岳行ノート

西蔵〜本宮山2 483m・789m/愛知県豊川市 

2014年2月10日(月)


秀麗な姿の霊山

(東三河平野のどこからも拝することがでます。あの山腹では新東名のトンネル工事中です)



 いつも掲示板(ゲストブック)に書き込み戴いている岳魚(ガクギョ)さんは、三河のお住まいです。2年前の春、「世界の桜の園」をご一緒しました。

 それ以来ご無沙汰しています。そこで三河富士と呼ばれる本宮山の周回を企画しました。登りは、山頂南西の三角点峰西蔵を経由するマイナーなルート。

 降りは、古い参道の佇まいを残すメインのルートでウォーキングセンターへ降ります。岳魚さんの山仲間、やまさんも参加して3人パーティとなりました。


 東名高速の豊川インターで下り、北方へ6km走りウォーキングセンターへ私の車を置きます。岳魚さんの車に乗り換え、県道21号線で西へ1km。


 キャッスルヒルCCゴルフ場の手前で「太平洋プレコン工業→」の看板を見て交差点を右折します。教科書は、ヤマレコの「西蔵岳・本宮山縦走」です。
<駐車地>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図



駐車地

登山口

西蔵

左折点

くらがり渓谷分岐

本宮山

砥鹿神社奥宮

山姥の足跡

日月岩

馬背岩

参道入口

ウォーキングセンター
駐車場




※赤線はGPS軌跡
●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時00分発  晴れ/1℃
駐車地:午前8時40分着  晴れ
往:4時間00分(本宮山山頂まで、小休止含)
還:1時間45分(ランチタイム除く)
◆所要時間:5時間45分




 交差点から400m北へ走り、Y字分岐の手前の路肩に置車しました。快晴無風、上天気です。Y字分岐の左へ入ります。
(8:40)

 すると防獣ネットの扉があり開閉して入り、右に牛舎、猪箱罠を見て林道を奥へ進みます。


 写真奥の林道終点から中央の小沢を渡渉すると西蔵登山口の道標がありました。登山道は左で灌木が道を覆っていますが大したことありません。(9:05)



 斜面を登り、尾根に出て右折し登山道を辿ります。この下では新東名のトンネル工事中です。やがて西蔵三等三角点山頂。
(9:55)

 気温7度。東に少し切り開きがあります。西蔵本宮山まで1/4達成です。北東のはっきりした道を降ると‥





 すぐ右へ折れ、また左に折れると尾根を外した道になります。左に林道が来て接触しますが、踏ん張って登山道を歩きました。

尾根に戻り、中電の巡視路を辿ると3基の送電線鉄塔に出合います。この辺りでコースの半分。
3基目の東側が伐採されたばかりで好展望です。写真中央を豊川が蛇行しています。
左の美しい笠形が吉祥山(キチジョウサン)382mで2年前、岳魚さんと登りました。
(10:45)



 鉄塔から宝地池の分岐を過ぎれば、左折点のこのピークです。立ち木のペンキマークを確認しながら北西へ降りていきます。
(10:55)

 山腹のトラバース道は右カーブし、終わると北向きの尾根道になりました。




 やがて570mピーク手前で赤ペンキの木が目を引きます。そのピークを外すため右へトラバースする指示です。そして‥
(11:30)



 
ガンダム似?の大岩を右へ迂回します。西蔵からピークやコブがいくつもあり、地形図で数えると10ヶ所目が本宮山です。

 タフなコースです。実際は迂回する所もあるので、6か所を乗り越えることになります。さて560m付近で道は、雪に覆われました。
(11:50)

 急登斜面で踏み跡がわかりにくくなります。歩いてきた北東尾根と北から下がって来た尾根が合流。ここは北からの尾根を乗り越えます。
(12:10)

 降って谷を歩くと小沢があり、さらに行くとくらがり渓谷遊歩道に出ました。ここは馬背平です。右折して遊歩道と別れ、写真奥の直登道を登ります。
(12:15)

この道がきつい傾斜でおまけに雪が凍ってカリカリで滑ります。
2日前に積雪したのですが、私たちのルートに昨日の足跡がありました。
馬背平から標高を150m上げると、山頂の巨大アンテナが見え‥



 舗装道を登れば本宮山一等三角点山頂789mです。アンテナ群を外すためレンズを東へ向け撮影しましょう。

 岳魚さんが’12年3月4日の5時過ぎ、山頂でマニアの人100人と集合写真を撮りました。’12年3月4日5時6分789m‥順列!
(12:40)

 アンテナ山頂から南東へ降り、本宮山スカイラインに架かる橋を渡ると広場がありました。風除け木立でランチします。(12:45)〜(13:35)

 広場端に南アルプス一望のパノラマ写真。東北方向の仙丈ヶ岳3033mから富士山まで写ってますが、立ち木があるのでどうやって撮ったのでしょう?



