岳行ノート
               ひ                    
火山 1379m/岐阜県高山市 

2014年10月24日(金)


笹の海 はかなげに散る 秋の色



 紅葉前線は、身近なエリアにも降りてきました。飛騨美濃せせらぎ街道が、見頃の知らせに以前から気になっていた火山傘山で紅葉狩りします。

 せせらぎ街道は、めいほう高原から高山市清見町の間は手つかずの自然が残り、素晴しいドライブウエイです。

 中でも西ウレ峠大倉滝は有名な紅葉スポット。9年前の秋、せせらぎ街道から入山し、西水源(ニシウレ)を周回しました。


 今だ紅葉に包まれた幸福感は記憶に残っています。では、あの感激を再び‥ということで東海北陸自動車道の郡上八幡インターを下ります。


 教科書は、中日新聞社刊「東海・北陸の200秀山(上)」です。参考書として多くのホームページのお世話になりました。
<駐車地>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図


駐車地→材木集積地→林道ミス→×林道終点/登山口→
笹薮突入→尾根出合→▲火山→展望台→登山口→駐車地


※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前7時分20発   晴れ/13℃
駐車場:午前9時40分着   晴れ/11℃
往:1時間45分(山頂まで、小休止含)
還:1時間10分(ランチタイム除く)
所要時間:2時間55分




 せせらぎ街道西ウレ峠から北へ1.5km。左の金山谷林道へUターン気味に折れます。未舗装道のコブに気を配り‥

 1qほど走ると左にスペースがあり、方向を変え置車しました。奥に数分歩くと‥
(10:00)





 広場の両脇を埋め尽くす材木の山。積み込み中のトラック横を抜けると‥




 林道の分岐に出ました。躊躇せず左を選んでゲートを越え辿ります。5分くらい歩くと方向性の違いに気づき戻りました。

 ここは右、川沿いの道を選ばなければなりません。


まるで川は五線譜、水の流れは爽やかなメロディ。
青空に漂う秋色のコーラスは、華やかなハーモニー。
25分ほどコンサートを楽しむと‥




 林道終点は、転回の広地になっています。奥に置かれた2本の丸太が登山口の目印です。左右に踏み跡があるので悩みます。

 通常は右の沢沿いを行くのですが、左の新道?を少し辿ってみましょう。
(10:40)





 踏み跡は一旦、この小沢を渡ります。赤テープは、右折して尾根を西へ登るよう誘導していました。





 程なくこの左の木に巻かれたテープ。次を探してもマーカーが見当たりません。前は笹薮です‥気合を入れて突入します。





 「笹薮と掛けて温泉旅館の大浴場と解きます。その心は‥平泳ぎできます」 笹の密度が比較的薄く、勾配もきつくありません。

できるだけ笹の少ない尾根芯を選ぶと、紅葉の彩に孤独な戦いが癒されます。
それでも、、、続・我慢大会!!!



 20分強かけ標高を100m上げると火山の南尾根に登りました。白山2702mが左端の木に隠れ、眺望は物足りません。

 さあ、北の山頂を目指します。笹が覆っていますが、尾根にはわずかな道筋があり歩きやすくなりました。
(11:15)

 笹の刈られた道に出合い東へ方向転換。先に行くとちょっとした空き地に山名板を発見しました。1380m火山に登頂。 (11:45)

 下に3等三角点があります。ここは樹林に囲まれ眺望がありませんが、東の斜面が少し良さそうなので行ってみます。でも立ち木が邪魔なのでさらに‥




 南へ藪を漕いで行くと広地があり、笹を少し潜ると伐採地がありました。まだ刈って間もないようです。

 樹木は完全に伐採されていませんが、東方面に‥
(11:50)  

素晴しいパノラマが拡がり、左端の笠ヶ岳2898mから右へ北アルプスの名峰が連なります。
右端が乗鞍岳3026m、左右に23kmの距離です。三千mの高峰ですが、冠雪は見られません。
さらに25kmの距離を右へ目を移すと‥




