岳行ノート

鎌ヶ岳3 1162m/三重県菰野町

2013年5月6日(月・祝)


新緑の長石谷遡行



 ゴールデンウィークの休日に山行しようと思ったのですが、高速の渋滞予測を見て諦めました。カンチャンの平日は、天気があまり良くありません。

 ところが鈴鹿ならGW最終日は、高速の渋滞がなく天気予報も良いということで名峰鎌ヶ岳に行きましょう。尖峰が天を指し登攀意欲をそそられます。

 北側の鈴鹿スカイラインから登る三つ口谷県境縦走路の周回は、以前歩きました。今回は未踏の長石谷長石尾根で周回します。


 気温の低い午前中に谷道、気温が上がった午後は尾根道とまさかのヒルを避ける心配り。アカヤシオはまだ残っているでしょうか。


 場所さえ知らないイワザクラは、散っていないでしょうか。カマは人気スポットなので早立ちしないと駐車できません。


 教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊「地図で歩く鈴鹿の山」です。
<駐車地>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


路肩駐車地

登山口
(長石谷)

堰堤

犬星滝

鎌ヶ岳
(長石尾根)

弥一ヶ岳

登山口

路肩駐車地


 ※赤線はGPS軌跡
 
●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時05分発  晴れ/13℃
駐車地:午前7時30分着  晴れ/14℃
往:3時間20分(山頂まで・小休止含)
復:2時間20分(ランチタイム除)
◆所要時間:5時間40分

 現在、料金所跡付近は、大駐車場を造成中。そのため料金所跡から北東へ少し下った路肩へ駐車しました。
(7:50)

 スカイラインを歩き、湯の山温泉に向かう車道へ左折。300mほど降ると右に道標・登山ポストがある長石谷口です。ここから三滝川へ向かいます。
(8:00)





 川に出ると架かっていた鉄橋の残骸が左の岩の上。渡渉は問題ありません。正面奥の岩に赤ペンキの印があります。





 左岸沿いに登山道を歩き、堰堤を三つ越えました。流れは綺麗です。そこから道らしきものはなくなり‥
(8:15)

 河原を歩き、高巻き道に移り、また河原に戻り‥でも赤ペンキの指示が要所にあり助かります。

 川沿いに窯跡↓がありますが、洪水にも負けずよく残っていると思いました。

やがて岩壁に紅紫色のイワザクラ。花弁は桜と同じで5枚、先が割れています。
残念ですが準絶滅危惧種で台高の千石谷、岐阜県の舟伏山、宮崎県の鰐塚山でも自生しています。
鎌ヶ岳長石谷で咲くのは知っていましたが、場所は全く知らず見られてマンモスうれP。




 川には小滝がいくつかあります。初めての試みですが、シャッター優先モードで撮ってみました。落ちる水がいい感じ。
(8:45)


 やがて「犬星大滝」の案内板、左岸に細長い滝。

 この谷で最大で落差10数mくらい?滝下に転落遭難した人の卒塔婆がありました。
(9:30)



 谷幅が狭くなり勾配が増すといよいよ大詰め。支谷が合流するので分かりにくくなりますが、必ず赤ペンキが指示してくれます。

 そして流れは消え、空は新緑。最後に谷を右へ外し、笹地の岩道を急登すれば‥


 県境稜線に出て一安心。岳峠付近の尾根には、アカヤシオ↓が先日の強風にも負けず残っています。
(10:55)

張り付けた大岩が落ちそうな岩壁が迫る。鞍部まで登り、左へ急登すれば山頂です。
なぜか焼岳の登頂を思い出しました。しかし、、、途中で立ち止まって息を整えなければ堪りません。 



 鎖場を登れば、伊勢皇太神社の祠と鳥居と登頂者多数。その先には立派な山名板が埋め込まれた山頂1161mです。

 背後は直線で2kmしかないお隣さんの御在所岳1212m。晴天ですが温度計は7度、風を避けたくなるはずです。
(11:10)



 四囲に大展望が拡がり、西北を見ると右が雨乞岳1238m、中央は清水頭(ショウズノカシラ)1095m、左が綿向山1110m。

 ここは賑やかで単独者は落ち着きません。ダイニングのいい場所を見つけました。山頂標識から東へ笹道を降りると‥



 数分で長石尾根に岩場があります。ここで展望ランチしましょう。右は雲母峰888mです。
(11:20)〜(11:40)

