岳行ノート

継鹿尾山 273m/愛知県犬山市 

2014年3月28日(金)


座禅石(桜の右端上の白い岩)

(木曽川左岸、寂光院参道入口の堤防道路から仰ぎ見る)




 2月24日に辿った楽田山の山名を確認するため、図書館で「尾張名所図会」を見ました。江戸末期(1868年)の尾張地方の絵入り名勝案内図です。

 とても面白く犬山市の入鹿池、尾張富士、本宮山、そして継鹿尾山寂光院などをコピーしました。その中で興味を引いたのが座禅石・鳶岩・箕岩です。

 説明文は、昔の字を崩していて私には理解不能。その3ヶ所は、前後の頁から継鹿尾山の周辺にあるようです。現在、山の案内書には記されていません。


 そこで犬山をフィールドとしている野良人さんにコピーを渡し、探索を丸投げしました。好奇心の強い方ですから待つこと1ケ月。

 連絡が入り、山友の画伯も誘って3人で継鹿尾山を探訪することにしました。参考書は、永東書店刊「尾張名所圖會 後編六」(一宮図書館蔵)です。
<小野洞砂防公園駐車場>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図


小野洞砂防公園駐車場→常夜灯→大洞池→▲継鹿尾山→乙女滝→登山口→座禅石
寂光院本堂→箕岩鳶岩展望地→寂光院→継鹿尾山南登山口→小野洞砂防公園駐車場


※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前9時05分発   晴れ/13℃
駐車地:午前10時15分着  晴れ
往:1時間25分(継鹿尾山まで、小休止含)
還:3時間00分(ランチタイム除く)
◆所要時間:4時間25分




 名鉄広見線善師野駅の西方にある小野洞砂防公園駐車場に車を停めました。春うらら、大勢のちびっ子が遊びに来ています。

 本日のコースは、野良人さんのプランです。まず舗装道を善師野駅西の踏切まで歩きます。
(10:30)



 絵地図看板がありました。木曽街道禅寺野の旧宿場を行くと常夜灯。丁度、単独者が撮影していて道にカメラを落としました。

 壊れたようで困っています。見ると突き出たレンズ部がクニッと曲がっている。教えてあげました。「カチッ」戻すと治った!
(11:00)
善行すると気持ちがいい。さて一里塚、観音様、神社など見ながら北進します。
舗装道から未舗装道に入ると突然左に岩壁がありました。



登ってみると岩の凹みに15cmくらいの石仏が祀られています。
街道の絵地図看板には不動尊と描かれていました。
野良人さん『隠れキリシタンの像かとと思った』堰堤の左を登ると‥





 知る人ぞ知る東海自然歩道のベンチ休憩地、大洞池に出ました。池の北端で左折し、谷部を西へ歩きます。
(11:20)




 少し藪っぽい道を抜けると今日初めての登山道。登ると遠回りしてきた東海自然歩道につながりました。

 100段以上の丸太階段を登れば‥

 継鹿尾山二等三角点山頂です。平日ですが次々に登山者が登頂します。
(11:55)
 東屋でランチ。展望は春霞で遠望できません。変わらない木曽川の流れと伊木山173mですね。 〜(13:00)




 野良人さんのコース設計図は、私の未踏の道で描かれました。そのため随所で回り道することになります。

 山頂から南へ降り、すぐ左折して山腹を回り込む。再び東海自然歩道の丸太階段に出たら横切って北の谷道へ入ります。
(13:10)






 沢の流れはささやかですが、10分ほどでこの乙女滝(落差4m)。 さらにナメ滝、姥滝と続きます。





 そして沢が川に合流したら、渡渉して右岸の大平林道に登り左折します。10分ほどで右の大平山登山口を見送り‥
(13:35)

 左の廻り角にある大岩から登山道へ移りました。岩端で川へ下降して‥(13:45)

 堰堤に降ります。少し上流から左岸へ渡り、斜面を強引に登ると沢道。少し先で右の稜線へ向かうと‥




 継鹿尾山の西尾根に到達します。右折して尾根筋を藪を分けると石積みがありました。しかし、このコースは随分大回りですね。

 始めっから西尾根で行けば良かったのに‥ 『それでは一日楽しめないでしょ』低山を楽しむ野良人さんのオプションです。
(14:20)




 小ピークを左折し、40mほど藪の中を下降すると平らな岩頭がありました。『座禅石はここか』何も言わないのに二人は座禅。

 野良人さん、ここを良く見つけたものです。『図絵の景色からこの辺りだと思った』 ところが画伯が指さす。『下にあるのは?』
(14:30)

そこでさらに20mほど藪を分けて下降すると一人分のスペースがある平らな岩頭に出合いました。
ここです。これが間違いなく座禅石です。理由は下の道草をご覧ください。観望は図絵にそっくりだ。
予期せぬ発見に3人は喜び、ここで座禅を組んで記念写真を撮ったのは言うまでもありません。
(14:35)





 尾根を戻り、石積みからさらに西尾根を行くと突然石仏。そこは寂光院四国八十八か所霊場の最北端でした。
(14:55)




