岳行ノート

           ソムギ 
蕎麦粒山 1297m/岐阜県揖斐川町 

2013年11月5日(火)


色彩のインパクト


 蕎麦粒山は、山と渓谷社刊「名古屋周辺の山200」(2002年初版)で紹介され知りました。アプローチの林道が崩壊し、林道終点まで歩かなければなりません。

 登山口がわかりにくく撤退したレポ゚を度々見ます。昨年11月、kitayama-walkさんが「名古屋周辺の山200」の地形図コースミスを見つけられました。

 これで撤退の謎が解けましたが、ルートは急登で藪漕ぎもあり手強い。今年の6月、参考書にしたみれさんのレポで西尾根の新ルートが紹介されました。


 そこなら歩きやすいようでピストンしようといつもの野良人さん・博士の3人で出かけます。揖斐川町横山ダムまで走り、国道303号線で西進。


 教科書は、リンクいただいている「山好き的日々@京都北山」さんです。参考書として「山おんな岩おんな」さんのお世話になりました。
<駐車地>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図


旧スキー場P

西俣出合P

登山口

1075mピーク

蕎麦粒山

小蕎麦粒山分岐

渡渉

大谷林道終点
広地

崩壊地

旧スキー場P


※赤線はGPS軌跡

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時25分発  晴れ/12℃
駐車地:午前8時10分着  晴れ
往:4時間05分(山頂まで、小休止含)
還:4時間25分(ランチタイム除く)
◆所要時間:8時間30分

 道の駅「夜叉が池の里さかうち」を過ぎ、右折北進。2km走ると追憶のゲレンデ旧「遊らんど坂内スキー場」の外れで通行止です。脇に置車して出発します。
(8:20)

 舗装された大谷林道を2km歩くと広い駐車地があり、白色の乗用車が停まっていました。『ここまで車で来れるの?』 通行止の林道横より川へ降ります。
(8:45)





 沢を渡渉し、対岸の踏み跡を北へ辿ると‥





 山の斜面に出合いました。少し登ると登山道は左に折れ、ジグザグ尾根に向います。踏みしめて登れば、山は深くなって‥

命輝く森。これはこれは、想像以上の大御馳走です。
ネットのレポは、シャクナゲが咲く5月頃が多く、秋の状況が?でした。
秋色の華やかさがこれほどとは‥登るにつれ、立ち止まって撮影するばかり。




 しばし急登を辛抱すると標高800mくらいから辺りにブナが多くなります。標高1000mの曲折点では、「登りたくなるブナ
(10:40)





 尾根の方向は北北東になりました。写真左に次の1075mピーク、奥美濃の美形蕎麦粒山が右に並んでいます。

もう堪らない、黄金色・栗色・柿色様々に輝きを競い合っている。
深みゆく秋、突き抜ける青空、こんな日に登られる幸運に感謝しなければなりません。




 多少藪漕ぎがありますが、尾根通しで踏み跡があり、悩むことはありません。1075mピークから東北東に60m高度を下げます。
(11:15)



 鞍部に池のような窪地、辺りにはブナの大木。しばらく行くと単独の人とすれ違います。話をすると白色の乗用車の人でした。

 スキー場外れの通行止を突破したことを聞くと『バリケードをどけて入ればいいですよ』 あらら、往復1時間損したような気持ち。




 トラバースの喘登が終わると待望の1297m山頂です。4畳半程度の広さがあり、早速ランチにします。
(12:25)〜(13:00)

展望は四囲にあり、左の尖峰が小蕎麦粒山1230m、右に少し下がったピークが五蛇池山1148m。
写真右下方向の大谷林道終点から登ってこられた先着の中高年の男女が食事中されています。
野良人さんがそのルートの状況を尋ねました。そして‥

 『ピストンではなく周回しようか』『13時に出発して時間はギリですね』
こんなこともあろうかと地図にルートは書き込み、GPSにポイントは打ち込んであります。日没は17時前。
4時間以内に崩壊地を過ぎ林道へ着けば、あとは舗装道です。しかし道ミスはできません。



 山頂からまず北に下山します。いきなり深い背丈より高いネマリガタケの藪に突入。しかも急降で必死こきます。

 幸い潜れば踏み跡があり、慎重に辿れば‥





 時々、藪から解放され一息。こちらは登りルートより紅葉樹は少ないけど、今が見頃です。



 一旦鞍部に降り、80m登り返します。ピーク手前から少し右カーブすると『あった!』 小蕎麦粒山分岐点です。

 ここが下山の重要ポイント。T字になっていて右折し痩せ尾根を降ります。
(14:05)


