岳行ノート

雨乞岳(郡界尾根) 1238m/滋賀県甲賀市 

2013年12月3日(火)


雨乞岳より東雨乞

(両脇は左:釈迦ヶ岳、右:国見岳と御在所岳)



 雨乞岳には痛い思い出があります。11年前、鈴鹿セブンマウンテンを御在所岳、入道ヶ岳、藤原岳、竜ヶ岳、釈迦ヶ岳と一つづつ登りました。

 ちょっと自信が付き、11月末6山目の雨乞岳に挑戦。稲ヶ谷道で登り、クラ谷道で下山する周回コースです。その頃はガイドブックをコピーしていました。

 西内氏著の「鈴鹿の山ハイキング」の詳細な絵地図は、初心者の私にはとてもありがたい。地形図はありませんがコンパス携帯で歩いていました。


 下山で3回も道ミスをして日没になり、駐車地まで笹道を30分、ランプ点灯で歩かねばなりませんでした。今回、未踏の郡界尾根とその迷いルートを単独で‥


 教科書は、西内正弘著、中日新聞社刊「鈴鹿の山 万能ガイド」です。参考書としてヤマレコ(2013.6.8雨乞岳/郡界尾根コース)さんのお世話になりました。
<駐車場>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図


(国道477号線沿い)駐車場→郡界尾根登山口→一服峠→△沢谷の頭△三人山△東雨乞
雨乞岳(ランチ)/大峠の沢→△七人山→クラ谷→武平トンネル西登山口→(国道477号線沿い)駐車場


※赤線はGPS軌跡  ●は主な分岐  は池  B〜G、□印は登山道ナンバー標識

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時55分発  晴れ/5℃
駐車地:午前8時50分着  晴れ/5℃
往:2時間50分(山頂まで、小休止含)
還:2時間45分(ランチタイム除く)
◆所要時間:5時間35分



 武平峠は、まだ冬季通行止になっていません。武平トンネルから滋賀県に入り、400m走った左側の駐車場に置車。

 素晴しい冬晴れの朝! 空の青をハンカチ大に切り取り、ポケットに入れたいくらいです。さて国道を写真奥へ歩くと‥
(9:05)

 300m先に農林水産省の雨量中継局がありました。この右から山に入り、すぐの小沢を渡渉して‥

 植林下に延びる急こう配の道を登ります。すると尾根に出て、そこの踏み跡を北西へ進むと‥


 一服峠のピークに出ました。ここから郡界尾根を辿ります。始めは西へ‥
(9:35)

 ←150m歩くと曲折点で南へ向きを変える。ペンキマークや道標がありがたい。



 郡界尾根は道ミスしやすいそうでマークを外さないよう注意します。南に開けた尾根を登ると沢谷の頭967mです。
(10:25)

 ここから痩せ尾根になりました。やがて太いブナが現れましたが、新緑や紅葉はいい感じだろうと想像するしかありません。
今日は軌跡が欲しいのでGPSナビは一応持参しています。
でも地形図とコンパスで歩こうと決め、見ないことにしました。

右に見えた谷が次第に狭まり、溝になったころブナの木に「←三人山経由 〇の案内書き。
写真の溝に沿って直進すれば、ピークを迂回します。でも左の斜面を登り三人山へ行きましょう。
登山道は斜面左端にありますが、どこでも登れます。




 着いた三人山1014mも展望はありません。ここから北へ向きを変え、降ると上写真の溝に沿った道と合流します。
(10:50)



 郡界尾根は、難しいバリルートだと思っていました。しかしマークや私製道標が要所にあり、意外に困難さは感じない。

 鈴鹿遭難撲滅キャンペーンがされたのかもしれません。鞍部に着くとブナ三服峠と書かれています。二服峠は見逃したか?
(11:00)




 三服峠から標高を一気に二百数十m上げます。5分も登れば低い笹が現れ、せいたか笹達道になりました。

 踏み跡はあるので難なく泳ぎ切ると‥
 



 四囲に大展望の東雨乞1220mです。北に左:イブネ1160m、右:釈迦ヶ岳1092mです。
  
 冷たい風が強く吹くのでランチは本峰でしましょう。と、西を目指せば‥
(11:45)

あれが目指す鈴鹿山地第二の高峰、雨乞岳1238mの笹原の山頂です。山はズシンと重い。
初心者の頃、登山道が笹を割って延びているこのような写真を見て『歩きたい!』と思ったものです。
リュックをデポしてもいい距離ですが、それではランチが食べられません。

 10分ほどで三等三角点山頂です。ここは防風笹があるので座れば風はありません。久しぶりのカップヌードル&お握りが美味い!
(11:55)〜(12:20)

 山頂の近く、北に笹を分け入ると大峠の沢と呼ぶ小池があります。山頂にあるのでどこから水が供給されるのか? 不思議な池です。




 雨乞岳東雨乞で10数人と出合いました。平日でも人気があるんですね。
東雨乞まで戻り、少し陽の当りが良くなった左御在所岳1212m、右鎌ヶ岳1161mをカシャリ!鈴鹿セブンマウンテン・トライアングル。

