岳行ノート

富士山1 3776m/静岡県富士宮市

2013年7月10日(水)


富士山頂大噴火口

左下が火口底3535m、右上は富士宮口の浅間大社奥宮と頂上富士館




 「富士山は見る山で登る山ではない」という言葉があり、私もその考えに同調していました。裏返すと体力的に自信がない‥特に高山病は素直に反応します。

 それに歩行時間の長さ、写真で見た登山道の渋滞を考えるとその気になりません。世界遺産になった機会に6月、宝永山へ登りました。

 すると富士山が結構、身近に感じられその後、登山計画を立ててみます。御来光目的の弾丸登山は無理ですが、1泊すると随分と楽になりそうです。


 車中泊か山小屋泊か‥前者で挑戦してダメなら次回に後者でと決定。新東名高速新富士インターで下り、富士山スカイラインへ走ります。


 教科書は、山と渓谷社刊「新・分県登山ガイド 静岡県の山」です。参考書に多くのHPにお世話になりました。
<富士宮口五合目駐車場>

大きい地図


富士宮口五合目P

富士宮口登山口

E雲海荘・宝永山荘
Eは六合目

F御来光山荘

元祖F山口山荘

G池田館

H万年雪山荘

(9合5勺)胸突山荘

浅間大社奥宮

ランチ溶岩

富士山剣ヶ峰


 ※赤線はGPS軌跡
●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:前日午後2時15分発   晴れ/43℃
駐車地:前日午後6時30分着   晴れ/17℃
(就寝:22h〜起床:4h)    曇りのち晴れ/15℃
往:6時間20分(小休止含)
還:4時間15分(ランチタイム除く)
◆所要時間:10時間35分



 富士山スカイラインを上るのは私だけ。一番心配事は、駐車場の空きです。3台すれ違ったのでその分は空いているでしょう。

 西日を受ける富士山が見えてきました。宿泊地富士宮口五合目の難点は、夕日も朝日も見えないことです。



 500台収容の駐車場は2段あり、上段はほぼ埋まっていましたが、奥に数台空きがあり駐車。下段は半分以上空いています。

 携帯は少し歩いて富士山総合指導センターの建物が見える所でひよこさんにつながりました。中央の膨らみは宝永山です。
 コンビニ寿司を食べて就寝の準備にかかります。窓に断熱シートを張り、後部シートを倒し、広くなったスペースにニトリの羽毛布団を敷きました。朝食と登山の準備をして目覚ましを4時に合わせ、21h横になりました。

 真っ暗、トムソーヤ的いい気分。ところが脈が異常に早い。狭い空間で活動したためです。それに足元がスースーする。半ドアです。外に出てみると天の川を久しぶりに見ました。脈が落ち着きを戻したので眠れそうです。



 4時に起き朝食を済ませ準備してストレッチ。今日は猛暑予想、ここは15℃です。山頂を踏めるか‥緊張の夏、日本一の夏。

 富士宮口五合目登山口2380mから約1400mの標高の旅に踏み出します。
(5:00)



 溶岩のステップを登り公衆トイレを過ぎると砂礫の道に変わりました。進入禁止の右のブル道と並行に辿ります。

※荷物運搬のブルトーザー専用道は、山頂まで延びています。運搬費は1s200円、もし怪我して運んでもらうと私は12000円?

