岳行ノート

大御影山 950m/滋賀県高島市

2012年5月7日(月)



萌えいずるブナ原生林は癒しの道


 滋賀県と福井県の分水嶺高島トレイルを度々歩いていますが、何ヶ所か接続できていないルートがあります。大御影山(オオミカケゲヤマ)もその一つです。

 ここは豊かな自然が残り、美しいブナ林と春の花が沢山咲く魅力的な山です。福井県側から登るか、滋賀県側から登るかを決めかねていました。

 すると「Club 岳」さんが、5月1日にフラワーハイクをされ、花の情報が入手できました。これは行かねばなりません。滋賀県側の同じコースを歩きましょう。


 北陸自動車道の木之本インターで下り、湖北バイパスを走り、日置前ランプで下ります。北進して「高島市家族旅行村ビラデスト今津」を目指しました。


 教科書は、山と渓谷社刊「新・分県登山ガイド 滋賀県の山」です。参考書は「Club 岳」さんにお世話になりました。
<駐車場>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動




ビラデスト今津駐車場

平池

林道登山口

バイパス道

滝谷山分岐

河内谷林道横断

高島トレイル分岐

▲大御影山
(関電反射板)

近江坂

ビラデスト今津駐車場
 


※赤線はGPS軌跡

※●は主な分岐

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時30分発    晴れ/11℃
駐車場:午前8時55分着   曇り時々晴れ/14℃
往:3時間55分(山頂まで以下、小休止含)
還:2時間45分
◆所要時間:6時間40分

 ビラデスト今津の総合案内所で入村料300円を払います。残雪のある北端に停め出発です。標高を500mから山頂まで450m上げ、往復14kmを辿ります。
(9:10)
 すぐ左に澄んだ平池。左奥の緑の横線は自生するカキツバタで、1万本が5/末〜6/上に咲きます。ここを右折すると未舗装路となり‥





 200m先が、大御影山登山道入口です。標柱に書かれた「古道近江坂」は、高島市今津町と福井県若狭町を結ぶ峠道です。
(9:20)



 植林を抜け、小さな渡渉をすると掘割状の山道になります。ほどなく近江坂(尾根道)とバイパス(山腹道)の分岐標。

 往きはバイパス、還りは近江坂にします。道で春の花が迎えてくれます。

(左)イカリソウ:独特の花の形が美しい。 (中)イワナシ:ツツジ科なので木の花です。 (右)ミヤマカタバミ:通常5枚の花弁は半開きです。葉は日が陰ると折り畳まれます。



 やがて近江坂とバイパス道が合流。ここは琵琶湖の眺望があります。中央で突き出ているのが海津大崎(カイヅオオサキ)。

 その右、小さな島は周囲2kmの竹生島(チクブ)です。
(10:05)



 近江坂は、よく歩かれ掘割の古道が続きます。残雪や融雪の泥濘・水溜りが所々あり、斜度はなくても歩速が上がりません。

 ブナが現れると両脇にホンシャクナゲが‥


道を覆うように群生しています。どうです、この華やかさ。見ごたえがありますね。
葉組たちが、皆で輪になって一生懸命、花組さんを支えているように見えます。

シャクナゲの木は無数にありますが、蕾さえ付けてないものも多い。
今年はウラなんでしょうか。




 花を見ては撮影するので中々進みません。滝谷山分岐に着きました。此処まで2時間かかっています。距離はまだ半分弱。
(11:15)



 ここまでチョコチョコイワウチワはあったのですが、ここで元気な子が集まっています。この子は葉の基部がハート形です。

 基部がクサビ形になるとトクワカソウ。この後しばらくシャクナゲ・イワウチワの写真を撮り続けなければいけませんでした。



 道の右へ少し上がるとヘリポートのような広場。298度のパノラマがあり、南方に左から右へと歩いた尾根が見えます。

 明らかになだらかです。右側奥のお椀形ピークは、分岐にあった滝谷山736m。

 道の野草たちも色を競う。 (左)カタクリ:群生は見なかったけど転々と咲いていました。 (中)オオバキスミレ (右)バイカオーレン




 河内山林道が下に見え降りました。『雪渓もありま温泉!』標柱から真直ぐ進み、右尾根に登ります。ここで行程の2/3です。
(11:20)





 何度も言いますが、古道は斜度はありませんが歩き難い場所に度々出合います。でも迂回路が必ずあるので大丈夫。



 そして東の大谷山814m・抜土から来た高島トレイルと合流しました。ここからは分水嶺の県境尾根を山頂まで辿ります。

 ム!近江坂の標柱が傾き、かじられ、プレートがはがされている。きっとkuma‥今日はクマスズをストックに付けています。
(12:20)

山頂が近くなっても道はブナの原生林を緩やかに登る。生まれたての早緑(サミドリ)は目に優しい感触。
娘が赤ん坊の時、モミジのような手で私の頬をペタペタ触わった優しい感触を思い出す。

