岳行ノート

  みつがしらやま   ほうおんじさん
 三頭山〜法恩寺山 778m・1357m/福井県勝山市 

2014年7月22日(火)


蒼苔の絨毯、平泉寺白山神社

奥は拝殿(1859年造営)


 奈良時代、36歳の泰澄大師(タイチョウ)が白山を開山しました。平安時代になり、越前・加賀・美濃の三方から山頂に至る禅定道が開かれます。

 一番最初に開かれたルートが、越前の白山禅定道です。そこで今回、その起点の平泉寺白山神社から法恩寺山まで辿ります。

 平泉寺(ヘイセンジ)は、室町時代に僧兵8000人を数えるほどの巨大な宗教都市でした。1574年、一向一揆で破壊され明治に平泉寺白山神社になりました。



 境内は国史跡で杉の巨木・一面の苔・石畳の参道・数々の史跡と調べるほどに興味が膨らみます。東海北陸道の白鳥インターで下り勝山市へ走りました。



 教科書は、山と渓谷社刊「新・分県登山ガイド/福井県」です。参考書として多くのホームページのお世話になりました。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図



駐車場→白山神社本社→三之宮登拝口→▲三頭山→稚児堂→避難小屋→▲法恩寺山駐車場


※赤線はGPS軌跡  ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時00分発  曇り/26℃
駐車場:午前8時30分着  曇り/27℃ 
往:4時間15分(法恩寺山まで、小休止含)
還:3時間00分(ランチタイム除く)
◆所要時間:7時間15分 

 勝山城から東に進み歴史探遊館まほろば東の無料市営駐車場に駐車しました。ここから東へ200m歩けば、白山神社です。(8:55)

 すると道路横の石垣からニホンカモシカが飛び降りました。後方に湾曲したツノが見えます。コンクリートの坂に少し滑って森へ消えました。
いきなりのカモシカ出現は驚きますね。
旧玄成院庭園、御手洗池、拝殿などを一つ一つ見学するので時間がかかります。

更に参道を進むとうっそうとした杉、見事な蒼苔に夏の暑さが和らぎます。
この本社は、1795年に再建され総欅です。しっかり安全祈願して右に行くと‥
 一番奥の三之宮.への道に出ます。
 三之宮左に白山禅定道平泉寺登拝口。(9:20)






 .禅定道は、緩く登ります。杉林を行くと20分ほどで剱之宮(ツルギ)の祠。滑り出しは順調です。
(9:40)






 周囲は雑木林に変わり、日差しは届きません。1時間近く歩くと曲折点に三頭山分岐があるので左へ折れます。






 1分で三頭山三等三角点山頂です。北に切り開かれていて‥
(10:35)




 西日本最大級のスキージャム勝山のメイン施設が見えました。リフトやゲレンデは、右上へずーっと延びています。

 夏はパラグライダー、熱気球、マウンテンバイクなど東急の総合リゾート。未訪ですがくジャムカツの名はは聞いたことあります。






 標高770mの三頭山分岐に戻り、そこから芯を外した緩く長い尾根道です。2km先の林道まで80mしか標高が上がりません。






 ジャムカツから登って来た法恩寺林道を横断します。
(11:20) 




 すると右に小高い丘があり、登るとそこが稚児堂(チゴドウ)です。昔々、平泉寺の若者が娘(弁の君)とかなわぬ恋をしました。

 二人は滝に身を投げ、その供養の御堂跡です。少し先に弁ヶ滝分岐(伝説の滝まで540m)がありました。
(11:30)






 もう一度林道を横断すると広地に展望台。東に法恩寺山山頂が望め、その斜面にゲレンデが見えます。
(11:50)

展望台の先で別荘のように素敵な中の平避難小屋に出合いました。デザインが素晴らしい。
キッチン、トイレもあり2階建でベランダ付、、、悔しいけど我が家よりずっと立派です。
ここから10分ほど緩く登ると‥
(11:55)

 丸太の階段道になります。次は石を並べた階段。そして板の階段、これは濡れていてちょっと滑りました。今まで緩かったのが、ここでギアチェンジ。300mの標高を一歩一歩コツコツと上げます。途中、道がゲレンデに入るかと思いましたが、スキー場分岐で少しリフトの施設が見えただけです。 





 やっと傾斜が緩み法音教寺跡です。ここは白山登拝の宿舎・休憩所であったと考えられています。濁った池を過ぎれば‥
(13:05)




 三等三角点法恩寺山山頂。左奥に方位盤がありますが、すっかり曇って無用です。

 大長山、赤兎山、白山、経ヶ岳など四囲の展望を想像して遅くなったランチを手早くします。
(13:10)〜(13:25)

