岳行ノート

白山(Ⅱ) 2702m/石川県白山市

2012年8月2日(木)


観光新道のお花畑


 白山への登りは砂防新道でした。元は砂防工事のための資材運搬用の道です。整然と並ぶ砂防堰堤は、歩荷たちの腕力で資材を運び造られたものもあります。

 安定した勾配、歩きやすい歩幅には、こうした歴史があったのですね。1980年8月皇太子殿下は20歳のとき、この砂防新道白山登山されました。

 登頂された御前峰では雨と強風で視界は無く、室堂平白山奥宮祈祷殿の参籠殿(サンロウデン)に宿泊されました。さて私は白山の下山には、観光新道を降ります。


 観光新道砂防新道よりも新しく昭和23年白山の名ガイド・ボッカであり、白山強力組合長の永井喜市郎氏により開かれました。今回ノートは白山の下山です


 教科書は山と渓谷社刊
「新・分県登山ガイド 石川県の山」、参考書として多くのHPにお世話になりました。
<駐車地>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動



(Ⅰ)
別当出合駐車地
(砂防新道)


中飯場

甚之助避難小屋

黒ボコ岩

弥陀ヶ原

室堂センター

白山御前峰


(Ⅱ)
白山御前峰

室堂センター

黒ボコ岩
(観光新道)

殿ヶ池避難小屋

別当坂分岐

別当出合

別当出合駐車地



 ※赤線はGPS軌跡 ※●は分岐 ※●は池

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江南前夜:午後5時45分発   晴れ/34℃
別当出合:午後9時20分着   晴れ/24℃
当    日:午前5時10分発   晴れ/21℃(一時雨)
往:5時間50分(山頂まで以下、小休止含)
還:4時間25分
◆所要時間:10時間15分




 じっとしていると風が気化熱を奪うので岩陰でランチ。そしてここ御前峰(ゴゼンガミネ)と北の大汝峰(オオナンジミネ)に別れます。
(11:00)~(11:40)




 全国3千有余の白山神社の総根元社、白山奥宮(シラヤマオクミヤ)で今後の無事を祈願し下山開始です。
 
山頂から室堂広場までの登山道は、水の浸食に強い石張です。
多くの登山者が辿ると道は荒れますが、段の高さ・間隔にも一工夫がありしっかりしています。
 
 気温は26℃で快適ですが、弥陀ヶ原(ミダガハラ)に雲が押し寄せています。
今日の天気予報「一時雨」が的中しないよう願うばかりです

広場に見える白山比咩神社(シラヤマヒメ)の神主さんは御来光の見える日、下駄で頂上を目指すそうです。




 途中はお花畑。オンタデ、ハクサンフウロ、クルマユリ、ミヤマダイコンソウ白山は「花の百名山」のベスト上位でしょう。

 室堂ビジターセンターへ着いたら、売店へ向います。軽量化のため水分は2ℓ持ってきただけで‥
(12:05)

 冷たいお茶1本350円と沸かしたお茶を1本100円でペットボトルに入れしました。標高が高いと価格も跳ね上がります。




 そして室堂から弥陀ヶ原に出ます。昔は、遭難事故がありましたが、ガスがかかっても黒ボコ岩までは木道なので安心。
 黒ボコ岩は、プリンスコースの砂防新道観光新道の分岐点です。写真右側より降りますが、溶岩にレリ-フがあります。(12:35)
 
画家は富士山と言えば横山大観、白山は玉井敬泉(S35年没)観光新道開発者の永井氏と友人でした。

 晩年、敬泉は視力が弱り、殆ど光を失ってもボッカに背負われ白山に登り描き続けました。



 花の山腹道を行くと小石が積み上げられた蛇塚(ヘビヅカ)2240mです。
(12:50)

 泰澄大師が悪蛇3千匹のうち、千匹をここに埋め、外の千匹は山頂の千蛇ヶ池、もう千匹は苅込池に封じ込めました。

 石張の道を辿ると斜面は、華やかに色を競う花たち。 (左)シナノキンバイ:鮮やかな黄色です。  (中)カライトソウ:花穂が、紅紫色で美しく目立ちます。  (右)ニッコウキスゲ:高山では8月に咲くとは知りませんでした。 

雲に覆われ歩く尾根がどんな場所にあるのかわかりません。白いキャンパスに続く道を頼りに辿ります。
そこは自然画家が描いたお花畑。種類、量が素晴らしい。
今日は秘密の花園状態です。

富士山の次には白山が世界遺産に立候補してもいいですね。
やがて尾根の切り立つ様子から馬のたてがみといわれる急坂を通過。
ほんとうは見晴しが良い場所です。
(13:10)

(左)ハクサンフウロ:6枚花弁は、始めてみました。  (中)シモツケソウ:遠くから見るとピンク色の煙のようです。  (右)タカネマツムシソウ:松虫草は秋の花と思っていました。



 黒ボコ岩からお花を50分間楽しめました。樹々が現れ池を見ると上方に殿ヶ池避難小屋。トイレはありますが水場は無しです。

 小屋は、立て直しが計画されています。
(13:35)

 小屋を過ぎると、とうとう雨が降ってきました。木の下でカッパを着ます。石張の工事現場にN建設の看板‥

 前述の永井喜市郎氏は昭和9年の手取川大洪水で家族や全財産を失いました。市ノ瀬のN旅館の創業者です。

 またN建設は白山の砂防工事、登山道・木道の整備を請け負っています。プロが整備する道は全然違う。国立公園はすごい



 30分ほどで雨が小やみになると岩場に出ました。ほどなく仙人窟(センニンイワヤ)で室堂別当出合の中間点です。

 あの標柱がある箇所の岩を潜ると‥
(14:20)

