岳行ノート

竜ヶ岳2 1099m/三重県いなべ市 

2014年5月25日(日)


1000m標高、シロヤシオ最高



 いつからだろう竜ヶ岳の山頂斜面に群れるシロヤシオを羊と形容したのは? どなたでしょう? 実に見事なたとえでこれ以上のものはありません。

 羊の放牧、羊の草原、仔羊・親羊、、、表現も広がります。私も一度は見てみたい。知っている限りですが05年、09年に羊がたくさん現れています。

 4年サイクルかと思っていたらそうでもないのですね。今年5年目になりますが、鈴鹿でアカヤシオが当たり年だったのでシロヤシオも期待していました。


 宇賀渓観光協会のホームページで5月11日(日)より竜ヶ岳シロヤシオ情報を知らせてくれるので見逃さないようにチェックします。

 すると5月23日(金)、山頂付近の羊写真が掲載されました。24日、コブクロのコンサート。25日、最近の標準コース「金山尾根〜遠足尾根」で周回します。


 その日は日曜日、きっと人出があるから早めに出なければいけません。参考書として宇賀渓観光協会、及び多くのHPのお世話になりました。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図



宇賀渓駐車場→金山尾根登山口→▲竜ヶ岳→ランチ→遠足尾根登山口→宇賀渓駐車場
◎がある個所は、私の見た「羊の群れ」です。

※赤線はGPS軌跡  ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時05分発  曇り時々晴れ/20℃
駐車場:午前7時25分着  曇り時々晴れ/20℃
往:2時間40分(山頂まで、小休止含)
還:2時間45分(ランチタイム除く)
◆所要時間:5時間25分




 道路両側の無料駐車場は、厳重にロープで閉じられ停められません。宇賀渓口の500円駐車場に入ると8割以上駐車中。

 大阪・京都ナンバー、、、羊は知れ渡っているようです。皆さんも気持ちは同じ。期待のアドバルーンを上げて出発します。
(7:45)




 林道を行くと最近のレポによく登場する謎の施設名古屋大学理学部宇賀渓地殻活動観測所がありました。

 観測所は東海地方を中心に10ヶ所あります。地震波形データをテレメーターで測定、地震予知の研究をしているようです。





ほぼ舗装されている林道歩きは20分。この白竜吊橋で右岸に渡り、数分後、鉄橋に会い左岸へ渡り返しました。
(8:05)






 「長尾滝→」の案内板を追い固定ロープの付いた岩壁を乗り越えます。その先で「金山尾根」の案内板。往きの道です。
(8:20)
金山尾根ルートは、さほどの困難もなくよく整備され歩きやすい道です。
このルートは以前ホタガ谷西尾根とも呼ばれ、9年前歩きました。
現在は、閉鎖されたホタガ谷道(裏道)の代りに開かれたそうです。

急傾斜、平坦地と交互に現れ休憩が取りやすい。いくつかのパーティに抜かれたり追いついたり。
突然、尾根が開け雰囲気の良い森に出ました。この森にピクニックで来てもいいくらいです。
(9:00)






 やがて岩塊の集中した岩尾根です。鈴鹿では結構体験してきた場面、乗り越えると左が開け‥

 竜ヶ岳山頂が望め、中道が笹原を降ってます。その下、、発見!あれが世にいう「羊の群れ」
初めて見た光景に思わず顔がほころびます。気分は最高、期待がスキップ。。。 





 低い笹原を行くと金山尾根遠足尾根から来た道と合流。9年前ここに出る時、背丈以上の深い笹に苦戦したものです。
(9:55)





 明るく広い山頂部を笹の切り開き道で山頂へ向かいます。「羊の放牧」が斜面に見られ夢中でカメラ・スマホを操る人々。。。




 程なく二等三角点山頂。雲り空に黄砂で霞んだ眺望です。次々とパーティが登頂します。駐車場、良く停められましたね。
(10:25)

 まだランチには早く、羊写真をもっと撮りたいので早々に下山します。
熊笹シロヤシオ、、、どうしてこんな夢のような風景ができたのでしょう。
シロヤシオが押し寄せる笹にめげず勝ち組になった理由が何かあるのでしょう。
明日は雨の予報、、、「羊の群れ」に出合った人に乾杯!

