岳行ノート

仏ヶ尾山 1139m/岐阜県下呂市

2012年7月4日(水)


登山道P1045mのペトログラフ(線刻)

(象徴的な形の岩、何かが刻まれています)



 てっきり岳行ノートで取り上げたと思っていたけど実はそうでなかった山がありました。仏ヶ尾山(ホトケガオイヤマ)で調べると8年前の7月に出かけています。

 先回はピストンでしたが、今回久し振りにたたみ君にお願いして周回です。下呂へは大好きな国道41号線で走ります。美濃加茂バイパスは快適です。

 昭和村を過ぎ信号の少ない国道へ入ると蛇行する飛騨川沿いのためカーブがやたら多い。しかし道の流れは、美しい渓谷の景観を楽しめるドライブです。


 気は抜けませんが、早朝は車が少なく高速道路代が不要なのが嬉しい。やがて急峻な崖が囲み、トンネルを抜けると夏の山が続くのです。

 フロントガラスに一面の緑が満ち満ち爽快、確かな季節は今日の期待を膨ませます。上呂交差点を左折し浅水大橋を渡ると正面のカーブミラーに登山口案内板。


 参考書は「みのかもから山登り」さんにお世話になりました。
<駐車地>

[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動


墓地横駐車地

登山口

ペトログラフ

雨乞岩

仏ヶ尾山

蓮坂峠
林道(たたみ君)

東屋展望台

墓地横駐車地

 ※赤線はGPS軌跡
※●は分岐地点

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前7時10分発     晴れ/22℃
駐車地:午前9時50分着     晴れ/27℃
往:2時間15分(山頂まで以下、小休止含)
還:40分  林道:30分
◆所要時間:3時間25分



 案内板を辿れば、登山口へ着きます。そこから更に100m上ると左に墓地があり、その横に停めさせていただきました。

 高原橋を渡って車道を降れば‥
(10:40)

 ログハウスが目印の登山口です。今日、周回する大まかな登山道の絵地図と山名の由来が書かれています。

 猟師が山の尾に出て頂きの鳥を撃つと、それは阿弥陀如来像でした。猟師は以来、猟を止め、仏山の名が伝わっています。
 
 今も像は旧家に祀られ、明治に修繕しようと東京の仏師に見せると「人間技でない。もったいなくて修繕できません」と言われた。

 道標を見て進むと「さあはりきって行きましょう」の激励看板。嬉しいですね。その後、色々な言葉でこの山旅を元気付けてくれます。

 ほどなく植林の切り開きで左上に鉄塔分岐。悩みますが、鉄塔へ向かわず右へ折れました。すぐ「←」の標識で左折し尾根へ取り付き急登の始りです。





 しばらく桧林の下、風のない汗噴き坂ですが日影なのがありがたい。


 激励看板に「これから先はまだ長い 一休み」「森林浴」「山頂まであと1.4km」そして「展望どころ」とお薦めされました。
(11:40)

 樹間の展望、ご厚意は受け取らせていただきます。あのピークは湯ヶ峰1067mです。出発してから1時間、半分は来ました。 

「ペトログラフ」の標識から尾根道に巨岩が連なります。周囲は自然林に変わり、雰囲気がある場所です。
岩は苔生しているので、その岩面線刻が良く分かりません。岩屋や石門があり、ここで10分遊びました。
戻って5分ほど歩くと‥



 「ロマン伝説雨ごいの岩」(穴岩とも)です。この窪みに山姥が棲んでいたと伝えられます。

 また窪みで火を焚き、煙を流して雨乞いの儀式が行われれました。岩の右後ろから簡単に登られ、‥
(12:20)

御前山1646mの大展望。写真中央の最高ピークは標高1650mで、その右の本峰よりも4m高い。
左斜面に御嶽山が覗き、雲間に剣ヶ峰3063mと継子岳2859mの頂上が確認できます。
眼下は飛騨川沿いの萩原町集落。岩から降りて進むとTOP写真のペトログラフ三角岩です。



 やがて道は緩やかになり‥と思うや否や「なんのこれしき」のゲキ看板。急登を行くと素朴な鳥居に出合います。

 「白山大神・御嶽大神」と刻まれた石碑は、120年前の明治25年建立。ここで曲折して北へ方向を変えます。
(12:40)

標高を30m下げ、40m上り返すと二等三角点山頂広場です。ここで虫除けを身体と周囲にスプレーして静かなランチに。
(12:55)〜(13:35)

 登山日誌で地元の「野上塾」が整備されていることを知りました。感謝!「御嶽山・乗鞍岳・白山」の指標があり東方は‥





 雨乞岩より標高が100mほど高い展望です。しかし、左奥の御嶽山3063m山頂は、雲に覆われてしまいました。

 北東の乗鞍岳3026mも同様に雲が邪魔しています。樹が伸び、ちょっと見にくくなりました。

 北西の白山2702mは‥デジタルズームなので粒子は荒いけど何とか捉えることが出来ました。





 下山は、山頂から北東への急降下で始まります。こちらのコースは、道標にテープマーカーが追加されました。

ほどなく尾根の真ん中に大岩があるので左へ巻きます。降りて行くと、手書きで‥
(13:45) 

 尾根道と巻き道の分岐案内。躊躇なくピークを避ける道を選択します。 (13:45)

 山腹道に方向を変えるとすぐ「猪の水浴場」で1m径の小さな水溜り。珍しく砂利場にあります。



 数分で巻き道は尾根道に合流し、やがて緩やかな雑木林の道です。振り返ると山頂が見送っていました。

 仏ヶ尾山からこの尾根を12km北へ真直ぐ伸ばすと川上岳1626mに着きます。



 右下に蓮坂林道が見え、そこへ降りる道があります。地形図では、下りた所が蓮坂峠ですが、ミスプリでは?

