岳行ノート
京ヶ倉〜大城 990m・980m/長野県生坂村


2016年5月8日(日)


曲流する犀川(京ヶ倉より)

(京ヶ倉では、登山者に眺望をプレゼント-背後のアルプスが、ぼやけ残念)



 京ヶ倉は長野にあり、遠方ですが前から登りたい山でした。1000mに満たない低山でが、展望の良さがウリで戦国にはのろし台があったほどです。

 5月初旬のヒカゲツツジヤマツツジの群生は、見ごたえがあります。今年こそ、その時期に登ろうとチェックすると、、、あらま4月24日がピークでした。

 今年の花は、1週間ほど早いと思いましたが想像以上。まあヒカゲツツジの群生は、以前、岐阜の室兼高屋(ムロガネタカヤ)で満喫したのでいいでしょう。


 今年も京ヶ倉を見送るのは忍び難く、花は諦め、天気の良い8日(火)に出かけます。GW最後尾ですが、Uターンラッシュは起きないと予測。

 安曇野ICで下り、国道19号線で北進。生坂イクサカ)トンネル入口手前を左折、1km走ると右に駐在所があり、その手前を右折し集落へ上ります。

 教科書は、しなのじ書房刊「信州 日帰りでゆく山歩き 中信・南信」です。参考書は「生坂村観光情報/大城・京ヶ倉」のお世話になりました。
<駐車地>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図



駐車地→万平(マンダイラ)登山口→△京ヶ倉△大城→はぎの尾峠→県道出合→駐車地


※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南発:午前6時00分   晴れ/14℃
駐車場着:午前9時00分   晴れ/16℃
往:1時間55分(京ヶ倉まで、小休止含)
還:2時間35分(ランチタイム除く)
所要時間:4時間30分




 十字路に出ると「大城・京ヶ倉登山口→」指標があります。村内の道は複雑ですが、要所に指標があり、迷いません。

 T字路の駐車地に置車。写真左にある金柵を開閉して林道を歩きます。
(9:20)



 500mほどで京ヶ倉登山口。ここにも駐車地があり、簡易トイレもありました。注意案内に4/25の転落事故を知らせています。

 単独の女子が来ました。声を交わしたくないオーラがすごかったのですが『こんにちは』小さな声で『こんにちは』良かった。
(9:25)

 最初はピークの迂回路。ヤマツツジが、森にインパクトを与えています。ヒカゲツツジの葉は沢山ありますが、花は終了し一輪も見られません、残念。

 京ヶ倉の標高は高くありませんが、岩山なので険しい登山道です。危険個所には、ロープや梯子が設置され、滑落防止の対策がされています。

ちょいちょい木の間から展望がありますが、古松林を過ぎればおおこば見晴台で大展望。
TOP写真の風景と遠い山々。右端:黒い有明山、その左:大天井岳、左側:常念岳。左端:蝶ヶ岳
でも長野は最初から犯人のわかった推理小説、朝、国道を車で走ったときアルプスは見えました。
(10:20)





 細い尾根道を行くとこの掲示板。右方の×京ヶ倉南の三角点剣刷山(ケンスリ)922mへの近道でした。左の山腹道へ‥





 すると巨大な岩屏風が、そそり立つ場所に出ました。岩下の道幅は狭く、ロープや梯子の補助があります。ほどなく‥





 南北に延びる主尾根に乗りました。南の剣刷山への道にストッパーの枝。女性が滑落された稜線です。慎重に行きましょう。
(10:45)

主尾根に出てから岩の細尾根を200mほど行くと馬の背と巻き道の分岐です。右を選びます。
馬の背は100mほどの長さですが、砂岩なので滑り難く、歩きやすいように凹みがありました。
ただ最後は傾斜があるのでロープが付いています。これは振り返った写真でピークは剣刷山です。
(11:00)





 馬の背の最後にはとどの岩。この斜度で登るのは命がけだと思ったら左に巻き道がありました。難所を過ぎれば‥



 京ヶ倉990m山頂です。戦国時代、番兵の見張り台・のろし場でした。好展望の一等地は2組のカップルがお食事中です。

 隣の大城山頂が近くに見えるのでそこまで行きましょう。いきなりロープのある急降下すると‥
(11:15)



 こちらにも長さ30mの馬の背。向こうは、北東8kmに信仰の聖山1447mが大きい。右端が山頂でアンテナが沢山建っています。

 平らな稜線の左端はたらら山1392m。山頂にレーダー雨量観測所のドームが肉眼では確認できました。
(11:20)





 さらにロープで降ると鞍部に天狗岩。3mほどの高さでしょうか。見た目、猛り岩(タケリ)です。更に降り、少し登れば‥

 大城980m。東に中央右は四阿屋山(アズマヤ)1387mです。ベンチが嬉しい。ここでランチしましょう。

 戦国時代、丸山氏の本城がここにありました。年配のご夫婦が来られ『百名山は終わりました』 私は何も聞いていません。

「登山者の会話は自慢話から」の格言通り。私もきっとそう。お二人は周回され私もピストンを止め、負けずに周回します。
(11:40)〜(12:10)

