岳行ノート

獅子ヶ鼻トレッキングコース 260m/静岡県磐田市 

2014年4月2日(水)


虫生の鐘掛岩(ムシュウのカンカケイワ)

-敷地川より落差133m-




 静岡県磐田市に修験道だったスリル満点のスポットがあります。南側は獅子ヶ鼻公園として整備され、公認トレッキングコースが通り楽しそうです。

 そこで三河にお住いの岳魚さんをお誘いしました。指示された待ち合わせが面白い方法です。私が東名高速を走り赤塚PAへ入ります。

 一般道を走って来た岳魚さんは、PA隣接の駐車場へ置車。ぷらっとパークという出入口からPAに入り私の車に同乗しました。この方法は知らなかった〜


 さてHPから「獅子ヶ鼻トレッキングコースマップ」を印刷すると初心者向け・健脚向けが色分けされています。また見処も数多く表示され期待できます。


 教科書は、磐田市ホームページ「獅子ヶ鼻トレッキング」です。参考書として「東三河山ぽ会」さんのお世話になりました。
<獅子ヶ鼻公園駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図


獅子ヶ鼻公園駐車場

衣かけの松

獅子の丘(獅子ヶ鼻)

遊びの広場

公園上第2駐車場

展望台

蟻の戸渡り

浮き石

こうもり岩

鐘掛岩

虫生出発点

八畳岩

三角点

あずまや(ランチ)

見晴台

獅子ヶ鼻公園駐車場


※赤線はGPS軌跡  ●は主な分岐

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時25分発  晴れ/11℃
駐車場:午前8時45分着  晴れ/16℃
往:2時間30分(鐘掛岩まで、小休止含)
還:1時間40分(ランチタイム除く)
◆所要時間:4時間10分




 新東名高速の浜松浜北ICで降り、国道152号線で天竜川を渡ります。右折して7km東の獅子ヶ鼻公園へ。

 道路左の駐車場は、満開の桜に囲まれ気分は上々。では出発します。
(8:50)






 県道を渡った所が、獅子ヶ鼻トレッキングコース出発点です。(高島トレイルと同じ日本トレッキング協会の認定コース) 




 その南側は、公園として親子でも楽しめるよう整備されています。認定コースだけあって道標は完備されているようです。

 少し登ると、、、トレッキングコースから外れますが「衣かけの松→」があります。行ってみましょう。

 弘法大師にゆかりがある松らしいのですが、まだ若木でした。見上げた所の巨岩がすごい。(9:05)

 また松の横にある大岩は上から落ちてきたものでしょうか。何か彫字されています。

戻って「獅子ヶ鼻撮影ポイント」に行ってみました。北東に日本人離れした形のいい鼻が見えます。
以前は「牛ヶ鼻」と呼ばれていたのですが、落石して「獅子ヶ鼻」となりました。

先ほど「衣かけの松」から見上げた巨岩は、鼻の穴にあたる所でした。
コースへ戻り、「獅子ヶ鼻」の頭にあたる「獅子の丘」に向かいます。





 「獅子の丘」の先端は柵がありますが、下を覗くとやはり怖い。高さは100m近くありそうで遠く浜松市街が望めます。
(9:15)






 少し戻り、谷に架かる吊り橋「獅子の尾橋」を渡りました。先で斜面の滑り台脇を登るとアスレチックの「遊びの広場」です。




 春の日差しに汗ばみ、給水および排水休憩をして東へ歩くと公園上第2駐車場です。ここは磐田市の初日の出スポット。

 毎年500人ほど集まり遠州灘から昇る御来光を眺めます。駐車場の脇を抜け‥
(9:40)






 一旦車道に出ると満開の桜並木。南側には、昭和50年代に開墾された広大な茶畑が広がり気持ちよく歩けます。





 舗装道から離れ「展望台」に登ってみます。眺望は「獅子の丘」とそれほど違いません。この先で登山道となり‥
(10:00)

 長さ46m・斜度53度の天狗坂を登るとピーク下が、長さ10m・幅1mの「蟻の戸渡り」ですが‥


 やや!立入禁止(’13.12より)です。向こうの岩場のアンカー穴も白いセメントで埋められています。
(10:20)

しかたないので鞍部まで引き返しました。
そこからは、整備された迂回路があり「浮き石」へ向います。

谷をトラバースして登ると‥浮いています。見事に浮いています。
「浮き石」を動かそうと押してみましたが歯がたちません。
この山の石は水成岩で、堆積した砂や砂利がそのまま岩石になっています。
(10:35)




