岳行ノート

松尾寺山504m・西坂山530m・八葉山601m
竜宮山540m/滋賀県米原市
 

2014年1月29日(水)


国指定史跡 鎌刃城跡

(Y字尾根に総延長1kmの長大なものです)




 最近ジオンさんからメールが届かなくなっていました。どうも彼女のパソコンが壊れた時、私のアドレスが消えたようです。

 パソコンは修理され、水曜会の「松尾寺山〜八葉山」のご案内を頂きました。参加の返信メールをしましたが、病み上がりパソコンには届かなかったようです。

 当日、歩きながらジオンさんと話し、それらの事実が判明したわけです。まあ、ネット時代には、そんなハプニングもあるのですね。


 霊仙山の北西、前衛峰の松尾寺山八葉山が尾根通しで辿ります。また中世の松尾寺と戦国時代の鎌刃城の史跡も巡ります。8人パーティです。


 教科書は、「山聲(やまびこ):西坂山/八葉山」さんのHPです。北陸自動車道の米原インターで下り、県道240号線を南下し名神高速道路の高架を潜ります。
<駐車地>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図


(右回り)
駐車地

登山口

松尾寺山
(寺遺構散策)

地蔵峠

西坂山

八葉山

竜宮山
(ランチ)

林道出合
(鎌刃城跡登山口)

∴鎌刃城跡
(主郭・櫓)

駐車地


※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時50分発  快晴/2℃
駐車地:午前8時20分着  快晴/3℃
往:3時間35分(八葉山まで、小休止含)
還:2時間20分(ランチタイム除く)
◆所要時間:5時間55分



 トンネルから250m走ると左上にYaMaYaの大きな白い倉庫。その手前、スペースに駐車しました。
(8:30)

 右回り周回なので川沿いに細い道を北へ歩き、右折して溜池を三つ過ぎます。突き当りを左折すると‥





 松尾寺山北尾根端の登山口です。右上に薄く西坂山が見えています。始めは幅広の落ち葉道を緩く登り‥
(8:40)

尾根に出て送電鉄塔を潜ると裸木の2次林、苦しい勾配に変わりました。

石灰岩の露岩の迷路、粘土に足を取られないよう神経質な歩みを続けます。
何度か立ち止まり息を整え、280m標高を上げると勾配がやっと緩んで主尾根です。 





 主尾根を進むと1本だけになった夫婦杉に着きます。時を重ねたワイルドな姿形は樹齢1100年。ここから僅かな歩みで‥
(10:10)




 松尾寺山三等三角点山頂です。冬の静かな特典、周囲は広葉樹なので葉が落ち、眺望があり開放的です。
(10:20)

 少し先の分岐でリュックをデポして南へ降り、松尾寺跡に行ってみます。

謂れ」のある影向(ヨウゴウ)石を過ぎ、さらに降ると小広い平地が下に見えました。
その寺跡では、礎石や灯篭、鎌倉時代の九重塔がひっそりと佇んでいます。
(10:30)

30段以上ある石段を降りると右に寺門があったはずですが『???』 見つけられません。
遺構の散策を終え分岐に戻り、松尾寺山山頂から南西へ尾根を降ります。

 ほどなく一本杉の大木がそびえる地蔵峠。ここから道標は殆どなくなります。大杉の根元には‥  
(11:05)

 素朴な大日如来が石祠に祀られていました。峠から再び尾根の山道を登り、関電の反射板に出て琵琶湖が好展望。どんどん行きましょう。




 山名標もない西坂山のピークを越えると尾根は南に向きを変えます。次の鞍部にはこの送電鉄塔。
(11:45)

 両側で琵琶湖伊吹山の眺望ができます。鞍部から標高100mを急登すると‥

10cmの積雪が覆う平坦な場所に出て最高所を探すと‥八葉山山頂です。
今日は積雪があると思いその準備をしてきたのですが、かなり融けたようで必要ありません。
しかし、ここまでアップダウンが多く傾斜もきついので雪がドッサリあったら大変でした。


山頂は2次林の中、展望は殆どなく霊仙山三角点峰が樹間に覗いています。→
ここで三山目。山頂から降りて最後の山に向かいます。
『アップダウン、はんぱネェ』
(12:05)

 そして四山目竜宮山山頂は、カレンフェルト(石塔地形)。ここでランチにします。無風快晴上天気。






(12:25)〜(13:20)




 山頂から歩きにくいカレンフェルトの斜面を降ります。右下に林道が見えると眺望ポイントがありました。

 
近江盆地米原市・長浜市琵琶湖の絶景が今日は穏やかに感じます。遮るものがなく今日一番の琵琶湖ビューです。

 そして右の斜面下を注視して進むと、林道に降りられそうな個所を見つけました。かすかな踏み跡を慎重に降りると‥

 ほんの少し先、舗装林道の左側にバッチリ「鎌刃城跡→」の登山口道標。ここには史跡の説明板が絵地図付きであり、カメラに残します。(13:35)




