岳行ノート
平家岳 1442m/福井県大野市 

2014年10月29日(水)


霜晴れ、登山道は季節の境界


 岐阜・福井県境の平家岳は、奥美濃の最奥部にあります。岐阜から登れば7時間もかかってしまいますが、福井から辿れば3時間20分です。

 平家の落人伝説があり、福井県内でも奥深い山の一つです。東海北陸自動車道の白鳥ICで下り、県境を越え、九頭竜湖に架かる↓箱ヶ瀬橋を渡ります。

 瀬戸大橋の試作に施工された橋ですが、朝霧に包まれていました。橋を渡り右折し面谷(オモダニ)沿い、林道のフラットダートを6km南下します。

 面谷鉱山跡に来ると道に流水用の深い溝があり走られません。


 野良人さんと近辺に駐車地を探します。平安時代中期1058年の文献に残るほど古い鉱山跡です。

教科書は、中日新聞社刊「東海・北陸の200秀山(上)」です。参考書として多くのホームページのお世話になりました。
<駐車地>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図




駐車地P


面谷登山口

巡視路合流点

28A〜32A鉄塔

巡視路分岐

井岸山

平家岳

面谷登山口

駐車地P



※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点


■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前5時分35発   晴れ8/℃
駐車場:午前8時10分着   晴れ
往:3時間35分(山頂まで、小休止含)
還:2時間25分(ランチタイム除く)
所要時間:6時間00分



 鉱山の最盛期は明治22年〜大正6年頃で600戸・3000人が暮らすほど。山肌には不思議に草木がなく荒涼とした異様な光景です。

 道脇のスペースに駐車しました。写真右下に道を切る溝が写っています。快晴の空に二人は意気揚揚と出発すると‥
(8:25)

 面谷林道の左手に墓地がありました。大正7年スペインのインフルエンザが集落に襲来、90人が亡くなりました。4年後の大正11年閉山されます。

 10分で林道終点となり、そこが登山口です。右に広場があり、溝がなければここに駐車する予定でした。秋色の並木道が嬉しいですね。





 やがて流れの少ない面谷川を渡渉します。以前は鉄橋が架かっていたのですが、流されたようです。
(8:50)

支尾根の道は中々急勾配ですが、高度をどんどんあげていきます。
周囲で秋色は気楽に散らかり、私たちがカメラを向けるのを待っているようです。






 とんでもなくこの大きなヒノキ。この辺りの主かもしれません。





 ミズナラの3差路に出て九頭竜湖から来た鉄塔巡視路(右方面)に合流しました。左折して巡視路を辿ります。
(9:55) 





 「もみじ」といえばと手の平を広げた形の葉を思い浮かべますね。カエデらしいカエデヤマモミジがいい色を出しています。





 最初の28A鉄塔に出合いました。素晴しい展望です。鉄塔の右に百名山荒島岳1524m、経ヶ岳1625m‥
(10:30)

そしてさらに右に目を移すとと北に40km離れた、どうどうの日本三霊山白山2702m(右端)。
まだ冠雪が確認できません。左端が経ヶ岳1625m、その右にが赤兎山1629mです。




 その後も29A〜30A鉄塔と巡視路を辿ります。電源開発()が九頭竜ダムで発電した電力を関西電力へ送電するものです。

 46年前の1968年から運用開始され、もう半世紀近い。



 小平家のピークは右から迂回。南西斜面にある31A鉄塔を過ぎると行く手に2つの並んだピークが見えます。

 左が井岸山で右が目指す平家岳です。まず左の尾根で井岸山へ登り、稜線を右へ歩きアタック。
(11:10)




 一旦70mほど降り、登り返すと巡視路分岐です。左へ降れば、巡視路が美濃平家岳1450mへと案内してくれます。

 その山は往復2時間なのでさっさと諦め、右を選択して登れば‥
(11:35)





 そこは井岸山1410m、平家岳と勘違いする騙しピーク。山頂は次のピークです。
(11:45)

