岳行ノート

貝月山 1234m/岐阜県揖斐川町 

2014年2月5日(水)


一二三新道をスノーハイク

(貝月山の標高1234mからその名もひふみ新道)



 水曜会山行で乱丸さんのお話し『高いスノーシューは、まれにしか使わないのでもったいない』 私も同じ思いです。

 登山ショップでは平気な顔して3万円の値札を付けてています。『かなわんなあ』 すると乱丸さんがドッペルギャンガースノーシューを購入されました。

 それで綿向山を歩かれたので購入店とか使用感をお尋ねしました。アマゾンで送料込みで6000円程度、いい感じのお値打ち価格です。


 早速、私も注文しました。これで水曜会の今シーズン第一回目のスノーシュー企画に参加できます。それが貝月山一二三(ヒフミ)新道、8人パーティ。


 教科書は、風媒社刊「こんなに楽しい岐阜の山旅100コース 美濃上」です。参考書は「ミツルの山登り日記」さんにお世話になりました。
<駐車場>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図



揖斐高原スキー場駐車場

登山口

(第二ペアリフト)分岐点

イワウチワ群生地

1020m地点
(ここから下山へ)

避難小屋
(ランチ)

林道出合

揖斐高原スキー場駐車場


※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」



江  南:午前6時00分発  曇り/0℃
駐車地:午前8時20分着  曇り時々雪
往:2時間05分(1020m地点まで、小休止含)
還:1時間30分(ランチタイム除く)
◆所要時間:3時間35分



 奥美濃の山ではおなじみの道、国道303号線で揖斐川を遡ります。久瀬トンネルの次の短いトンネルを過ぎ左折。

 凍った道を約8km、日坂川沿いに西へ走ると揖斐高原スキー場日坂ゲレンデです。栃の実山荘手前の駐車場で準備開始。



 昨夜、ストックのバスケットを雪用に交換し、スノーシューを試し履きしました。早速おニューを履きおろし。

 右上が前方で25インチサイズ(長さ63.5cm)にしました。装着は簡単で1分もかかりません。隊長は風花さん、さあ出発です。
(8:35)



 栃の実荘横からソリ遊び専用ゲレンデの端を通り、南へ旧・貝月第一ゲレンデを登っていきます。

 フカフカ雪は表面だけ、凍った雪の斜面をザクザク、ザクザク、、、

 やがて着いたゲレンデ上部。もう動かない旧・貝月第一リフトの終点を見て林道へ取りつきます。

 林道を進むとすぐに右側に「貝月山登山口」の案内標。(9:00)



 仲間のスノーシューには「ヒールリフト」が付いていますが、私のには付いていません。登りでこのレバーを立て踵を乗せます。

 斜面で足が水平になり楽そうです。ないものは仕方ありません。キックステップの要領で歩めば登って行けそう。




 写真右下から歩いてきて旧・貝月第二ペアリフトと山頂との分岐点に到着。右折して小貝月1226mへ向かう尾根道へ‥
(9:40) 

あいにく時折吹雪くお天気ですが、これ以上には酷くならないようです。
雪庇が出てきたら、縁を歩かないように要注意。
スノーシューの重さはペアで1.89kgで、足筋が疲れるかと思いましたが大丈夫です。



 「イワウチワ群生地」の案内板がありました。

 
この一二三新道は、幅広でブルドーザーの力技で作られ、ここのイワウチワもかなり持って行かれたでしょう。
(10:30)



 そしてこの標高1020m辺りに着き、隊長の判断で今日のスノーシューハイクはここまでとなりました。

 山頂までは時間が足りないず、この先に急斜面もあるためです。私はスノーシュー初体験なのでありがたい。
(10:40)




 最終地点は東に開きがあり、丁度正面に鍋倉山1050mが望めます。どうですこの展望。 『あ〜揖斐高原冬景色』

 来た道を戻り、避難小屋へ行ってランチします。



 トラバースの道は歩きにくい。それは斜面の横滑りを防ぐトラクションデバイスというパーツがあるにはあるのですが‥

 片側3枚の刃しかありません。でもズルズル滑るわけではないので踏ん張ります。

どんどん戻ると6コマ目の旧・貝月第二ペアリフトと山頂との分岐点に到着。
そこを旧・貝月第二ペアリフト方向の北へさらに直進して行きます。
(11:20)