 そこから馬も通った旧道が、里へ下っていたのですが草に埋もれたようです。
(14:05)



 そして石碑のある蓮坂峠に下山しました。
(14:15)

 シミ・錆びの浮き出た「たたみ君」お待たせです。蓮坂林道は、登山口まで6km舗装されているので躍動してもらいましょう。



 ここは標高900m、道の反対に峠のお地蔵さんが祀られています。たたみ君の準備が出来たらスタート。

 ボルトの100m世界記録は9.58秒。たたみ君は、彼のトップスピード時速44.48kmを出し、風を切る感覚が味わえます。

 途中、東屋がありました。右の小高い所に乗鞍岳・御嶽山展望台。設計者は木が伸びることを知らなかったようで展望NG。

 さあ、また風を感じよう。ハンドルを握りブレーキをかけペダルは踏まなくてもOK。
(14:45)登山口着


 ところで昨年、東海地方は7/8に梅雨明けしました。今年は、希望としては7/17で宜しく‥
※願いが叶ない17日開けました。
 

東海岳行
   “熱中症防止の帽子” 

 暑くなってくると熱中症の話題がニュースで取り上げられます。ひよこさんは2回、私は1回、登山中に熱中症の沼にハマりましたので他人事ではありません。その三大誘因は「暑さ」「湿気」「無風」。夏日、スーパーで買い物を終え、炎天下に停めた車に入るとこれが経験できますね。

 この3つが揃わなく2つの要素でもなるようです。気温が25℃未満で蒸し暑く風がない日はよくあり、そんな時激しい運動をすれば発生します。標高が100m上がるごとに気温は−0.6℃下る法則がありますが、登山口が30℃で1000mの山へ登頂してもそこが24℃ではないことは経験上知っています。

 9時に登り始めれば12時過ぎに登頂ですがその間、太陽は強さを増し結局、標高を上げても気温は登山口と変わらない。1500m以上になるとさすが低いと感じますが、いつも高い山へは行けません。夏場、特に悲鳴を上げたくなるのは、木陰のない登山道を延々と歩く時です。



 後ろから日を浴びたり、低い笹道照り返しがあると堪りません。例えば伊吹山の南斜面、鈴鹿竜ヶ岳や冠峠から行く金草岳の長い笹道は要注意です。私はスーパー低山の
岩場で背後から日射しを浴びハマりました。こんな日は、水分と塩分を補給するため、半分凍ったスポーツドリンクを飲んでいます。

 お茶、コーヒー、ビールは、利尿作用があり脱水症状が進むため良くないそうです。『オシッコ、我慢すれば良いのだろ』 さあ?どうでしょう。熱中症にハマった時、私は身体に力が入らず、頭がボーッして、頬が熱く咽が異常に乾いきました。木陰を見つけ座ってドリンクを飲み1時間以上休んで何とか回復できました。

 熱中症シーズン前の5月にいい帽子を見つけました。クールビット・キャップです。以前からマラソン選手やトライアスロン選手がかぶっているのを見て『あれ、よさそうだな』と思っていたのですが、テレビで紹介されネットで調べました。種類がハット・キャップ、性別、サイズと色々あり迷います。



 結局、最新モデルに決めたのですが、送料込5000円ときつい価格。命を守るには、仕方がないと思い購入しました。素材は、フニャフニャの柔らかいソフトチタンで太陽光を反射し遮蔽します。

 そして一番の特徴はフラップ部です。運動神経が集中する後頭部から首筋に気化熱を利用して冷涼感をもたらします。ボタンとマジックテープで着脱でき使用前、水にタップリ浸し軽く絞って装着します。

 かぶると『ひやっ』として気持ちが良い。10℃以上の冷却効果があり、3時間使用しても冷感は継続しました。都度、予備水を持参しましたが、下山時に補給することはありませんでした。



 意外だったのは登山後、全身汗をかいても頭はクールだったお陰か暑さによるダルさ、疲労感が少なかったことです。この帽子は日本人が発明し、世界中で何と14億円も販売したということですが、その人は億万長者だ。

 最近、新聞で熱中症は高齢者ほど危険なことが立証されたとの記事がありました。内容は「65歳にとって気温35度は、25歳の40℃に相当し、汗をかき始める気温は、25歳よりも3℃高い。高齢者は体内水分量が少なく、暑さへの感覚は鈍く、気温上昇に気付き難いため熱中症になりやすい」というものです。

 ということは私は、枯れ木寸前か! そういうことで若い人は透湿速乾の帽子でいいのでしょうが、私は手に入れたその機能プラス冷える機能の付いたソフトチタンの帽子をかぶって今年の夏に負けないよう登山しましょう。

  「冷える帽子・クールビット」のHP
12.07.09(月)20:55