岳行ノート

御在所岳3 1212m/三重県菰野町

2012年10月27日(土)


紅葉御礼



 『父さん、登山に連れっててよ』息子から10月初めに電話がありました。家庭を持ち30代半ばになり、どうやら新陳代謝が減速し、腹に肉が付いたようです。

 手を打つか打たないかの分岐点にかかり1ヶ月間、夜毎ジョッギングをしていると言います。しかし、走りながら目的はあっても目標がないと考えるようになりました。

 勤め先に山ガールが出現したことも刺激になったようです。彼は子供の頃、家族で初詣がてら尾張富士を登っていましたが、登山はそれ以来です。


 最初の登山は、苦し過ぎてもいけないし、簡単過ぎて刺激がなくても行けません。適度に体力的を使い、かつ楽しさにあふれる紅葉の御在所岳を選びました。


 教科書は、中日新聞社刊「東海・北陸の200秀山(下)東海・信州」です。
<駐車地>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動


鈴鹿スカイライン路肩スペース→中道登山口→負ばれ石→地蔵岩→立岩→キレット→富士見岩→
朝陽台山頂(ランチ)→「ロープウェイ山上駅」「湯の山温泉駅」→鈴鹿スカイライン路肩スペース


※赤線はGPS軌跡
 ●は分岐点

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江   南:午前7時25分発    晴れ/14℃
登 山 口:午前9時35分着   晴れのち曇り/18℃
往:3時間45分(朝陽台山頂まで以下、小休止含)
復:1時間40分(RW待ち時間含む)
◆所要時間:5時間25分



 ひよこさんは2時間の登りは久し振り。母子のチャレンジの日です。息子に敷居を低くするため出発は遅くしました。

 週末の駐車スペースはビッシリ。これで早立ちの必要性が認識できたでしょう。ストレッチをして出発します。
(9:50)



 数分で中道の登山口。ドンドン登山者が登っていきます。『ネエに親孝行してきま〜す』ってメールしたそうです。

 因みに登山服・靴など全部私のお古を貸しました。若くても老けて見えるのはこれいかに。



 そして非日常のワンダーランドに入場。充分整備されていますが、この道の荒々しさにワクワクします。

 岩道・溝道と行けば、やがて裏道への分岐です。
(10:25)



 4合目800m地点まで登ると負ばれ石。息子には、見所は何も話していません。声をあげてスマホで撮影しています。

 『ちょっと待ってて、潜って来るから』
(10:40)





 ひと息つける展望地で指差して山頂を教えてやります。『え!あそこまで登るの?』先は、まだまだ遠い。

しばらく行くと奇岩の金メダル、地蔵岩です。『どうしてあんな風に?』
いつ、誰があそこにサイコロを置いたか誰も知りません。ここからほんの2分も歩けば‥
(11:15)



 「立岩」の案内板。後続の方から『面白い岩ですよ』と話しかけられました。この奇岩は知りませんでした。

 下山時の迷い込み防止ロープを越え、1分北へ降ると崖に巨大な岩が重なっています。ここは登れません。
(11:25)





 雑木林の紅葉もいい感じになったと思う頃、行列のできる登山道。6合目手前から列が、全く進みません。



キレットの大岩壁で大渋滞。降る人だけでなく登って来る人もいます。擦れ違い困難で大変です。

 ハイキング気分できておっかなびっくりの人。初登山者も『マジ、怖い』
(11:55) 

距離100m足らずを30分かかりました。高見で振る返ると降る人が止まり登る人を通しています。
こんな週末は、中道の降りは避けて一の谷新道を行く方が賢明です。
左上は立岩の石柱群でしょうか。





 岩上から北の眺望、奥に釈迦ヶ岳1092m、手前中央の凹みが腰越峠、その右ピークがハライド908mです。





 そして藤内壁の上部に当たる大岩壁、急降してトラバースします。ここでも渋滞発生‥20分かけて通過しました。


ひよこさんは息子の補助で難所を過ぎることが出来ました。
『見てこの枝、みんなが持つのでツルツルだ』何を見ても驚きです。
展望の大岩に登り振り返ります。



今日の紅葉状況は「山頂は見頃、中腹は色づき進む」土の少ない岩肌によく樹木が育ったものです。
この後、長く感じる岩溝を急登し、鉄階段のステップを6つ数え‥
(13:05)




 富士見台展望所1180m、絶景ポイントに登りつきました。伊勢湾方面は霞む。息子が動画を撮っています。
(13:25)






 南方200mには、未訪の大黒岩が望めます。

そして今日はフル回転のロープウェイゴンドラ。明日は雨予報なので稼ぎ時です。
『ネエとイモトに動画送ったら“紅葉綺麗でいいね、今度家族で登山したいな”“同感”
と返って来たので“ウソつけ”と送ったら“じゃ、行かない”だって‥』



 観光客も増えた朝陽広場園地でランチにします。定番カップヌードルとおにぎりセットに息子『うまい!』
(13:35)〜(14:10)

