岳行ノート

             ミズガキ                        ホクト
瑞牆山  2230m/山梨県北杜市


2015年7月27日(月)


大ヤスリ岩

(今日はクライミングしてる人はいません、30m〜40mあるそうです)


 2年前の夏、長野・山梨県境の金峰山(キンプサン)を登頂した時、尾根伝いに瑞牆山の荒々しい岩峰を眼下に望みました。標高差は365m。

 『次はミズガキだな』と心に記したのですが、中々タイミングが合わなく、ようやく登ることになりました。同じ思い入れを持つ野良人さんと二人旅です。

 花崗岩の岩山で鋸のようなギザギザ稜線に登高意欲が湧きあがります。百名山のブランド山です。「瑞牆」は読み方は難しく、書くことは不可能。


 意味は神社周囲の垣根のことです。当然、山岳信仰の山で大小の奇岩には弘法岩・弁天岩などの名が付けられています。

 中央道の長坂ICで下り、県道32号線で東の塩川ダムへ走ります。山並みを抜けるとみずがき自然公園です。

 教科書は「山梨県公式HP」です。参考書として多くのHPにお世話になりました。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図



みずがき自然公園

駐車場

みずがき林道終点

不動滝

ししくい岩

瑞牆山

桃太郎岩

富士見平小屋

富士見平林道

みずがき林道分岐

天鳥川渡渉

みずがき自然公園

駐車場


※赤線はGPS軌跡
●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前5時50分発    晴れ/27℃
駐車場:午前9時30分着    晴れ時々曇り
往:3時間35分(山頂まで、小休止含)
還:2時間50分(ランチタイム除く)
所要時間:6時25分

中央道を走るとは八ヶ岳、南アルプス、富士山と大パノラマ、今日はいい山行ができそうです。
広い駐車場には十数台が停まっています。寝坊して慌てたので新GPSの充電池を入れ忘れました。
立派な管理棟があり、尋ねると奇跡!単三電池を売っていました。標高1420mから出発です。
(9:45)





 駐車場から北へ辿ると林道終点に10台が駐車中。岩登りやピストンの人でしょう。指標「不動滝→」を見て曲折します。
(10:10)





 道は山道に変わり、すざましい巨岩が次々と現れました。全容を撮れません。やがて不動沢に入り左岸を歩きます。





 連日の真夏日。沢沿いは涼しいなあ。リュックの気温計を見ると何と22度です。沢道は勾配が緩く、いい感じで渡渉。
(11:00)



 右岸を歩いて行くとベンチの小広場があり、奥に不動滝。落差18mあり、一枚岩をえぐり2段で落ちています。

 上段の滝壺は、場所を変えると覗けました。どれほどの年月をかけ、岩は削られたのでしょうか。
(11:20)





 岩ゴロの道は歩きにくい。やがて左岸へ渡りかえすこの地点。かなり上流に来たので水量は減りました。
(11:30) 

渡渉して数分歩くと夫婦岩に出合います。左下に野良人さん、、デカイ! 進撃の巨人夫婦だ。
この形は世界遺産になった伊豆の国市の韮山反射炉に似ています。
(11:35)



 シャクナゲの道を行くと、岩壁に補助ロープが張られたししくい坂です。満開のころは楽しい山行になるでしょうね。
(11:50)

 矢立岩・摩天岩、そして王冠岩の奇岩群を過ぎると道方向は、南東から南西に変わります。



 弁天岩で標高は2000m。この高さは久しぶりで呼吸が苦しくなってきました。心臓がドクドク高まると止まります。

 こうなると斜度がきつく感じ足が出ない。スーパー健脚の野良人さんはガンガン進む。1時間ガンバルと‥

針葉樹林から抜け出ると大岩頭の2230m山頂。深呼吸して酸素補給して広大な展望を味わいます。
右奥、北西の八ヶ岳は雲を被り、南西の南アルプスも同様。でも高速から見たので全然平気です。

風の当たる場所に陣取ってランチにしました。
食後、三等三角点を二人で探しましたがありません。(後日、地理院HPを見ると「亡失」)
(13:20)〜(14:30)






 期待の展望は、南東4kmの百名山金峰山(キンプ)2599mです。右の五丈岩の方が、左の山頂より若干高いように見えます。

 山頂から見下ろした大ヤスリ岩(TOP写真)の横を通り南へ下山します。





 巨岩の間、勾配のある岩ゴロ道が続く。気持ちは大腿四頭筋を使いしなやかに降りたいけど身体の反応はそうはいきません。



 転がりそうな岩が転があるとと必ず小枝でささえられています。周回ルートでは、クライマーの踏み跡が沢山ありました。

 往きに1度だけミスして踏み込んだのですが、踏み跡が薄くなり、すぐ戻りました。立派な木の階段を2ヶ所降りると、、、

桃太郎岩です。デカイ! 写真下、桃から生まれた野良人太郎。
山頂からここまで1時間歩きました。前が広場になっていて休憩適地です。
(15:30)