 クマ除けの鐘を叩いて植林を降ると、すぐ痩せ尾根をナタで切り裂いたような空堀(堀切)。

 ここは城跡の最南端に位置し、防御の重要な場所だったと思われます。




 尾根の両側は絶壁で、まるで鎌の刃のようです。鎌刃城の名もここに由来するのでしょう。城の創設は定かではありません。

 古文書には、1472年今井氏が堀氏の鎌刃城を攻めたことが記されています。1574年信長により堀氏は改易され廃城となりました。

大小8か所もの堀切を過ぎると副郭(フクカク)の広い平坦地に出ます。
最初の堀切から250mもの距離です。ここまでで規模と地形に驚嘆します。
副郭から東に向きを変え、100m城跡を歩くとこの主郭です。

副郭よりさらに広く礎石と思われる石材が散乱しています。
城跡は平成10年から5年間発掘され、平成17年に国史跡に指定されました。
手前の石段が枡形虎口(正門)で琵琶湖に展望があります。階段を下りて北進すると‥
(14:00)

 新しい2層の櫓が作られていました。驚くことに四隅の支柱は立ち木をそのまま利用しています。登ると‥近くの山並みしか見えません。
  櫓の先に今日のコースで最高の伊吹山ビューです。左下にYaMaYaの白い建物、その左に私たちの駐車した車も見えます。




 広大な城跡の全貌は、そぞろ歩きではつかめません。天空の城竹田城跡のようにいつかスポットが当たるかもしれませんね。

 北へ尾根は次第に高度を下げていきます。この分岐では蓮華寺方面を選択。すると‥

細尾根の右斜面が伐採され、迫力の大展望が東に広がっていました。
正面に西坂山530m、谷まで高度差400mあります。低山でもこれだけ胸のすく眺望は珍しい。
西坂山から左に下がったところが松尾寺山504mです。




 そして7コマ上の鎌刃城跡登山口から降りてきた林道へ降ります。この道を左へ500m降ると蓮華寺です。

 林道を横切り、反対側の斜面に取りつくと上に広い道が続き‥
(15:00)



 耕作地に出たら川の橋を渡り、堤道を歩けばやがてYaMaYa前の駐車地です。山屋がYaMaYaを目指すって出来すぎ。
(15:20)

 因みにYaMaYaは、仙台市本社で登山ショップではなく、酒の卸や小売をしてチェーンを展開をしています。



 松尾寺山山頂にて:右からのこさん、福ちゃん、mayuさん、Kおじさん、ジオンさん、乱丸さん、山たまご、ドロフィーさん、みなさんお世話になりました。ありがとうございます。


東海岳行
  “イエスタデイ ワンスモア2” 

 昨年11月21日、ポール・マッカートニーの日本公演最終日に東京ドームへ行きました。中学時代からビートルズファンで10代のころは彼ら以外の音楽は全く興味が湧かなかったくらいです。4人の中で特にポールの歌が好きでした。POPなメロディ、キャッチーなメロディ、美しいメロディを奇跡のように生み出す。

 現在彼は71歳、全37曲2時間半のステージを、休憩もなく、飲み物も取らず、原曲のままのキーで歌いました。ハードなロックも甘いラブソングもしっとりとしたバラードを歌いその表現力は豊かです。生きる伝説、音楽の世界遺産、当日の興奮と感動を残したいと思います。

 バンドメンバーは、ドラム・二人のギター・キーボードで、すでにスタンバイ。オープニングを20分遅れ、ポールがえんじ色のロングジャケットで現れます。歓声の嵐を受けながらステージ中央に立ち、あのバイオリン型のベースをかけてパーティは始まりました。



 では、ポール・マッカートニーの東京ドーム公演(’13.11.20)の後半です。(前半)

13. Another Day ポール初のソロ・シングル。サービス精神満点の曲で色々な仕掛け、アイデアがあり楽しめます。12弦アコースティック・ギターで唄いました。私が好きなオフコースですが「♪眠れない夜」の歌い始めのメロディが同じ傾向では?

14. And I Love Her 映画「ビートルズがやってくる ヤアヤアヤア」挿入曲で懐かしい。私は学生時代バンドをしていました。リードギターの岸君が『この曲、間奏で半音転調してる』ことを発見しました。なぜそんなことをするかわかりません。今ではシンプルなメロディだったので変化をつけたかったと思います。

 ニ短調の曲が最後にニ長調で劇的に終わります。すごいアイデアだと感心しました、玉置君の安全地帯「♪ワインレッドの心」も曲の終わりで同じテクニックを使っています。

15. Blackbird 一音ごとにコードがふられ、クラッシクギターのような弾き方だと思いました。超難しいのですが、学生の頃、雑誌に弾き方が詳しく載っていて猛練習して弾けるようになりました。ある日バンドのメンバーに聴かせるとみんな驚き『おせ〜て』とせがまれました。

