岳行ノート

硫黄岳 2760m/長野県茅野市

2012年7月28日(土)


爆裂!火口崖

(888年火山爆発)

 長野県のほぼ中心に諏訪湖があり、そこから中央道は甲府市へ延びています。その高速の北側が八ヶ岳、南側が南アルプスです。

 八ヶ岳は、南北25kmの広がりを持つ連峰の総称で南八ヶ岳北八ヶ岳と分かれます。南八ヶ岳は、火山の歴史が新しく褐色の山肌、牙を向く岩峰と荒々しい景観です。

 北八ヶ岳は歴史が古い分、風化侵食が進み丘のような柔らかな姿を見せます。その中でも蓼科山は、少し離れているので八ヶ岳の妹と呼ばれています。


 今まで蓼科山も含め北八ヶ岳は、我が家から距離的にも近く度々登りました。ところが南八ヶ岳は未踏なので今夏、挑戦してみようと思ったのです。


 そこで強烈な爆裂火口の硫黄岳に決め、北と南の境界とされる夏沢峠から山頂へ辿り周回ルートを歩きます。


 教科書は、しなのき書房刊「信州 日帰りで行く山歩き 中信・南信」です。
<出発駐車場>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動


桜平駐車地→ゲート→夏沢鉱泉→オーレン小屋→夏沢峠(山彦荘)→
硫黄岳→赤岩ノ頭→オーレン小屋→桜平駐車地


 ※赤線はGPS軌跡 ※●は分岐

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」



江南前夜:午後6時30分発   晴れ/30℃
宿泊地:午後9時45分着    大雨/25℃
当  日:午前5時10分発    曇り/21℃
駐車地:午前5時45分着     曇り/18℃
往:3時間35分(山頂まで以下、小休止含)
還:2時間45分(山頂散策時間除く)
◆所要時間:6時間20分

 中央自動車道諏訪インターを下り、ゴルフ場「CC三井の森」を目指します。大雨の前夜、その近くで車中泊。

 その影響で朝霧が出ました。東進して未舗装になった所の分岐を右の夏沢鉱泉へと進みます。

 怖くないけど快適でない凹凸道を6km、ゆっくり25分走る。桜平のスペースには、6時前でも7割ほど車が埋まっていました。

 朝食を車内で済ませ出発します。登山口は1900m、山頂が2760mと標高の旅です。気分は高まり、来た道を少し戻り‥(6:15)

 車止ゲートを越え、緩やかな下り坂を歩きます。ほどなく鳴岩川に出て橋を渡ると簡易水洗トイレがありました。橋からは上り坂になり‥



 太い丸太の橋を2つ渡ると夏坂鉱泉に到着。ガスはまだまだ取れません。18℃なので汗はかきませんが、酸素不足を体感。

 今日は30分毎に休憩を取ると決めています。開花情報や天気情報が掲示板にありました。コマクサ、ミヤマシオガマ、コケモモ
(6:45)




 沢音を聞き、シラビソと苔の「ザ・八ヶ岳」の森を歩きます。1時間ほどするとようやく息苦しさが取れました。これは天然ゲート?



 そしてオーレン小屋到着。名の由来は高山植物オウレンです。水場、テント場、風呂場、200名の宿泊が出来ます。
(7:45)

 東に望む稜線はやがて歩きますが、ガスっていますが、上空に少し青空が覗いてきました。小屋を過ぎた所で分岐を直進して‥





 シラビソ樹林の道は、思ったより緩やか。すると薄暗い緑を切り裂き、刃のように鋭い夏の日差し。眺望が大丈夫そうです。



 いつの間にか夏沢峠に出ました。右のヒュッテ夏沢は学校登山専用で小諸東中学の生徒たちが朝食の準備中です。

 圧巻の爆裂火口崖が迫って見えます。この先、急登が待っているので休憩を取りました。
(8:25)





 樹林帯のきつい勾配を抜けると森林限界、荒涼とした急斜面。平たい石が積み重なって歩きにくい。しかし高度が上がると‥
辿って来た道を俯瞰する素晴らしい眺望が広がります。
上左が天狗岳2646m、右が根石岳2603mと双耳峰のように並ぶ北八ヶ岳‥未踏です。

青い屋根のヒュッテ夏沢では、青いジャージの中学生が朝礼をしています。
左斜面には、枯れ木でわかる縞枯れ現象。
火口崖に沿って道があり、爆裂火口崖(TOP写真)を覗くと高度感があり恐ろしい。


 そして広い山頂となります。左後ろは避難小屋(↓)です。三等三角点を探しに行きましょう。

(9:50)

地形図では、火口崖に沿って東へ500m行くと縁に三角点があるはずです。
崖は下の地肌まで標高差600m落ち、その先に本沢温泉(標高2100m)の屋根が見えます。
写真右上の人影が蟻のように小さい。落ちると大変です。





 三角点への道は、崖に近寄らないようロープで仕切られていました。斜面で咲くコマクサ保護も兼ねています。


ところが山頂から400mほど進むとロープが進入禁止の意志指示。→
「火口跡周辺は崩れる恐れがあり近づかないで下さい」の看板。




三等三角点は諦め、山頂へ戻ってランチにします。
 こうして見ると土砂を岩盤が覆っているようです。



展望ランチは360度。写真中央が南八ヶ岳の最高峰赤岳2899m、その右下奥に権現岳2715mが覗き、右端は阿弥陀岳2805m。赤岳左の三角峰が横岳2829m、その右下に個性的な大同心(左写真)が突き出ています。