 降って林道を横断。「サクラ台」のコブを越え「へのカッパ坂」のロープ場を登る。厳しさが増し、伊勢山上を思い出します。

 この鎖場は道幅は狭く崖は高く、緊張かとりしんご。岩壁の端が垂直に近いロープ場ですが、足置き穴があるので大丈夫です。




 程なく「藤見平」の岩コブに出ます。越えるとこの「コウモリ岩」 大岩がコウモリの口の形ということ『ふ〜ん』

 どうして上側にドームができたのか不思議です。中に傷跡があり海底隆起のためということ『ふ〜ん』
(11:00)

降って再び林道を横断し登っていくとコブごとに私製山名標が掛けられています。
元気山214m」「若萌山199m」これは偶然か、いま私の欲しいものの名前だ。
ロープ場をクリアすると最後の「鐘掛山221m」です。ピークの端は『Oh、高い高い』

ここは「危険注意 落差約133m」の「鐘掛岩」(カンカケイワ)です。
下の道から見上げたくなります。そこで下山後、行って撮ったのがTOP写真ですね。
時間があるのでコース北端の虫生(ムシュウ)側の出発点まで降ってみましょう。
(11:15)

 県道の虫生出発点に出たら谷の新道で戻ります。(11:40) この祠が虫生冷泉かな? 次の日曜日に新道のお披露目ウォークがあるようです。

 やがて谷を離れ丸太階段を登るのですが、これが厳しい勾配でヒーヒー喘ぐ。低山と言えどもアップダウンが多く結構来ています。

ロープ場を登ると露岩のピークに出てそこが「八畳岩」です。
向こう側は切り立った崖、高さは数十メートルありそうで足がすくみます。
万一落ちれば誰にも気づかれることのない幕引きとなるでしょう。
(12:15)




 登山道を降り林道を横断、再び登山道を登ると岩村山260m2等三角点です。虫生出発点から150m標高を上げました。

 眺望はありませんが、何しろありがたくも最高点三角点です。
(12:25)




 山頂から降り、往きに歩いた林道に新築の東屋が建っています。ようやく茶畑と桜を望むランチタイム。
(12:30)〜(13:20)

 下山は公園上第2駐車場を通り、伏見稲荷見晴台を経由します。

 斜面をジグザグ降ると岩屋に石仏群。ガイドにもないポイントで獅子ヶ鼻トレッキングコースは見所豊富過ぎて全部紹介しきれません。

 伏見稲荷神社の参道を降ると御キツネ様が見送ってくれます。『このコースはキッツイネ』 間もなく出発点近くに降り、駐車場は目の前です。(13:50)


東海岳行
  “道草セレクション:貧者の礼服” 

 今、彼女は三歳の男の子と二人‥貧しかった。

 10年前、両親に勘当され男と夢を追って故郷を出たのです。案の定、都会で夢破れ離婚して故郷の隣町で細々と暮らしていました。そして数年経ったとき、突然姉から連絡が入り父親が急逝した事を知ります。『ヨウコ、どうしているかな』と彼女のことを気遣っていたそうです。『明日が告別式よ』と電話は切れました。

 彼女は、小さかった頃の父親との思い出に涙を流す。式には出席したい。しかし‥礼服が無い。勤め先からの給料は出たばかりだが、礼服を買えば今月食べていけない。その夜、近くの大型店の婦人服売り場で礼服を現金で購入しました。黒靴はある。バックは持たなければいい。

 翌日、子供と一緒に斎場へ出向き、トイレで礼服に着替えました。しかし、一般参列者としてお焼香します。幼子は練習したとおり小さな手を合わせてくれました。驚く身内の視線を一身に感じる。霊柩車を見送り、再び彼女はトイレで着替えました。その後、礼服を買った大型店へ向かったのです。

 婦人服売り場できちんと畳んで紙袋に入れた礼服とレシートを差し出します。『昨夜、身内が危篤になり礼服を用意したけれど回復したのでもう必要なくなりました』と返品を申し出たのです。店員はいぶかった顔をしましたが、中身を確認し返金してくれました。その店で夜の食料品を買い、子供と家へ帰ったのです。

 数日後、姉から電話があり『お母さんが、四十九日には孫と一緒に来て欲しいと言ってるよ』と知らせてくれました。彼女は泣きました。しかし、、、、、その日、その日の‥










 礼服が無い!

2014.04.06(日)21:35