 さて下山ルートは、ここで曲折していて北へ降ります。 

 左にガレ場が続き、高度を下げていくと御在所岳が間近です。残り少ないアカヤシオにもう少し早く来ればよかったと後悔します。

 ミツバツツジの新緑が、アカヤシオのピンクにかぶぶってきて勢力交代を告げているようです。昨年は良くなかったようですが、今年は当たり年かな。

左の谷は、1週間前ならきっとパラダイスだったでしょう。惜しいことしました。




 やがて三つ口谷ルート分岐です。この長石尾根ルートは、ほんの少し先で突き当たりますが、右へ曲折します。
(12:25)

 道脇でハルリンドウの吹奏隊は、ラッパを広げユニゾンで輝く。

 イワカガミのコーラス隊は、春のメロディをハモって唄う。鎌ヶ岳っていいなあ、、、、、

 鈴鹿スカイラインの大崩壊地は、全容を見ると復旧工事の大変さが思われます。5/1より武平トンネルから滋賀県へ通り抜け可能になりました。

 長石尾根は、所々ザレ地が現れ緊張します。ここも無事降ってきて振り返ったのですが、結構な急斜面だったので取りあえず水を飲みます。




 ホッとするまもなく大岩が立ちはだかり、左から回り込んで登ると弥一ヶ岳802m。ひとつピークを得しました。
(13:00) 

ガレ場を過ぎると二つの大岩が通り道を挟んで邪魔しています。
ここを通らないと下山できません。最狭25p、体幅の関所です。
リュックに注意して通り抜けると‥

←中電の電柱が続き、長石尾根ルートは終盤です。
一気に高度を下げ、午前に歩いた谷道に出合いました。
そこからは、記憶があるのでカメラも出番がなくなります。
(13:40)

駐車場着
(13:55)


東海岳行
   “4DX” 

 初めて飛び出す3D映画を見たのは、京都の東映太秦映画村だったと思います。チャンバラ映画で専用の眼鏡をかけ、刀や槍を目の前に突きつけられました。昭和40年代でしょうか。当時は飛び出すことに重きを置いていた演出で刺激的でしたが、不自然さを感じました。

 時代は平成になり、大阪USJへ遊びに行きました。アトラクション「シュレック」のアニメ映画は、3Dの映像に合わせ座席が揺れたり、水滴がかけられたり特殊効果たっぷり。体験的なショーが面白かった。4年前の映画「アバター」3Dは画期的に進化し、飛び出すより奥行感があり、見ていて抵抗がありません。

 4月25日(木)テレビニュースで日本初上映がされる4DXを取り上げていました。場所は、名古屋市中川区「中川コロナワールド」(シネコン)。それは「座席が動く」「風・香り・水しぶきが出る」という他、「シャボン玉が飛ぶ」「稲妻が光る」「スモークが出る」臨場感溢れる仕掛けが一杯の映画です。



 韓国製の装置で1億5千万円の費用をかけた第一弾は「アイアンマン3」。これは行ってみたい。4月26日(金)より上映開始ですが、GW中は混むと思いネットで平日の席を申し込みました。

 料金は[映画料金+1300円]で入場前に専用眼鏡をもらいます。私はメガネONメガネなのですが大丈夫でした。座席は4席単位、頭を掛けるところに穴が二つあり風が出てきます。前席の背中にノズルが二つ見え、風と水しぶき用でしょう。座席の下に細いチューブが出ています。

 多分、香りを漂わせると思います。スクリーンの両サイドにはスモーク発生装置。壁と天井には、フラッシュとシャボン玉装置がありそうです。コーラやポップコーンを手にして来る人がいます。『???』



 すると上映前に支配人が注意事項を話しました。荷物は抱えてとか、飲み物に注意してくれなど。席が揺れてコーラがこぼれたらビチョビチョになります。さて映画は、よくできていて十分楽しめました。水しぶきは2回かけられ、最初の方に花の香りが漂った気がします。

 前からくる風はいいけど後ろから耳にかかる風は驚きました。座席はいつも動くものでなく、内容に合わせてほんの時々動きます。シャボン玉を期待したのですが、必然性がなかったようで出ませんでした。映画がいいものなら通常より楽しめ、料金が高くても納得できます。

 当日は、ほぼ満席で気分が悪くなって退席する人はいませんでした。上映したのは4DX専用作品ではなく、一般公開の映画なのでどうして仕掛けとシンクロするのかが謎です。



 次回作は、予告編をやったトムクルーズのSF作品のようで、またここで見たいと思います。なお3D作品でない場合の料金加算は、+1000円です。

13.05.07(火)23:20