岳行ノート
             イリノヤ ヤマ 
入野谷山 1773m/長野県伊那市 

2014年11月19日(水)


日本の屋根を見る草原



 ある日、テレビの旅番組を見ていたら伊那市のゼロ磁場分杭峠(ブングイ)を取り上げていました。登山の帰りに寄ろうかとネットで調べます。

 1995年、ゼロ磁場の気場が発見され、パワースポットとして大ブームになりました。2010年には10万人もの訪問者。しかし、最近はその1/4まで減少しました。

 そこで伊那市と地元有志が、新たな魅力作りに分杭峠から登る入野谷山のルートを整備します。それは2013年11月に完成しました。


 北・中・南のアルプス展望が素晴しいというので落葉・冠雪の時期まで待ちます。そして野良人さんと好天気の日に出かけました。


 中央道の駒ヶ根インターで下り、県道で東進。国道152号線に出合い右折して分杭峠へ走ります。

 教科書は、長野日報「入野谷山登山道完成2013.11.23」です。参考書はヤマレコ「中央アの展望台入野谷山稜線」のお世話になりました。
<駐車地>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図



駐車地

秋葉街道

鹿除けネット

結の桂

光のテラス

入野谷山

展望地

反射板/三角点
(ランチ)

水場

鹿除けネット

登山口

気場

分杭峠

駐車地


※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前5時30分発   快晴/6℃
駐車場:午前8時20分着   快晴/0℃
往:3時間25分(反射板/三角点まで、小休止含)
還:2時間20分(ランチタイム除く)
所要時間:5時間45分




 伊那市側の分杭峠は駐車禁止。峠は大鹿村との境界であり、国道で南の大鹿村側へ下ったスペースに置車しました。

 200mほど登って分杭峠へ戻ります。
(8:30)



 峠の少し高い所に「分杭峠/標高1424m」の案内板と石柱。そこは笹の斜面で取りつく登山道はありません。

 左の林道ゲートや周辺を探しましたが、結局、登山口は見つからず峠の南へ100m歩くと‥




 秋葉古道の案内板がありました。ここから山腹を右から回り込み、尾根へ登られそうな個所を探します。伐採された斜面を急登し‥

 尾根に出ると鹿除けネットが通せんぼ。その向こう側に登山道が見えます。ネットの鉄柱が折れた所があったので、潜って‥




 登山道に降りることができました。進むとすぐ開閉ゲート。紐をほどいて入り、入ったら(写真のように)閉めます。

 しかし、この道はどこから来たの? 登山口はいずこ? 下山の時、この道を降って確認しましょう。
(9:05) 



 しばらくカラマツ林を進むと登山道は山腹を左カーブします。昨夜、粉雪が舞ったようです。「結の桂」と呼ばれる所に出ました。

 2本のカツラの巨木が上下に寄り添って立っています。結(ユイ)って作業をお互い助け合うことですね。
(9:30) 



やがてトラバースの道は慎重さが必要となります。
野良人さんのいる谷にわずかな流れがありました。
下に水場の標識があるので帰りに探してみましょう。

 ここを過ぎると急斜面のジグザグの登りに変わり‥



 高度を上げれば、標高1660mの尾根出合です。道標が左「光のテラス」、右「入野谷山」となっています。
(9:50)

 まず左へ行ってみましょう。気温計は0℃を指していますが、無風で葉の落ちた混合林の見通しは明るい。

 細尾根を北にシンプルに進めば、ほんの10分で小広い「光のテラス」1167mに到着。樹間に中央アルプス乗鞍岳が見えますが、葉の無い小枝が五月蠅く写真になりません。↑北に10q先の美和湖(ダム湖の)が望めます。桜で有名な高遠城址は、あの湖の400m下流です。ここをUターンして‥ (10:00)



 尾根出合の道標まで戻り、更に南の山頂へ向います。気持ちよく100mほど標高を上げると2等三角点山頂1773mです。
(10:30)

 ここまで道標とテープがあり、踏み跡も明快でした。この先は「絶景の峰へ1.4km 道違いに注意!」だそうです。



 テープは付いて境界の鉄杭も道しるべになりました。露岩地を抜けると樹木がまばらになり、笹が出てきます。

 ポ〜ンと視界が開け広大な笹原出現。左端が登山道で中央に見える筋は獣道です。右ピークが絶景峰だ!

