岳行ノート

               オダニヤマ
小谷山  495m/滋賀県長浜市


2015年7月11日(土)


堅固な小谷城

現在地から反時計回りに周回、右の尾根は遺構が続きます)



 2011年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」が放送されると小谷城跡に観光客が押し寄せました。その様子を知り、小谷山の登山は控えます。

 ドラマの主人公(ゴウ)は、浅井長政の三女で小谷城で生まれました。1573年8月の「小谷城の戦い」織田信長浅井長政の間の激戦です。

 もう観光客は多くはないでしょう。実は、12日前の6/29に小谷山を周回したのですが、過って全画像を消去してしまいました。


 今回は小谷山パート2です。先回、出合った少年のことを描きたくて出かけました。周回に都合のいい小谷城戦国歴史資料館駐車場から出発します。

 北陸道長浜インターで下り、県道510号線で北上、多くの幟が立つ道を奥に走ると‥
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図


歴史資料館駐車場

追手道登山口

望笙峠

番所跡

赤尾屋敷跡

本丸

京極丸

大石垣

清水谷分岐

小谷山

福寿丸

山崎丸

排水池

歴史資料館駐車場


※赤線はGPS軌跡
●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前7時50分発    曇り/26℃
駐車場:午前9時20分着    曇り時々晴れ/29℃
往:2時間35分(山頂まで、小休止含)
還:1時間15分(ランチタイム除く)
所要時間:3時50分




 小谷城戦国歴史資料館の登山者用駐車場に車を停めます。北に延びる清水谷の奥には、小谷山が堂々の佇まい。

 駐車場の反対、東側に追手道(オッテミチ)の登山口があり、そこから入山します。
(9:35)





 登山道は樹林の斜面を登り、やがて尾根道に出ます。林道に2度接すると望笙峠で一服してトラバースの道を行くと‥
林道終点です。そこの小谷城跡の大絵図前で男の子が着替えをしていました。
お爺さんと二人で来て何と鎧を着ています。彼は小学5年生、驚くことにきっちっとした鎧は自作です。
更に烏帽子をかぶり正装になったので私はお二人の写真を撮ってあげました。

少年ジュン君が日本百名城の本を見せてくれ、スタンプラリーしながら、もう34城を巡ったそうです。
お爺さんが、嬉しそうに色々話してくれました。私が5年生の時は、、、ただのテレビっ子でしたね。
子どもの頃、夢中になれるものが有るのは素敵だ。さてこの奥は番所跡で登城者の検問所です。
(10:15)





 この出会いの写真を消してしまったのが残念無念。次はお茶屋跡、その名には似つかわない軍事施設がありました。
(10:20)



 しばらく遺構巡りです。進むと手前に馬洗池、奥の広場が土塁に囲まれた御馬屋。名前通り馬小屋があったかは不明です。
 
 里から200m上りますので、偉い侍が徒歩で上がって来たとは思えません。次に向かうと道脇に‥
(10:25)
 首据石。敵に内通していた家臣を断首してここでさらしました。この先に分岐があり、右へ折れ、山腹道を奥へ行くと‥
 浅井氏の重臣、赤尾氏屋敷跡です。本丸直下にあり、兵に攻められた浅井長政は、ここで1573年9月1日に自刃しました。享年29歳。(10:35)



 分岐に戻り、西の桜馬場へ行くと「江〜姫たちの戦国〜」の撮影写真が掲示されています。

 ここは展望の良い場所で長政と妻のお市琵琶湖を眺めるシーンが撮影されました。

折角の展望は霞んでいますが、上に琵琶湖が広がっています。その中央右寄りに小さな竹生島197m。
左端の虎御前山224mは、信長小谷城を攻めたときの拠点です。
右上が山本山324mで小谷の支城で山本山城がありました。『言いにくい』




 更に進み、12mの石垣の上の本丸跡に登ります。長政が居住していました。振り返ると歩いてきた大広間跡が見えます。

 長さ85m、幅35mと山中にしてはとても広く。当時を想像した‥
(10:55)



 イラストです。これが要所要所にあるのでイメージを描きながら遺構巡りができます。

 ところで浅井長政は、信長の妹・お市を正妻としていたのになぜ信長に攻められた?