富士の裾野を朝霧が覆い、大昔火山だった愛鷹山塊(アシタカ)が浮いて見えます。
奥が位牌岳1458m、右手前越前岳1504m。手前に駐車場の東端が緑を切り抜いています。
ヘアピンカーブの箇所が宝永山登山口です。やがて六合目2493mに‥

 雲海荘と向こう隣に宝永山荘、背後の球形は1.4km東の宝永山2693m。これからの高さの目安になります。自販機のペットボトルは300円でした。(5:20)

 宝永山荘の東端から左折し、登山道へ向います。右は200円のバイオトイレです。賑やかな山荘前を過ぎると‥



 岩ゴロ道にステップを探し足を置きます。いよいよ富士登山が始まる!テンションは上がりますが、ペースは上げず小股運び。

 30分毎に5分程度休憩を入れます。登り6割、降り4割の体力を充てる計画です。すると登りの休憩は、1時間になります。




 新七合目2780mの御来光山荘が石垣の上、砦のようです。道脇には誘導ロープが続き、夜間でもこれなら歩けそうです。
(6:25)




 次の元祖七合目3010mの山口山荘は営業していません。石室のような石積みで富士山らしい小屋です。
(7:20)

このルートの五合目からの平均勾配は31%あります。そのためか山頂までの距離は4.3kmと短い。
他の3つのルートの勾配は21〜23%なので距離は6.3km〜10.5kmと長い。体力勝負の急登です。
既に御嶽山3067mより高度があり、この眺望は西南西方向で南アルプスは斜面に隠れています。



 八合目3250mの池田館富士山衛生センター(診察無料)に着きましたが開いていません。トイレに困りました。

 この辺りから高山病に要注意。体調・登行ペース・水分補給・呼吸などで予防します。睡眠不足はないので体調は充分です。



 ←左上のピーク宝永山2693mが、かなり下に見えるようになりました。

 富士市街地や駿河湾は残念賞です。スキー板を担ぐ人は、どこで滑るのかな?

 上に大雪渓が見えました。ここなら滑られそうですが‥そこに

 九合目3460mのその名も万年雪山荘。ここも営業していません。トイレに困ります。(9:05)



 万年雪を右に見て溶岩の中の道を登ると 九合5勺3590mの胸突山荘。ここも営業していません。飲料水、購入できるかな?
(9:50)

 山小屋の500mlペットボトルは500円。ブルの運搬費(200円/1kg)に100円かかりますが、せめて300円で販売して欲しい。

登山者と抜きつ抜かれつ。3人のでかいアメリカン若者3人は、大股で抜いていくけどすぐ休憩します。
私が小股で彼らを抜く。金剛杖のアメリカンが抜き返す。すると『オーマイガー!』
トイレに困ったアメリカンの一人が、溶岩の大岩に向って馬のような勢いの立ち小便。。。。。



 山頂手前の白い鳥居にアメリカンと同時に着きました。撮影は彼らに譲ります。Tシャツ・短パンのアメリカン観光スタイル。

 足元は靴でサンダルではありません。ほどなく上に‥



 頂上浅間大社奥宮。ここも閉じています。この前の売店も閉店しているのであと1本半のペットボトルだけでは心もとない。

 左へ行くと有料トイレ(300円)、ここはオープンしていて助かりました。ここまで意外とバテてず体力は温存されています。
(10:45)


整備された道を西の剣ヶ峰最高点へ向かいました。
7月、富士山頂の最高平均気温は7.3℃、最低は2.0℃。
平均風速は8.1mもあり、今日も砂礫を飛ばす強風が吹いています。



『凄まじい』大迫力の火口、直径780m、深さ237mです。1周2.4kmのお鉢巡りは1時間40分。
今日は剣ヶ峰へ登りますが、その前にランチを溶岩の上で取ることにしました。
賑やかなので振り返ると‥
(11:00)〜(11:25)



 自衛隊が30名ほど剣ヶ峰に向かっています。高さ50mの馬の背という坂ですが、斜度があり岩盤の上に砂が乗り難所です。
 
 とてもきついようでリュックはデポします。有名な山頂レーダードームは、1999年気象衛星に役目を譲り解体されました。



 15分登り夢だった日本一の剣ヶ峰に立つことができました。日本人で富士山の嫌いな人はいないと思います。私も富士山愛

 中央は二等三角点3775.63m。富士山の標高は3776、24mなので差は61p。その謎は次回の岳行ノートで。


東海岳行
   “見る山・登る山” 

