岳行ノート

上高地スノーハイク 1315〜1510m/長野県松本市 

2014年2月26日(水)


厳冬の上高地:穂高連峰を映す大正池
-Sound of Silence-


上高地は大正池から横尾までの10kmの範囲、幅大幅1q
この高度でこれほどの平坦地はわが国では類を見ません。





 自然との出合いと触れ合いはプライスレス。といっても元手は必要で今冬、アマゾンでドッペルギャンガーのスノーシューを購入しました。

 これでジオンさんが企画する水曜会のスノーハイクに参加できるようになりました。バッグ付送料込で6千円程度の安価なものですが、充分役に立ちます。

 私見ですが、憧れスノーハイク地ベスト3は、上高地尾瀬湿原、3つ目はまだ不明です。嬉しくもその上高地企画にお誘いいただきました。参加は10名。



 岐阜・平湯温泉バスターミナル6時半集合のメール。平湯温泉から中の湯・釜トンネルまで飛騨タクシー(前日予約必須)で走ります。

 タクシーでなく濃尾バスなら始発は8時15分、異常に早い集合です。現地までは、Kおじさんの車に同乗をお願いして3時半に家を出ます。
<平湯温泉での駐車場>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図



平湯温泉バスターミナル駐車場

(飛騨タクシー)

釜トンネル入口

大正池

田代池

河童橋

梓川左岸ランチ

小梨平

河童橋

ウエストン碑

田代池

中の湯バス停
(濃尾バス)

平湯温泉バスターミナル駐車場


※赤線はGPS軌跡

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前3時30分発  晴れ/4℃
駐車場:午前6時45分着  晴れ
往:4時間25分(河童橋まで、小休止含)
還:2時間20分(ランチタイム除く)
◆所要時間:6時間45分
 たいしたもので平湯温泉バスターミナル前駐車場には全員集合していました。タクシーは一台で2回ピストンします。10分足らずで釜トンネル入口に着き、料金は3800円。コースは平坦で釜トンネル入口1315mから最終地の河童橋1500mまで標高差わずか185m。スノーシューに好適です。ゲート横から入ります。(7:10)
 トンネルは距離1.3Kmですが、予想外に勾配がきつく出口までの標高差153m。暗闇にヘッドランプを点灯するといきなり強烈なトンネル風。冷たく頬が凍りつきそうで手袋で覆います。25分かけトンネルを抜けると残りの高度はわずか32m! 道路が凍っているのでゴム製アイス・スパイクを装着。(7:35)



 スパイクを履くと滑らないので安心して歩けます。トンネル風は温度差と標高差のためか、構えてたけど風は消えました。

 すると眼前に御光を反照する焼岳2455m。日脚はみるみる早く上高地はすぐ日の面だ。アンカで温めたカメラを出す。



 凍った梓川の上に穂高連峰が神々しい。みんなテンションが上がる。大昔、神様が穂高岳に降臨してここは神降地になった。

 と思ってたら神垣内が正解、そしていつからか上高地。我が家の屋根に降臨した貧乏神をどなたか引き受けてくれませんか。



 大正池ホテル手前のトイレは生きています。(8:50) そこで休憩を取り、歩き出すと柵の上まで積雪がある自然探究路です。

 
トレースは河童橋までしっかりとあるそうで外さなければ大丈夫。

やがて大正池に出て水際へ近づき、池に映る焼岳やTOP写真の穂高連峰の銀嶺に感嘆。
学生時代訪れた時より、大正池のイメージを作っていた立ち枯れは随分少なくなりましたね。
気温が-20℃以下になることがあるそうですが、今は-16℃。じっとしていると足が冷たい。

登山靴は雪山用を持っていないので、いつも履いているライト・トレッキング・ブーツ。
靴下は雪山用ですが、つま先用カイロを持ってきたけど付けるのを忘れました。
ここからスノーシューを履きます。すると冷たさが気にならなくなります。
(9:20)  

