岳行ノート

白鹿背山755m・明神山705m/滋賀県東近江市


2015年12月8日(火)


紅葉の古刹「東光寺」に下山




 今年3月、ジオンさんの水曜会で山本山を登りました。その時、車をデポするため女子3名が私の車に乗り、あさひさんがジャンパーを置き忘れ。

 帰宅して気付き『今度、水曜会でご一緒の際、お渡ししましょう』とメール交換して9か月。もうジャンパーの必要な季節です。

 彼女の地元、滋賀山を計画し、登山前に渡すことになりました。ではと未踏の白鹿背山周回に決定。野良人さんを誘うと『何て読むの?』


 名神高速道路八日市インターで下り、6km東の平尾町にある東光寺を目指します。待ち合わせ場所であさひさんにジャンパーを無事お渡しできました。

 教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊「地図で歩く鈴鹿の山」「鈴鹿の山 万能ガイド」です。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図



駐車場

八反溜

登山口

△明神山

展望鉄塔
(ランチ)

▲白鹿背山

東光寺

駐車場


※赤線はGPS軌跡 
●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南発:午前7時00分     晴/4℃
駐車場着:午前8時35分    快晴
往:3時間20分(白鹿背山山頂まで、小休止含)
還:1時間15分(ランチタイム除く)
所要時間:4時間35分





 東光寺西にある溜池の駐車場に車を置きます。爽快な青空で雲一つありません。風もなくスタートから気分は上々です。
(9:05)



 集落の道を南東へ直進すると程なく鹿除けのヘンス。扉を開閉して植林を抜けると「八反溜(ハッタンダメ)折り返し地点」の案内板。

 『折り返すの?』疑問を残しつつ前の土手に上がると‥
北東の池越しに左方の一番高いピークが白鹿背山、右ピークの右肩に明神山がポツンと覗く。
未踏の稜線を望み、登る山と対話すれば 好奇心の摩耗を防ぎ、想像力が鍛えられます。
登山における最大の魅力は、まだ知らない世界が沢山あることを山が教えてくれることです。
さてこの後、池の向こう岸へ回り込んで南進したのですが、川で行き止まりピンチ。
背より高いヘンス、1m高さのガードレール塀が囲みます。それを何とか乗り越えました。
やはり案内板のように池から折り返し、扉を出るのが正解でした。



 用水沿いに歩くと左に関電の東近江開閉所。更に進むと道が左カーブして分岐になります。正面は高野山685mです。

 左道を上がり、鹿除けヘンスの扉を開閉します。ここが登山口ですが「松茸発生中、11月25日まで入山禁止」の看板有。
(9:40)
 簡易舗装道を行くとトラックが停まっています。作業中のおじさんの足元に息絶えた! 20分前に心臓を一突きしたおじさんは『おしかったなあ』言う‥おしくない。罠は、四方に米ぬかを置き↓真ん中に足が入るとワイヤーロープが足をつかみます。トラックに積みやすい林道沿いに仕掛けがあり『気を付けなはれ』
  猪・鹿は尾を切って役所へ持参すると大きさに関係なく2万円。おじさんは害獣駆除17年の達人、去年ダントツの174匹。捕まえたのは1歳のメスで15kg。左に檻がありましたが、は入らなくが入ったことがあります。去年、この辺りで自分の山へ茸採りに行った人が遭難したと言われ『気を付けなはれ』



 達人とは10分ほどでしたが、歩き出してからもその話で盛り上がります。『あれ? おかしい谷をトラバースしている』

 お喋りに夢中になり分岐を見逃しました。写真右、折れた枯れ木が目印の分岐に戻り左の尾根へ。15分ロスしました。
(10:20)




 溝道を登り、横目で反射板を見るとやがて明るい草生す平坦地。しばらくすると植林下の急登です。

 山頂部に出て明神の森に建つ鳥居を潜れば‥



 尾根頭の明神山山頂です。展望は利きません。そこに小振りの明神社・祠。石柱に は「竜王」の文字、雨乞いの神様ですね。

 写真右へ尾根伝いに辿れば、登山口で望んだ高野山です。私達は左折して北の尾根を辿ります。
(11:25)





 幾度かのアップダウン。傾斜道にはこのようにプラ階段があり、歩きやすく整備されています。さすが巡視路です。
やがて鉄塔の切り開きに着くと四囲に大展望。南西に田園が拡がり鈴鹿の西端を意識できます。
中央に雨乞岳から来た愛知川琵琶湖に向かう。奥は甲賀市の笹ヶ岳739mと思われます。
大休止に良い場所で鉄塔土台のコンクリに座り、ランチしました。
(11:55)〜(12:50)





 さて鉄塔から北へ向かうと4分ほどで道は尾根を右へ外します。湿地に降り、東にある尾根に乗りました。テープがありました。
(12:55)

紅白の鉄塔にちょっと寄り道。先に進むと次の鉄塔からその紅白の鉄塔が望める大展望。
南東には、、、中央奥平坦なイブネ1160m、その右手前水谷岳990m 右端奥は綿向山1110mです。
高さ60m以上の鉄塔は、航空法で定める紅白の塗装をします。野良人さんのうんちくでした。
(13:15)





 展望の鉄塔から1分進むと琵琶湖方面へ胸のすく大展望地。しばし観覧し、この先で3基目の鉄塔を潜れば‥





 白鹿背山二等三角点755m山頂です。山名板かと思ったら「火の用心」これは違う。展望はありません。
(13:20)




