岳行ノート

御在所岳7 1212m/三重県菰野町 

2013年9月12日(木)


藤内沢の狭く急峻な谷

(中央上北谷兎の耳が薄く見えます)


 7月に野良人さんと御在所岳本谷を遡行しました。大岩小岩、いくつもの滝・小滝を乗り越すコースです。盛夏ということもあり汗まみれになりました。

 本谷は、ゴーロと呼ぶ大岩がごろごろ堆積した谷です。そんな河原歩きの経験を経て今回は同じ御在所岳藤内沢(トウナイサワ)に挑戦します。

 藤内壁は、有名なロッククライミングのスポットです。裏道から国見峠へ向うと左手に前尾根と呼ばれる岩壁でクライマーを見ることがあります。


 私にそんな技術はないので歩くのは、その前尾根裏の藤内沢を遡るルートです。今回も岩登りの技術を持つ野良人さんに先導をお願いしました。


 「山好き的日々@京都北山」さんの概念図で全体を把握し、山行記は「鈴鹿の風に吹かれて」さんと「こつこつ登山日記」さんのお世話になりました。
<駐車場>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図


駐車場→裏道登山口→藤内小屋→藤内壁分岐(出合)→藤内滝→洞穴(コーモリ滝)→
RW山上公園駅(ランチ)→国見峠→藤内小屋→七の渡し→巨大堰堤→駐車場


※藤内沢はGPSが不調のためルートはほぼ手書き ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前7時00分発  晴れ/26℃
駐車地:午前8時25分着  晴れ/21℃
往:3時間30分(RW山上公園駅まで、小休止含)
還:1時間45分(ランチタイム除く)
◆所要時間:5時間15分

 鈴鹿スカイライン蒼滝大橋東にある駐車場に置車して大橋へ向かいます。150m歩き‥
(8:40)

 蒼滝トンネル東口の手前右に裏登山道の道標を見て右折。舗装道を登り切り、あとは裏道登山道の道標に従います。





 巨大堰堤の迂回路で河原へ降りました。この七の渡しから四の渡し〜中道分岐と過ぎれば、次第にテンションが上がります。



 藤内小屋一休みして喉を潤しました。
(9:15)

 再びゴーロの河原を行き、大岩「兎の耳」から左岸の樹林帯へ入るとほどなく‥




 藤内壁出合です。「ロッククライマー以外は危険です〜」の注意書。ここから三滝川本流の北谷を横断して右岸へ渡ります。
(9:45)

 右岸に着くと初めての藤内壁エリアで、迫ってくる光景に緊張します。
中央に巨岩(これがテスト岩?)が鎮座し、奥の岩壁は正面バットレスです。





 巨岩の先で谷は二股に分かれ、そこでヘルメットを被ります。右の谷が藤内沢です。50mほど先に‥

 落差20mの藤内滝、水量は少ない。
登ることは不可能で右斜面に道を見つけ登ってみましたが、違っていました。20分のロス。



 2コマ上の写真にある谷の二股に戻ります。するとその写真の左上の樹木端に迂回路がありました。

 斜面をトラバースして藤内滝を越えると‥

狭くて急傾斜な谷に戻りました。
両側を岩壁に囲まれ、もう谷を進むしかありません。
(10:35)





 ルートは、急傾斜で巨岩が散らかり、三点確保で高度を上げました。幸い高度感からくる恐怖感は生じません。そして‥



 今日の最大の難所です。巨岩が狭い谷に挟まって洞穴となりルートを切断。右は強烈な岩壁、左は高さ4m弱の岩壁の滝。

 これがコウモリ滝? 滝水は少ないけど登れません。概念図では道は洞穴を通ります。笹の左から洞穴の下へ行くと‥
(10:55)

 ロープが垂れ下がっている。野良人さんが手繰って登ります。続く私も岩に膝を押し付け三点確保して必死に登る。岩は濡れていてズボンはどろどろ。次は‥

 洞穴から右岸の壁伝いにコウモリ滝上に出ます。ここにもロープが下がっている。小さな足場に靴先をかけ最後は左足を岩場の上にあげ奇跡的突破!