 御嶽山3063m。依然、最高点剣ヶ峰の右から噴煙が上がっています。剣ヶ峰の下のピークが川上岳(カオレ)1626mです。

 よい展望地がありスッキリしました。山頂へ戻り下山しましょう。
(12:00)





 紅葉見頃のせせらぎ街道と標高差300mあり。山頂辺りは落葉始まる。その北に笹を切り開いた道が延びています。




 数分、軽快に歩くと右への曲折点です。
(12:05)

 ゆるく降ると笹が増え踏み跡は薄くなり、赤テープを探します。

 このあとテープが消えました。登山道は谷へ降りるので方向を定め笹を分けます。


 すると草地の斜面に出ました。登山道が谷へ降っています。この道で登っていれば下山で迷うことはなかったでしょう。





 小さな沢の左岸に踏み跡があり、しばらくして渡渉して右岸へ移ります。





 10数分、沢道を降ると林道終点に着きました。ここから山頂までピストンしたら1時間程度ですが、私は2時間楽しみました。
(12:40)

林道を辿り、駐車地へ戻ります。車中ランチをしたら山目傘山1331mの準備です。
ポシェットをリュックに替え、地形図も差し替えます。時間が押しているので早々に出発。
(12:55)

 
東海岳行
  “いつからかテレビ愛知” 

 一昔前、テレビっ子の私はNHK教育テレビテレビ愛知にチャンネルを合わせることは殆どありませんでした。ところが最近、ふと思ったのですが、いつからかテレビ愛知の番組を好んで見ています。その好きな番組のテーマは「日本の中の世界」「世界の中の日本」です。日本の良さを再認識させてくれます。

 代表的なものは、前者が「YOUは何しに日本へ?」で後者は「和風総本家」です。今回は「YOUは何しに日本へ?」を取り上げてみました。空港にいる外国人に番組スタッフがマイクを出し『ジャパニーズTV、インタビューOK? YOUは何しに日本へ?』と尋ねます。

 インタビューだけで終わるYOUが殆どです。たまにそこで芸を披露するYOU‥歌や武道、ダンスやモデルのウォーキング。そして気になる返答‥例えば「婚約者の両親に挨拶に来た」「自転車で日本を走る」「親子で富士山に登る」など答えたYOUに密着取材をお願いします。



 その時はOKしても約束の日にドタキャンするYOUもいます。そんな所はリアルですね。MCのバナナマンがそのビデオで見る前、見た後に感想を言います。設楽・日村コンビです。二人は昨今では珍しいことですが、相方をいじりません。また上げ足を取ったりしないので嫌みのない笑いを作っています。

 ナレーションは、何とボビー・オロゴンの担当です。外国人独特の喋り方で番組に国際色を付けているのではないでしょうか。この番組に出るYOUは心の底から日本が好きです。風景や食はもちろん人の親切・優しさ、文化に敬意を払い日本をエンジョイします。

 この番組で知ったことも多々。フリーメーソンの行事に参加するYOUについていき、パーティに潜入したのには驚愕しました。米国の多くの大統領も入っている謎の結社ですよね。また伝説の忍者初見先生(83歳)がYOU達に指南する武神館も驚きました。道場で正座する100人近い生徒はYOUばかり。



 空港で日本のお土産でをYOU達に見せてもらうこともあります。お菓子が多く、最近は抹茶味が人気があります。ある時、スタッフが待ち合わせで街頭で待っていました。

 YOUが背中に何かを背負ってやってきます。何か尋ねると『侍の刀だ』とい言い佐々木小次郎のように背中から抜きました。お土産の傘でした。思わず笑いましたが、私も欲しくなり長刀ではなく短刀の折り畳み傘↑を手に入れました。

 そんなわけで毎週、月曜日ひよこさんと午後7時57分からの放送を楽しみにしています。

2014.10.26(日)23:35