岳行ノート

不老堂〜割山  845m・899m/滋賀県東近江市


2016年3月8日(火)


春が待ち遠しいイワカガミさん




 鈴鹿ガイドブックの著者、西内正弘氏が選定された鈴鹿50名山は、残すところ不老堂ソノド西山サクラグチと4座になりました。

 鈴鹿でメジャーな山は、初心者の頃に踏破しています。残るのは、名も場所も知らない山ばかり。しかし、そこは50名山、きっと何かがあるはずです。

 今回は、中高年の夢を冠した不老堂を訪ねます。教科書のコースは、八風街道神崎橋を出発し八風谷橋へ下山する縦走です。


 橋間の距離があります。単独なので久しぶりに「たたみ君」に登場して頂きましょう。東名阪自動車道の桑名ICで下り、国道421号線を西進します。

 石榑トンネルを抜け八風谷橋で「たたみ君」をロック。更に西の神崎橋へ走ると‥ 教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊「鈴鹿の山 万能ガイド」です。
<駐車地>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図


神崎橋西駐車地→登山口→分岐尾根→△不老堂(道ミス)→△割山最高点→(道ミス)ランチ→
▲割山→林道終点→au基地局駐車地(たたみ君)→神崎橋西駐車地


※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点 ■は岩場 (花のアイコン:岩カガミ、ピンク花:石楠花)

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南発:午前7時20分    曇り/12℃
駐車場着:午前9時25分    曇り/11℃
往:3時間05分(不老堂まで、小休止含)
還:2時間15分(ランチタイム除く)
所要時間:5時間20分

 神崎川に架かる神崎橋西に置車。東へ橋を渡ります。橋上から不老堂の山体が望めました。
(9:40)

 駐車地から150m歩くと池田キャンプ場第2駐車場。その外れで飛び出し坊やに出合います。後ろの階段で斜面を登り、正面の植林へは入らずに左へ。




 とにかく南東尾根に乗らなければなりません。尾根芯は最初、コンクリ流水構なので歩きやすい。

 すぐ植林に入り、踏み跡を辿ります。途中、ついつい山腹を辿ってしまい、尾根へ戻りました。






 芯さえ外さなければ、やがてこの分岐尾根に出ます。標高は270m上げました。ここから東へ主尾根を辿ります。
(10:40)






 今日は晴れ空を期待していましたが‥ 一瞬、日が差しました。尾根は雑木林で新緑になれば、若々に溢れるでしょう。




 フレッシュな不老祈願の不老堂845mに登頂。三角点も山頂標もありません。造林公社の杭にタッチしたら足を進めます。
(11:25)

 すると地形を錯視したようで南へ進んでしまい、戻って東に進路修正。油断してはいけません。






 おぉ、クランクした木は、不老を暗示するようです。そういえば道脇に焼けたようなイワカガミの赤茶の葉が目立ち始めました。

岩も増え、イワカガミもドンドン増えてきました。ちょうどガスが湧き上がり、孤独感も増しました。
尾根中にイワカガミが広がっていて、葉を踏まないように歩きます。
GWの頃は、小さなピンクのパラダイスでしょう。その時にドンピシャした人は、うらやましい。






 激しく厳しい岩場はありませんが、鈴鹿らしい大岩、小岩が続きます。三本の幼木と三つの岩が、何か話し込んでいる様子。






 尾根にはアップダウンがあり、根っこ階段は慎重になります。横ねっこはいいけど、縦ねっこは要注意。






 登って振り返ると不老堂が望めました。右奥の薄いシルエットは、日本コバ934m。不老堂の標高845mは中々なものです。
(12:45)

 シャクナゲが多くなり、かき分け進みます。程なく割山最高点シャクナゲ多過ぎ。撮影していると突然、『ゴヒ!』 南下を大きなイノシシが走る。
(13:10)

 十数mしか離れていません。2頭で後ろは子供です。斜面を降りてみると足跡が斜行して樹林へ向かっています。『びっくり、マジ、デカかった』 体長1.5m?





 ランチしたいけど尾根の風は冷たい。南斜面下に2次林の感じいい谷。すると写真右下に130番の杭、ここは左折点です。

 ランチを谷で取ろうと右下ばかり見ていたので直進しちゃいました。途中でミスに気づきますが、とりあえず谷でランチです。


風よけランチしました。ここも新緑や紅葉の頃は、いい森になるでしょう。
地形図を見ると、この先でなだらかな地形が広がっているので行ってみたくなりました。
でも今日は行かない。
(13:20)〜(13:45)






 左折点へ戻り、幹本にテープを巻いた植林を5分ほど北東へ降れば割山899m三等三角点です。写真左から北へ下山します。
(13:55)