 すると生まれて初めのダイヤモンドダストが、僅かな時間のキラキラでしたが夢心地になりました。日本語では「氷晶」と呼び、大きさは0.1mmととても小さい。(左)  川べりに雪の結晶、針葉樹の葉に似た形をしています。(中) 川面に川霧が発生しました。(右)



 ケショウヤナギが霧氷で白化粧して綺麗だ。これも時間が遅ければ、融けてしまうので見えないところでした。

 早目の集合時刻にしたのは自然の素敵なショウタイムに間に合うためです。上高地をよく知るakiraさんのナイスな配慮でした。



 平坦な道をスイスイ行き、右前方の田代池からの流れを渡ります。この流れは夏でもチョー冷たかったのを思い出しました。
(10:10)

 5分ほど先で道標を見て左折し、梓川に向かいます。



 川沿いを進み田代橋を過ぎると中の瀬園地。ここのトイレも生きていました。この屋根の積雪はいくつもの層になっています。
(10:40)

 ポカリを取り出すと、、、意外凍っていません。

向こう岸に群れるケショウヤナギ、若木の木肌は白く小枝は紅い。
美しくお化粧をしたようで化粧柳の名です。この紅を写真で活かすには、雪の白か山の黒か?
ジオンさんと歩きながらアングルを変え何回も撮りました。

結論は黒バックがいい。ポールの名曲「♪エボニー&アイボリー」(黒と白)を思い出します。
上流に待望の河童橋五千尺ホテルが望めるので、もう少しだ。



 ハイ、河童橋到着です。明日から天候は変わる予報で思わぬ雪晴れハイクでラッキー。歩き始めて4時間15分経過しました。

 ルートに登りがないため疲労感は少ない。スノーシュー長さ60cm・1本の重量945gも今のところ足手まといになっていません。
(11:25)


 橋の近く、ランチにぴったりのベンチがありました。水曜会は皆さんがオリジナルの食糧を持ち込みます。

 しかし今日は、食事は各自用意との指示でしたが出るは出るは。で、私は頂き係りをします。

川の上流に10匹近くのサルの群れが下りてきました。
ニホンザルの北限は下北半島ですが、そこより厳しいこの地で越冬してるのは驚きです。
一番大きなボスザルが私たちから10mほどの近さに来てランチを始めました。



 河童橋から右岸に渡った二人の若者(右)が素足で入水し、写真(左)を撮っています。『破天荒な若さが眩しいなあ』

 好奇心で川に手を入れてみます。どこかの公園でトイレの便座に無心で座り、のけぞるほどの冷たさ、、、ではありません。



 もう少し上流に歩けば小梨平キャンプ場です。ここのトイレも生きて建物のように綺麗でした。

 さあ戻りましょう。
(12:40)

帰りは河童橋を渡り、梓川右岸の河原でトレースを辿ります。
正面は焼岳2455m、この青空が大成功ですね。

 早春の川辺で見られるネコヤナギ、春の訪れを一足早く告げている、、、 猫柳でいいですか?
 除雪された車道に上がるとウエストン碑。明治29年彼は英国に日本アルプスを紹介しました。(13:10)

 大正池のトイレに到着(↓)。大正4年の焼岳噴火で池ができました。ここの住民、渡りをしないマガモがスイスイ。(14:05)
 

 釜トンネルを潜ります。大正13年手掘りの釜トンネルが造られましたが、平成17年新釜トンネル開通しました。
ゲート着(15:00)

 ゲートから松本方向へ数十m歩くと中の湯バス停です。15h20分発に乗車。540円払って平湯温泉で降車しました。

 これほどの好条件の日にスノーハイクできたことに感謝します。



 後列左からakiraさん、ジオンさん、福ちゃん、山たまご、ドルフィーさん、Kおじさん、乱丸さん。前列左からルネさん、のこさん、yakoさん。皆さんお世話になりました。

 また画像を送っていただき感謝です。


東海岳行
  “島の裕次郎” 