カメラ屋さんに風景がかすんでいる場合はどうするの?と尋ねるとHDRモードで撮影して下さい。
そのハイダイナミックレンジで絵画調フィルターにして撮ると‥なるほどクリアになります。
 
どのアングルがいいのか、どのポジションがいいのか、キョロキョロと登山道を降ると‥






 静ヶ岳1088mへの分岐治田峠(ハッタ)に着きました。少しおなかが空いたので木陰を探しましょう。
(10:50)

 赤勝て

 白勝て

アセビ勝て。。。あの群落の下は木陰でいい隠れレストランになりそうです。
入ろうとすると先客、ペアの登山者がみえました。考えることは一緒。
もう少し歩き、森の木陰でソロ・ランチしました。
(11:25)〜(11:45)




 遠足尾根
は、初めて歩くので何でも珍しいのですが、まず名前がいい。道標も要所にありミスなく歩けます。

 途中、市街地や山頂の展望所もありました。そしてここが曲折点、大日向696m分岐です。
(12:30)





 右へ折れると『マジ!』 植林帯を急降下する道がしばらく続きます。遠足尾根を登りにしなくて良かった。

 岩の転がる急勾配を過ぎると‥






 登山道横にエビネの群落。植林の中に突然あったので驚きました。地味に見えますが良く見ると中々可愛い花です。






 大日向分岐から標高を400m下げました。やっと往きに歩いた林道が下に見え膝が笑います。ここを左折。
(13:10)




 竜の雫と呼ぶ二筋の滝が林道を濡らしています。これまた上手い命名です。駐車場に戻ると少し空きができていました。
(13:30)

 走り出すと道路両側の無料駐車場はロープが外され駐車する車の群れ!『どういうこと、プンプン』


東海岳行
   道草セレクション“絶対ゴール” 


 5月26日(月)の19時前、たまたまNHKにチャンネルを変えるとニュース番組「ほっとイブニング」でいきなり竜ヶ岳シロヤシオが映りました。

 宇賀渓観光協会
のホームページで撮影の様子をレポしています。山頂から中道を少し降りて撮ったようです。字幕で「一斉に咲くのは数年に1度」と出ました。

 見に行って良かった大満足です。尾根道の周回も正解でした。ヒルにも会わなかったので。さてもうすぐFIFAワールドカップがブラジルで始まります。楽しみですね。今回は8年前のWCの時考えた道草の再掲載です。



 息子が小学生のときスポ少でサッカーをしていました。弱小チームでほとんど勝てなく、試合があったある日しょげて帰ってきました。そこで私が『絶対にゴールできる作戦を教えようか』と話かけます。
『なになに』と息子が聞く。

『10人でサークルを作る。真中にボールを入れ、その形のままゴールまで進む。ゴール前で一気に開いてキックする。絶対ゴールできるぞ。どうだ?』
『う〜ん、カッコ悪いでヤダ』


まさにチーム一丸となり それ行けわっしょい



進めや目指せや1,2,3
キック! ゴ・ゴ・ゴ〜ル!   

 そうしてこの戦術は、長い間封印されたままでした。日本イレブン勝利のために30年近い封印を解き明らかにしました。ザック大監督、この作戦をここぞというとき使ってください。

 さてこのゴールに名前をつけなければなりません。サークルを作り、キックしてゴールするので「サークル・キック・ゴール」略して「サークルK・ゴール」 

 サークルKさん、これが決まるたびにPRになりますよ。どうかFIFAかJリーグと交渉してください。そして私に常識的なロイヤリティを下さい。おにぎり無料券10枚でいかがでしょうか?

2014.06.03(火)13:20