岳行ノート

          おおむろやま 
大室山 1468m/山梨県富士河口湖町 

2014年6月17日(火)


青木ヶ原樹海の岸辺に巨大ブナ




 「東海岳行」の表紙写真は<子抱き富士>でその子役は大室山です。地形図には富士山の寄生火山、長尾山・片蓋山等がその辺りに集中しています。

 大室山は、青木ヶ原溶岩流より前にできました。1150年前、溶岩はその裾野を流れたので樹海に島のように浮かんでいます。

 周回するコースには風穴が富士風穴など4か所あり探すのが楽しみです。驚くことに大室山斜面には、溶岩流の被害を逃れたブナ林が残っています。



 樹海探訪は初めてという岳魚さんとの山行です。新東名高速の新富士ICで下り、国道139号線で北上。上井出ICで県道71号線に移ります。


 教科書は、東京新聞刊「富士山ハイキング案内」です。参考書として多くのホームページのお世話になりました。
<駐車地>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図


駐車地→本栖風穴→▲石塚山→ブナ広場→大室洞穴→メガネ穴→蒲鉾穴→
神座風穴→登山口(ランチ)→▲大室山→南峰三角点→ブナ広場→富士風穴→駐車地


※赤kurumadome
線は
軌跡
 ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前5時10分発   曇り/21℃
駐車場:午前9時00分着   曇り時々晴れ/18℃
往:3時間20分(山頂まで小休止含、ランチタイム除く)
還:1時間45分
◆所要時間:5時間05分




 上井出ICから20km走れば、樹海の真っただ中です。右に駐車地、「精進口登山道 標高1102m」の道標があります。

 エコツアーの方が来られ、間もなく中学生120名が樹海へバスで上陸すると言われました。飲み込まれないうちに出発。
(9:10)





 駐車場から数10m奥へ行くとすぐゲートが有り、その手前を右折。溶岩大地をならした広い林道を辿ります。

 中学生は、きっとゲートを越えブナ広場へ向かうでしょう。私たちも1時間後そこを通る予定です。
林道は次第に狭まり、20分も行けば登山道に変わります。
やがて立派な石柱標があり「天然記念物 本栖風穴」の彫字。

                 岳魚さん

塚状に盛り上がる森の大穴は大迫力です。進入禁止ロープが張り巡らされています。
中央上に岳魚さんが覗いていますが、下のガス噴出孔の深さが半端ない。
(9:35)




 風穴から100mほど南へ行くと大室山樹海の境界に出ました。写真左が大室山の斜面、右が溶岩の樹海です。

 ここは1150年前にできた樹海の岸辺。溶岩には針葉樹、古い陸である大室山には広葉樹。大地の成り立ちが不思議です。
 


 岸辺の踏み跡を南西へ辿ります。緩い坂を登り切り、そこを右折して溶岩の転がる斜面を直登しました。

 数分で石塚山の噴火口が現れます。直径30m、深さ20mほどでしょうか。写真左上で岳魚さんが覗いています。

 この石塚火口は、青木ヶ原溶岩流を押し出して大活躍しました。
(9:50)

 火口から岸辺に戻り、進路を北西に取ります。素晴しい巨木が、次々と登山道に現れ、ため息をつくばかりです。

 その極大さを写すカメラを持っていないことを嘆きたくなります。溶岩の石で作られたこの釜跡を見ると森は広々としてきました。すると、、、





 山梨の森林100選の一つ、通称「ブナ広場」に出ました。中学生はまだ来ていません。登山者が歩くトレイルへ移ります。
(10:10)
私たちは、その人たちを追うよう右折してついていきました。
この辺りは大室山の北麓、道はかなりえぐられています。

ブナ広場から10数分歩くと幹に「天然記念物 大室洞穴」の案内板がくくられていました。
そこを左折し、すぐ赤テープを目印に左に折れ、樹海の踏み跡を辿ります。
(実は私たちはこのポイントを見逃し奥へ進み、道ミスしました)

 ほどなく立派な石柱標と説明パネル。大室洞穴」は、入口が埋没して入洞は不可能です。直径20m・深さ10m、岳魚さんが底へ降りました。 

 おいでの合図があり、降りて指さす所を見ると穴に凍った残雪です。『穴と雪の女王』<因みに女王は、“じょうおう”ではなく“じょおう”> (10:35)



 トレイルに戻り進むと急に勾配が増し、2回目の道ミスに気づきました。分岐に戻り左を取ると「メガネ穴」の指標があります。

 踏み跡を奥に入ると深い穴が口を開け、底には左右二つの洞窟。ここで戻る道を失いGPSの軌跡で助かりました。

 樹海はどこも似たような光景で要注意。
(10:50)

 更に南東方向へ歩きます。堀道になり、中央に‥
 鹿の骨格が残っていました。南無阿弥陀仏‥ 




 トレイル左の樹海に変わったトンネル状の洞窟。倒木を溶岩流が覆い、木が燃えた溶岩樹形です。

 形からしてこれが蒲鉾穴でしょう。さてこの先で分岐をミス、3回目の道ミスですが‥
(11:20)

 GPSを確認してルートに戻るとすぐトレイル脇に立派な石柱標「天然記念物 神座風穴附蒲鉾穴および眼鏡穴」がありました。  (11:45)