ブナに癒され、花々に癒され、この山の自然は素晴らしい。
おや、山頂から戻る1人、2人、3人‥次々すれ違います。
もう、お昼すぎの1時ですからランチ終えたのでしょうね。



 出発から4時間で大御影山登頂。コースタイムは往き3:20、帰り2:40。きっと花のお持ち帰り写真は300枚は超すでしょう。
(13:10) 

 腰を下ろす前に少し北西へ歩くと‥




 関西電力の反射板が立っています。防護柵の後ろに岩がありここに登ると日本海が見えるのですが‥ダメでした。


山頂に戻り、北へ延びる尾根を見ながらランチします。
そこには更に素晴らしいブナ林があり、胸高直径が1mを越す巨木が何本かあるそうです。福井県の白谷登山口からのルートですが、チャレンジしてみたい。


お握りを頬張っていると頭上に『タカだ』肉類はないので大丈夫。‥私が肉か。
翼開長が1m近い。上昇気流に乗ってゆっくり帆翔し獲物を狙っています。
〜(13:35)





 下山は同じルートです。尾根から見える光景、若葉燃えれば山高し。奥深い山にも春の営みが着々と進んでいます。


バイパスと近江坂の分岐に着き、近江坂で降ります。
(15:35)

こちらの尾根道は、赤いイワカガミ、白いイワカガミ、青い岩ウチミアト。
群生を楽しみ、登山口へ着くと遠くの空でゴロゴロ『飛行機?』
(16:05)


駐車地に着くとポツンポツんと雨粒、ゴロゴロと雷鳴も近くなってきました。
(16:15)

雷光はありませんが、チャッチャッと靴を履き替え、車に乗り込み海津大崎へ向かいます。
ビラデスト今津を抜ける頃、本降りになりました。
『危なかったぜ』
私は、幸薄いけど時々のいいことに支えられます。


東海岳行
   “湖北の景観  

 琵琶湖は海のように大きいので潮汐はあるでしょうか。計算すると月の引力で鉛直方向に0.01mm動くそうです。『眼ではわからん』強風で1mくらい水位が上がることもあります。

 さて滋賀県と福井県の分水嶺高島トレイルを歩くようになり、湖北には度々訪れています。登山の往き帰りに時間を作り、観光スポットを巡りました。

 名所ではない所もありますが、思いがけない光景に出合い感動することがあります。それらをご紹介します。最初はマキノ町在原(アリハラ)の町並みです。(下左写真)



 積雪1m以上の豪雪地域で、萱葺民家が30戸ほど残っています。これだけまとめて萱葺屋根ある事に驚きました。でも岐阜県の白川郷のように大きな屋敷はありません。

 集落内の道は狭く、町はずれに車を置き、歩いて集落を巡ります。実際に住んでおられますので敷地内には入れません。昔の農村風景を見るようです。

 次はメタセコイア並木です。マキノ高原の南で県道287号線が、南北に直線で延びています。そこに500本が、延長2.4kmに整然と並ぶと雄大な光景です。



 1981年にマキノ町果樹生産組合が植えたのが始まり‥ということは30年以上経つのですね。この樹は、中国原産の落葉高木で、和名は曙杉と呼ばれます。対称型の整った美しい円錐形の姿が織りなす新緑・紅葉・雪花の景観は、周囲の田園風景と調和するでしょう。車の窓を開けて走ると爽快感を感じました。(下右)

   

 琵琶湖湖畔の海津の石積みは、テレビ番組で知りました。海津(カイヅ)は、湖上交通の要衝として栄えた宿場町です。江戸時代、風波から家を守るため石積みが造られました。当時の代官が徳川幕府に工事を願い出たのですが、城壁のようでよく許可が下りたものです。1.2kmに渡り現存しています。(下左)

 今回大御影山登山後、往く予定でしたが時間が足りなくて行けなかった残念な所があります。琵琶湖西岸にある近江最古の大社白鬚神社です。対岸が、ちょうど彦根市になります。創建1900年の歴史があり、近江の厳島(イツクシマ)とも呼ばれ、琵琶湖の中に大鳥居があることは知りませんでした。(下右)

   

 最後に‥今は葉桜ですが、海津大崎の桜(下左)は有名スポット。4月中旬、湖畔の県道557号線で約800本のソメイヨシノが、4kmにも渡り咲き誇ります。その時、道路は一方通行になり、スーパー渋滞。花見船がこの近くからや彦根からも出ていますが、乗船料が2000円〜3500円ときつめです。

 湖上からは間近でない分、迫力不足かもしれません。桜見物はサンルーフ車で走り抜けるのが一番でしょう。私はそういう事情に恐れをなし、開花時に来たことはありません。この日、ここへ着くと降っていた雨が止みました。すると琵琶湖にとても大きな虹が架かったのです。

   

 車を少し走らせると竹生島(チクブ)からレインボーブリッジが始まるように見える園地がありました。(上右)ロマンチックな光景に車を停め、しばらく見とれていました。小さな旅でも素敵な感動は、メモリーボックスに保存しましょう。

2012.05.13(日)15:20