岳行ノート

白山(T) 2702m/石川県白山市

2012年8月2日(木)


別山と室堂平



 5月姥ヶ岳から始まり、6月は荒島岳経ヶ岳、7月に大長山赤兎山と憧れの白山に近づきました。そして先週硫黄岳2760mで白山の標高を直前に体験。

 いよいよ白山日帰り登山に挑戦の運びとなりました。といっても家から登山口までは、車で3時間半の道のりがあります。車中泊するため前夜に出発です。

 東海北陸自動車道白鳥インターで下り、国道158号線で福井県大野市に入り、国道157号線に移り北へ走ります。県境の谷トンネルを潜れば石川県白山市です。


 10分ほど走ると白峰交差点、ここを右折し手取川沿いを13km遡り、市の瀬ビジターセンター到着。この先はマイカー規制がありますが、今夜は非規制日。

 さらに月光下、知らない山中の道を5km、運よく対向車はなく15分の緊張を耐え別当出合の駐車地に到着です。

 教科書は、山と渓谷社刊「新・分県登山ガイド 石川県の山」です。参考書として多くのHPにお世話になりました。
<駐車地>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動


(T)
別当出合駐車地
(砂防新道)


中飯場

甚之助避難小屋

黒ボコ岩

弥陀ヶ原

室堂センター

白山御前峰

(U)

室堂センター

黒ボコ岩
(観光新道)

殿ヶ池避難小屋

別当坂分岐

別当出合

別当出合駐車地


 ※赤線はGPS軌跡
 
※●は分岐
※●は池

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江南前夜:午後5時45分発   晴れ/34℃
別当出合:午後9時20分着   晴れ/24℃
当    日:午前5時10分発   晴れ/21℃(一時雨)
往:5時間50分(山頂まで以下、小休止含)
還:4時間25分
◆所要時間:10時間15分
 路肩の駐車スペース(↓)は坂道にあり、暗がりで傾斜の少ない場所を探します。ベッドが傾いていてはいけません。22時半就寝、気温は24℃で丁度いい具合です。6時間の睡眠は確保でき、21℃の4時半に起床します。朝食を取り、気合を入れ出発。(5:10)
 舗装道を直進してゲートを越えます。500m東進するとバス停別当出合終点です。(↑)チップ制水洗トイレ完備、登山センターで登山届を出します。奥の鳥居を潜ると観光新道砂防新道の分岐表示。砂防新道で登ります。ここ標高1250mから山頂2702mまで1450mの標高の旅の始まりです。



 立派な吊橋は全長117m。04年5月土石流で旧吊橋(48m)は流され、その2ヶ月後、9m高い位置に掛けられました。

 上右写真の横断幕のように、ここは白山国立公園です。国が管理しているとスケールが違います。
(5:25)



 このルートは別当谷の左岸尾根に延びる。砂防新道は眺望は乏しいけど、所要時間が短く日帰り登山に利用されます。

 それでも山頂まで4時間40分!道は整備され、早朝にもかかわらず大勢の登山者が登って来ます。




 やがて水場があるチップ制トイレの中飯場1550mに着き、1回目の休憩です。30分毎に休憩を入れスタミナを温存します。
(6:00)

 右の石段をから登りを続けると‥

右に激しく崩壊した万才谷。上部(写真中央上)で不動の滝が落ちています。
6時半を過ぎると空が青くなり、7時には登山道に陽が差すようになりました。
風はなく気温は18℃いい感じ。小さな池を二つ見送り、ベンチの休憩地で1本入れます。




 更に登ると次第に周囲が開け、甚之助避難小屋に着きました。標高を720m上げ1970m、残り732mなので道程の半分です。
(7:55)



 南竜分岐まで登ると標高2100mになり、高度感もアップ。左下に茶色の屋根の甚之助避難小屋がもう遠い。
(8:25)

 左上奥が荒島岳1523m、右へ赤兎山1629m、経ヶ岳1625m、大長山1671mと懐かしい、右端が取立山1307m。





 南竜分岐から道は、北へトラバースしていきます。斜面は百花繚乱、お花畑で花祭り。撮影に忙しく中々進みません。

(左)ハクサンフウロ:朝、花に露があると微風でも茎が不安定なため花の上で球形の露が動く。そんな風露(フウロ)は美しい情景ですね。(中)ヒメアカタテハ (右)ヨツバシオガマ:塩釜は海水を沸かして塩を作るかまど。浜に並び「浜で美しい」風景を作りました。「葉まで美しい」山で美しいこの花に塩釜を付けました。

辿ってきた道を振り返ると南にどっしりと別山2399m。
ここは2250mなのでまだ150mの標高差があります。
写真中央の台地に甚之助避難小屋の屋根がもっと小さくなりました。


道脇に延命水(←)があるので冷水を空いたボトルに入れます。
砂防新道は水場が要所にあるため、500mlを3本持ってきただけです。
(9:10)

(左)キヌガサソウ:直径6cmの大きな花です。白花は老いると黄緑色になります。『ご同類なので親しみが持てます』 (中)イブキトラノオ:斜面一杯に咲いていました。 (右)花弁の落ちたミヤマダイコンソウ8/9)ひろろとろろさん、ご教示に感謝です。 白山は高山植物の宝庫でその名に因んだものは30種ほどを数えます。



