岳行ノート

奥越・経ヶ岳 1625m/福井県大野市

2012年6月5日(火)


山頂より降る 中央の中岳、その左ピークの杓子岳は外輪山

斜面左下、ブナ池ノ沢湿原が火口跡



 白山は未踏で、いつか登ってみたいものです。先週、荒島岳に登り白山の展望を期待したのですが、頂きが雲海から覗いているだけでした。

 そのフラストレーションを開放するため、より白山に近い経ヶ岳(キョウガタケ)へ登ります。「登り谷、降り尾根」で唐谷コース保月山コースの周回です。
 
 唐谷コースは、火口跡の池ノ大沢湿原を通り、そこから見上げる火口壁の光景が楽しみ。登山口が4km近く離れ、車2台体制を取ります。


 先週に続く野良人さん、博士の3人で300名山に挑戦です。東海北陸道白鳥インターで下り、国道158号線でJR九頭竜線の下唯野駅へ走ります。


 教科書は、山と渓谷社刊「名古屋周辺の山200」です。参考書として「まっちゃんの多花良物」にお世話にになりました。
<駐車地>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動



唐谷駐車地→林道ヘアピンカーブ→池ノ大沢湿原→切窓のコル→▲経ヶ岳(三角点)→
中岳→▲杓子岳牛岩→▲保月山展望所駐車場(車)→唐谷駐車地

 ※赤線はGPS軌跡

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時15分発  曇り/20℃
駐車地:午前8時50分着  曇り/19℃
往:4時間35分(三角点まで以下、小休止含)
還:2時間00分
◆所要時間:6時間35分
 下唯野駅から九頭竜川を越え、県道26号線で北上して南六呂師地区で道路標識「広域基幹林道 法恩寺線」から林道へ入ります。4kmちょっと上がるとヘアピンカーブがあり、その200m先のスペースに停めました。(左上写真)

 ガイド本では「ゲートのある所から入る」なので、上へ行く道に虎縞模様のゲートがあり、そこを5分ほど登ってみます。ところが本の地図(右)では、ヘアピンカーブの頂点から登山道の点線(A)があり、そこにも林道ゲート‥?

 一度戻り、カーブの頂点へ行くと踏み跡があり(右上)『ここだ、ここだ』とワンダーランドへ入場しました。しかし、ゲートはなく激藪に迎えられ‥
(9:10)
 強引に進んでも踏み跡すら発見できず、堪らず『川を歩こう』と野良人さん。道を外しているかもと疑問が沸きますが、本のルートは渓谷を遡行しています。行きましょう。野良人さんは、積極的にルートを見つけ誘導してくれました。(左上) ポジティブシンキングで「前に進む」「渡りきる」と強い意志がみなぎっています。

 しかし体力を消耗すること甚だしいく、現れた大突堤を必死で回り込み枝沢へ方向を変え、地形図にある林道を目指しました。(右上) 荒れた林道に辿りつき(B)やっと歩きやすくなりましたが、ここまで行程の1/5ほどの距離しか進んでいません.。しかも1時間40分もかかっています。どんだけ〜!(10:50)
 やがて林道は標高900m辺りのヘアピンカーブで崩壊。ガイド本では、更に沢沿いを進みます。(C) ぴったり踏み跡(左上)があり、進入するとまた激藪!このルートは廃道か?堪らず再び谷へ降り、20分ほど沢歩きすると野良人さんが、右岸上に登山道発見!もう大丈夫。その道はすぐ左岸へ渡渉し、ブナ林を登ります。(右上)


 もう一度渡渉し、右岸の涸沢を行くと残雪に沢山のテープが教える支尾根取付です。強烈な直登にはロープがあります。
(12:15)

 かなりお腹が空いてきました。よじ登ってもブナ林の急登が続き体力を使います。突然、最後尾の博士が『あっ』と叫ぶ。

よっこいしょと上がろうと、かけた足が滑り尖った岩に弁慶の泣き所を打ちつけました。
しばらく声が出なかったのですが、幸いにも打ち身で済みました。
摺り傷に応急手当し、休憩してアミノ酸とエネルギーを補給します。

その先が憧れの池ノ大沢湿原。 100万年前、経ヶ岳が噴火した火口原です。浅間山を思い出します。
残念ながら水芭蕉は見つけられませんでした。ここのブナナナカマドの群落で秋はパラダイスでしょう。
踏み跡とテープを追い左へカーブします。稜線下が藪ですが、今までのに比べれば大したことありません。
(13:05)