禅定道は、法恩寺山から白山礼拝、そして小原峠三ツ谷市之瀬などを経て
観光新道に近いルートで白山に達しました。雨が来たらいやなので早々に下山します。

 階段道で降られると最悪でしたが、この大ブナまでくれば大丈夫。三頭山までは殆ど水平の道です。
避難小屋(14:15) 法恩寺林道横断(14:40) 三頭山への分岐(15:15)




 三頭山への分岐から10分降ると往きに見た禅定道(左)と中部自然歩道(右)の分岐です。

 前者は尾根道、後者は谷道で、往きの禅定道ではなく中部自然歩道で下山しましょう。
(15:25)




 ところが、最初は良かったのですが、道は草に覆われ、沢のように水が流れ悪路に豹変。足元注意、進路探査、悪戦苦闘‥

 ぬるぬる、グチャグチャでとうとう転びました。手をついて難を逃れたのですが、その手にカメラが! モニターが傷つきました。




 この道がどこに出るか楽しみです。20数分、ようやく中部自然歩道の名とおりの道になりホッとします。

 左岸沿いに行くと拝殿の西に出ました。通路には蒼苔があり、踏んで歩くと上等な絨毯のようです。 


 幸い雨には振られず歴史探遊館まほろば前の市営駐車場に帰着(16:25)

 近くの市営第一駐車場へ走り、名物のソフトクリーム屋さん行きました。ジャージ牛乳100%の濃厚な味です。

 『この甘さ、癒されるなあ〜』山行の疲れが取れる‥いやこれぐらいでは取れないヘビーな疲労をお土産におうちへ帰ります。

 
東海岳行
  “城跡の憂い” 
「写真提供:吉田利栄」
 確か2年前の秋だったと思います。ナニコレ珍百景「雲海に浮かぶ天空の城・竹田城跡」が紹介されました。その幻想的な美しさは衝撃です。

 『行って見たい!』その思いを抱き、雲海の出現を調べました。11月が一番多く奇跡の9日間。城跡東南の立雲峡がビューポイントです。

 ライトを点け、50分かけて展望台まで登ります。夜明け前にその場へ着くには一泊する必要があります。雲海は朝霧ですが、発生するかどうかわかりません。



 よく考え、リスクは避けたいので雲海は諦め、普通に城跡へ行きましょう。しかし、気持ちがあっても動きが遅いお年頃です。今年3月、60年ぶりの遷宮を終えた出雲大社へ行くことになりました。帰路竹田城跡へ訪れるプランにします。事前に調べると3月20日が冬期通行止解除です。

 しかし、城跡に近い中腹駐車場は一般車両乗り入れ禁止になりました。朝来市(アサゴ)の発表では、昨年の入場者50万人です。因みに富士山の登山者は、2ヵ月間で30万人。以前は静かな城跡でしたが、今は全国一の山城遺構。50万人の足跡のため、地面を覆う草は無くなり、現在は土がむき出しです。

 雨が降ると草地が保水してたのですが、今では雨はすぐ石垣の間から流れ、土も一緒に流れ落ちます。そのため歯槽膿漏のように一部の石垣はカスカス・ぐらぐらになり補修工事が必要です。朝来市も日々押し寄せる観光客対策に城跡への交通方法を変更しました。



 行き方は、自家用車・天空バス・タクシーです。私は鳥取から車で入ります。とりあえず指定の無料駐車場山城の郷へ停めました

 そこで天空バスに乗ろうとバス停の時刻表を見ると、ありゃ! 1時間に1本。タクシーは竹田駅から客を乗せ走り過ぎていきます。

 城跡まで一方通行になり、タクシーは戻ってきません。山城の郷に停めた人は、老いも若きも歩きます。城跡まで標高差100mを40分。



 走る観光バスやタクシーを避けつつ車道を登ります。タクシーやバスは、右図の城山トンネルとトイレ間の中腹にある降車場まで行きます。

 そこから乗客は、城跡へ20分歩き、タクシーは竹田駅へ帰ります。私は午前中に山城の郷へ着いたので良かったのですが、午後になると駐車場は混雑し、500m遠いP3に駐車しなければなりません。そこから歩くと+10分。おまけにP3前で警備員が道路の車を停めるので渋滞します。

 タクシー・バスは警備員の指示で並ぶ車を抜かしスイスイ走る。さて城跡の楽な行き方。@竹田駅前から天空バス(乗車20分・徒歩20分) A竹田駅前からタクシー(駅前の無料駐車場は図の右端) B自家用車を駅前に停め駅裏登山道・表米神社登山道を歩く(40分) 夏はタップリ汗をかけますよ。

   絶景                                              石垣は補修工事中












 今まで城跡は登山で数々登りましたが、このロケーション、石垣の構成、展望の良さ‥竹田城跡は、充分行く価値があると思います。入場料は300円です。一番楽な生き方は、ツアーバスですね。

2014.07.28(月)00:05