岳行ノート

錫杖ヶ岳 676m/三重県亀山市

2012年12月19日(水)


石山観音にて(磨崖仏公園)

磨崖仏群の中心に馬の背と呼ばれる長さ100m超の巨岩がクジラのように横たわる
右手3.5kmに錫杖ヶ岳



 鈴鹿山脈は標高を下げながら南下し、亀山市で尾根を南西に変え、やがて伊賀でその長いうねりを里におさめます。山脈沿いに名阪国道が走っています。

 日本では数少ないフリーウェイです。車窓の両サイドで流れる山々が、快適なドライブを演出。南側は700m以下の低山の布引山地が重畳と連なります。

 その中でひときわ目を引くのが錫杖ヶ岳(シャクジョウガダケ)です。槍のような鋭い山頂は、遠くからでも容易に同定でき登高意欲を掻き立てられます。


 この名山は今まで南麓の下之垣内(シモノカイト)から2度周回しました。今回は「ジオンと山歩記」さんにお誘いを頂き、10名パーティで縦走します。


 教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊「地図で歩く鈴鹿の山」です。
<駐車場>

大きい地図・ルート検索 


(図左)加太向井駐車地→柚の木峠→▲錫杖ヶ岳→休憩小屋(ランチ)→東峰→
小雀の頭→→林道終点→福徳集落→福徳駐車地(図右上)


 ※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時25分発  曇り/1℃
駐車地:午前8時分30着  曇り
往:1時間45分(山頂まで、小休止含)
復:2時間05分(ランチタイム除)
◆所要時間:3時間50分

 名阪国道の向井インターから南へ舗装林道を1km走ります。登山口駐車場に置車。(この先は土砂崩れで通行止)さあ出発です。(8:35) 

 駐車場から南へ行けば、すぐ左側に登山口の標識があります。200m毎に1〜9の数字を記した標識があるので山頂までは2000mです。





 植林の谷は倒木で荒れ気味ですが、登山道は丸太橋もあり、良く整備されていました。枯れ沢を2回渡渉して谷を離れます。




 山腹の急登をこなすと柚の木峠です。南の北畑から登って来た道が合流。左折して東の山頂へ歩きます。
(9:05)


この加太(カブト)向井ルート
間違いようがない明快な踏み跡があります。
南里の展望を楽しみ、軽快に進むと‥




急登が待ち受けていました。固定ロープ、ベンチのある展望地‥





 鎖の岩場とルートの仕掛けは変化があり、飽きません。この岩場上で眺望が得られ‥
(10:05)




 北西に鈴鹿の南端部。中央のトンガリは、烏山(小平山)717m、左端の山腹が採石場なので削られています。

 右手前が経塚山623m、やはり左山腹に採石場が見えます。





 そして槍のように鋭い山頂に近づき、傾斜は一層厳しいものになりました。





 登り着いた頂上は岩石が集まり、周囲を遮るものはありません。お馴染みの山名標に誰が掛けたのかクリスマスのリース。
(10:15)


 
 南東を見ると眼下にダム湖の錫杖湖。昔、錫杖ヶ岳は、周囲の里から雨乞いの霊山として登られました。

 『それで登山道が多いのか』雨乞いは、江戸時代の記録も残っています。

北東に鈴鹿山脈伊勢平野が望めました。
奥の峰が、左から仙ヶ岳961m、野登山852m、その下が明星ヶ岳549m。
右の白い建物群は、話題のシャープ亀山工場がある工業団地です。





 そして東に目を転じると下山で歩く尾根が見えます。中央のピーク小雀の頭まで行き、左折して左尾根を下降します。



 山頂から少し南へ降って休憩所でランチです滅茶苦茶寒い!きっと氷点下。ダウンを忘れたので雨合羽を着てセーフ。
〜7(11:40)





 さて腹ごなしに運動は欠かせません。階段の多いBコース分岐と下之垣内福徳への分岐を越え急降していきます。




河内への分岐を過ぎロープの急坂の途中、振り返ると岩山の頂上がもう遠い。
錫杖ヶ岳は、別名雀頭山(ジャクトウサン)とも呼ばれます。
の頭に似ていますか?この角度ではちょっと厳しい。



 この福徳ルートは、アップダウンの波が何度も押し寄せてきます。ようやく尾根道を方向転換するピーク小雀の頭574mです。

 山頂は三角点無しでしたが、ここに三等三角点がありました。
(12:25)

 痩せ尾根の急傾斜を登降した後、小ピークの右を巻きます。すると右斜面に一杯のテープが注意喚起。直進道も探ってみましたが、テープに従い右折。
(12:45)

 尾根芯の登山道は、テープもあり整備されています。やがて小ピーク前の鞍部で左の木に「←下山コース 福徳から関バスセンター」掲示板から左折。
(13:05)