 整いました。 (左)サンカヨウ  (中)キジムシロ:花が終わると葉がどんどん伸び、放射状に考えられないような大きさになります。その草姿が、キジがムシロを敷いて休む処に見えることからこの名がです。  (右)キクザキイチゲ:森の中では、白花よりこの青紫花にインパクトを受けます。 


 3,4分で切窓のコルです。強風が吹き抜けている。ここで取り敢えずランチしてリュックをデポして山頂を目指します。

 足を痛めた博士は、無理せず登頂を諦めここから戻ると言われました。野良人さんと二人で向かいます。
(13:15)〜(13:40)





 最初、はつらつと登りましたが、すぐ乳酸が足に溜り、急登がきつい! 森林限界なのか立木がなく風もきつい。

 広々した山頂からの眺望はダイナミックです。運が良ければ御嶽山・恵那山まで望めます。山頂標の向こうに待望の白山。写真左上から笹籔を‥
(14:05)

 北へ歩くこと80m、二等三角点にタッチ。あと20m笹海を泳ぐと、右に一段高い場所の笹が倒れていてそこへ登ると‥

壮大なパノラマが広がる風景。『白山が見れて良かったなあ』
 奥の左が白山御前峰2702m、右が別山2399m。別山から右へ三の峰二の峰一の峰
次段の左端が大長山(オオチョウザン)1671m、中央右が赤兎山(アカウサギ)1629m。大満足で戻ります。

 経ヶ峰の山名は、安土桃山時代(1574年)に一向一揆で平泉寺が焼き討ちされ、焼けた経巻の灰を山頂に埋めたことに由来します。驚くことに1997年、山頂から1520年代の銘が入った経筒が発見されました。
どの辺りで発見されたのか、記念碑でもあったらその驚きを分かち合えます。下山しましょう。
(14:10)

 切窓のコルへ戻り、リュックを背負って笹道を登ります。風は益々強く風速20mはありそう。このタムシバはタイプです。日本海側のブナ林に見られます。
(14:50)

 中岳1467mのピークへ着き、振り返ると経ヶ峰が見送っているようです。







 正面、遥か荒島岳1524mが大野盆地(標高200m)へ裾を下ろしています。まだ樹木は現れません。もう一度振り返ると‥

 左ピークが経ヶ岳山頂で右直下が、噴火の名残りの火口跡、池ノ大沢湿原です。左下は空中写真。
湿原は、山頂から西尾根と南尾根の火口壁に囲まれた素晴らしい空間です。九頭竜川の支流唐谷川の源流でもあります。

次の杓子岳(右シャクシタケ:釈氏ヶ岳)1440mを過ぎるとダケカンバが現れ樹林帯になりました。
(15:05))

 道にはミツバオウレンの群落。

 イワカガミも群落。葉幅2〜3cmだとコイワカガミ




 やがて尾根には、尖った巨大な溶岩が露出しています。牛岩と呼ばれ、この南側をいくつもの梯子で巻きました。
(15:25)

 整いました。(左)アカモノ (中)ウラジロヨウラクドウダンツツジに似た花で紅紫色になります。 (右)ムラサキヤシオ:突然、森で赤紫の花に出くわすと、鮮やかさにドキッとするほど艶っぽく見える花です。タイプです。




 ブナ林を降りて行けば、保月山(ホヅキヤマ)1273m三等三角点の広場です。樹林に囲まれ展望はちょっとだけ。
(15:40)
風は収まらず3mの枝が折れて道をふさいでいます。
しかし、周囲の新緑は密度があり、緑に染まってしまいそうです。
突然、道の真ん中に「アダムとイブの木」と名付られた合体木。

思い起こせば長野の赤沢自然休養林サワラヒノキが結ばれた木がありました。
現代のアダムとイブが、この木に触れ共に願えば‥
とわにささやかな幸せが、木漏れ日のように柔らかく降り注ぐ。智則君はダメでしたけど。
(15:50)

 法恩寺林道の登山口到着。下山した保月山コースは、変化があり、花が咲きいい道でした。デポした車の駐車場は、南東へ200m歩き‥
(16:10)

 大野盆地を望むパノラマ展望休憩所前です。これは朝、撮影したもので下山の時は私達の車一台だけでした。車に乗れば5分で‥
(16:15)