 山頂から40m歩くと尾根は右へ方向転換。そこに「展望山あと200m」の看板が傾いていたので野良人さんが直します。

 実際は400m近く歩き‥



 尾根端に展望山でなく「展望台」の標柱と「愛東町視界図」が設置されていました。しかし木が伸び視界不良です。

 こういうものを作る時は達成感もあって楽しい。でも維持するのは、根気がないと中々持続できません。
(13:30)




 展望山から北西に尾根は続きますが、一旦20m戻り、南西の尾根へ降ります。左の木に二筋の赤テープが目印でした。
(13:55)

 いきなり倒木’sがあり、避けたり跨いだり‥

こちらは整備されてないようで倒木の混沌とした登山道が続きます。
尾根は一本なので道ミスはしません。往きもそうでしたが、松の木が多い。
15分降り、そろそろ尾根が南西から南に変わるはず。このデカイ倒木を跨いで左へカーブします。
(14:10)



 倒木が太くて難儀なので左の谷へ降りました。100mほど谷を行けば、東光寺願王殿に出合います。開基は606年です。

 本堂は総欅造り、鐘楼も立派。紅葉は11月下旬が見頃だったようです。トイレは暖房便座、、、『ツメタ!』 故障中。
(14:20)



 太い欅柱の山門に山号「白鹿背山」が掲げられていました。“はっかせやま”です。参道を降ると両側にお墓が並びます。

 湖東三山の紅葉は有名です。東光寺は穴場的な紅葉名所と言われています。ここまで来れば、駐車場は間近です。
(14:35)

 
東海岳行
  “トップリーグ” 

 9月〜10月のラグビーワールドカップ2015、日本対南アフリカ戦の中継を見たのですが、エキサイティングな試合でした。劇的な結果に感激し、その後も応援したくなり、全日本戦をライブでテレビ観戦。皆さんもそうでしょうが、やはり五郎丸選手が記憶に残ります。残念ながら決勝トーナメントには出場できませんでしたね。

 私とラグビーの接点は、高校の友人がラグビー部で彼の試合を応援に行ったくらいです。半世紀前のことですから何も覚えていません。ルールが殆どわからなかったのでWC中にネットで勉強しました。その時、思いついたのが、日本のプロのトップリーグを一度観戦してみたいということです。

 早速、調べると11月に名古屋で五郎丸選手ヤマハ発動機トヨタ自動車の試合が行われます。チケットを購入しようとすると既に売切れ。素早い行動力の人はいるのですね。ミーハーですが、どうせならヤマハ五郎丸選手を見たい。結局、チケットが買えたのは12月12日の試合、2100円/一人でした。


 ヤマハの本拠地、磐田市のヤマハスタジアムは2時間です。開始1時間半前に着いたのですが、遠い無料駐車場に誘導されました。入場ゲート前は長蛇の列。『前はこんな列はできなかった』と言うファンの声が聞こえます。(上左) 五郎丸選手の等身大写真もあり、ひよこさんの記念写真を撮りました。(上中)
 
 自由席なのでどこで見るのが良いか? ゴール後方席はスピード感が味わえず、反対側ののゴールに選手が動くと遠くて何をしてるかわからない。正面スタンド席は階下にベンチや控室があり、その分座席は高くグランドとの距離がある。その点、バックスタンド席は傾斜のあり、選手を間近に見られます。(上右)

 中央前のいい席は、もう埋まっていました。会場は試合開始2時間半前なのでとりあえず席を取り、食堂に出かけ、開始前に戻ればいいことがわかりました。もう遅い。さて今日は、ヤマハ発動機ジュビロNTTドコモレッドハリケーンズの試合。ヤマハは4連勝中でグループ1位、NTTはドコモは5位です。


 ヤマハには日本代表の五郎丸選手マレ・サウ選手NTTドコモには南アフリカ代表2名とオーストラリア代表1名が所属しているのでレベルが高そうです。13時の試合開始45分前、自由練習で五郎丸選手がグランドの8ケか所で距離や角度を変えたキック、お馴染みのルーティンを見せてくれました。(上左)

 彼の武器は、正確かつ力強いキック。ボールが弧を描くと『おー!』と観客がどよめく。彼はトップリーグで現在得点王です。配られたバルーンを全員で飛ばしたら、いよいよ試合開始だ。(上中) 前半、NTTドコモの(南アフリカ代表)マルサンがトライして0対10でした。

 ヤマハ
がペナルティキック得て彼が蹴ります。(上右) 精度の高いキックが決まり、反撃ののろしを上げました。解説のアナウンスが終始入り、ルールがわからなくても大丈夫。映像もスクリーンに流されます。40分×2ですが、ハーフタイムもプレゼント企画などで飽きさせません。色々努力していますね。


 しかし、プロの肉弾戦ってすごい迫力です。選手が担架で運ばれたり、つかみ合いの争いもあります。ラインアウトで組体操してボールを受け取るのも間近で見ました。(上左) スクラムは力が入ります。 後の若い女子が『おせっ、おせっ』と叫ぶ。立っている赤のNTTドコモ選手153cm。最高は外国人203pです。(上中)

 ヤマハが安全圏の後半31分で五郎丸選手は途中交代しましたが、彼の11得点もあり41体20でヤマハ無傷の5連勝。アナウンスで本日の観客数は、9,710名『おしい!』 試合後に両チームの選手が各コーナーに並んで挨拶します。(上右) 『五郎丸!』 人気ありますね。見に来て良かった。

 このあと選手とのハンドタッチがありますが子供限定。スタジアムは当然サッカーのジュビロの本拠地です。専用球場で見やすいのですが、座席に背もたれは無く、ぎっちり前後を詰めてあり途中抜けるのは困難。帰りは当然、車が大渋滞で車窓から見るとスタジアムの隣がヤマハ発動機の工場でした。

2015.12.13(日)23:35