岳行ノート

阿弥陀ヶ峰  876m/滋賀県米原市


2015年10月29日(木)


山頂展望地より谷山


 3か月近くビッグネイムの山を登ってきました。ひと区切りつけ、4月鍋尻山以来の鈴鹿に入ります。鈴鹿は全山を数えると350座程度になるそうです。

 私は100座も登っていません。雨乞岳1247mを最高峰として1000m峰は30座あります。うち3座が未踏でクラシ、高昌山、清水頭です。

 ですが、今回は比較的近場の未踏峰で霊仙山の衛星峰阿弥陀ヶ峰をピークハントします。山頂近くに池があり、探索が楽しみです。


 北陸自動車道米原インターで下り、JR醒ヶ井駅前から醒井養鰻場へ向かいます。醒井渓谷になる手前、丹生川沿いの細道へ直進。

 上丹生(カミユウ)集落を抜けると米原市浄水場の分岐に着きます。直進の霊仙山谷山谷登山道方面は立入禁止、左の林道にスペースがありました。

 教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊「鈴鹿の山 万能ガイド」です。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図


浄水場前駐車地→主尾根→(巨木)阿弥陀堂跡→▲阿弥陀ヶ峰→展望地→阿弥陀池→
▲阿弥陀ヶ峰(ランチ)→林道分岐→林道終点→浄水場前駐車地

※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南発:午前7時00分     晴れ/12℃
駐車場着:午前8時30分    晴れ後曇り/11℃
往:3時間10分(山頂まで、小休止含)
還:3時間35分(池探索50分含、ランチタイム除く)
所要時間:6時間45分

 浄水場脇、イモガ谷林道のスペースに駐車します。午前中は晴れで午後から曇り予報です。林道を奥に歩き‥  (8:40)

 浄水場のフェンスを過ぎると広い登山口に出合います。ここは標高180m、標高を700m上げれば山頂です。まずは330m上げ主尾根へ。




 始めは植林下の踏み跡を辿ります。古墳跡の石垣に出合うはずですが? 十数分、石灰岩の集積尾根で踏み跡を見失います。

 岩群を右に迂回し、歩きやすい個所を探し急登。ときどきの踏み跡。



 斜度が緩み、露岩のピークでひととき息抜き。岩の間を抜け反対側に行ってみると、はっきりした踏み跡がありました。
(9:20)

 方向性を確かめず、歩いて行くと降りになります。おかしいと気づきGPSを確かめるととんでもない方向へ向かっていました。


 方向を修正、10分ほどのロスです。危ない危ない。百名山は登山道、道標が明確で道間違いはしませんでした。

 鈴鹿は油断なりません。特にここは登山者が少ないようで踏み跡薄く、テープ少なく、道標もありません。

 その後、尾根を直登して主尾根に出ました。
(10:05)
主尾根も露岩が多くトントンとは進めません。10分で展望地。

←南東:霊仙山、眼下に通行止の谷山谷



尾根は、勾配が緩やかで汗は出ません。
やがて日の当たる2次林の紅葉、、、目はお正月。






 平坦な尾根で図根点がいい目印です。程なく尾根には植林が進出。食害防止のテープが巻かれています。
(10:30)




 図根点から15分ほどでピークへの登り。ガイドブックでは、山腹を右に迂回していますが、わかりにくいので直行します。

 右カーブしながら登るとこの切り株のピークに着きました。左に曲折して降ります。
(11:00)

鞍部に下りると造成中の林道が左に見えました。当然地形図には載っていません。
『こんな所まで道を作ってるんだ』 やがて良い尾根道は勾配が上がり、二次林で明るい。
突然、感動の巨木。3人がかりでないと幹を抱えられないほどです。堀道をS字に行くと‥




 赤い灯明塔の阿弥陀堂跡。奥に供養宝塔が立てられ横に琵琶湖の形をした霊仙岩です。
(11:35)

 尚、下山の時わかったのですが、写真左に伊吹山の展望地がありました。




 しばらく露岩の集積する坂を登れば、阿弥陀ヶ峰876m山頂です。写真中央の尖った岩が一番高い所。

 山名板を下げていたと思われる針金が枝に残されていました。ガイドブックでは「山頂の展望は悪い」となっていますが、、、
(11:50)




