岳行ノート

藤原岳〜袴腰/三重県いなべ市


2016年3月23日(水)

袴腰三角点ピークより西に藤原岳を望む



 2月の水曜会でご一緒したせきすいさんから藤原岳孫太尾根(マゴタ)をお勧め頂きました。急登のロングコースですが、春の花が素晴らしいそうです。

 3月に行こうと調べました。福寿草節分草が同時に会える花の道です。折角なので西内氏のガイド本で気になっていた三角点袴腰も寄ってみます。

 3月中旬ころからレポを毎日のように確認。3月18日に花はかなりいい状況のようです。ところがその後、降雨があったようで焦ります。


 好天を待ち、藤原岳を目指しました。東名阪自動車道桑名インターで下り、国道421号線で西へ向かいます。石榑北交差点を右折。

 青川を渡り、麓村交差点を左折し集落内を西へ走り、南部第2排水池手前の墓地駐車場に駐車。教科書は、西内正弘著「鈴鹿の山万能ガイド」です。
<駐車地>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図


墓地南駐車地△丸山△草木△多志田山△藤原岳▲袴腰墓地南駐車地


※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南発:午前5時30分    曇り/7℃
駐車場着:午前7時20分    曇り時々晴れ/9℃
往:3時間15分(藤原岳まで、小休止含)
還:3時間55分(撮影・ランチタイム除く)
所要時間:7時間10分

 墓地南駐車場は分かりにくい場所なので前夜カーナビにセットしました。着くと私で5台目です。右奥に除く丸山が第一目標。出発して50m歩くと‥
(7:35)

 南部第2配水池。その先で林道が分岐します。左を取り、植林を抜けると雑木林に変わり、斜度が増してきました。出発してから20分で孫太尾根に乗り‥





 やがて明るくなると展望地です(8:10)。いなべ市街はい春霞に包まれています。次第に石灰岩の石ころ交じりの道となりました。

 高度を上げていくと石ころが岩となりカレンフェルトの道。





 しばらく急登で喘ぐと第一目標の丸山650mです。駐車地220mから1時間15分で430m上がったことになります。
(8:50)




 この尾根は起伏が多いタフな道です。丸山から25分辿ると右に藤原鉱山が樹間に見えました。重機の音も聞こえます。

 三角に堀削された斜面の頂点が、「風前のともしび」袴腰三角点でしょう。

地形図に破線がないこの孫太尾根はバリエーションルートでしたが、一般道と変わらない踏み跡です。
せきすいさんが春の花が素晴らしいと言われたように多くの方が歩かれる人気ルートなのでしょう。
葉を落とした静かな木々に囲まれていますが、道脇でトリカブトの葉が春を奏でています。





 そして丸山から1時間足らずで草木834mピークに到着。ちょっと物足りませんが、丸山から標高は184m上がりました。
(9:45)




 三山目目前で猛烈に空腹感が増幅したので堪らずお握り一個腹に入れます。元気回復して登りました。

 尾根の真ん中に大蛇がとぐろを巻いているような変木。レポでよく見かけますが、皆さんも驚くのでしょうね。『どうして?』




 程なく多志田山965m。草木から1時間かけて標高を131m上げました。起伏があるので中々高度が上がりません。

 ここから先は三重・滋賀の県境稜線になります。
(10:45)




 一旦、鞍部に降り登り返すと治田峠分岐。県境稜線を辿るには有効で孫太尾根では、初めて出合うしっかりした道標です。

 「孫太尾根(難路)」となっています。以前はそうだったのでしょう。山の状況は刻々と変化しています。
(11:00)




 そして斜面は急勾配になり、恐れていた泥濘の道は‥全くありません。スパッツは使用せずに済みそうです。

 ヒーヒー言いながら登ると急斜面のあちこちに‥

春告草のお花畑。フクジュソウが太陽光を集めていました。花を見ると笑顔になります。
10分くらい撮影していたでしょうか。セツブンソウ姉さんをやっと見つけました。
話では以前、この花は多く見られたようです。山の状況は刻々と変化しています。





 山頂手前のピークは、セメント会社が喜ぶおびただしい石灰岩。岩陰のセツブンソウが可憐です。ここを過ぎれば‥




 藤原岳1140m、花の百名山です。多くの人がランチを取ったり終わったり。次々に登頂されます。

 北西に右:天狗岩1171m。山名標後:御池岳1247m、左端::天狗堂988m。私も岩陰でランチします。
(11:50)〜(12:15)





 山頂から来た道を5分ほど戻り、鞍部で袴腰分岐を確認。左の2本の木の間に踏み跡がありました。食後の運動に左折して‥
(12:20)

右端のピーク袴腰三角点へ降ります。(袴腰は台形の意味) 白い点はミニ雪渓です。
広大な台地はどこも歩けそうですが、やはり踏み跡は歩きやすい。

このとき行き違いで山頂に着いた乱丸さん&のこさんが、私を見ていました。
『あんなところを歩く人もいるのだ』と思ったそうです。ご一緒した翌週の水曜会で聞きました。
地形図にも載る林道の合流地点に15分で着き、右折して150mほど行くと‥