 総延長は350m。蒲鉾穴はこの風穴に沿ってあり、眼鏡穴は風穴の末端にあると説明パネルにあります。蒲鉾も眼鏡も先ほど見たので先へ、、、


 林道分岐から大室山への登り口を探しながら北へ行くとこの赤テープを見つけました。『踏み跡ないけどここが登山口?』

 お握りは、二人とも2個持っています。登りがあるのでここで1個だけの軽目ランチです。
(12:00)〜(12:20)

 踏み跡が見つけられません。少し南へ行き適当に斜行して登ると‥




 北東尾根1360m辺りで黄色のPPテープを発見。薄い踏み跡もあります。10mおきにあるテープを追いました。

 山頂へ近づくと高さ1mほどの笹藪出現。登山道は笹を迂回します。そして‥





 樹林の中、ブナに山頂1468m山名標を見ました。ここで満足して下山してはいけません。三角点と展望地へ向かいます。
(12:50)




 山頂から15分ほど緩く降り、三角点を見つけられず西の展望地に出ました。『変だ』戻るとテープが派手につく個所があります。

 南の笹分け道を潜ると‥ありました南峰二等三角点。さらに奥へ少し藪こぎすると‥
(13:10)
『残念』目の前の富士山が見えません。でも富士山の山肌にボコボコとおデキができたようです。
右上:片蓋山1468m、中央左上:弓射塚1565m、左端:長尾山1424m(青木ヶ原溶岩噴出火山)

どれも寄生火山です。ここから富士山噴火口を経由して線を延ばすと南東の宝永山に繋がります。
さらに延ばすと箱根へと続き、そのラインは、地中マグマの本管のようです。
中央の色が違う場所は野尻草原青木ヶ原溶岩流を逃れたススキ草原でいつか訪れたい。




 山頂に戻り、黄色のPPテープを辿って下山します。東南尾根1300mで無くなりました。そのまま林間を降ると‥

 何とランチした赤テープの所(5コマ前)に出ました。(13:45) そこから北西に谷を降ります。ここはカラマツの植林地のようです。
やがてブナ広場に出て車止めゲートを越え、溶岩大地をならした広い林道を辿ります。(14:05)
5分ほどで例の立派な石柱標が「天然記念物 富士風穴」立っていました。
左に折れ50mほど歩くと溶岩大地にメタクソでかい穴が開いています。直径40m深さ20mほど!

風穴とは‥溶岩は表面が冷えても内部はまだ高熱です。
外皮が破れガスや溶岩が噴出すると風穴になります。
洞窟内は夏でも氷が張るほど冷気を保ち、風穴に近づくだけで冷やっこい。入洞には届けが必要です。
(14:10)

ここから駐車地はわずかな距離。着いたら車にリュックを積みます。
『忘れてた。。。お握りもう一個残ってる』
(14:35)

 
東海岳行
  “水鉄砲” 

 先回の道草にも表しましたが、ようやく努力の甲斐あり子ネコが来なくなりました。すると鈴之助(小4)が遊びに来るとメールが入り、お菓子やジュースを買っておもてなしの用意をします。当日、ママ(私の長女)と『こんにちは』と笑顔で扉を開けて台所に来ました。

 たまたま用済みになった水鉄砲が食卓に置いてあり、彼は『お〜!!!』と目を丸くします。娘が言うには、いま羽島の小学校では、下校後子供たちが公園に集まり、水鉄砲で遊ぶのがはやっていてパパに買ってもらった小型の水鉄砲を持って毎日出かけているそうです。

 抜群のタイミングで鈴之助は来たもので我が家のネコ騒動を話してやり、『この水鉄砲はいらないからあげるよ』と渡すと大喜び。『外であそぼ』と言うので水鉄砲のタンクに水を入れ、空気ポンプの使い方を教えてやりました。彼は外で6mの飛距離を確かめるように打ちますが、物足りなそう。



 本当はもう一丁あれば、私と戦いができる、、、『家の水鉄砲持ってくれば良かったなあ』とつぶやく。友達はどんなのを持っているのと聞くと『みんな大きい』 私のは全長40cmくらいで『これならまあまあの大きさじゃないの。大きすぎたら重くて持てないよ』 

 『そうだけど、一番大きい人は肩から掛けている』 近くでおもちゃを売っているのはヤマダ電機です。二人でお店へ見に行くことにしました。気持ちがいいので二人で歩きます。まさかと思いましたが、おもちゃ売り場で探しても水鉄砲は品揃えになかったのです。

 翌日、彼は下校して友達と公園に行きます。手には今までの小型でなく大きくなった水鉄砲。テンションが上げて、打ち合うと全身ベタベタ。水鉄砲を両手に抱え、高速で走っていたら濡れた遊歩道で滑った。水鉄砲は前に落ち、走る勢いでそれを足で踏んづける。グチャッ!超あせる。



 しかし、グリップにひびが入っただけで奇跡的に全壊は逃れました。その後、遊具に乗って滑って落ち、手を怪我します。そりゃ濡れたら滑る。血だらけで家に戻るとママがメールを見せてくれます。

 私が写真を添付して送ったものです。そこには鈴之助が一番欲しがっていた肩から下げるタイプの60cm砲が写っています。私がドンキホーテで見つけて購入しました。今度、遊びに来たら一緒に打ち合うことができます。

 『遊び終わったらあげるよ』 鼻から血しぶきが飛ぶほど喜ぶ。

2014.06.23(月)23:00