 植林の山腹道を降ると枯れ沢に出会いますが、ここも倒木で荒れ気味です。でも道はきちんと歩けるようになっていて‥




 掲示板から15分で林道終点に出ました。辿って行けば舗装道に変わり、福徳集落を抜けます。
(13:20)




 名阪国道を潜って右折するとデポした車が待つ駐車地です。時間があるので皆さんが未訪の不思議スポットを案内します。

 芸濃町鈴鹿CCの西にある石山観音まで4km約10分ほど走りました。


石山観音は、標高160mの石山に巨岩奇岩が点在する磨崖仏公園です。
自然の岩壁に33の石仏が掘られ、最古仏は室町時代とのこと。
県指定文化財は3ヶ所、周回すると40分のハイキングコースです。



巨岩馬の背に一か所、数mの蟻の戸渡りがあり縮み上がります。
Jさんは岩を見てテンションが急上昇しました。しかし調子が悪いようです。『怖い!ダメ本当に怖い』
『あれ?ここどうやって降りるの』 極め付きは『ワ〜!登れない』と岩に必死でしがみつく。

その格好が面白く、みんながカメラを向けると『ダメ!写真禁止、ダメ!』『と叫ぶので大笑いです。
水曜会の今年の山行は今日で締めです。最後は『よいお年を』と言葉を交わしました。



 水曜会のみなさん:手前左からDolphyさん、風花さん、yakoさん、SIVAさん
奥左から乱丸さん、ジオンさん、福ちゃん、ノコさん、みれさん、私です。

 皆さんにお世話になり楽しい山行でした。ありがとうございます。


東海岳行
   “鈴鹿のクマ” 

錫杖ヶ岳で休憩中、滋賀県にお住いの「乱丸お出かけ」さんから驚くべきお話を伺いました。昨年10月18日、東近江市永源寺相谷町でクマが捕獲されたとのこと。『え?本当ですか』私は、半信半疑で聞き返しました。今まで鈴鹿にクマはいないと勝手に思い込んでいたので‥

 紅葉で有名な永源寺の南方にその名も熊原神社があります。その奥の林道脇に置かれたイノシシの檻にクマが入っているのを仕掛けた人が早朝、見つけました。調べると体長1m・体重41kg、3〜4歳の雄です。滋賀県では捕獲檻に目的外の鳥獣が入り込んだ場合、自然に返すのがルールです。

 そこで麻酔銃で眠らせ耳に識別タグをつけて滋賀・三重の県境に運び山奥で放しました。『県境って、どこ?』永源寺前の八風街道(国道421号線)を県境に走ると石槫トンネルがあります。トンネル手前の旧道を辿れば県境の石槫峠だけど?

 

 私の想像なので場所は確かではありませんが、北に竜ヶ岳、南は三池岳。右は、それを知らせた滋賀報知新聞の写真です。■そういえば6年前千種街道イブネに訪れたとき、杉峠に「この先熊出没注意」の掲示板がありました。(下左)

 マジックで「佐目峠付近93年」と添え書きがあります。その時は『まさか』と思ったのですが、クマ捕獲事件があるということはありえることです。佐目峠に出没した頃、県の情報ですとツキノワグマの生息域は湖北、湖西、鈴鹿山系で永源寺以外にも日野町、蒲生町、米原で目撃されています。

錫杖ヶ岳山行に参加された「山おんな 岩おんな」のみれさんが、この12月7日伊吹山クマと遭遇したというのです。彼女は今まで余呉トレイルでも遭遇したことがありますが、今回は写真を撮りました。見せてもらったのですが、100m以上離れているので画像を拡大します。↓



 3合目のスキー場をゆっくり歩く中々立ち去らず、みれさんは少しずつ後ずさり‥『怖かった』 ■調べるとその3か月前の9月、米原市弥高でクマが道路を横断して車と衝突しました。

 車はバンパーが壊れ、体長150pのクマは竹藪に逃げたのですが、そこは伊吹山の南麓です。伊吹山から南へ5q行けばもう鈴鹿山系でクマが移動しても不思議ではありません。

■さて東近江市の今年の防災情報ですが、なんと6月15日永源寺相谷町でクマが再び捕獲されました。イノシシの檻にクマが入っているのを早朝、仕掛けた人が見つけます。調べると体長1.53m・体重65kg、6歳の雄です。



 前述の滋賀県のルールでクマは山奥に放たれました。左がそのクマの写真です。きっと同じ場所、同じ檻、同じ人が発見したと思われます。昨年捕まったクマではないと思われます。同じなら識別タグがついていたはずです。

■私が初心者のころ、鈴鹿でクマスズを付けていたらすれ違った登山者から『いらないよ』と言われました。その時は恥ずかしい思いをしたのですが、これからはクマスズをカラコロ鳴らしましょう。


※鈴鹿のクマは、「滋賀報知新聞」「クマ出没情報ブログ」「爽快渓流フライフィッシングに魅せられて」などを参考にさせていただきました。
12.12.24(月)19:30