岳行ノート
      さんぽうぶんざん                                           
三方分山1422m・精進山1409m・パノラマ台1325m
山梨県富士河口湖町 


2014年6月1日(日)


パノラマ台から富士五湖の本栖湖

左:竜ヶ岳1485m、中央:雨ヶ岳1772m、右の尖峰:毛無山北西の1904m峰



 昨年、富士山が世界遺産に決まるとテレビ各局で特集が組まれました。民放で静岡と山梨では、どちらの富士山が絶景かという番組。

 そこでは私の知らない素晴らしい富士山の絶景写真が紹介されました。またNHKでは、ある写真家がお気に入りのビューポイントにレポーターを案内する。

 それが民放と同じ風景で驚きました。これは突き止めなければいけません。レコーダーを繰り返し見て精進峠近くの三方分山方向と判明しました。


 併せて沢山のホームページをチェックあいましたが、まずその画像が載っていません。やっと一つだけ同じ構図のを見つけたのですが、場所の明示は無し。


 さて4/1から「遠出は高速週末5割引(〜6/末)に」の法則に変わり、お天気がいいお得な日曜日に山行しました。車は、新東名の新富士インターで下ります。


 参考書として多くのホームページのお世話になりました。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図



県営精進湖駐車場

女坂峠

三方分山

精進山

富士山展望所

南アルプス展望所

下山の分岐

下部町分岐

パノラマ台

下山の分岐

パノラマ台下

県営精進湖駐車場


※赤軌跡  ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前5時35分発  晴れ/20℃
駐車場:午前9時15分着  晴れ
往:1時間55分(三方分山まで、小休止含)
還:2時間45分(ランチタイム除く)
◆所要時間:4時間40分
国道139号線で北上し、精進湖を目指します。北の湖畔に着くと富士山3776mが絶景です。
精進湖富士五湖で一番小さく驚くことに流水河川も流出河川もありません。そして世界遺産です
富士山山麓に寄生火山の大室山1468m。この光景は「子抱き富士」といわれますが、優しい表現ですね。

1150年前、富士山北西の長尾山1424mから噴出した青木ヶ原溶岩が、8km離れた湖まで流れました。
そのため大きな湖は西湖、精進湖、本栖湖に分断されました。
10年ほど前、湖と湖の間をボーリングしたのですが、溶岩の堆積は135mもあったそうです。




 走行距離270kmで湖畔の無料精進湖(ショウジコ)県営駐車場に到着。『広い!』 左端の丸いピークがパノラマ台

 その下の屋根は、公共トイレです。暑くなりそうなのでペットボトル3本で出発します。
(9:45)




 湖畔を北東へ10分歩き、北へと延びる道を左折。道は古代から開かれていた駿河と甲斐を結ぶ中道往還です。

 信玄、信長、家康も往来しました。江戸時代は、塩や海産物が馬で運ばれた良く利用されたそうです。200m進むと‥






 左に1843年再建された立派な精進諏訪神社。その前に「諏訪の大杉」幹周7m、樹高38mの巨木がそびえています。






 先へ進むと地道となり、登山ポストのある登山口です。急傾斜をジグザグ登ると確かに古道と思える石積みが続きます。
 
 やがて女坂峠(オンナザカ)到着。昔、身重な女性が道中で出産後母子共に亡くなり、その供養のため地蔵が祀られ女坂と呼ばれるようになりました。峠には首のとれた地蔵が3尊。明治維新後の廃仏毀釈でしょうか。ソロの方が到着し話すとガイドブックに載る展望所を探すそうです。写真を見ると私と一緒の場所!!
(10:55)






 峠からは尾根を西へ歩きます。広葉樹林の森林浴は、緑汁でビショビショ。撮影してる間にソロの方は、先に進まれました。





 峠から40分ほどで三方分山山頂1422m。地形図を見れば尾根が120度に分かれています。

 左奥がHP表紙の富士山を展望できる切り開きです。
(11:40)




 三方分山から南西へ方向を変え、軽快に進むと精進山1409m。左端下方、白い光の下に三等三角点、わかりますか?
(11:55)

 展望は無く先へ進みましょう。ここからは富士山絶景展望地を探すため左側に注意を払って歩きます。

 道中にたびたびの巨木。う〜んこの太いブナもいい味出していますね。
精進山から150m標高を下げると鞍部になり、コブを登降すれば精進峠に着いてしまいます。
『おかしいな〜絶景展望所は見逃したかな?』と内心焦りました。





 コブを登って下を見ると精進峠の道標が見えます。(右の光っている所) 峠に降りる道が前にあり、左にも道。。。

 『ここに違いない』期待を膨らませ、左に少し登ると樹林の窓が開き‥

『やった!』
ここです。
昨年テレビで見た光景だ。
冠雪の富士山大室山を抱いています。

そこから青木ヶ原樹海の緑が裾野いっぱいに広がる。『圧巻』
精進湖を手前に人工物が殆ど写っていないのがこのアングルの特徴です。
写真中央は精進移住地、昭和41年の土石流災害を受けた精進湖畔の部落が移住した場所です。
 現在は精進湖民宿村と呼ばれ、何十軒も民宿があります。
実は写真中央下の湖畔に県営精進湖駐車場がありますが撮影時は葉で隠しました。
(12:15)




 撮影を15分も楽しみましたは、使用するのは1枚です。そしてコブの下に降りると精進峠。展望がなくランチは取り止めです。
(12:35)

