩群を過ぎて風池から‥
(11:45)

 13分ほどで丸池。ここまでの池は昨年12月に訪問しているので順調です。以後は3連続未訪の池。
(12:00)


丸池から進むと周囲の見通しが良くなり、鈴北岳の人影も見えます。すると
大木の横にこの池がありました。未訪の草原の池かと思いきや位置が違います。
『直径7m径かな』蛙の卵塊が浮かび中央で親蛙が顔(左写真)を覗かせました。
(12:05)

ヤマヒキガエル? このまま干上がらず新池となれば嬉しいのですが‥
さて目的の草原の池は、ここから北へ100m行き周辺を手分けして探します。
特徴は、草原で特異な地形、大きさ7m×5mでヌタ場になった池です。

 この窪地が草原の池でしょうか。残雪の奥がヌタ場です。『ほら、穴があいてるぞ』30cm径・150cm深さでは、水は溜まりません。
(12:15)次、未訪の日本庭園の池は道草に掲載

 池探し途中ですが一旦、崖に向い西のボタンブチへ行きます。手前の木に古い木札がぶら下がっていました。右端の尖峰は天狗岳988mです。
(12:25)


 5分ほど北西へ歩くと、初めてお顔を見たお花池。直径12mと大きく「お花と幸助夫婦」伝説に因んだ名です。
(12:30)

 離れ離れになったご夫婦に出会えて良かった。ここからは、圧雪で潰れたブッシュ平原を等高線に沿うように進みます。

10分ほどで昔行われた雨乞信仰の中心的な元池へ着きました。御池岳最大で直径18mです。
丸山を望む位置で見ると絵になりますが、もう少し若い緑が欲しい所です。
ここで小休止を取ります。水分を500ml3本用意しましたが、残り2回分の水しかありません。
(12:40)

 ひと登りして鈴北岳。向こうで鈴ヶ岳が舌先を覗かせています。野良人さんが『行く?』と皆に尋ねました。

 予定ではここから下山でしたが、休憩してたご夫婦が『鈴ヶ岳はフクジュソウが咲き、往復1時間だよ』と私達をあおる。
(12:55)

 『歩き出し5,6分で右へ方向を変える所がポイントだ』と教えて頂きました。でも高度差、降り150m、登り90mと結構ハード。
 アドバイスのお陰で道迷いなしで辿り、鈴ヶ岳初登頂。『フクジュソウは?』と探せば‥
(13:20)
 山頂の東斜面に群落発見。『より取り見取り、五月みどり、伊藤みどりじゃないか』 ここまで来た甲斐がありました。戻りは降り90m、登り150mで‥



 鈴北岳に戻ります。(13:50)、一息入れ北東へ県境稜線を100m降ればタテ谷分岐。「初心者要注意」の案内標から右へ。
(14:00)

 尾根から谷へ降りると‥



 長く続く雪渓。『これはすごい。300mはあるでしょう』博士が、ビデオをパンしながら、解説を入れています。皆ではしゃぐ。

 タテ谷分岐から、17分くらいで左尾根が低くなってきました。そこで尾根へトラバースし、広い尾根に乗ったら皆で池を探し‥

 2段のヌタ場発見。これは上の段でキハダの池と思われます。池巡りはこれで終了。再び斜面を降ってタテ谷へ戻り下山しました。
(14:20)

 急斜面をジグザグ降りるとコグルミ谷出合です。(15:00) 国道が見えたら登山口。(15:10) 駐車地へ帰ると気温は、25℃と夏日を表示していました。
(15:15)


東海岳行
   “ひとつくらい自分で”  


 御池岳の「池巡り」は今回で3回目となっていますが、実は4回しています。2005年5月、2011年12月に2回、そして今回です。7年前の2005年は、ガイドブックを見ながら探しましたが、10ヶ所中5ヶ所しか発見できませんでした。池探しをして感じたことは、見つけた池が正解かどうかがわからないということです。

 一つの要因ですが、私が巡った時真の池以外は名札が無く判断に困りました。また御池岳は池がいくつもあり、その総数、位置をネットを調べて見たのですが中々わかりません。当時はGPSを持っていなく、ガイドブックや地形図が頼りでした。「池地図」があれば、池巡りがしやすいはずです。

 やがて関西ハイク山友会の御池池守さんが、御池岳の池について詳細に知っておられることが分かりました。そこで池巡りのご案内をお願いしたのです。お陰で殆ど見ることが出来、位置をGPSに記録できました。(池ものがかり)しかし、まだ「日本庭園の池」「お花池」「草原池」そして「キハダの池」が未訪です。



 最新の池地図を作るには、これらを確認しなければなりません。さて近藤郁夫著「御池岳 霧物語」に掲載された地図の一部を模写したのが左図です。

 ここに「お花池」「草原池」が記されているので行けるでしょう。「キハダの池」は、タテ谷の北にある支尾根に印がありました。「日本庭園の池」は載っていません。

 左図では日本庭園というエリアの文字だけです。御池池守さんに尋ねると『ひとつくらい自分で探すのもいいじゃない、意外な場所にあるよ』言われました。



 ということは自分で「日本庭園の池」を探さなくてはいけません。謎解きは面白い、楽しくなってきました。池地図が、画竜点リを欠いてはいけません。「日本庭園の池」を見つけましょう。広大な台地へ向かう前、ある程度場所を絞りたいのですがヒントはあります。

(1)その名前からして日本庭園と呼ぶエリアにあるでしょう。
(2)2010年末の御池池守のブログでは、お花池(左上)-日本庭園の池(?)-ウリハダカエデの池(右下)のルートで歩かれています。
(3)大きさは10mで丸池に似ていて、意外な場所にある。


 これだけのヒントがあれば何とかなります。この日、4人で手分けして探しTOP写真の池を撮影できました。意外な場所とは、見つけて意味が分かり『そういうことか』とうなづけます。御池池守さんの考えを尊重し、私も地図上にルートとマークはつけませんので興味がある方はヒントを参考に探索下さい。

   「草原池」を西から見下ろす    2段のヌタ場:左上「キハダの池」、右下ヌタ場

 「お花池」は、ネットに画像がいくつもあるため同定できました。「草原池」は、水が満ちている頃の画像はありましたが、ヌタ場になった現在の画像は見つけられなく、御池池守さんに確認してもらわなければなりません。「キハダの池」の同定は、全くできませんでした。

 注釈ではタテ谷にあり、横にキハダの大木がある。直径10m、春はオタマジャクシ、秋はヌタ場。(最近はヌタ場と化し、下に新しい池ができたよう)」 探すと2段のヌタ場がり、その上段としました。池巡りを終わり、ご一緒した野良人さんが『池探しって面白いなあ』と言われるように好奇心は充分満たされます。

 現在、御池岳は笹枯れで見通しが良く、歩きやすいので池巡りにはチャンスです。水が満ちているものは、現在18個所あります。池巡りしたお陰で御池岳のテーブルランドを周回できました。何かオリエンテーリングをしている気分です。ただ登山道沿いにある池は少なく、探すうちに道迷いになる可能性があります。



 興味を持たれた方は、地形図を読める上級者か、GPSを使える方と一緒に池巡りを楽しんでください。池は涸れたり、涸れていたものが再び池になったり、ドリーネが池になったりと変化が著しいものです。もし状況が変わったり、新池を見つけられた時はお知らせいただけると嬉しいです。

2012.05.06(日)17:35