気を取り直してコルへ降ります。
一直線に描かれた道はアッタクロード。急登ですが標高差50mです。





  登り着くと5人のパーティが出発準備中でした。まずは展望を楽しみ席を開けて戴いたのでランチにします。
(12:00)〜(13:00)





 東に70km、御嶽山3063mをズームしました。噴煙が4本昇っています。四囲の景色を堪能したら下山しましょう。



 北に降ると白山が真正面です。道は左端の陰、奥に鉄塔とそこに向かう送電線が見えます。

 その下も見て下さい。送電線にかからないよう多くの樹木が伐採されています。草原に散らばる白い枯れ木は墓標のようです。

 中にはそれががオブジェのようにも見えます。これはドラゴン。30A鉄塔(13:55)

 これは青春の門。え?天国の門‥『失礼な』


 西からの順光を受ける紅葉のトラバース道。
今日は、雲を探すのが難しい青空でした。



 登山口を過ぎ面谷林道を歩くと3年前できた堰堤。崩れやすい山肌の土砂が、ダム湖を埋めないよう川を守っています。

 面谷鉱山には銅の精錬所がありました。その頃の煙害の影響で山の樹木が今だに生えないのでしょうか。
(15:25)

 
東海岳行
  “朝食パラダイス” 

 テレビ愛知の平日23時WBSは、毎日録画して見ています。(因みに松本人志も同様だそうです) さて我が家の朝食は、パン食です。スーパーのPB(プライベートブランド)商品は安いので長く愛用していました。残り少ない人生、美味しいものを食べましょう。ということでまず食パンを変えました。
 WBSは経済ニュース中心なので新しい商品をよく紹介します。そこで紹介された敷島製パン超熟を購入しました。何でも量産化が困難だった湯種製法で作られたそうです。やわらかく、しっとりとしてもっちり感があり実に美味しい。その後、超熟ライ麦入りが発売されました。

 そのライ麦の香ばしい風味とプチプチ食感がたまらなくもう普通の食パンには戻れません。トースターで焼いたパンにはバターが合うのですが硬いので雪印ネオソフトマーガリンを塗っていました。するとWBSバター入りマーガリンが紹介されました。



 明治乳業バター50%ブレンドです。塗る時の柔らかさはマーガリンと変わらなく、風味や味はバターのようで気に入りました。ある日、WBSアヲハタジャム「まるごと果実」が東京で人気があると言っています。

 ジャムは普通、砂糖を混ぜて甘みを出します。この商品は砂糖をいっさい使わず果物の持つ甘さを引き出しているそうです。わが街のスーパーに並んでいなかったので隣街のイオンに行くとさすが、量も多く何種類もありました。

 嬉しくなって大人買いしてマンゴアンズイチゴなど1瓶づつ購入します。結論、ブルーベリーが私に合いました。これをバター付きの食パンに塗ります。パンを咬みながら牛乳を飲むと色々な味がミックスされ口の中はパラダイスです。



 朝食に腸の調子を整えるヨーグルトは欠かせません。森永乳業ヨーグルトビヒダスを1ポット食べます。一般的にヨーグルトは蓋をめくると裏にベッタリヨーグルトが付くので舌で舐めなければいけません。箱を振ってもビヒダスの蓋には絶対つかない。これはテレビで何度も紹介され有名です。

 蓮の葉が水をはじくことににヒントを得て、蓋裏に微小な突起がありはじきます。この商品もいくつかの種類がありますが、私の1位はナタデココ入りです。歯ごたえの無いヨーグルトにコリコリ食感を与え、気分よく食べられます。

 他には季節の果物がありますが、巨峰マンゴ、メロンといったきつい価格のものは食べません。主にグレープフルーツ、リンゴ、カキといったお値打ちなものが日替わりで並びます。朝食は、毎日同じようなものですが不思議と飽きませんね。
2014.11.09(日)23:45