岳行ノート

山崎山・荒神山 140m・284m/滋賀県彦根市

2013年1月5日(土)

荒神山中腹の大岩を訪ねる初登山



 昨年の元旦に引いたお御籤が「大吉:後半良くなる」でした。意外やその通りになったのです。それならツキに拍車をかけようと師走に御在所岳登山をしました。

 12月12日1212m幸わせの「ワンツーワンツー」登頂。年が改まっても運を続けたいので縁起担ぎを続けます。年初に干支登山をされる方がみえますね。

 今年は「巳」つまりです。タイミングよく新聞で荒神山のミニ記事を見つけました。山名に五蛇池山蛇峠山のようにが付いていませんが大丈夫です。


 ひよこさんと二人で出かけました。名神高速道路の彦根インターで下り、国道8号線を南進します。野口町交差点で右折して琵琶湖方面へ‥


 教科書は、荒神山おこし会編集「荒神山ウォーキングマップ」(11/8/9のPDF版)です。
<荒神山駐車地(中心点)>

大きい地図・ルート検索 


(1)
山崎山駐車場

山崎山城跡
(山頂)

山崎山駐車場





山崎山駐車場


(2)
林道入口駐車場

荒神山神社
遥拝殿

荒神山神社
(山頂)

山頂P

三角点(東屋)

千手寺

林道入口駐車場


 ※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点
■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前9時分10発   晴れ/−1℃
駐車地:午前10時45分着   晴れ/1℃
山崎山周回:1時間10分(大岩行程含・小休止含)
荒神山周回:1時間55分
◆所要時間:3時間05分

琵琶湖方面に向かうと正面、雪原に浮かぶ荒神山(右)と山崎山(左)がくっきり見えてきました。
立派な独立峰です。山裾を巻く宇曽川小梅橋を渡り、左折して堤防道路を走り山崎山の北駐車場へ。





 淡雪の駐車場は、約1台駐車。さっそく奥の階段を登ると‥
(10:55)






 遊歩道には足首までの雪が積もっています。そこに雪うさぎの軽快に跳ねた足跡。

スーパー低山ですが、近江盆地に広がる展望。北東の霊仙山1094mが迫力の山体を押し上げています。
手前中央、赤地に白抜きの鳩マークは、地元が本拠地のスーパーの平和堂です。
昨年、中国で大変な目にあいました。


 あっという間に登頂です。山崎城は地元の山崎氏の居城です。400数十年前に信長の命で築城されました。

 山域には石垣の一部が残っています。安土城に類似した貴重なものです。山を周回しようと思いましたが、先は藪でした。
(11:05)
 

 ピストンで戻り、次の目的地へ向かいます。駐車場から西に歩き、右折すると朝鮮人街道です。
(11:25)

 鎖国時代、朝鮮は唯一外交関係を持った国。500人もの使節が来て江戸へこの街道を往来しました。100m北進すると‥

 左に小屋があり、そこを左折。突き当りの小川にかかる木橋を渡ります。右の小高い所へ登り、奥へ進むと‥

 網扉に出合いました。「手前に開きます」開閉してフェンス沿いを左へ歩きます。やがて参道の表示板を見て右折、丸太階段を登ると‥

口を開けた「大へび岩」です。長さ6m、奥行き高さ3mあり、伝説が残ります。
 昔々、山裾の宇曽川はよく氾濫しました。インドより大日如来が大蛇に乗り到来。
水害に悩む住民の祈る姿を見て如来は、自分の代わりに大蛇を残しました。

大蛇が口を三回開け祈ると水害が治まったのです。
大蛇は岩になり、山の南に頭、北に尻尾がひるがえったとされています。
でも尾がどこにあるかわかりません。供えられた鏡餅が、動物にかじられ寂しく転がる。
(11:45)

 金運だと良かったのですが、水害の守護とは知りませんでした。「大へび岩」を後に駐車場へ戻り、車を移動しましょう。
(12:05)

 車中ランチして二山目の駐車地へ走ります。そして荒神山山頂への林道入口に停めました。
(13:10)



 車道を山裾沿いに右カーブして回り込むと参道の先に荒神山神社遥拝殿。山頂の本殿まで登れない人々がお参りできます。

 昭和34年、市内の井伊家社殿を移築したものです。右側から奥へ歩き、獣害防止扉を開閉し入山しました。
(13:20)






 「クッ、クッ」と音を立て石段の雪道を辿ります。

 やがて林道に出合いました。参道は右へ続きますが、左の丘を見ると‥
(13:40)

 腹切地蔵。怖い名ですが、袈裟懸けに切れ目が入っています。雪の深さが増した参道をもう少し登りましょう。

そして山頂の荒神山神社に到着。起源はなんと1350年前と伝えられています。
それは奈良時代の前、飛鳥時代のころで火・かまど(台所)の神様です。
ここまで車で林道を走って上がれます。西側に大きな駐車場があり‥
(13:55)