 「藤原岳標高1000mレベル」の立看があります。左の樹林の中に三角点はありますが、まず直進してみましょう。

 すぐ鉱山の最上部の崖です。右に柵で囲まれた機械があり、覗くと監視カメラでした。監視員に顔をみられたでしょう。 (12:40)

下を覗くと太平洋セメント藤原鉱山。右の斜面が孫太尾根丸山草木の間が削られてます。
今は昼休みなのか、重機の音が聞こえません。では監視員も昼食中? 
下まで500m以上の標高差、そこからジグザグして最上部まで道が登ってきています。

藤原岳には豊かな石灰質資源があり、セメント生産のため昭和7年から稼働しました。
近年は、石炭燃料を廃プラ・廃タイヤ・廃油等のリサイクル燃料に置換え、生産活動をしています。
工場にはそんな役目があるとは知らなかったけど、10年後の鉱山はどんな姿でしょう。




 立看近くに戻り、灌木を分けて行くと藤原岳にある二つの三角点の一つに出合います。袴腰三等三角点1010m。

 向こうに見えるのは、山頂南の1120mピークです。「風前のともしび」ですが、今後も無事なことを願い下山します。
(12:50)



 下山といっても緩い登りで120m標高を上げなくてななりません。これが意外ときつい。30分ほど歩いて山頂南のピーク到着。

 
そこから孫太尾根の全容が望めます。右:多志田山965m、中央:草木834m、その左奥:丸山645m
(13:20)



 多志田山(13:50)を過ぎるとこの大いなるブナの木。鹿が食べないアセビトリカブトが元気です。

 鹿がもっと増えたらこの木と草が山地を占有するのでしょうか。次の草木は山腹を迂回しましたが難路でした。

丸山(15:20)、駐車地着(16:10)

 
東海岳行
  “樹木医” 

 我が街、江南市の観光資源は曼荼羅寺(マンダラジ)のフジです。境内の藤棚に咲き誇る姿は見事で近くの団地に住んでいた時は、家族で花見に行ったものです。ところが10年ほど前、花つきが悪くなりました。樹木医の指導を得て樹を移植、根の周囲を囲ったり、地面から浮かした遊歩道を設けました。

 数年はスカスカの藤棚でしたが、今では美しい花を見せてくれます。その方は日本初の樹木医、塚本こなみ氏(66歳)です。江南市の前には、1996年栃木県足利市のあしかがフラワーパークにある巨大なフジの移植を2年がかりで成功させました。その花の映像を見ましたが、世界一と誇るだけの素晴らしいものです。

 ちょっと遠いのですが、死ぬまでには一度は見たい。映像でも目を見張ったぐらいですから。きっと体は震え涙が出るほど感動できるでしょう。さてこなみ氏は、2013年にはままつフラワーパークの理事長に就任され、園の再生を請け負いました。一時は閉館も噂されたほどピンチだったのです。


<入園すると飛び込む噴水池と温室>
 
 <広い園内はフラワートレインで移動:100円>

 驚くのは入園料を0円から1000円に変動制にしたことです。暑くて外出したくない7月〜9月は無料、寒くて億劫な10月〜2月は500円ですが、500円の買い物券付です。3月〜6月は、600円〜1000円で桜の時期は1000円になります。また営業時間も8:30〜21:00までの間で変動制です。

 当初、従業員にフラワーパークのいい所を尋ねると温室があるとか〜広いとか色々列挙しました。『何でもあることは、何にもないと同じ』と言い、世界一のものを作ろうと鼓舞されました。具体的には「世界一美しい桜とチューリップの庭園」をかかげ、目指すものを明確にします。

 春には咲き誇るソメイヨシノ、枝垂れ桜、八重桜などが1300本、圧倒的な花数で彩る50万球のチューリップ。昨年、そのことを知ったので今春には絶対行こうと決めていました。開園は1970年、今年で46年目。私は子供が小さいころ家族で一回出かけたきりです。
 
 
 <池にはチューッリプの虹>

 広いことと噴水池は記憶にあります。HPで桜の満開を確認し、家を6時30半にひよこさんと出ると開園直前の8時20分に到着できました。駐車場はまだ余裕がありました。行った日は土曜日、週末は9時を過ぎると駐車待ちになるそうです。フラワートレインに乗り、最初の停留所で降り、遊歩道を歩きます。

 金曜日が7分咲きでしたが、本日満開になりました。お天気は花曇りですが、日が高くなれば20度にはなりそうです。台湾の団体さんも大はしゃぎで記念写真を撮っています。青空出なかったのが残念なこと。それ以外はパーフェクト。今春はご機嫌な花見ができました。

 沢山歩くのでお腹がすきます。売店でダンゴなどいろいろ飲み食いし、観覧車で上から世界一の桜をめでました。折角浜松まで来たのでこの後、浜名湖遊覧船に乗り、龍譚寺(リョウタンジ)‥ここの庭園すごい、竜ヶ岩洞(リュウガシドウ)ここの大滝は見事‥と春の行楽を満喫しました。


<観覧車からの鳥瞰>
 
<春爛漫>

2016.04.03(日)00:35