 すべらない沖縄旅行は、暑いときに行って南国を満喫することだそうです。以前は私もそう思っていましたが、今は激寒のシーズンに身体をいたわるため南国へ行こう考えが変わりました。というのは2番目の理屈で冬は沖縄ツアー料金の一番お値打ちな時期です。

 6年前に石垣島へ行ったとき、西表島(イリオモテジマ)など八重島諸島へは石垣港が離島ターミナルになっていること知りました。そこから高速船で島めぐりができるので1月下旬フリーツアーで石垣島を目指しました。2013年開港した新石垣空港に着陸するのも楽しみです。

 新空港から4日間で1万円のレンタカーを借り、ホテルへ走ります。市街地から30分と遠いけどオーシャンビューのホテルで選んだのですが、駐車場に入ると『あれ?』 フロントのお嬢さんが『以前当ホテルをご利用されましたか?』『ぁ、はい、そうですね』『眺望のよく広いお部屋を用意させていただきました』

<新石垣空港>
<オーシャンビュー>
<近海魚セット>

 6年前、宿泊したホテルがどこかは全く忘れていましたが、そういう偶然もあるんだ。ツアーは、朝食しかついてなくガイド本を見て夕食を食べに街へ走りました。寿司屋を選んだのですが、ここも何と先回と偶然同じお店。『石垣島ってそんなに狭い?』 冬の沖縄は、晴れと雨が数日単位で繰り返すのが欠点です。

 運悪く私たちのツアーは1勝3敗でした。因みに2日目の気温は14℃〜17℃、江南の最低気温は5℃前後でしたので充分なご陽気です。島めぐりは曇りの3日目に石垣港に行きます。早朝、ネットであらかじめ予約していたドリーム観光のカウンターへ行き、島めぐりツアーの乗り物チケットをもらいました。

 8時から17時まで9時間たっぷりの西表島、由布島、小浜島、竹富島4島めぐりです。最初は西表島大原港へ渡り、バスで水牛車乗り場へ。



 由布島へは、浅い海峡を水牛に引かれて渡ります。全国的に有名なシーンです。距離は400m、裕次郎という名の牛が引く車に16人も乗りました。

 お爺さんが『それ!』というとゆっくり彼が歩き出します。由布島まで15分かかるので三線を鳴らしてお爺さんが民謡を歌う。

 昔、西表島に恐怖のマラリア発生地でした。明治に鉱山が開発され、200人の坑夫がいたのですが、3年間で100人の死者を出し廃鉱になったほどです。ところが周囲2kmの小さな由布島には、蚊がいません。人がそこに住み、西表島に水田を開き水牛と一緒に海峡を渡っていました。


<働き盛りの裕次郎> 

<10台ほどの水牛車>

<マングローブクルーズ>

 終戦後、米軍により西表島のマラリアは一掃されます。平和になった今は、水牛車を観光に転用したのです。エサはお爺さんが客待ち時間にやっているので食うには困りません。朝10時から16時まで働きお昼の休憩もキチンとあります。昔は水牛の寿命は20年でしたが、現在は30年に延びました。

 働けなるとホテルや施設が引き取ってくれ老後も安泰です。最初、1トン以上の重量を引くので可愛そうな気がしましたが、充分に世話をされ愛されているので安心しました。その後は西表島に戻り、仲間川マングローブクルーズです。マラリアのため開発がされず広大な原生林が残っています。

 70分の乗船で河口から上流へ6.5kmにわたる日本最大級のマングローブ林を見学する船旅です。『これ、世界遺産じゃないの』と思える光景が続きます。30分後に下船してジャングルに入るとすぐ日本最大のサキシマスオウノキに度肝を抜かれました。樹齢400年、樹高20m、板根2.5mとデカイ。


<マングローブ原生林>
<サキシマスオウノキ>

 まだまだ小浜島、竹富島へと島めぐりは続きますが、このあたりで中締めとさせていただきます。

2014.03.09(日)23:55