そこから琵琶湖の眺望。対岸の野坂山地比良山地が見えないのは残念です。曽根沼の向こうには小さな多景島

 島の見塔寺の所有地で奇岩があり、彦根港より20分の船旅で渡れます。荒神山神社本殿西にコースの標識がありました。
(14:10)

 そこから白い雪に赤いフェンスの鮮やかな色彩の中を西に降ります。

 ほどなく分岐となり、目の前のピークが荒神山古墳。全長124mもある4世紀末の前方後円墳です。



 古墳の山腹から尾根に出て北進します。やがて262mピークに三等三角点。東屋があり立ち木越しに展望があります。
(14:20)

 最高点の山頂には神社が昔から建ち三角点はこちらに来たのでしょう。





 南東に鈴鹿を見ながら歩き、左カーブする道で尾根に乗りました。降り斜面は、溶けた雪でシュルシュル滑ります。




 すると分岐に出合いました。そのまま降りると荒神山公園です。右折すれば千手寺に着きそうです。右折して奥へ‥
(14:40)

  その道を辿るとお寺の裏口に出て千手寺(センジュジ)の境内に入ります。
山号が石頭山。(イシアタマ? 固そうです)かなり広く六角堂や古庭園があります。
釈迦如来が祀られ行基により奈良時代(約1300年前)開かれました。
(14:50)


 参拝を終え石段から下に山頂へ行く林道が見えます。ここを横断して参道を降るのですが、ひよこさんが滑るのを嫌いました。

 安全第一、第一生命なので林道を歩きます。寒中ウォーキングする多くの人とすれ違い駐車場へ戻りました。
(15:05)


東海岳行
   “文房具の贈り物” 

 海外でメイド・イン・ジャパンの文房具が売れているとテレビで見ました。嬉しいことです。世界一のボールペン会社ビックの本拠地フランスでは、子供たちは授業でボールペンを使います。間違うと修正ペンで直し、書き直すという面倒な作業をしていました。

 そこで名古屋に本社があるパイロット社が、消せるボールペン「フリクション」を我が国に先駆けて発売したところ6000万本の大ヒット。またアメリカではダイレクトメールが山ほど届きます。捨てるとき住所氏名があるので個人情報を守るため家庭用シュレッダーを利用していました。

 よく壊れます。そこでプラス社が「ケシポン」595円(右上)という押せば字が判読できなくなるスタンプを発売して大ヒット。アメリカではちょっとした文房具は「鉛筆1ダース」「消しゴム10個」などバンドルで売られています。必要以上だと思いますが、購入した人は気に入ったものをお友達にプレゼントする習慣があります。



 そこで私も購入して良かった文房具を家族新年会でプレゼントすることにしました。まずドイツのステッドラー社の「テキストサーファー ゲル」90円(左上)という蛍光マーカーです。スティック糊を塗るときの感触、そんな使用感です。書き心地の滑らかさに新鮮な驚きを覚えました。

 乾式なので書いた後、気にしなくてもいい。芯は書くほど減っていきますので上部を回せば、また芯が出てきます。二つ目は、プラス社のテープ糊「ノリノビーンズ」141円(右)です。糊は6mm幅でローラーで両面テープのように出て糊のように手に付きません。6×3cmと小さくてかさばらないのもいい。

 三つ目は、プラス社のハサミ「フィットカットカーブ」273円(左下)です。両刃は直線でなく微妙にカーブがあります。従来、ハサミは根元から刃先に行くに従い、切るための力を増す必要がありました。



 これは計算されたカーブのお陰で均一の力でスーッと気持ちよく切れ、切れ味は感動的です。これらを子供たち贈っても『フ〜ン』という感じでしたが、一つづつ実演して試させると『ナニコレ!』と驚きの声をあげました。

 3つ合わせても高価ではなく、コストパフォーマンスの高い贈り物です。さて他に気に入った文房具ですが、私が山行前夜、地形図をプリントしてルートやポイントを書き込むとき便利なボールペンがあります。

 前述したパイロット社の消せるボールペン「フリクション3色」(右)465円です。書き間違えても消せるし、3色が1本で使えるので重宝しています。もうひとつが、こけおどし目的のシャープペン「バラシル」945円(左下)です。



 数十個ものパーツをプラモデルのように切り取って組み立てました。その途中、組み合わせ方がわからず何度も挫折しそうでしたが、30分かけて完成しました。見た目、強烈なインパクトがあります。

 『なんじゃ、これは?』
と言われると気分はいいのですが、書きにくいのが難点です。
13.01.08(火)22:00