 結局15分間のクライミングでした。谷に出て『よくやった』と自分の健闘を称えます。
しかし、ロープがあったので洞穴へ登りましたが、巻道があったかもしれません。


 やがて沢が二股に別れた個所に出ました。直進する藤内沢に別れ、左の樹木の多い沢へ移ります。

 ヌル岩が多いので足場に注意します。『タワシを持ってくると良かった』と野良人さん。なるほどね。
(11:30)



 そのルートは第三ルンゼと呼ばれます。(ルンゼ:岩壁の中で沢状にえぐられた岩溝)20数分つめて左の樹林帯に入りました。

 そこを適当に登ると岩場に当たり、そこは広い岩の展望地、向こうは国見岳1170mです。




 上に行くとフェンスがあり、階段を上がります。舗装された遊歩道に出たら右折してロープウエイ山上公園駅へと歩きました。
(12:05)


 駅内の食堂に入ると10人近くの先客が私たちに注目。二人ともヘルメットを被りズボンがドロドロなのでしょうがありません。

 今日は冷やしうどんを注文。こんなコシのある麺は初めてです。『食べられへん』と戻したネエ様がいました。
(12:10)〜(13:15)

 山上公園の遊歩道から国見峠に降りました。ここを右折して裏道で下山します。(13:30)

 藤内壁分岐を通り過ぎ(14:00)、北谷のゴーロを歩くとススキが秋の一番乗りだと揺れていました。



 藤内小屋に着くとオヤジさんが玄関にいます。野良人さんが、藤内沢の洞穴が難所だったことを話しました。

 すると『藤内沢は、積雪期に登るのが一般的だ。岩はヌルヌルだったろ』ということは、私たちはワイルドだったのか。
(14:15)



 七の渡しからは、工事車両がいなくなったので迂回路へ行かず、巨大堰堤の下を抜けて戻ります。

駐車場着(14:55)
「おもてなしの倍返し、いつやるの? 今でしょ! じぇじぇじぇ」


東海岳行
  “つまようじ” 

 春風に揺れる小さな花、夏の緑陰の風、錦秋の透過光、冬の陽だまり。そして何気ない日常にもささやかな幸せがふっと通り過ぎることがあります。そんな一瞬は、記憶に残るほどではないかもしれません。でも中には一生残ることもあります。



 いつものようにひよこさんとスーパーへ買い物に行きました。ひよこさんは、食料品売り場へ向かいます。一方私は、家の爪楊枝が切れたので店内の100円ショップで購入するよう頼まれました。大切な人からの要望です。しかし沢山ある商品の中から小さな爪楊枝を探すのは簡単ではありません。

 「キッチン」のプレートが下がっているゴンドラで探すと何と5種類もあります。あれこれ手に取り、一つを選びました。レジで『袋に入れなくていいですよ。テープ貼って下さい』 爪楊枝を手に持って食料品売り場へ行きます。野菜・魚・肉と生鮮食品のコーナーを一周しましたが、ひよこさんは見つかりません。

 お菓子や・カップラーメンなどドライ食品売り場の中央通路を端から端まで歩きましたが、やはりいません。どこかで行き違いになったのかもしれないのでもう一度中央通路を戻ります。すると向こうの端に食料品を満載したカートのひよこさんが立っていました。早足で近づきます。



 『ほら、買ってきた』 腕を伸ばして爪楊枝を見せます。並んでいた商品の中で一番本数の多いもので容器は直径7pあり、700本以上入っているでしょう。105円で2年分です。それを見てひよこさんは『大きねえ』といいながら‥

 声を出して笑いたいけど周りに人がいるので口を閉じてこらえ、私の目を見て笑顔満面です。それを見て私も笑顔になりました。それだけのお話しです。

  
2013.09.16(月)23:20