 親子登山は今日が最初で最後と思い、ついて来たひよこさんも頑張りましたがここでギブです。



 2時間コースが3時間45分もかかる過密登山道でした。下山はロープウェイに乗ります。料金はお一人様1200円。

 しかし!ここも行列のできる索道コース。並んで30分後にやっと乗車できました。






 ゴンドラに乗れば、空中から違った角度で見るキレットの岩壁が新鮮です。 

 標高1200mから12分で650mの湯の山温泉駅。ここでタクシーを呼ぶと30分待ちとのこと。

 仕方ありません。写真左奥から車道へ出て歩くことになりました。標高差150mの1.5kmはかなりしんどい。

 40分かけて駐車地に戻り、親子登山は終わりました。『父さん、次は来月登ろう』
(15:50)


東海岳行
   “夜景クルーズ  

 ブログ「工場萌えな日々」を運営するイラストレーターの石井哲氏は、2007年に写真集「工場萌え」を出しました。テレビで紹介され、コンビナートの製油所、化学工場等の煙突・配管・タンク群が夜間照明で重厚な構造美を浮かび上がらせています。

 やがて彼の監修する工場地帯を見学する船上ツアーが京浜工業地帯で開催されました。すると四日市市でも2010年夏2ヶ月間限定でツアーが彼の監修で行われたのです。好評だったようで昨年も行われ、私はニュースでこのクルーズをたまたま知っていたので『まあ今度の夏いこうか』くらいな気持ちでいました。


<四日市ポートビルで予習して全景を展望>

<鈴鹿川の右岸河口でコンビナートをチェック>

 今年、地元のテレビ局が取り上げ、新聞にも載ったのです。記事によると「一昨年に始まった夜景クルーズは予約はいつも一杯だ」 これはうかうかしてられません。早速、ネットで調べると「定員30名毎週金曜日、夏は2便、それ以降は1便の運航」予約状況を見ると年内は全て×印です。

 そうなると余計に行きたくなりますが、諦めざるを得ません。『あ〜あ、来年だな』 取り敢えず来年のスケジュールや申込詳細がアップされるのを待つことにしました。週末にそのチェックをしていると10月のスケジュール表が「キャンセルのため若干名、空きあり」となっていてドキッとしました。


<海山道神社(ミヤマド)の菅原道真公にお参り>
杉の一木造りで日本一の大きさ

<割烹初洋で早めの夕食:蛤コースは2100円>
四日市市楠町

 運航日は次週の金曜日です。嘘か誠か‥即座に申込みました。すると週明けに予約受付表が届いて小躍りしました。こういった夜景クルーズは、他にも川崎、北九州市、室蘭でも行われています。さて私達の世代は、1960年から70年代にかけて四日市市の石油化学コンビナートにおける大気汚染や水質汚染を知っています。

 当時、石油系の黒いスモッグ、化学系工場の白いスモッグがモクモクと空に上がりました。ぜんそく患者が出て住民は、命がけで行政・企業と戦ったことは衆知の事です。行政も企業も公害の認識がなかった時代。公害訴訟の判決後、行政、企業の反省と改革、住民の努力で四日市市には綺麗な空が戻りました。


<鈴鹿川の右岸河口はこんな感じに変わる>

<乗船前ライフジャケットの説明>

 今ではウミガメが産卵に訪れ、川でホタルも光ります。ところでコンビナートってロシア語らしいです。さて乗船場所の四日市港埠頭ビル船客待合室に18時40分集合です。駐車場はビル隣にあります。お一人様3500円を二人分支払いライフジャケットの説明を聞きました。説明する人の近くにいるのがお得です。

 そこが一番早く乗船でき最後尾のいい場所を取れます。窓のある船室もありますが、全員オープンデッキでの見学です。船客は20代30代が多く私達が最高齢でした。19時に出発して1時間のクルーズです。幸い波がなく、寒さも感じず風を切るのが気持ちいい船旅となりました。


<いざ乗船>

<配管橋から-うまく撮れません>

 元コンビナート勤務の方がボランティアで解説をします。『煙突の白い煙は水蒸気です』『船からしか見えない景色を見ましょう。スピードを落としますので配管橋のここから撮影してください‥』 コンビナートの夜間照明は、24時間稼働する工場でメンテナンスをする人のためです。

 最後に鈴鹿川河口の第一コンビナートへ行きます。暗闇に浮かぶ巨大な人工構造物、ここが一番美しく歓声が上がりクルーズのフィナーレです。帰船途中、後方の水平線に180度光のコンビナートがつながって見えます。初めて見た萌えの景色と別れ、船は埠頭に戻りました。


<石油化学工場の煙突・配管・タンク群>

<重厚な構造美>

 夜景クルーズは、人気があり年内の予約は一杯です。金曜日がクルーズ、土曜日がツアーと週末2回の運航で乗船客は、一昨年は1000人(7月〜9月)、昨年は2000人(4月〜12月)、今年は3000人(4月〜12月)の目標と右肩上がり。来年4月以降のスケジュールは今年12月ごろ発表され、来年2月からの受付開始です。

2012.10.22(月)20:55