 唐谷の駐車地です。エンジンをかけると森に廃ガスをかけます。後ろめたさを乗せ、車は林道で速度を緩め走りました。

 正面奥の林道から県道へ出て振り返ります。緑の道路標識の右が保月山経ヶ岳は中央のピークの後ろに隠れています。

 そこから下がった右の稜線は、南へ延びる火口壁です。ところで唐谷コースは、ゲートの道を行くのでしょうか。
■kitayama-walkさんより
 '12/6/30山行:唐谷コースは、駐車した所から林道に入るのが正解です。20分ほど林道を歩くと、左手に登山道の入口があり、入口を入った所の左手の岩に磨崖仏
(これを見たかった)があります。この日は、下草を刈ってあり、登山道ははっきりとしていました。その後、2回渡渉し、涸れ谷に入っていくのです。‥やはり、、、、、


東海岳行
   “低音  

 私は中学のころにオーディオに興味を持ちました。レコードは、同じアルバムでステレオ盤とモノラル盤が2種類販売されていた時代です。いい音でビートルズを聴きたくなります。高校生になると科学雑誌を購読して学び、バイト代で真空管式のラジオを自作できるようになりました。

 その手作りラジオと家のラジオを並べ、NHKが第一放送と第二放送で行うステレオ実験放送を聞きました。『おお、機関車が右から左に走る。川が流れる』楽しい時間です。やがてハンダこて片手にアンプを作り、木工所で切れ端を貰いスピーカーを作り、友人が作ったのと聴き比べしたりします。

 近所に人からスピーカー作りを頼まれもしました。社会人になるとオーディオ業界は全盛期となり、パイオニア、トリオ、サンスイ等のメーカーがしのぎを削ります。当時、パイオニアの画期的な最高級スピーカーが発売されました。高音用のツイーターが極薄の金属板を振動させ、きらめきの高音が出ます。



 その下に中音用のスコーカー、低音用のウーハーは30cm径もありドスンという重低音が特徴です。どうしても欲しく価格が給料の2ヶ月分ですが、初めてローンを組んで手に入れました。夜、家で視聴用のレコードをプレーヤーに掛けます。蒸気機関車を聴いて見ましょう。

 アンプのボリュームを最大にしてもスピーカーは充分耐えられます。ボッ、ボッ、ボッ、ポー、ガタンゴトン、ガタンゴトン。すざましい迫力で部屋の中を走り抜けました。最高級スピーカーの重低音は違う。すると警察から家に電話が、掛かって来て近所の人が迷惑してると親にひどく怒られる。当たり前です。

 さて人間の可聴周波数は、20Hz(ヘルツ)〜20,000Hzくらいです。但しこの周波数範囲は、若い人のもので40歳を過ぎると落ち込みは激しく、60歳では50Hz〜10,000Hz位になってしまいます。でも生活には差し支えありません。因みに88鍵ピアノが出す最低音は27.5Hz、最高音は4,069Hz、中電は60Hzの交流電気です。



 現在、人に聞こえないほどの低音が健康問題になっています。風力発電のプロペラが出す超低周波(音ではないのでこう呼びます)です。ところが70年以上前にこの超低周波を利用した人がいました。ビートルズポール・マッカートニーが後年、プロデューサーのジョージ・マーチンと昔の思い出話をしました。

 ポール『あなた(ジョージ・マーチン)は、スタジオで実験をした。オシレーターを使って「聞こえる?」と聞く。ぼく達(ビートルズの4人)は、若い耳を持っていたので「まだ聞こえる」と答えるとそれをどんどん上げる。ピ〜、そのうちぼく達が「聞こえなくなった」と言う。

 「良い耳だ。今度は下げるよ。聞こえる?」と聞く。ブ〜、下げていくにつれ、ぼく達は「聞こえるけど変な気分になる」そこであなたは、ヒトラーの話を聞かせてくれた。ヒトラーの取り巻きメディア戦略の担当者は、この効果を知っていた。集会の前、誰にも聞こえない低周波の音を流す。



 そこにいる全員が「気分があまり良くない」と感じる。ヒトラーが現れる数分前にその音を止めると‥みんなは「あれ?気分が直った」と不思議に思う。それでヒトラーを好きになる』
 低周波を悪用した事があったとは‥すごい小話です。

12.06.11(月)22:45