 尾根にある霊場をジグザグ登ると山頂から降って来た東海自然歩道に出ます。写真右の岩場にお馴染みの鉄パイプの手摺り。
(15:05)

 ここからなら座禅石まで1時間足らずで往復できたでよう。まだ2ヶ所の探索が残っているので本堂へ向かいます。




 寂光院(ジャッコウイン)は開基が654年、この本堂は国登録文化財。左端は樹齢400年のラカンマキです。

 本尊の千手観音は秘仏で60年に一度開帳されます。次は2044年、長生きしたい。一息つき、写真右方の広い坂道を降ります。
(15:10)




 野良人さん『昔はこれが参道だったと思う』理由は、駐車場からの階段道では、本堂裏に出てしまう。この道なら正面に出ます。

 画伯『本堂再建の時は、この道で資材を運んだのでは』 それは明治12年のことです。箕岩(ミイワ)探索に進みます。


広い道はやがて溜池で突き当り、右折して170mほど行くと突然大きな洞穴。
野良人さん『形からしてこれが箕岩だと思う。中の岩脈も竹で編んだようだ』
左写真が「箕:み、みの」と呼ばれる農具です。いいネーミングですね。

洞の入口左側に←座像
奥には石仏が2体→
『よく見つけましたね』

犬山にある低山の尾根や谷、岩場を知り尽くしている野良人さんも今までここは知らなかったそうです。
(15:20)




 戻る時、先ほどの右折点手前に来て左の岩場を登ろうといいます。『わざわざ?』40mほど上がると石仏群に出合いました。

 眺望が西にあり、野良人さんが石仏の向いている前の山腹を見るように言われました。
(15:40)

『岩頭が鳶の頭の形に見えるだろ』 名所図会は、箕岩の近くに鳶岩(トビイワ)が描かれています。
『さすがですね』これを見つけた時、野良人さんの小躍りする姿が目に浮かびます。(道草参照↑)
 
ここは境内から少し南へ来た所で、先ほど本堂に寄った時ついでにこの展望地に来ればよかったのでは?
『いやいや、見つける楽しさを味合わなくては』 苦労して見つけたんですね。




 そして再び本堂へ戻り、広い道を再び降ました。途中、渡渉して谷道を南進します。この辺りのバリルート知識はさすがです。

 やがて「継鹿尾山南登山口」に着き、舗装道を少し歩けば小野洞砂防公園駐車場です。名所図会の謎解き旅が終わりました。
(16:00)


東海岳行
  “尾張名所図会を読む” 


 ウィキペディア「尾張名所図会」とは‥尾張藩士で学者の岡田文園と、春日井郡枇杷島にあって枇杷島橋の橋守役を務めていた野口市兵衛家の8代目・野口梅居とが著し、尾張藩士で画家の小田切春江や春江の師に当たる森高雅が挿絵を描いたもので、尾張国八郡の名所が描かれた。全13巻。

 天保9年(1838年)から天保12年まで約3年をかけて執筆され、天保15年(1844年)2月に前編7巻が刊行されたが、これによって野口家はその財産をほとんど使い果たしてしまったという。このため後編6巻の刊行は明治13年(1880年)、愛知県の資金援助を受けて名古屋の書肆「永楽屋の片野東四郎の手で行なわれた。

 さて今回の山行は、その中から継鹿尾山寂光院近辺の名所「座禅石」「箕岩」「鳶岩」を探索し、出合うことができました。まず座禅石の図絵は、↓の見開きです。文章のページには「座禅石より見下ろす光景、籠堂より西南の展望、眼界蒼茫として、山水の美、筆端の及ぶ所あらず」 と記されています。



 上の岳行ノート13コマ目の光景と似ていますね。その場所をどうして確定できたかというと‥

 岩の手前に標石があったのです。「日峯国師禪修行之石」(下右写真) これは間違いない!

 室町時代
初期に犬山瑞泉寺を開創した日峯国師が座禅修行した岩です。



 座禅石を下から見るとどんなだろうと下山後、木曽川左岸を犬山橋から1.5km走りました。

 その場所は、寂光院参道入口で巨岩が道の上にオーバーハングしている所です。因みに名所図会にもこの巨岩の絵があり、江戸時代は道がなく、岩にかけられた桟橋を歩いていました。そこで撮影したのがTOP写真です。その引きの絵が(下左)です。

     

  さらに座禅石をアップしたのですが(上中)、岩肌に何か刻字があるように見えます。現場ではそこまで気が回らず確認しませんでした。さてその次に出合った箕岩鳶岩ですが、名所図会(下写真)では現在の参道入口から登って来た旅人が箕岩を眺めているようです。

 そして上方に飛び出た鳶岩が見えます。その形は岳行ノート19コマ目の岩と比べるといい感じですね。まだまだ名所図会は興味を引かれるページがあります。

 すると野良人さんは、わざわざ名古屋まで出向かれ復刻版を購入されたそうです。文字ページも少しづつ解読を試みられています。



 何か見つけられたらまた名所図会山行に誘って下さい。
2014.03.31(月)18:30