 5分ほど降ると、行き止まり。右に赤いテープを見つけ、ここの小さな崖を降ります。
(14:10)

 地形図では明確な尾根はありませんが、現場には顕著な細尾根。布テープがいい間隔で現れました。これを追います。写真中央に次の赤色テープ。




 この細尾根は、教科書の尾根ルートの一本西側です。少し藪があり踏み跡もささやかですが、的確なテープを信じました。

 でも勾配は、急で登りだと辛かったでしょう。岩場で展望がありました。左:781m、右奥:東山790m。登頂済みです。
(14:40)




 時々テープを見失います。付けた人は親切クンなので気持ちを察して探すとと‥発見。やがて左右どちらかの谷へ振ると予想。

 藪で行き止まると、やはり左谷にテープがありました。降りていくとこのカレンフェルトに出合います。ここから谷道です。
(14:50)

 枯れ谷を降ると谷の合流地点に出ました。これは振り返ったところです。
中央の尾根を降り、途中写真右の谷へ移り、10分歩けば合流地点へ着きました。
(15:00)

 ここからもテープは続き、2度小さな渡渉をすると‥




 林道終点に出合います。(15:10) 林道は複雑に分岐・合流していますが、いずれも降り道を選択すればオーライ。

 伐採のためブルで造った簡易林道のようです。‥やがて八風街道が見えたら‥

 街道(国道421号線)に面するau基地局へ行きます。石榑トンネルを抜け、西に400mほどの場所です。ロックしたたたみ君が、待ちくたびれていました。
(15:25)

 急坂の国道をペダル漕ぎなしで疾走します。2.8kmを6分ほどで神崎橋の駐車地に帰着、時速28kmでした。充実の山行‥鈴鹿50名山は持ってますね。
(15:40)

 
東海岳行
  “昭和、心のふるさと” 

 北名古屋市の昭和日常博物館に入ると懐かしさと愛おしさの花が開きました。ノスタルジーの部屋では幼い子供が、家族と遊んだり食事しているかのようなの気がします。その子供は私だ、ひよこさんだ。ここは以前から行こう行こうと思っていて、結局行けなかった所です。やっと二人で行きました。

 旧師勝町北名古屋市東支所の駐車場に車を停め、西に建つ図書館歴史民俗資料館のビルに入ります。3階が昭和日常博物館です。(別称:歴史民俗資料館) 開館して10年くらいかなと思ったら、1990年オープンなのでもう25年になります。(下左)

   

 エレベーターを降りるといきなり映画「ALWAYS三丁目の夕日」の世界が飛び込みます。(上右) 下町の零細商店に停まるダイハツミゼットは、こんな小さかったんだ。昭和32年の発売され、テレビCMで鼻眼鏡の大村崑「ミゼット!」とやるギャグは、小学校で流行りました。

 15年間のロングセラーですが、250CC一人乗り、全高が1.5mと超小型。三輪車体は不安定らしく農道でひっくり返っているのを何回か見ました。展示品の多くは、当時のありふれたものです。生活用品・学用品・玩具・雑貨・菓子など昭和30年代のものが多く、私もひよこさんもストライクゾーンなので胸キュンになります。


 便所の手洗い器を見て『お〜これあった。あった』(左上) 『そうそうフマキラーは、手で押す噴霧器だった。薬はビンに入ってたんだ』(上中) 『母ちゃんが、布団に湯たんぽ入れてくれた』(上中・右) 洗濯機で2つのローラーに衣類をはさむ絞り機は世紀の大発明。(上右) 『手よりええ』と子供心に感じました。

 我が家に電化製品が来る日はお祭りです。テレビが届いた日は、「子供時代の幸せベスト3」。テレビの上に乗せたアルミのリボンアンテナは、今見るとチープだ(下左) 広げたり傾けたりの調整は、私の役でした。漫画は月間でしたが、サンデーとマガジンが週刊で登場し、子供の楽しみ速度は4倍になりました。 



 四畳半の茶の間を、見続けていると熱いものがこみ上げます。『我が家だ』(上中) 冬は寒く夏は暑い、雨漏りの小さな家、ネズミやハエ・蚊・ゴキブリ‥色々な小動物と暮らしていました。家族5人の声が、ワーワーキャーキャー聞こえてきそうです。今は私一人だけ、家族で作った思い出を話すことはもうできません。

 ここに来た高齢者は昭和のモノを見て、当時の記憶を鮮明に取り戻すことができます。昭和日常博物館は、この回想法により高齢者の物忘れを防止する役割を見出し「思い出ふれあい事業」を展開しています。駐車料も入館料も無料です。

 ほどほどの余生をお持ちで、私のように身に覚えのある方、そうでない方も、是非お越しやす。私たちは40分間、昭和に浸れました。


2016.02.14(月)00:30