 南へ100m行くと、おやまあ、中々の展望地に出ました。確認してみるものです。左の石柱は三角点ではありません。

 何かは不明です。大岩に立てば、もっとこの写真より良く見えます。右(南の)右ピークは谷山993m、東に大垣市街が望め‥

南に霊仙山1094mの巨体です。展望地を見つけられ嬉しい。
山頂へ戻り、池探しにいきます。ガイドブックでは東の谷地へ降りること約10分の場所です。






 地形的に池がありそうな個所へ予めGPSにはマークを付けておきました。しばらく運動するのでランチは後回し。




 降り始めると北に伊吹山1377mの展望地がありました。写真を撮り終えたら、さあさあ池探し、、、

 予想した場所付近に5か所以上の凹部がありましたが水はありません。随分歩き回っても発見できず諦めて戻ると、、、
ヌタ場が下に見えました。降りて写真を撮ろうとモニターを見ると奥に池が写り込んでいます。
『やった! www 』大喜び。予想より近い所にありました。阿弥陀池は直径5〜6mと立派なものです。
雪解けの頃には10m以上あるよう。人工物が何もないのがいいですね。
(12:40)

池から10分の登りで山頂へ戻ります。座り心地のいい岩を探し、遅くなったランチにしましょう。
ところが曇ってきて風も強くなりました。天気予報通りです。重ね着して食べ終えたら下山します。
(12:55)〜(13:20)






 造成中の林道に着き、降りてみました。辿れば楽ですが、どこに着くのか不安なので予定通り北へ尾根を降ります。
(13:40)






 造成で荒れた尾根を降ると新林道が回り込んできて何度も何度も横切ることになりました。『結局、林道のショートカットかい』






 30分ほど尾根を降りたら林道から離れ、右の谷へ降ります。すると谷壁に石積みがあり、左側に踏み跡がありました。
(14:30)





 やがてイモガ谷林道終点の広地が見え、山歩きは終わります。降りて来た谷や丸太橋の沢にも流れは全くありません。
(14:40)

 終点から100mほど未舗装道を歩くと左からあの新林道が合流しました。『なるほどね』 「車通行止」の注意書があります。15分ほど歩くと‥


 軽トラでおじさんが作業中。『こんにちは』 5分ほど行くと軽トラが走ってきて『乗っていく?』好意は受けます。車中、崩落した谷山谷のお話を聞きました。
駐車地着(15:00)

 
東海岳行
  “小紅の渡し” 

 岐阜長良川「小紅の渡し」が、9月に復活したことをニュースで知りました。私はそもそも岐阜に渡しがあることや小紅(オベニ)がどこなのかも知りません。調べると車で30分くらいの所なのでひよこさんと行くことにしました。岐阜市一日市場(ヒトイチバ)八幡神社前の堤防に「乗船場」の立看があります。(下左)

 その近くのスペースに車を置きました。堤防を上ると川岸に乗船場が見えます。利用者を乗せて丁度出てゆくところでした。(下中) 昨年8月まで渡しは木造船でしたが、老朽化に伴い休止。本年9月16日から船外機付の繊維強化プラスチック製新船で再開されました。船頭さんを入れ定員8名です。


 小紅の渡しは、北岸の一日市場と南岸の鏡島(カガシマ)を2分ほどで結びます。この渡しは古く、史実に登場したのは、江戸時代(320年前)です。ところで小紅って何でしょう? 女船頭の名前、辺りに紅を採る草が生えていた、、など諸説あり定かではありません。

 営業時間は(10月〜3月)8h〜16h30m、(4月〜9月)8h〜17h、運休日は毎月曜日と年末年始。県道173号線の一部です。遊覧船とは違い交通手段として利用するため料金は何と無料! 南岸乗船場近くの鏡島弘法は毎月21日が命日で露店が出ます。その日は数百人の参詣客が利用するため渡しは大忙しです。


 ということで私たちも10月21日に行きました。下船するとガードレールに白旗がありますが、(上左、中) 船頭さんが向こう岸にいる時、これを振って呼びます。 川から南へ歩くと堤防に突き当たりました。右折すると堤防に階段があり、上れば鏡島弘法乙津寺)が見えます。

 参道を歩くといい匂いがして堪らないので縁日の鉄板、みたらし団子を早速注文。(下左) 古刹は783年の開創で歴史があります。線香の煙を全身に浴びましょう。(下中) 本殿前には百八個の大珠(下右)、長さ6mはあるでしょう。回して祈願すれば御利益大とのこと。


 老々男女が重い数珠を一生懸命回すと「カッコン、カッコン」と大きな音が響きます。順番が回ってきました。私も世界平和、毛根再生を願ったら乗船場へ向かいます。

2015.11.02(月)23:15