 北に降ると3ヶ所の廓跡があり、先には戦国時代の物見岩です。登ってみましたが、樹木が邪魔してGoodではありません。(12:25)

 程なく三等三角点919m。明治30年代に基準点として定められました。点名は「生坂」(イクサカ)です。「筑北展望」の掲示板があり‥ (12:30)

東に好展望。手前の低山も確実に岩山ですね。中央上、三角形は姥捨山1252mです。
その左奥で薄い山は、43q離れた百名山四阿山(アズマヤサン)2354m、左が根子岳(ネコダケ)2207m。
展望を楽しんだら更に北へ降ると、1分で‥





 はぎの尾峠。江戸時代前より昭和40年まで生活道路でした。下山には3つの道がありますが、この峠から降ります。
(12:35)





 松林の急斜面。刻まれた掘道に人々が利用したことが忍ばれます。斜度が緩み、平坦地に出て、獣除け扉を開閉。





 70m直進すれば、ポンと大城登山口に出て、水田が眼に飛び込みます。お地蔵様の祠から西へ舗装道を降ると‥
(13:05)

 山麓には木々の緑に美しく映える紫色。フジが蔓を木に巻き付かせ樹冠に広がります。木は迷惑しているでしょう。5分で県道に出合い左折。

 思い出した。そういえば往きに720m辺りの岩場で見たこの花‥青色が目を引き、カメラに収めました。しかし、今だに花名が不明です。県道を40分2.6km‥

村営やまなみ荘を過ぎると左に生坂小学校」の道路標識。(ポールに「←京ヶ倉登山口」)
そこを左折して坂道を登り、要所にある「京ヶ倉」の指標で駐車地へ向かいます。

村誌に「刃こぼれした巨大なノコギリのような奇妙な山容」と書かれた生坂山脈が正面に見えました。
左:大城、中央左:京ヶ倉、一つ飛ばして右端:剣刷岩(四等三角点、小舟)
変化に富んだ山行で遠方まで来たかいがありました。「曲流する犀川」の残像をお土産に帰りましょう。
(14:20)

 
東海岳行
  “キーポシャイニング” 

 ひよこさんは5月11日(水)を心から楽しみにしていました。それは名古屋市熱田区のセンチュリホール(下左)で「キーポンシャイニング歌謡祭」が行われるからです。お笑いの友近のキャラ演歌の大御所「水谷千恵子」先生が、芸能生活50周年を迎えたことを祝いリサイタルショーが開かれます。

 驚くことに3000人収容のホール(下右)は、3階席まで満席です。午後7時に開幕。中山美穂の「♪wakuwakuさせて」の軽快な曲で始まりました。カラオケではありません。

 ドラム、キーボード、ギター、ベース、女性コーラス、5人のバックバンド。人件費掛けています。今日は、大阪・福岡と続いたリサイタルショーの千秋楽です。



 次の「♪キュティハニー」をパワフルに歌うと会場が盛り上がります。さすが「J-POPと演歌の架け橋」歌唱力は申し分なく、どんな曲でもこぶしを効かせるのはさすがです。3曲目は、友近の出演した朝ドラの主題歌「♪365日の紙飛行機」でしたが、AKBの曲ですよね。

 一息つくとロバート秋山バッファロー吾郎Aの3人トークで笑わてくれました。ここでも笑いを取るのは水谷千恵子先生です。ホールを見て『私の家のリビングくらいの広さ、、、バカ言ってる』(笑い) ゲストが来て自分のヒット曲を歌い、先生とデュエットします。最初は相川七瀬「♪夢見る少女じゃいられない」

 次は何と昨年末コンサートに行った稲垣潤一。歌った「♪クリスマスキャロルの頃には」サビを何回繰り返すかで話を盛り上げていました。彼は6回と言っていましたが8回です。先生は『クリスマスキャロルの鬼』(笑)と断言します。



 3人目の秋山雅史『♪千の風になって』は、一番でジーンときて二番では涙ぐみました。名曲ですね、今日来てよかった。彼はプールで潜水をして肺活量を鍛えてるそうです。
 
 本人が大映ドラマが好きということで松村雄基麻倉未稀「♪HERO」を歌いました。麻倉未稀は、歌唱力充分で声量がすごい。そしてノースリープの衣装だったので先生に『ワキがキレイ』(笑)と褒められます。

 最後のゲストは、スターダスト・レビュー根本要『♪追憶』をデュエット。彼の声はハスキーですが高音が出て、またエンドの長音の長いこと長いこと。プロは、鍛え方が違います。



 鳴りやまない拍手にダブルアンコールで出てきた時は、うっすらと涙を浮かべる先生がいました。最後はデビュー曲「♪万博ササニシキ」で締め『必ずまた帰ってきます』と手を振り9時に終了。

 3時間ノンストップ、笑えて感動しました。多くのシンガーの歌が聴け中々お得でした。5/15(日)CBC「花さかタイムズ」でその模様を放映しました。ビデオ録画し、客席を映したところを一時停止。

 探すとひよこさんが写っていました。小さいけどはっきりわかる。テレビ出演おめでとうございます。隣席の私は見切れていました。

2016.05.16(月)01:15