 先の川で大阪の団体さんも休憩中です。休んだらここを渡渉します。登山道は右へ進むのですが、、、




 標高を50mほど上げなくてはいけません。岩ゴロの足場でこれがキツイ、キツイ。10分ほどの喘登一本勝負。

 水を飲んでひと息つき、さらに20分、山腹道を登ると‥





 待望の富士見平小屋、テント場もあります。もう登りは有りません。ここでも休憩を取り、道標の「瑞牆山荘→」方向へ。
(16:15)





 5分ほど幅広の道を降ると右手の幹に白テープがあり右折します。すぐ林道終点になり、山小屋の4WDの間を抜けました。

 林道を7分歩くとヘアピンカーブ。そこに立つ道標「みずがき林道→」を確認して右折します。尾根道を辿ると、、、 (16:40)

 20数分でT字路に出て右折。道標は「芝生広場→」で、5分ほどジグザグの遊歩道を降ります。川音の方向に右折するすると‥



 すぐ天鳥川に出合いました。心細い丸太橋で対岸に渡り、対岸の道標「みずがき林道芝生広場→」方向に進みます。
(17:10)

 車道に出たら右折して5分ほど歩けば駐車場です。翌日、筋肉痛にならなくほっとしたら翌々日ひどい筋肉痛になりました。
(17:20)

 
東海岳行
  “みちびきもOK” 

 登山のリスクはいろいろあります。クマ、ハチ、ヘビなどの動物。カミナリ、雨、雪などの天候。岩場、雪道、渡渉などの地形、、、と心配の種は尽きません。遭遇する確率が一番高いリスクは、私の場合、道迷いです。深みにはまるとにっちもさっちもいかなく進退窮まることもあります。

 そのリスクを95%防いでくれたのが、GPSナビガーミン。現在使用しているのは2代目で型式がGPSmap60CSx(以下60C/写真下左)です。2006年に126000円(CD版10m標高の地形図込)ととんでもない価格で発売されました。私は2009年、山に行けなくなった山友から戴いたのでもう9年間稼働しています。

 最近、パソコンから60Cへの地形図ダウンロードがおかしくなりました。10m標高の一部や入力したポイント(登山口、分岐、峠など)が、ガーミンに入りません。それらが表示されないと迷った時にヤバイ。そこで買い替えようとネットで調べると、、、



 2006年60Cが発売され4年後の2010年に62SJにモデルチェンジ、さらに5年後の今年、2015年3月に改良版64SJが発売されました。このガーミン最高峰モデルは地形図込みで約8万円、好日山荘が、セール中だったので13%のポイント付き、実質70000円です。

 大きさ、重量、画面サイズは60Cと殆ど変わりません。測定誤差ですが、60Cのスペックでは、10〜20m誤差(実際は、谷や樹林帯で軌跡はもっと飛びました)でした。改良版64SJの場合、米国の「GPS」(全30基)に加え、ロシアの「グロナス」(全24基)、日本の「みちびき」(1基)の衛星にも対応。


 その結果、誤差は何と3mと抜群の精度です。電池の寿命は16時間と同じ。ボタンは片手操作ができるような仕様になりました。地形図のパソコンへのインストールは、CDからmicroSDカードに変更されています。



 私は地形図をパソコンにインストールできましたが、それをガーミンに移すことができません。『悔し〜!』 翌日、販売会社に電話して尋ねると地形図のmicroSDカードを本体の電池ボックスに挿入してくださいと言われました。

 『そこも変わったのね』 電池蓋にベルトに引っかけるアングルやカラナビがついているのでリュックに装着するときに便利です。アンテナが改良され、取付はどんな角度でも衛星を捕捉できます。

 さて7/11の小谷山山行で両機持って行きました。左が旧60C、右が新64SJの軌跡です。駐車場<P>から植林の斜面を登るところで早くも精度の差が出ています。全体的に見ても右の方が滑らかで無駄な飛びがありません。とても満足できる結果で嬉しくなりました。


 ちなみに左は衛星の補足状態を確認する画面です。旧型は一段でしたが、新型は補足衛星の数が増え2段表示になりました。右下の「193」が、われらが「みちびき」でこれが標示されていると谷地や植林で精度が良くなるそうです。

 トリップメーターの画面に日の出までの時間があと何時間何分と表示されるのはいいですね。今の所、使い方の不明な所が一部あったり、カシミールとの相性が良くないところがあります。

 現地で支障をきたすわけではありませんが、説明書をじっくり読んでみないといけません。
2015.08.03(月)21:50