 本丸を降り、左へ回込むと深さ10m・幅15m・長さ40mの大堀切秀吉が急傾斜の清水谷を登りここから攻め込みました。

 右の本丸長政がいたのですが、まず左の久政(長政の父)がいた京極丸を急襲。左右を分離させる秀吉の戦略です。
(11:00)





 攻め込まれた京極丸跡大広間跡に次ぐ広大な曲輪です。8月27日秀吉に攻められた久政は、奥の小丸で自刃しました。

小丸から指標で右へ回り込むと大石垣小谷城でもっとも壮大な石垣です。
高さ5mあり、自然石をそのまま積み上げた野面積みでしょうか。
戻って最奥にある標高400mの山王丸を過ぎると遺構は一旦消え登山道を降ります。
(11:30)





 里に散らばっていた六つの寺院の出張所六坊跡を過ぎると清水谷分岐です。直進して長い丸太階段を登ります。
(11:40)



 分岐から東尾根を歩き、暑さがしのぐ緑陰がありがたい。途中、岩尾の標柱があり、そこから東南展望が広がります。

 左端上に伊吹山1377mが見えるはずですが、雲の中。手前は小谷山を水源とする西池です。
 城跡を離れて35分、↓待望の小谷山495m三等三角点到着。小広場ですが展望はありません。下山は写真奥を左に降ります。右へ行けば、写真右の最高点山頂です。↓ ここに初代浅井亮政が、大嶽城を築城しました。信長に攻められたときは朝倉氏が守備していたのですが落城しました。 
 浅井長政信長の妹・お市と結婚したのですが、朋友朝倉氏信長に攻められると義に基づき越前の朝倉氏を味方したのです。それで小谷城信長に攻められたのですね。山頂近くで8コマ目の桜馬場と同じアングルの眺望があります。三角点のベンチでランチにしました。
(12:10)〜(12:30)





 さて三角点からは南の尾根を降ります。遺構案内はありませんが、周りは整地された何かの跡が続きます。



 やがて福寿丸跡小谷城の戦いの1年前、朝倉氏浅井氏を加勢するために築いたと考えられます。
(13:00)

 15分降ると同様の遺構山崎丸跡。さらに15分降りれば‥





 水道施設の排水池に出合いました。右から回り込み、舗装道を降れば清水神社の鳥居です。左折すれば‥
(13:30)

清水谷の入口、大手門でシャッターを押し奥の小谷城戦国歴史資料館駐車場へ歩きます。
山城の遺構がよく残り整備されていました。信長が一度は攻めるのを断念した堅固な山城です。
そういえばあの少年、興奮していたなあ。愛車に着くと気温は33度。『アイス食べなくちゃ』
(13:55)

 
東海岳行
  “ピンチ” 

 子どもが幼い頃は、幾度かピンチに出合います。時には命に係わるピンチもあり、そのときの親は我が子を守るため必死です。長男の私がまだ5歳の頃、三男の弟がやっと歩けるようになえりました。畳の上に落ちていた5円玉(右写真)を手に取り、すっと口に入れます。すぐ呼吸困難になり苦しむ。

 『かあちゃん!! たいへんだ』私が大声で叫ぶと台所から母が飛んできて『どうしたの』と聞く。『おかね、たべた』 母はすぐ弟に醤油を飲ませました。しかし事態は変わりません。弟は息が出来ないようで顔は真っ赤です。

 母は彼の両足をつかみ逆様にして上下に振りました。すると『ウゲッ』と口から5円玉が吐き出され、弟は救われたのです。その時の母の必死の形相は、今でも記憶に残ります。え〜ここから先、エグイ話なので嫌いな方は何卒読まないで下さい。



 さてテレビ「世界の果てまでいってQ!」で「お祭り男」として老若男女に人気の宮川大輔が、オフの日、幼子の手を引き川に遊びに行ったときのエピソ−ドです。小さな子供でも安心して遊べる親水広場があり、チャプチャプしていると子どもが『運古したい』と訴えました。近くにトイレはありません。ピンチ!

 『あそこでしようか』『いや!』周りに人がいる所でパンツを下ろすのが恥ずかしいようです。『運古でる』 仕方ありません、彼はパンツの後ろからに手を入れ『ここにしなさい』と言いました。手の平にヌ〜っと柔らかく暖かいものが乗ると彼は思わず『ウエッ!』とえづきました。

 テレビならキラキラのモザイクが入るところです。彼はそーっと手を出して何食わぬ顔で川の流れでそれを処理し、手に残ったものは石になすって取ります。『ほんと、大変だった』血を分けた子だからできる行為だと言いました。



 我が家の子供が、赤ちゃんのころ離乳食を始めました。スプーンで少しづつ与えて様子を見ます。しかし、腸が驚いたのか便秘になりました。赤ちゃんは顔を真っ赤にしていきむのですが出ません。『ふぎゃー』 ひよこさんが心配そうに『どうしよう』と困った顔。

 私がお尻を広げ覗くと出口に固まったものが見えます。赤ちゃんのものだといっても綺麗なものではないし、箸でほじくってみようかと考えましたが、万が一にも腸に傷を付けたら大変です。『よし』と覚悟を決め、ひよこさんにお尻を広げてもらい私が小指の先でほじると幸い固まっていたのは出口の所だけ。

 それを取ると『ほぎゃー』と大声で泣き、残りがスルスル排出されました。二人は『あ〜良かった』と安堵。血を分けた子だからできる行為です。そんなことがあっても『お父さん、お母さんが、健やかに育てられたことに心から感謝します』なんて言う人が現れ、子どもは結婚して家を出ていきますよね。

2015.07.20(月)00:15