 多分、巨大アンテナのどれかに登って撮影したのでしょう。謎を残し腹を重くし、下山ルートで南へ歩きます。

 二つの大鳥居を潜ると砥鹿(トガ)神社奥宮。創建は701年ころとされています。その社の前に‥

「本宮山天狗の寄木」と呼ばれるご神木がそびえてます。
根周11m、樹高30m、樹齢1000年といわれ、すざましい巨樹です。
上部の幹別れがハンパない。生命力に感動し、先の石段を降ります。
(13:40)



 「天の磐座」の大岩、「荒羽々気(アラハバキ)神社」の小ぶりな祠を過ぎるとこの丸太の階段です。

 やがて湧水を集めた「お清水」に着き小休止。一旦林道へ出て100mほど歩くと、再び参道に戻ります。



 すると「山姥(ヤマンバ)の足跡」の謂れ書き。「登る時、靴の底でこの足跡を擦ると足が軽くなり、下る時も擦って下山します」

 「下山の時、忘れて帰ると足が重くなる」それなら探さねば‥程なく岳魚さん発見、これで下山は大丈夫そうです。
(14:10)

 道中には丁石・町石(チョウイシ)が路傍に建ちます。登山口奥宮で50丁、彫字が読めないほど古い石やこんな新しい石もあります。

左)45丁目:安城市袴田さん「平成22年1日12往復達成記念」健脚の登山愛好者の方です。早足の往復2時間を12回って、、、

右)32町目:小坂井町深井さん「70歳記念1日10往復達成」 賞金が出ても私には不可能です。100万円なら今から準備します。



 32町目を過ぎると「日月岩」(ヒツキイワ)。この大岩に弘法大師の書といわれるの字が見えるそうで探しましょう。

 ところが、日月の箇所が白くなぞられ、今日の雪のように謎はあっけなくとけました。それにしても大師は色々な所で出現される。
(14:30)

馬背岩(ウマノセイワ)は26町から27町に露出する巨岩です。
人々の努力により、参道の岩場にはステップが削られ歩きやすくなっています。
(14:35)





 そして参道入口の大鳥居を潜れば一般道です。南へ400mゆるり歩道を降れば‥
(15:10)



 ウォーキングセンターの駐車場でデポした愛車が待っています。1コマ目、歩き初めの駐車地まで2kmです。

 「山姥の足跡」の効き目がある足で歩けば、ほんの30分です。でも車なら数分なのでラクチンの誘惑には勝てません。
(15:15)


東海岳行
  “揚輝荘(yokiso)” 

 揚輝荘は、大正から昭和初期にかけて百貨店松坂屋の初代社長、伊藤次郎左衛門祐民(スケタミ)によって構築された別邸です。

 名古屋市千種区の八事日泰寺に隣接し、伊藤家から名古屋市に寄贈され一般公開されています。名古屋めしのあんかけスパを食べた後、トミさんと訪れました。

 日泰寺でお参りを済ませ、北園(無料)から見学をします。個人の御庭(下左写真)とお住まいだったのですが広い。大きな池があり、白雲橋(下右)というオシャレな橋が架かっています。




 20分くらい北園を見学して南園に向かいました。昔は敷地にテニスコート、稲荷、弓道場、温室、茶屋、、、が設けられていたそうで桁はずれのお金持ちです。今はマンションやビルが周囲に建っていますが、当初は上の地図の外周道路の内側全部が揚輝荘でした。 

<北園の池泉回遊式庭園>
<白雲橋>

 南園には揚輝荘を象徴する聴松閣(チョウショウカク:下左)が最初に目を引きます。山荘風の外観にベンガル・ピンクの外壁が異国情緒を薫らせます。ひどく傷んでいたものを3年掛けて復元し、昨年8月から一般公開(入場用300料)されました。名古屋市の有形文化財です。


 地上3階、地下1階建てで昭和12年に完成し、皇室や政財界の要人をおもてなししました。戦後7年間、米軍に接収されていたこともあります。入場の時、受付で『名古屋の方ですか?』『名古屋の方ですか?』と2回も聞かれました。名古屋人だと入場料100円ということでアドリブの利かない二人です。

 
<聴松閣>
 
<2階>

 まずは、クリ材を使用して透かし彫りのある重厚な仕上がりの階段を上がりました。6部屋以上あるのですが、部屋に入ると高齢の解説員の方が、たちどころに二人に寄ってきて部屋の意匠やエピソードをとても詳しくお話してくれます。興味深く面白いのでつい長居。

 各部屋を巡ったのですが、大勢の見学者が次から次へとやってきます。ほとんどが中高年の女性でおめかしで中には着物の方も見え、上品で雰囲気がいい。エレベーターが設けられているので利用して地下に降りました。パーティや能などが行われた舞踏室、、、名古屋にも上流社会があったのですね。


 <地下舞踏場(奥が舞台)>
 
<1階食堂(現在は喫茶室)>

 最後に1階の食堂に行っておぜんざいを頂きました。粒あんで御餅入り500円です。かって私の親せきが松坂屋の宣伝部にいたのでちょっとだけ縁があります。松坂屋の歴史や伊藤次郎左衛門裕民の考えや行動が少しわかり、楽しいひと時を過ごせました。ここはお勧めの中高年デートスポットですね。

2014.02.16(日)23:15