すると好展望の場所があり、日坂ゲレンデが望めました。
揖斐高原スキー場は、貝月ゲレンデ・日坂ゲレンデがあったのですが、今は後者だけ稼動しています。





 『岐阜の山では、霧氷の付く山をほとんど見ないなあ』とドロフィーさんがつぶやく。色々な自然条件が合わないのでしょう。。



 8人全員が異なるスノーシューを履いていて軌跡も違って面白い。これは私のですが、左上が前、右下が後です。

 後ろの三角形が横滑り防止パーツですが、ちょっと可愛い大きさ。今日は困ることはありませんでした。

そして無雪期なら車で上がることができる803mピークへ着きました。
林道終点でとても広い場所です。三角点があるはずですが、全くわかりません。
東を中心に開けていて晴れならそれは素晴らしいことでしょうと思うだけです。
(11:35)



 展望写真は右上が鍋倉山1050m、東に直線で約3kmのお隣さんです。ここは動かない旧・貝月第二ペアリフトの終点でもあります。

 また‥

 しゃれた避難小屋があるのでスノーシューを外しランチしましょう。トイレ、展望台完備です。
 扉を閉めガスを点ければ暖かくなります。
 〜(12:45)





 腹ふくるる。下山ルートは、広場からの林道を辿ります。ツボ足でも行けそうですが、凍結してるのでスノーシューを装着しました。

林道をクネクネ行くと4コマ目の旧・貝月第一リフトの終点に出ます。
(13:10)

そこから誰もいない貝月第一ゲレンデを尻セード!!!
と、試しても全く滑りません。中途半端な凍結が、中高年の悦楽を邪魔しているようです。




 駐車場へ来るとチビッコたちが、ソリ遊び専用ゲレンデではしゃいでいます。中高年のささやかなはしゃぎもこれにて終了。
(13:20)


 右より ジオンさん、Kおじさん、福ちゃん、ドルフィーさん、yakoさん、あさひさん、私、前列風花さん、皆さんお世話になりました。お蔭でスノーシューデビューは無事終えることができました。


東海岳行
  “名古屋めし” 

 昼飯は、いつも勤め先の近くで仲間と済ませていました。麺類が多く、味噌煮込みうどんカレーうどん、そしてよく食べたのがチャオあんかけスパゲッティ。こだわりのトロミソースは、私の味覚に合い固めの麺によくからみ食べ終わるまで冷めません。1週間に3回食べたこともあります。

 今では名古屋めしと名付けられたジャンルが確立し、中京圏のソウルフードは全国区になりました。そういえば、しばらくあんかけスパゲッティを食べていないので本場ものを食べたくなりました。あんかけスパゲッティは1960年代に名古屋のヨコイというお店の創業者横井博氏が考案されたそうです。

 チャオはチェーン展開しているので近くにもありますが、ヨコイは名古屋市内に2店舗。出かけなくてはなりません。いつも書き込みいただいているトミさんを誘って行くことにしました。ヨコイ住吉店栄地下街丸栄出口より南西徒歩3分のビル2階にあります。(名古屋市中区栄3-10-11サントウビル2F)


<2階がお店、左の階段で上がる>

<階段のPOP>

<店舗入り口>

 11時の開店ですがランチタイムになると列ができるというので11時15分に入店したら空いていました。さてさて注文は、メニューを見る前から決まっていますが‥魚介を使ったものはバイキング、ソーセージを使ったものはミラネーゼ、野菜を使ったものはカントリーなどとメニューに載っています。

 私が好きなのは、人気ナンバーワン、ミラネーゼカントリーミラカン!! そのボリュームで価格が違います。昔はMサイズを食べていましたが、今日は二人とも大人になったので『エス!』 ミニサラダが付いて900円です。トマトソースがベースのあんかけソースは、すごくスパイシーで胡椒が利いています。

 具材は、トマト・牛肉・人参・玉ねぎ・じゃが芋・ニンニクなどで秘伝のソースができるまで、な・な・なんと10日間。横井氏は根気があったようです。二人とも久しぶりのあんかけスパだったのでお皿に具材は、ひとかけらも残っておりません。腹は充分膨れました。ところでイタリア人は、このスパを食べられるでしょうか?


 <窓際に座って> 
 
<ミラカン・ミニサラダ付 カレーじゃないよ>

2014.02.09(日)23:10