岳行ノート

楽田山 222m/愛知県犬山市 

2014年2月24日(月)


木枯らしを追う竹林の里




 特別な登山に野良人さんから誘われました。私たちの山友の博士が東北へ帰郷されます。そこで贈る登山に参加することになりました。

 全7人のパーティです。どこに登るか知らされないミステリー登山。当日『楽田山だ』と言われたのですが、そこは私が吉野山と呼んでいた山でした。

 
ある日、野良人さんと画伯が古い登山道を見つけました。二人がその道を使い登山道、巡視路、峠道などをつないだ周回ルートをお披露目してくれるそうです。


 名付けて「里山獣周回道」 マニアックなルートで里山と言えど山慣れた人向きとのこと。博士を含めた5人は、お二人の案内についていくことになります。

 登山口が標高50m、山頂は222mなので170mの小高い丘ですが、行程は3時間。『え~低山でそんなに時間かかるの?』にわかに信じられません。
<駐車地>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図


駐車地

№15鉄塔

№14鉄塔

楽田山

池野・楽田分岐

本宮山展望地
(ランチ好適地)

竹林入口

巨木

渡渉

駐車地



※赤線はGPS軌跡 ●主な分岐

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前8時40分発  晴れ/1℃
駐車地:午前9時45分着  晴れ
往:35分(山頂まで、小休止含)
還:2時間25分(ランチタイム除く)
◆所要時間:3時間00分



 入鹿池から来た五条川、その富士橋交差点から左岸を南へ走ります。100mで右折、突き当りの空き地が駐車地です。

 
(P:土日停められるかは?) さあ冬の里山散策に出発。フェンス沿いの道を南へ100m歩けば登山口です。
(10:00)

 まず黄色の鉄塔標識を確認して中電の№15を目指します。巡視路のプラ階段を登ると程なく‥

 №15鉄塔。潜って南東の登山道に入りました。5分ほど歩いて南に方向を変え、再びプラ階段を登ると‥




 №14鉄塔。南に展望があり小牧山86mが町並みで浮かんでいます。一息ついて尾根道を南へ10分ほど登ると‥
(10:15)



 早くも楽田山222m山頂。駐車地から標高を170m上げました。樹林に囲まれ眺望はありません。『周回3時間かかるの?』

 私製山名板は「楽田山226m」と「高根山222m」とバラバラ。ネットでは吉野山が多く調べてみましょう。
(下段道草参照下さい)
(10:35)

 山名の謎をポケットに入れ、山頂から南尾根のシダ分けの登山道へ入ります。

 2分で№12・№13鉄塔から来た道と合流。ここは直進し、南へ少し登ると‥





 2、3分で要注意点の箇所。登山道は南西へ続くのですが、思い切って左へ降り、南尾根の踏み跡を辿ります。

すると鞍部に着き、道なりに登ると方向は東向きになりました。
そして明るい台地状の尾根道に出ると周囲の樹木が焼け焦げています。‥思い出した。
2年前、吉野山で見た「山火事のおそれがあるのでこの付近で焚き火をしないで下さい」の注意看板。


実は、その注意看板が建てられる何年か前にもこの辺りで焚き火から山火事が起きているそうです。
連続山火事は、1回目も2回目も同じお爺さんが切り落とした木で焚き火をしたのが原因と聞きました。
そんなことあるのでしょうか、にわかには信じられません。




 尾根ピークから裸木の間に名古屋駅の高層ビル群が望めました。休憩後、尾根の先へ降りていくと‥
(11:00)




 竹林を過ぎて峠に出ます。池野・楽田分岐です。ここはどちらにも行かず峠道を横切り、南の高みを目指します。





 斜面には、はっきりした登山道はありません。木立の間を登っていくと数分で前が開け、シダを踏むと‥

『お~!』 非日常の光景が眼前に広がります。
採石場でシャベルカーや大型ダンプが働くのを見ながらランチをとりました。
(11:25)~(12:25)



上の写真には映ってませんが、左方向800m先に←本宮山293m。
大休止後、松の幼木広地に別れ、2コマ前の池野・楽田分岐へ戻ります。
その峠を右折して池野方向へ幅広の道を辿りました。



 以前から使われた道のようです。これだけ里に近いので植林が多いかと思っていたら全く見当たりません。

 常緑樹に広葉樹が交じった雑木林で足元は快適なフカフカ街道です。



 左斜面に岩盤があり、その先端が不思議な縦縞模様。岩石に詳しい博士に尋ねると『砂岩の堆積岩だよ』と即答。

 もうこんなやり取りもできなくなります。やがて竹林になり、北方向に踏み跡を辿ると‥

 広い道に出ました。左折して大竹林に入り、突き当りを右折します。(TOP写真)
こんな大規模な竹林に出合うとは‥博士も驚いて思い出ビデオカメラを回しています。
(12:45)