 ←さて下山はと、見回すと東ではなく、北に降り口がありました。
暫く笹道を降ります。
(12:30)





 深い溝の右側を緩く降ると正面に七人山御在所岳を隠しています。この辺りも広葉樹が多いのでいい感じでしょうね。




 そして重要な分岐七人山コルです。ルート番号標が「ここはF番です」 この番号を辿れば、国道の登山口に戻れます。
(12:55)



 今度はリュックをデポし、幹のマークを拾い登りました。山頂は、高木が一葉も残さず落とし、青空を突き刺して立つ森です。

 ブナ「七人山」と彫字され痛々しい。降るとき、似たような光景に惑わされ30度ルートがズレ、途中で気付いたので良かった。
(13:05)


無事リュックを回収して、七人山コルからクラ谷源流を降っていきます。
谷は深くなく、左岸、右岸と渡り返しながら踏み跡を辿りました。
こちらのルートもマークやテープ要所にあり、迷うことなくどんどん歩けます。

←左岸にE番、やがて右岸でD番のルート番号。
このD番の先で地形とルートが複雑になります。
その辺りが、11年前に迷ったクラ谷で当時が蘇りました。
(13:40)

 私はミスしてクラ谷を降ってしまったのですが、そうならないよう左岸から右岸への渡渉を印が導いています。渡ると‥

 クラ谷を離れ高巻き道に移るのですが、そこにはキッチリ「武平峠」の案内。以前は登る人向けの「雨乞岳」の案内しかありませんでした。(13:45)




 高巻けば崩壊地に出ます。ここからトラバースの道から崩壊地へ降り、左に横切るようマークの指示がありました。
(13:55)

 そして小さな尾根を越え、流れの無い沢谷を少し歩いて右岸に上がります。

 すると11/1御在所岳北西尾根へ向かう時、通ったクラ谷分岐C番に出ました。この先のルートはその日歩いています。
(14:00)

 郡界尾根を横切り(B番)ました。11年前、この辺りでライトを点けたはずです。今はないけど笹に囲まれていました。



 そして植林に入り、20分ほどで武平トンネル近くの←登山口@番に下山。国道に出て300m西に歩けば駐車場です。
(15:05)

 11年前、ひよこさんを巻き込んだ暗闇歩きを猛省しました。彼女の命は私の手中にあり守らねばならぬ。即、GPSを購入しました。


東海岳行
  “スプレー式タイヤチェーン” 

 そろそろ雪の季節。私は怖いので極力、雪道を車で走らないようにしているため街に雪が降ったら家でナマケモノになりじっとしています。しかし、朝早く山へ行くと日陰の林道、橋の上、トンネルの出口など凍っています。帰りに雪が降ってくることもありますが、それは年に1〜2回、あるかないかの確率です。

 そのためだけに高価なスタッドレスタイヤを購入できません。そこで保険としてタイヤチェーンを常備すれば安心です。そう思ってはや3年、愛車のタイヤは特殊なサイズらしく雪が降ってから買おうとするといつも売り切れです。今年は事前に準備しようと考えました。

 タイヤチェーンは、安価な鉄製(5千円〜)、高価な樹脂製(2万円程度)、布製のソックスタイプ(1万円前後)を知っています。それぞれ長所・短所がありますが、ネットでスプレー式タイヤチェーンというのを見つけました。



 商品説明では‥なんでもノルウェーで開発され、米国で高性能な商品に改良されたそうです。北米産の木材樹脂が原料で環境に優しくタイヤを痛めません。顕微鏡で見ると樹脂のスパイクが無数に立っているとのこと。

 効果は最大50〜70kmですが、通常の道を走ると急激に効果が落ちます。1缶で最大20本のタイヤにスプレーでき、トレッド面にスプレーして5〜10分ほどで走行可能です。価格は20本スプレーが2990円、10本だと1980円でした。

 使用した人の感想ですが、厳冬期に缶をトランクへ入れておくと中身が凍ることがある。スプレーは楽だけどべとべとする。雪道と通常路面を繰り返すと10kmほどで効果が薄れた。タイヤに白い跡が残る。誤って車体やホイールに付着しても跡が残る。(エチルアルコールを布に染み込ませ拭き取れるそうです)



 これは緊急用なので高速道路のチェーン規制には非対応です。価格的には問題ありません。しかし、雪道でタイヤチェーンを付ける目的は何でしょう? そう事故を防止し、車に乗る人の命を守ることでした。

 数千円〜1万円の節約に命はかえれないし‥まあ少しの距離、チェーンを装着するのが面倒でノーマルタイヤで走って事故り、J]AFのお世話になるよりはいいかもしれません。あくまでも非常用と心して買ってみようかな。

 登山口まで凍った林道を歩く事がありますが、靴底にスプレーしたら滑らないでしょう。でもべとべとが残っていたらアイゼンが付けにくそうだ。

2013.12.08(日)22:00