雲一つない青天井に日本の屋根、中央アルプスの銀嶺
その右に乗鞍岳北アルプス、振り返れば南アルプス、まさに絶景峰1840m。
この辺りは牧場の跡地、澄み渡る空のお陰で大パノラマが満喫できます。
(11:10)

 カメラを西の中央アルプスから西北に転じれば、左に雪峰乗鞍岳3026m、右が穂高連峰です。中央は経ヶ岳2296mで下に伊那谷が見えます。

 振り返れば、ほんの10km東に「南アルプスの女王 仙丈ヶ岳3033m」 百名山と花の百名山に選定されていますね。この峰と標高差1200mです。



 絶景峰でクリアな眺望を楽しんだら南にある三角点まで足を延ばします。登山道にはテープは殆どなく道標もありません。

 獣道のような道です。時々の境界鉄杭が、安心感をくれます。笹の斜面を登ると‥
 ピークには、建設省の高さ10mの反射板が2基建っています。中央、笹の中に点名「葉沢」の3等三角点。

 野良人さんがキジ撃ちを済ませたらランチ。『これどう』とつまんで渡すビーフジャーキー。食べると板のように固い。

 袋の賞味期限は1年前! 『大丈夫、熟成したと思えば』まあいいか‥でもつまんだ指は、キジ撃ち鉄砲をつまんだ指だ!
(11:45)〜(12:45)

 そんな笑い話もありーので下山します。途中、東南に南アルプス。中央右が間ノ岳3189m、左端は北岳3192mです。3000m超が当たり前のように連なり、

 南を見ると左が塩見岳3047m。中央右は、稜線続きの二児山2243mです。






 気温は18℃まで上がりました。再び絶景峰、笹原を気持ちよく降ります。ダケカンバの森の左は戸倉山1681mです。
(13:25)



 入野谷山を過ぎ(13:55)、尾根出合の道標から急斜面を降ります。(14:05) 6コマ目のトラバースの道に出たら、、、

 水場の標識まで降り周囲を探すと、斜面に「希望の泉」と名付けられた湧水を見つけました。ゼロ磁場にある水場の源流です。
(14:15) 




 カラマツ林に戻り、鹿除けネットを開閉(14:35)。そこから正規の登山道を辿ります。

 するとすぐ「風の丘」という爽やかな名の場所に出ました。ここから北側の急斜面をジグザグ降りると‥



 林道沿いに鹿除けネットを見ると登山口がありました。林道を右に500m行くと「気場」の水汲場。左に200mで分杭峠です。

 2コマ目の写真左側にこの林道の入口が写っています。『案内がないとわからんなあ』雪が積もれば登山口は閉鎖されます。
(14:45)

林道入口の100m手前に気場へのショートカットがあったので降りました。
すぐバスの転向場に着き、案内を見て手摺りの道を100m進むと‥ありました。
谷合のパワースポットには、階段状に丸太のベンチが設けられています。

意識を集中すれば、手の平が温かくなったり、指先がピリッと感じるかもしれません。
ここに佇めば、あなたは癒され、幸せになる、、、ことを信じて静かに立ち去ります。
(14:55)

駐車地着(15:05)

 
東海岳行
  “3Dマッピング” 

 何年か前、テレビで見たのですが、欧州の古い建物に映像を写し、柱が回ったり窓を開閉させたりする自由自在な動きに新鮮な驚きを覚えました。3Dマッピングと呼ばれ1昨年、JR東京駅で映写されたときは大変な騒ぎになったようです。昨年は大阪城でも行われ好評で今年も実施されます。