 そして山腹道は、溶岩の黒ボコ岩分岐2320mに着きました。下山時、山頂からここへ戻り、道を変えて観光新道で降ります。
(9:25)

 その道を確かめ、再び前進すると‥

想像以上の広大な大平原、弥陀ヶ原(ミダガハラ)に癒されます。あの雪渓は万年雪でしょうか。
400mほどの木道は快適です。正面の五葉坂を急登し室堂平に出てあの主峰御前峰を目指します。
でも山頂までの所要時間は、まだ1時間20分。快晴で気温は28℃を指しています。



 五葉坂を登りきると目の前には室堂センター。芳香トイレで用を済ませ、中に入ると周辺の開花状況が掲示されています。

 売店があるので帰りに利用しましょう。出発から4時間45分経過。ゼリー飲料でエネルギーをチャージしました。
(9:55)



 15分休憩を取り室堂センターから広場を抜けます。白山比盗_社(シラヤマヒメ)の右脇をから石畳みの道です。

 ここは標高2450mなので残りは、252mの高さ。周囲は、楽しいお花畑。しかし空気は薄い。
(10:10) 

(左)クロユリ白山は日本一の個体数を誇ります。色は厳密に言うと黒ではなく暗紫褐色。 (中)イワギキョウ:砂礫地の岩陰に清々しい青は、青空がこぼれたよう。小学生の通学団のように集っているのがラブリー。  (右)クルマユリ:アゲハ蝶が夢中で吸蜜中。

 途中、天上界と地上の境とされる青岩で振り返ると五葉坂に雲が湧きあがっています。突然、大轟音がしてヘリが飛び去る。
(10:30)

『何事?』





 途中、高天ヶ原(タカマガハラ)→と呼ばれる神々の集う場所があります。

 そこからジグザグと急登の石段を15分喘ぐと上に石垣が見え‥




 そこは白山奥宮、登頂のお礼詣りをします。白山御前峰の標柱と一等三角点。達成感は半端じゃないですね。『白山は
(11:00)
吐く三枝』 北西に大汝峰2684mの景観が美しい。頂上には7つ池があり、右は紺屋ヶ池、左が油ヶ池
また御前峰2702m、大汝峰2684m、剣ヶ峰2677m(右斜面)のピークで構成されています。
最新の噴火は江戸時代の1659年、353年前のことなので一応大丈夫でしょう。

日本三名山の一つをやっと登頂できました。富士山立山いつかですね。
そういえば日本百名山の作家深田久弥は石川県出身でした。
展望ランチといきたいのですが、ご覧のような雲状況なので方位盤で空想します。
〜(11:40)

帰りも長いぞ! 下山は、次回の岳行ノートで‥


東海岳行
   “恐竜の森  


 これでもかというくらい大規模プロジェクトを打ち出し、けたたましい財力のドバイ。かの地でリアル・ジェラシックパークを作るという話があります。原寸大のロボット恐竜が40種、109体、陸と海で観客を追いかけ威嚇するそうです。オープンしてたら行きたいけど、見に行くにはけたたましい財力が要ります。

 すると岐阜に恐竜の森が、5月にオープンしました。岐阜なら見に行けます。そこで恐竜が大好きな鈴乃助のママのママに電話しました。『鈴乃助が、まだ恐竜好きなら恐竜の森へ行こうか?』

 『‥行くって言ってるよ』ひよこさんも加わり4人で東海北陸自動車道に乗りました。江南市からは高鷲インターの方が近いけど、渋滞していたので白鳥インターで下ります。



 県道316号線で一路、明野高原キャンプ場へ。以前、テレビニュースでキャンプ場のアミューズメント「ディノアドベンチャーライド」が、5/1にオープンしたと知らせていました。そのせいか到着すると多くの家族で賑わっています。早速、チケット(大人1300円、子供900円)を購入。

 場内のログハウスへ入り、液晶モニターの解説を見ます。明野高原恐竜がひっそりと生きているので調査に行くという設定です。色々注意があり最後に『くれぐれも無茶はしないように』と念を押されます。

 鈴乃助『ドキドキするよ』と小学校2年生らしい。恐竜は16体が森に配置され、起伏に富む2kmのコースを4人乗りカートで20分かけて回ります。



 ヤマハ製のカートは、緩急自在の自動操縦で鈴乃助は飾りのハンドルを握りました。森の中にひそむ恐竜は巨大で吠えますが、体は動いても歩くことはありません。襲われることはないので安心です。

 姿かたちは、リアルで迫力あります。次々現れる恐竜を見て鈴乃助『アンキロサウルスだ‥あっトリケラトプス‥おっ、ティラノサウルス‥』とスラスラ言うので恐竜マニアなのことは確かです。

 中でもアパトサウルスの20mの巨体には全員で驚きます。ちゃっちくないのが良かった。火が出たり、水が出たりの仕掛けはありませんが、充分楽しめました。1周して終わるとキャンプ場内の池で水遊び。



 その後、ランチしてダイナランドゆり園へ行きました。鈴乃助は家に戻るとパパにお風呂で恐竜の事を一生懸命説明していようです。写真撮影ができると子供と親はもっと喜ぶでしょう。

 鈴乃助いわく『行くんならもう一回行ってもいいよ』

2012.08.06(月)23:00