 直径20㎝近い切り竹には薄氷。きっと夏は、ここでボウフラが、、、、、『やだ、やだ』

 『ひざプロクテターか!』と軽く突っ込んで竹林奥から北斜面へ登ります。





 すぐ小さな流れを渡り、再び斜面を登ると‥
(12:55)
 トラバースの道。ここは踏み跡を追っていきます。
この辺りでたとえ迷っても低山なので右斜面を100m降れば五条川です。


やがてまた小さな流れに出合い渡渉があります。(13:15)
そしてトラバースの道。

 トラバースが続いたので休憩適地を見つけて一息入れます。もう道ははっきりして、このコース一番の大木に出合いました。人間二人分くらいのウエスト。落葉樹なので今は葉がなく同定できません。樹皮は右のように固くサメ肌です。『何ちゅう木かのう?』博士は、木は詳しくないようだ。



 大木の先に渡渉個所があります。先日、渡渉地点手前で急坂を降りた女史が、滑って転んで怪我されました。注意しましょう。

 渡るととてもいい道になります。野良人さんは、藪に埋もれたこの道を発見して周回路を探すことを思いついたそうです。
(13:40)



 幹がY字に別れ、先でくっついた不思議な木があります。カメラを向けると『ほら』画伯が、御茶目に天下無敵の軍手を入れる。

 この道を直進していけば、登山口に着きます。 



 『え~コースやったのう』 山腹に見える長者町の団地は、日当たりのいい高台に建ち『え~のう』

 さてこの後、夜には成田山近くで博士の送別会の宴があり、ビンゴ大会も楽しみです。
駐車地着(14:00)


 
右から野良人さん、Qちゃん、博士、大師(最高齢80歳)、画伯、山たまご、作家。私を除く6人の侍の平均年齢は75歳です。夢はお達者俱楽部の仲間入り!!


東海岳行
  “山名三択” 

 今回登った低山の三つの山名を私は知っています。それは①吉野山、②高根山、③楽田山です。(右写真は、山頂で見た私製山名標)



①吉野山:この山を知ったのは10年ほど前、「雲よりも高く」さんがこの山を登られHPで紹介されました。当時は低山山行を中心とした内容でしたが、現在は札所巡りをされておられます。そのため古い吉野山の山行は確認できませんでした。

 私の記憶ですが‥「雲よりも高く」さんは、山名を御存じなくお調べになったか尋ねられたかで吉野山という山名を記載されたと思います。間違っていたらごめんなさい。それ以来、、ネットでは吉野山で通っていました。私も2年前の岳行ノートでは吉野山と記しています。

 山頂でこのことを話していたら歴史に詳しい博士が語りだしました。『昔、源氏が平家に追われた時、家臣に吉野氏がいてこの地へ辿りつきここを治めた。そのためこの辺りでは吉野姓が多く、そこで吉野山になったのではないかのう』



②高根山:今回、山頂にあった私製山名標で初めて知りました。裏にNanjyaMonjyaと記されていたので帰宅してネットで確認。ヒットしたのはヤマレコ2011年3月のNanjyaMonjyaさんの記録です。その時、下山して集落の方に山名を尋ねると『よくわからんけど、昔から高根って呼んでいる』と現されています。

 地元の方の言葉を尊重して高根山にされました。確かに下山された山頂西方には高根洞の地名があります。さて山行でご一緒した犬山在住の画伯は『古い地形図では、楽田山になっていたのう』と仰る。その地図があれが解決ですが、昔所属していた山岳会ものなのか、今は手元にないようです。



③楽田山:愛知山ならとリンクしていただいてる「愛知アルプス山行記」さんのHPを訪ねました。『吉野山は「雲よりも高く」さんのサイトで教えていただいた』と記されています。ところが注意書きで「入鹿大池の図」に楽田山と記されているとあります。調べると「尾張名所図会」という本にその図が載っているようです。

 現在、潤光堂から復刻版が販売され、価格12,600円。これは買えへんなと思いましたが、クールダウンした翌日にいい考えが浮かびました。『図書館だ!』 ところが犬山市江南市には有りません。『尾張の大都市は一宮市だ』 一宮の新しい駅ビルにある中央図書館にそれは有りました。



 図書館で係りの人に尋ねるとバックヤードから「尾張名所図会」の各巻を抱えて持ってきてくれました。和紙の本で糸綴じされ(上左)、最終頁に明治13年9月刻成(上中)、134年前のもので尾張の宝じゃないですか。えらいことです。「入鹿大池の図」は、後編第六巻で発見。入鹿池南東岸からの鳥瞰図です。(上右) 

 ページ右上に入鹿大池と書かれています。核心部をアップすると‥(下) 写真では字が見にくいのですが、左が本宮山、右が尾張富士、そして本宮山寄りに楽田山と記されています。カシミールで確認すると位置関係は間違っていないようです。意外なのは尾張富士は、その頃からその名だったんですね。。

 山名は一つとは限らないので吉野山高根山と呼ばれることもあったでしょう。今回は、この調査の結果で楽田山とさせていただきました。ところでこの道草最初の写真「楽田山226m」の標高が気になります。今の地形図では、222mなので古い地形図の測定なんでしょうか。謎は残ります。


2014.03.02(日)23: 50