 そろそろこの地区でもやらないかなと思っていたら、蒲郡市のラグーナテンボスから日本初の2大3Dマッピングを11月14日からスタートすると発表されました。行きましょう。3Dマッピングは夜行われるので、のんびり出かけられます。蒲郡は久しぶりなので「清田の大樟」(セイタノオオクス)幹周14.3m、樹齢1千年にご挨拶。

 市内のうどん屋でアサリノリの入った「ガマゴリうどん」でランチしました。午後1時半にラグーナテンボスの駐車場(¥800)に着き、入場券(¥2150)を2人分購入。ゲートを潜ると石造りの建物が囲むスクエア広場(下中)です。ここで日本初の360度3Dマッピングが行われます。


 まだお客さんはだれもいません。ここでプールで行うウォーターマッピングのプレミアムシート券(¥500円)を2枚購入します。すると案内の娘に『エンターテイメントショーが、間もなく始まります』と誘われました。そこは建物の1階ですが、劇場ではなくスーパーの催し物会場のようにオープンな場所です。

 4人座りの木製ベンチが30脚くらい置いてあり、私たちは一番前に陣取りました。ショーはクリスマスを待つ気持ちを7人の若い女子が25分間歌い踊ります。ほんの2m先で演技するので迫力があり見入ってしまいました。実に一生懸命、よく練習したようで笑顔を振りまき、踊りも構成もばっちり、ノーミス。(上左)

 劇場でやらしてあげたい。歌は口パクなのが惜しい。次に場所を変え、やはり屋内ですがオープンな場所で、ぬいぐるみのキャラクターショーを見ました。(上右) 子供だましと思っていたら、全員手を抜かず踊って演技して奮闘努力するので拍手拍手。ユーモアを入れるともっと楽しめるでしょう。

   

 園内を散策したりコーヒーを飲んだり時間をつぶすと宵闇になりました。プール前のクリスマスツリーのライトアップセレモニーが始まります。かなりお客さんが入ってきました。キャラクターショーのぬいぐるみが来て一生懸命踊って盛り上げてくれます。おじさんは、彼らの健気さでいとおしくなります。

 プールの水上に「光の宮殿」のイルミネーション。(上左)音楽も流れロマンチックです。イタリアンレストランでスパゲティー。今日は麺ばっかり。食事後3Dマッピングを楽しみます。実は食前に広場で見たので2回目は2階にしました。(上右)360度の映像は人間の眼では見えない。2階は空いています。

 ケンタウルスが1周飛んだり、光の粒子が降ったり、巨大な手が建物を壊したり綺麗で見ごたえ充分。あっという間の7分間でした。土日の夜は駐車場も一杯、ここも一杯だそうです。すぐウオーターマッピングのプレミアムシート入口に行くともう50人くらい並んでいました。

   

 私たちの服装は完全防寒ですが、全員にひざ掛けを渡されます。係り員が誘導して早いもの順ですが、正面でまずまずのいい席に座れました。階段状のシートは、4ブロックに分けられ定員は4〜500人ほどでしょうか。ここに座らないとショー全体が見えないと事前に売店の女子が教えてくれました。

 始まると大音量の音楽、歌手が船の上で歌います。大きなバルーンが突然膨らみ始め映像が浮かびます。噴水が踊り、霧に写る人魚が泳ぐ。(上左)レーザー光線がきらめき、噴水の中からダンサーが現れ、水上を歩き中央でくるくる踊る。(上右) 壮大で荘厳な15分間です。やはり人間が演技すると感動が大きい。

 ラグーナは経営が良くなく8月にHISに再建をお願いしました。長崎のハウステンボスを生き返らせた手腕を買われたのでしょう。HISの社長の息子が『私がやります』と言って指揮を執っています。ショー自体は一級品です。テーマパークのトータルな色付けをどうするか楽しみです。期待してます。

2014.12.05(木)23:45