 富士山には、4つの登山道があります。それを簡単な表にまとめました。登り時間は火口外周までで剣ヶ峰往復は入っていません。吉田ルートが人気が高いのは首都圏から近距離、良く整備された登山道、切れ目ない16軒の山小屋と観光登山も可能な充実の内容だからでしょう。
  五合目登山口 
標高
駐車台数  登り時間 降り時間   五合目までの
道路通行料
 マイカー規制 32万人
利用率
 吉田ルート 標高2305m 850 5:55 3:10 ¥2000 31日間 ※60%
 須走ルート 1960m  200 6:55 3:00  0 37日間  11%
 御殿場ルート 1440m 500 8:20 3:30  0 無し 5%
 富士宮ルート 2380m 500 5:10  3:30  0 52日間  24%

 私は、車中泊可能、日帰り登山、剣ヶ峰に近いなど総合的に鑑み、岩の殿堂富士宮ルートで登ることにしました。しかしこのルートだけ下山専用道がありません。また岩場が多く、あまり下山向きではないようです。そこで隣接の御殿場ルートを辿り、途中で宝永山へ移動するコースにしました。

 距離は増えますが、砂走りの道で時間短縮と独特の下山を楽しめます。また富士山の横腹に大穴を開けた宝永山で球形の荒野を通過し変化が味わえるでしょう。今年の山開きは、7/1(富士宮ルートは7/8)です。山開きには、荒れた登山道が整備され、山小屋が営業開始します。



 富士宮口五合目へのマイカー規制は、7/12(金)17h〜9/1(日)17hです。そのため7/8〜7/14の1週間で天気予報が良い7/10(水)を登山決行日にしました。尚、入山規制のため7/末から入山料1000円が徴収されるようです。

 さてルートが決まったので10時間登山をこなすスタミナ対策。昨年2月に発売されたゼリー状エネルギー食品新ドリンク「後半で差をつけろ!アミノバイタル パーフェクトエネルギー」(アマゾン:200円)を手に入れました。

 何とエネルギー源アミノ酸が5000mgです。まあ早い話し5gですけど。これを登山前・下山前に補給します。そして一番心配な高山病対策をしなければなりません。今まで御嶽山3067mが、私の最高標高です。富士山3776mは別次元。そのため駐車した五合目2400mで前夜泊して高度順応します。



 また高山病対策の載ったHP「後悔しない富士登山/高山病の話を見つけました。それは腹式呼吸法で富士山へ行く前日、練習のため90分のウォーキング中、ズーッとそれで歩いてみました。

 もう一つリュック重量の軽量化です。水分は、ペットボトル最低4本2kgは必要と思われます。そこで2本を持ち、足りなくなったら山小屋や売店で調達しましょう。余談ですが最近、富士山が世界遺産になり、テレビでよく特集をしています。■その中で紹介されていた實川欣伸(ジツカワヨシノブ)さんに驚かされました。

 富士山に1400回以上登頂し今も日々その記録を更新されています。彼は70歳の登山家ですが、家族登山した42歳が最初ですが、5年前退職してから4年連続200回のペースを続ける富士登山のイチローです。75日間連続で1日2回登頂、54時間不眠で8回登頂など超人的な記録も持ってられます。



 冬にも登られますが、そんなふうに数をこなすと登山靴は何日で履きかえるのでしょう? ■記録と言えば梶房吉さんは、仕事とはいえ50年間の強力生活で登頂1672回を残しました。

 彼は御殿場口登山道七合目の砂走館の上、七合目半にある自分の小屋まで馬で荷物を運び上げ、そこから時には80kg以上の荷を担いで登っていました。今でも小屋の石垣が残っています。(右上) ■さて25年前の1988年8月8日に五十嵐定一さんが101歳で登頂されました。私も希望を持ちましょう。

 
13.07.15(月)19:05