16. Here Today ポール『次はジョンのためです。ジョンに拍手を』といってしみじみと歌います。

17. New 新しいアルバムから。

18. Queenie Eye 『ニューアルバムが日本でナンバー1になった』と喜ぶ。これも新しいアルバムの曲。

19. Lady Madonna ビートルズのシングル曲。ピアノ伴奏とベースのフレーズがかっこいい。この曲を学生時代のバンドでよくやりました。踊りたくなりますね。

20. All Together Now 子供でも歌える弾んだ曲で英語の詩も簡単。「♪ワン、ツー、スリーフォー、、、A、B、C、D、、、」ロックグループですがこういう曲も作られることが才能ですね。

21. Lovely Rita チューリップの財津君が「♪ラブリーエミリー」って曲を作ったけど、きっとこの曲に刺激を受けたと私はひそかに思っています。

22. Everybody Out There 新しいアルバムの曲。ツアーのタイトルにもなっています。「そこにいるみんな」という意味かな。

23. Eleanor Rigby 原曲は弦楽八重奏をフィーチャーした曲。シンコペーションがきいたメロディで、詩はジョンが作ったらしい。名曲です。

24. Being for the Benefit Of Mr. Kite ! ジョンが歌いサーカスの内容で曲はその雰囲気を出していたのですが、ステージでもそれを再現していました。これをポールが歌うって‥二人は仲たがいしていましたから‥感慨深いものです。

25. Something ジョージの最高傑作。ステージでポール『次はジョージのためです。ジョージに拍手を』 ジョージからもらったウクレレを引きながら歌い2番からバンド演奏に変わる憎い編曲でした。歌い終わって『ジョージ、美しい曲をありがとう』

26. Ob-La-Di, Ob-La-Da ポール『一緒に歌おう』と言って始まります。アルバムの中の一曲ですが、どうしてシングルにしないかと思うほどよくできた曲。「♪オブラディ オブラダ」は無意味な言葉だそうで、よくビートルズはこの手を使う。(例:♪アクロス ザ ユニバースのサビ)

27. Band On The Run ウイングス時代の大ヒット曲。3つの曲をつないだような構成でさすがポールと感心しました。意味は「♪バンドは逃走中」 つまりポールビートルズの呪縛から逃れたかったのでしょう。サビの所はみんなで歌いました。

28. Back In The U.S.S.R. ビートルズのロッケンロール。「♪まままままま、おま」と歌う所はユニーク。

29. Let It Be ピアノに座って歌いだす。誰もが知る名曲。1970年3月発売のビートルズ最後のシングル盤で大きな足跡を残して解散。

30. Live And Let Die 映画「007 死ぬのは奴らだ」の主題歌。爆発音や閃光の効果で盛り上げる。歌は激しく時には優しく、とてもドラマチックなステージです。終わるとポールは耳をふさいで『すごいね』

31. Hey Jude これまた不朽の名曲。ロンドン五輪でも歌ってました。歌の後半「ベタベタベタ、HA!」で超高音で叫ぶところが鳥肌モノです。「♪ダ〜ンダンダン、、、」と全員で大合唱してポール達は舞台から去る。一生懸命拍手すると‥やがって、、、


アンコール One 再びポール達が登場

32. Day Tripper 曲あたまからフレーズを繰り返しますが、リードギターで始まり、ベースギター、リズムギター(タンバリン)、ドラムと順に加わってきます。このスタイルは数々のバンドが継承しました。

33. Hi Hi Hi ウイングスの曲。
34. Get Back 4小節2種類のメロディだけで莫大な印税を手に入れた効率のいい曲。



アンコール Two アンコールを2回やることは事前に分かっていました。入場するとき全員に赤のケミカルライトが渡され「2回目のアンコールで♪イエスタデイを演奏するときポキッと折って点灯してください。日本公演の最終日、ポールに感謝しましょう」と説明書が入っていたからです。

35. Yesterday Fの曲ですがギター弦を1音下げGで弾いています。緩い弦がネックに当たる音が効果的です。初めて聴いたとき、英語の詩がわからないのに涙が出ました。ライトが落とされ暗闇の中、2万個のケミカルライトが揺れ幻想的です。終わると『いいお客さんだね』

36. Helter Skelter 狂喜ぶちまける歌で超ハードロック。名古屋でビートルズのコピーバンドが『この曲をやると喉がつぶれるので最後にやります』と言っていました。だからこれでもう最終曲かと思ったら‥

37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End アルバム・アビーロードの最終メドレーの演奏が始まりました。ギターバトルもあり何回聞いても飽きません。

 終わってポールが手を挙げて最後の一言『マタネ』 うける! 
 彼は71歳。今度は何歳の時に逢えるかな。

 一生に一度、ライブを見たい! その私の夢は叶いました。今日の日は一生心に残るでしょう。 いいコンサートでした。若々しい声、何よりポールはボーカル上手い。この日をどれだけ待ち焦がれたか、でも終わってしまうとその月日は、ほんの一瞬のようです。ポールやビートルの曲をもう一度、聴いてみよう。

2014.02.03(月)15:50