突然、雲が消え谷の様子が明らかになりました。高度感があります。
下は別当谷、工事道や重機がある尾根を通る砂防新道を登りました。
上方には別山(ベッサン)2399mが覗いています。(二つのピークの右側)




 カッパを脱ぐか迷うところです。尾根が台地状になり、別当坂分岐が見えます。写真中央の白い雲が接している辺りです。



 そして分岐に着きカッパを脱ぎました。白山禅定道は、ここからさらに尾根を市ノ瀬へ降りますが笹が覆っています。

 小休止し、評判の急坂別当坂を落ちるように‥
(14:50)



 膝を曲げショックアブソ-バーにして石段を降りました。きっと明日は、太ももが筋肉痛でしょう。きついのは20分弱。

 やがてブナの巨木がある山腹道の樹林を降ると‥




 別当出合。左端が往きに渡った吊橋で右に登山センターです。『やればできる子だ』と自分を褒めるてやります。
(15:50)


 センターで用を済ませ舗装道を降れば‥驚きの駐車の列。車内で着替えているとバラバラバラ、また本降りになりました。
(16:05)

 昨夜、暗闇の中を駐車地まで来ました。帰りは、初めて景色を見られるのでドライブが楽しみです。


東海岳行
   “ヒルヒル・レポート2  


 東海岳行のスーパーマニアック・コーナー「ヒルがイル」には、恒例企画があります。4月から9月までのヒル忌避剤「ヒル下りのジョニー」の毎月プレゼントです。今年も全国から応募をいただき、皆さんはヒルの被害状況を切々と訴えられ力作があります。

 その被害を簡単に「ヒルがイル」のリストに載せるだけでは申し訳なく思いました。そこで昨年に続き彼らの執念を我々も忘れないため、道草でいくつか掲載させていただきます。最初は、70歳でヒル初体験をされた方です。




◆岐阜県郡上市:YMさん <大和町にて>2012.04.25

 自宅から100mの裏山へ素足に長靴を履き、竹の子を探しながら10分ほど歩いた。家に戻って数時間ほど経ち、何気なく手を見ると少し血が付いていた。床を見ると茶色の物体が、尺取り虫のように這っていた。もしやと思いジャージをめくると足首から血が流れていた。

 ネットで調べたり森林組合経験者宅へ電話したり治療法を聞き対処。噛み口を絞ったり、水道水で洗ったりしたが血は緩やかに流れ続けた。最後にオロナインを塗り、バンドエイドで貼った。バンドエイドを取ったのは4日後。噛み口は2mm程度で黒い斑点状、さらに周り3mm程変色。

 私が住んでいる地区は山ビルは皆無であったが、数年前からシカの被害が目立ちはじめ、山ビルの情報も多くなってきた。家の周りの畑や山にはシカの糞が散乱し、青い葉は殆ど食べ尽くされている。僅かに残った谷川のワサビの葉も食べられた。これからサル、シカ、イノシシに加えて山ビルとの戦いが始まる。



 登山でなくヒル被害にあうことは私には考えられません。70歳にして新しい害虫との戦いですが、自然の脅威にひるむことなく古里を守って下さい。次は関東からの方で、やはり登山ではないヒル被害です。



◆栃木県佐野市:UTさん <千葉県鴨川市成川川谷町にて>2012.07.9~12

 草刈りに出かけて盛大に献血してきました。10年前に購入した山林を整備するためときどき通っています。今年は4月に草を刈っただけなので梅雨の晴れ間を縫って行ったのですが、時期も悪かったのですね。昨年一度やられたことがあるのに、すっかり忘れ無防備でした。

 服もズボンも血だらけで、出血がいつまでも続き往生しました。首、二の腕、下肢など4箇所、今もかゆみに耐えております。鹿が媒体と知ってそうだったのかと思いました。平成22年の何月だったか山へ行ってみると、敷地内に鹿が死んでいました。猟友会の人が片付けてくださいました。

 そのとき
「鹿が死ぬとヒルは、さっと鹿の身から離れる」と話されたのです。それまでは、ヒルの心配など無かったので、少し納得しました。


 猟友会の方が、言われたことが印象に残ります。生血しか吸血しないのですね。スープは熱いのがうまいと感じるのと一緒か。最後は、水遊びで被害を受けた方です。



◆神奈川県厚木市:STさん <神奈川県厚木市七沢不動尻にて>2008.06

 当時は
ヒルというものに疎く、サンダルで水遊びをしていた。休憩しようと川から上がってちょっと足を見たとき、指という指の間にヒルがぎっしり30匹くらい‥すごい寒気がしたのを覚えています。そして怒りも湧き全部すりつぶしました。

 ただ、指の間というのは、それはそれは痒い。2ヶ月くらい治らなかったと思います。それ以来、
ヒルに関しては色々調べ、山などに行く時は、いつも食われないような装備をしているのです。それでも本日(7/15)東南街道から南山に向うとき、実に4年ぶりに食われてしまいました。

 幸い早期発見だったのですぐ駆除して被害も少なかったのですが、久し振りにゾッとしました。


 
えっ!そんな両足の指に食いつかれたら‥考えるだけで怖ろしい。吸血するヒルを見ると確かに怒りの気持ちが起きます。また皆さんの驚きのレポートをご報告差し上げます。

2012.08.12(日)21:30