  硫黄岳南八ヶ岳4番目の標高です。左尾根に見える青い屋根が硫黄岳山荘。26年前の8月、皇太子殿下が硫黄岳横岳赤岳を縦走した時、宿泊されました。そのせいかトイレはとても綺麗だそうです。
(10:30)〜(11:05)


 頂上西のケルンから下山します。その右に御料局三等三角点。

 ガレた道を降るとモアイ像が見送ってくれます。あの白地が分岐点。

 その少し先、丘のような赤岩ノ頭へ行きます。

(左)ゴゼンタチバナ       (中)シナノオトギリ(ミヤマオトギリ)  (右)キバナシャクナゲ




 赤岩ノ頭2656mへは25分で着き、硫黄岳を振り返ります。分岐点に戻り、オーレン小屋へ降りる道に入りました。
(11:30)




 分岐から10分足らずでダケカンバの樹林帯。リュックに用意した夏山装備は、幸いにも使うことはありませんでした。

 (サングラス、冬手袋、耳あて、フリース、ダウンジャケット)



 シラビソの森を抜け、峰の松目分岐を過ぎ、木橋を渡ればオーレン小屋のテント場です。往きの道に合流します。
(12:25)

 夏沢鉱泉
(13:15) 



 八ヶ岳の雰囲気たっぷり、芳しい道はいいですね。週末の人気コース、子供も若者も大人も山ガールと賑わっていました。

 駐車地に帰着。登山口ゲートから2km離れた場所まで車が止められ、車が通り抜けるのもギリギリです。
(13:50) 


東海岳行
   “サーモシール” 

 以前、地球の平均気温は20℃とNHKテレビで見ました。そこから20℃を意識したのですが、冬から4月を迎えるとやがてこの気温が訪れ、本当に幸せな気持ちになります。暑さが続く今日この頃『ミスター太陽、夏の時間給はよほど高いの?』頑張り過ぎる日はもう堪忍して下さいと願いたい。

 何年か前、名古屋駅前で信号待ちしているとすざましい夏の日差しを浴びました。コンクリートの照り返しで身体は焼けるようです。『シシャモか!』40℃近い気温を記録した日です。学生時代の夏休み、バイトで瓶ビールを運ぶ8トントラックの助手をしました。

 酒問屋に着き、満載のビールケースを運転手と二人で荷台に掛けられたローラーへ運びます。問屋の人は、総出で冷蔵倉庫へ積み上げるのです。荷台が空くと空瓶のケースを積めるだけ積みます。1時間ほどで作業が終わると全身汗でビショビショ。問屋の人から『冷蔵倉庫で涼んでもいいよ』と勧められ飛びこみました。



 外は40℃、中は8℃で生き返ります。ところが、、、ドクドクしていたの心臓が、急にドッ、、クン‥ドッ、、クン、止まりそうになったのです。慌てて外へ逃げ『死ぬかと思った』と運転手に話したら他人事のように笑われました。もっと低温の魚市場の冷凍倉庫でバイトしたこともあります。マイナス20℃です。

 荷の魚を出したり入れたりするのですが、真冬にその仕事は中々きつく1週間で身体を壊しました。下宿生活をしている時、隣部屋の同級生が私の部屋へ来て『一晩、外にミカン出しておいたら凍った』と驚かせます。早速、私もその夜、ミカンを1個窓の外へ出したら、朝やはり凍っていました。

 それは食べられないので部屋のミカンを取ると『凍ってる!』思わず私は弟に手紙でこの事を知らせました。『凍死するところだった』と結んだのですが、そうならなかったのは、コタツで寝ていたからです。さて先日、登山をご一緒する野良人さんから電話がありました。



 『今、時間あります』『大丈夫です』『じゃあ、30分後にコメダ(喫茶店)で会いましょう』 7月17日横山岳を野良人さんと登山した時、私に『暑いはずだ。32℃あるぞ』とスットクを差し出す。そこに気温計が付いていて「32」と青色で表示されているのです。『え!気温計付きのストックってあるのですか?』

 驚いていると『いや、東急ハンズでサーモシールを見つけて張りつけたのですよもう一枚あるので山さんにあげますよ』と嬉しいお言葉。

 やはり喫茶店に、そのデジタル・サーモシールを持ってきて頂いたのです。価格は252円とお手軽ですが、どの売場にあったのでしょう。よく見つけたものです。「20、22、24‥32、34」と温度ピッチは2℃でその気温が液晶表示されます。



 『もっと低いのも欲しいね』と野良人さんが言われるのでネットで調べました。東急ハンズでは売り切れて見つかりませんでしたが、色々な温度のシールがあります。

 低いものは「-6℃〜14℃」で「16℃〜36℃」のものとつなげれば完璧です。ところがその会社は小売店ではなく販売単位が30枚入りで8977円。30枚もいらないので欲しい人を30人集めなければなりません。

12.07.30(月)21:50