するとシャクナゲがルートを覆うので、潜って急降を続けました。
野良人さん『咲いてるぞ!』 なぜかシャクナゲが一輪咲いています。→
高度が下がりヒノキの大木が並んだ急勾配。

『あの女子はよくこのルートを登って来たものだな』
山頂で逢った人を思い出して感心します。
道の9割くらい藪だった気がするほど‥それほど厳しいルートでした。




 そして心細いロープの岩場。野良人さん『ロープに頼らないように』 登りは木の根や岩をつかみやすいけど降りは中々難しい。
(15:25)



 やっと渡渉地点に出ました。

 右岸の枝に↑「ソムギ岳 岳友タンネ会」の目印があります。水底の石が透き通る川を左岸に渡ると‥
(15:30)



 大谷川沿いに道が続いてました。ここは背丈以上の草が伸び放題。林道終点の広地に着き、まともな道になるかと思いました。

 ところが、まるで林道の面影もないほど、ずーっとずーっと猛烈な草藪。でもありがたいことに道は、川沿いで迷いません。
(15:50)

 そして伝説の林道崩壊地。10年以上前から崩れたままですが、今は崩れた崖に草がボーボーです。写真中央に踏み跡。

 左下に見えるトラロープが、崩壊個所に20mほど付けられ、踏み跡も固まっています。5m上には迂回路もありました。
(15:35)

 ここを過ぎ、5分ほどでヘアピンカーブを曲がれば‥ 
 舗装道の通行止。この先へ林道を延ばす工事は中断してるようです。ちょうど日没、まだ明かるさは残っています。
(16:50)

 5時までに着けて良かった。ここを左折します。しかし、この時期、黄昏ていく速さは驚くほどです。

 駐車地へ向かうと途中で闇夜になりました。『8時間30分の周回、よー歩いたなあ』
(17:25)


東海岳行
  “夜の轟き” 

 社員旅行が盛んなころ。温泉旅館で大宴会は盛り上がり、中締めが済みました。私たち4人部屋の一派は、まだゴチャゴチャ残っている人たちに見切りをつけ部屋に戻ります。そこにはもう麻雀卓が用意されていました。そう私たちは、これが楽しみで旅行に来たようなものです。

 9時ころから、ビールをたしなみながら楽しくゲームを始めました。10時、11時、勝負もたけなわ‥しかし7時の朝食に遅れてはなりません。日付が変わった1時過ぎに終了。10畳の部屋には、布団が4組敷かれているので電気を消してもぐりこみます。『お休み』 5分も立たないうちに雄たけびが部屋中に轟いたのです。

 方向からするとイギキは丸井さんのようです。彼に背を向けて布団をかぶります。しかしそんなことでは全然、轟き音を防ぐことはできません。10分くらい我慢していると『うるせーなあ』門田さんのどなる声がしました。私が、起きて明かりを点けると門田さん、森本さんも立ち上がります。



 こらえ切れず、堪忍袋の緒が切れました。張本人の丸井さんは、50才になったばかり。大きく口を開けて『グワーブルブルブル』と行きも還りも大騒ぎです。小柄ですがイビキは一級品。私たちは、彼を眺めながら相談します。『濡らしたハンカチを顔に掛けようか』『昇天したらまずい』

 そんな冗談が出るくらい一人で熟睡していることが憎たらしい。私は押入れを指さしました。二人はOKサイン。戸を開けて3人で下段にある布団や枕を上段に上げます。そして丸井さんの寝る布団をそっと引きずって押入れのスペースに入れました。戸を慎重に閉める。

 私たちは、自分の布団を押入れから一番離れた場所に移動させます。イビキは漏れ聞こえますが、許容できる範囲です。『じゃ、お休み』 重要なミッションを終えホッとしたのか私はすぐ寝ることができました。‥朝起きると押入れの戸が開いて丸井さんがいません。『あらら、ヤバイ』

 理想は彼がが起きる前に引っ張り出すことでしたが無理だったようです。顔を洗って朝食会場に行くと丸井さんはもう食べています。『押入れに入れてすんません』 3人は隣に座って彼に謝りました。『いいよ、俺のイビキひどかったろ。女房も嫌がって別の部屋で寝るくらいだからなあ』



 丸井さんは、笑いながら話を続けました。彼はビールを飲んだせいで小用がしたくなり、夜中に一度起きたそうです。布団をどけて起きると頭が板に当たり、自分がどこにいるのか少しパニックりました。そーっと手を伸ばして探ると、戸が手に触れ置かれた状況がわかります。

 戸を開けてトイレに行き、戻ったらまた押入れに入り戸を閉めたのです。丸井さん、根はいい人だ。けどイビキマンと一緒の部屋はコリゴリです。

2013.11.10(日)22:25