 しばらく素晴しい樹林の尾根道のアップダウンを繰り返すと‥




 道はコブを左に巻いています。奥に薄い踏み跡があり、気になるので登ると南アルプスの展望所がありました。

 右から北岳3192m、間の岳3189m、農鳥岳3026mの白根三山。ここはレポでも見ない小さな発見。
(13:10)






 ブナの巨木を見てしばらく尾根を進むと遊歩道のように広くなりました。下山の分岐を確認し、次の下部町分岐を過ぎると‥


 好展望で広いパノラマ台登頂‥これが山名なんですね。富士山は雲がかかり、全体的に黄砂の影響なのか霞んでいます。

 ランチします。女坂峠で話した地元のソロの方がいました。精進峠の絶景展望所は発見できなかったと嘆く。

 ダ押しだとばかりに撮影画像を見せて上げました。
(13:45)〜(14:40)
ランチを取る他のソロの方が『秋が深まるとすっきりするけどねえ』でも折角なので撮影します。
左端鞍部が中道往還女坂峠 中央の尖峰が王岳1623m 右下は川でなく精進湖です
右端に国道139号線の架橋、その上の稜線に西湖河口湖がちらっと肉眼では見えていました。

すると富士山山頂の雲が退いたので慌てて場所を移動。と、と、と、小岩につまずきズデ〜ン。
必死でカメラをかばったのですが、寸胴ズームに傷が付き、手の平も傷が付きました。
撮影でバタバタタしてはいけません。バンドエイドを貼って下山します。






 辿って来た尾根を10分戻ると分岐です。右の道が駐車場近くに降りる道です。
(14:50)




 すると素晴しい広葉樹の森を通ります。ブナの巨木がドッカンドッカンそびえている。展望だけでなく新緑も楽しめました。

 ソロの方が私に追いき、話しかけてきます。『精進峠で絶景展望所を発見できず残念だ』まだ無念を引きずっています。




 眼下に道路が見えれば、そこはパノラマ台下バス停です。北へ湖岸道路を100m歩けば県営駐車場

 昨日も降ったけど今日もやはり黄砂が降りました。昨日、洗車してあげた愛車がホコリを被って残念そうに待っています。
(15:20)

 
東海岳行

  “老いじたく” 

 早春。夕食を済ませ、憩いの時間にテレビを見ていたら「老いを感じる瞬間ランキング」をやっています。40代〜50代の男性にインタビューしたようで一度、ランキングを見てください。

1.白髪が増えた
2.太った

3.ハゲてきた
4.最近の音楽についていけない
5.すぐ眠れなくなった
6.体力が落ちた
7.物忘れがひどい
8.最近の機械についていけない
9.自然に興味を持つようになった
10.加齢臭が出てきた
 

番外は
、、、・イボが増えた、・おしっこのキレが悪くなった、・視力が落ちた、・涙もろくなった、・富士山を見るとありがたくなった、・花を愛でるようになった、・ヒザがコキコキ鳴る、・若い人を見ると強い生き物が来たと思う

 確かに富士山を見るとありがたくなりました。しかし、これは40代〜50代の中高年でこんな結果です。60代なら命にかかわる事象が出てくるんじゃないでしょうか。血糖値が高い、血圧が高い、家族に無視されるとか予想できますね。 



 さて先月、学生時代の同窓会がありました。遠路はるばる、近路ちょろちょろ20人が参加し、松本市郊外の旅館で宴会です。一人づつ近況報告を述べたのですが面白い話、インパクトのある話、人生いろいろ。関西から来た人ですが『3年前人間ドッグですい臓ガンが見つかった』と語り出しました。

 ざわざわしていた宴会場が静まる。手術をせず抗がん剤を使用する化学療法でガン退治することになりました。毛が抜ける、吐き気がするという副作用が知られています。薬を打つその日から毛が抜けるそうで髪の毛はごそっと、眉毛、まつ毛、鼻毛、、、体中の毛が抜けました。『鼻毛は困ります』花粉がダイレクトだ。

 1週間入院して薬を点滴し、体が弱るので3週間帰宅して体力を取り戻します。『吐き気は?』と聞くと医療は進歩し、今は吐き気を抑える薬があるとのこと。それを6か月間繰り返し『運よくがん細胞は消えました』まだ再発チェックに病院へ行っているそうですが、今のところ大丈夫で『この同窓会も出席できました』



 実際はもっと事細かだったので私は『すごい話だなあ』と隣の友人につぶやきました。次は工業系の会社を辞めて田舎の実家に戻った人の話です。『村から役員を頼まれ断りました』 それは農業委員、彼は電気関係なので全くの専門外です。

 しかし、何度もお願いされ1年だけと引き受けました。仕事は田畑に家を建てたい農家の確認や田畑売買の立会などです。『結構面白くやらしてもらっています』 すると趣味で畑を一生懸命やっている人が質問しました。『普通の人が農家になりたいときはどうするの?』

 余程、畑仕事にはまっているようです。『君に酒一升持って行けばいいの?』(笑) 今どきそんなわけない。『最低300坪、借りる。1年間の収支計画を作る。利益は10万円でも収支ゼロでもいい。そして面接の時、2年目の私を見てくださいと情熱的に話すこと』 なるほどとまた笑いが起きる。


 他に、、、遠方にある実家のお墓を自分の家の近くへ移そうとしたら、実家のお寺さんから何百万の手切れ金を要求された。けど1円も支払わずに移設できた話し。外国人の奥さんから望郷の念から帰郷したいと言われた話し、、、

 そうそう百名山達成した人もいました。人生いろいろです。
 
2014.06.10(火)00:10