岳行ノート
出来山  1053m/愛知県設楽町


2016年6月18日(土)


段戸裏谷原生林のブナ



 6月10日に段戸裏谷原生林きららの森:愛知県設楽町)でスズタケ(笹)の一斉開花が確認され、新聞やテレビで報道されました。

 通常、ササは120年周期で開花し、その後には一斉に枯れてしまうと言われてます。伊勢神宮の遷宮より遭遇する機会が、はるかに少ないものです。

 段戸裏谷は、愛知でも奥で我が家からも遠い所。行くのを躊躇していたら岳魚さんから最新情報が載った新聞の切抜きをメールで頂きました。


 120年に一度という貴重な現象を見ようと入山者が引きも切らず、段戸裏谷の駐車場は連日満車状態とのこと。行動力ある方が多いのですね。

 躊躇している場合じゃない、私も行きます。そして段戸裏谷の西3kmにある出来山(デキヤマ)は、未踏なので山行をすれば一石二鳥です。

 教科書は、山と渓谷社刊「新・分県登山ガイド/愛知県の山」です。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図



段戸湖駐車場→きららの森→五六橋→▲出来山→牛渡橋→五六橋→ゲート→段戸湖駐車場


※赤線はGPS軌跡  ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時45分  晴れ/21℃
駐車場:午前8時40分  晴れのち曇り/19℃
往:3時間05分(山頂まで、撮影・小休止含)
還:2時間20分(ランチタイム除く、)
所要時間:5時間25分





 段戸湖東の駐車場には沢山の車が停まっています。釣り、登山、撮鳥、行楽、そしてスズタケの花見客などなど。

 写真左方にトイレがあり、その横が森への入口です。
(9:00)




 林道の両側に早速、背の高い笹が茂っています。新聞の写真で形は覚えてきました。すぐ見つけられると思いましたが‥

 帰られる観光客に『ありました?』と尋ねると『こちらですよ』親切にその場所まで案内してくれます。 

 ポツンと咲いた小さな花一輪。数ミリの大きさでピントが合いづらく苦労して撮影しました。それ以外見当たらないのですが、少し先でカメラマンが真剣に撮影されてます。終わるのを5,6分待ち、私も撮りました。花はこの二か所だけ。殆どのスズタケは、左上写真のように稲穂形が茶色くなり乾燥しています。

 カメラマンが『茶色はダメ、こんなふうに紫ぽいのを探すといいよ』と的確なアドバイス。
虫がクモの糸に掛かっていますが、実は撮影中は気づきませんでした。ミクロの世界です。
その後、中々花が見つからず、咲き始めて3週間、もう終期かもしれません。





 周囲を観察しながら西へ歩き、きららの森入口に着きました。10分ほどの距離を35分のスローペースです。
(9:35)

 ここから散策路は、東海自然歩道です。





 林床は2mを超えるスズタケに覆われていますが、散策路は大丈夫。ここは久し振りなので湿原へも足を延ばしました。

 残念ながら何も花はありません。





 原生林で森の巨人に出合うたび『お元気ですか』とタッチして歩きます。笹の花はないかな‥とゆっくり進む。

 結局、花は見つけられず、このブナの門を潜ると間もなくきららの森とお別れです。






 森の出口から林道の十字路に降りると五六橋の道標。橋を渡り、未舗装の林道で西へ向かいます。
(10:35)






 200mほど行くと木造トイレが建っていました。東海自然歩道は、ここで分かれ「寧比曽岳→」へ。私は西進します。
地形図に乗っていない林道がありました。分岐の都度、現在地を確認して道を選択します。
今日は夏日の予報が当たり暑い。日陰を選んで沢音に涼を求めて歩きます。

実は、今まで出来山へ来なかったのは、長い林道のアプローチが一因です。
スズタケのお陰で「こんなに楽しい愛知の130山」の未踏峰に来られる良い機会になりました。






 すると道で吸水する黒いアゲハチョウ。どこかでお目にかかったことがあります。名前を憶えてましたカラスアゲハです。






 森を出てから一時間、T字型三叉路の突き当りを左折します。右端の指標「←出来山900m」 ここから舗装道です。
(1140)


 林道が右カーブするのでこのまま山頂まで行っちゃうのと心配になる。途中、林道を外し、山へ入ってみました。

 すぐ2mのササ巨人の迫力に負け林道へ戻ります。やはり山頂間近まで林道が延び、終点は国交省無線中継所でした。

 ヘリでも降りられる広地です。写真左端手前左に山道があります。
 
待望の登山道を30mほどちょこちょこ歩けば出来山1052m頂上。堂々の一等三角点です。
展望は木に遮られ全くありません。西に踏み跡があるので100mほど行ってみました望みは皆無。
周りは笹藪が少なく無線中継局の北に回り込むと地形図の破線の道があるような雰囲気です。
(12:05)






 赤テープが付いているので好奇心でついて行ってみました。これは振り返ったところで右上が無線中継局です。




 尾根筋を行けばいいのですが、赤テープは1本西の尾根でした。GPSで確認し破線の尾根に着くとやはりり笹薮。

 スズタケは直立していてしなりはありません。量も少なかく分けて進むことができました。時々登山道が出てますが‥




 やがて藪は消え、標高を60m下げた鞍部に出ます。右折して踏み跡を行き、最後に藪を分けると三叉路手前に出ました。
 
 25分のチャレンジで林道歩きのストレスを発散。ランチ適地を探しましょう。
(12;45)





 20分ほど歩くと牛渡橋。橋は日陰なので清流を眺め、橋上ランチしました。
(13:05)〜13:30)




 五六橋へ戻り、帰路はきららの森をスルーして林道を歩きます。車止ゲートを超えるとスマホでスズタケを撮る女子。

 私も幸い花を見つけ撮影してると女子が来て『ある、ある、あ〜ここにも、あんたここもあるよ』群生を見つける名人。
段戸湖へ戻ると曇り空になっていました。花見客は、まだまだ来ています。
先日、私がスズタケの花見に行ったことを知った岳魚さんから書き込み頂きました。
『120年に一度しか咲かない花なので当然見つけた人は、花と初対面、

どうしてスズタケの花と認識できたのでしょう』 まったく同感です、疑問が湧く。
ネットを見るとスズタケは、珍しい笹ではなく各地で生育しています。
もし群落が120か所あれば、毎年どこかでスズタケが開花する可能性がある。そういうことです。
駐車場着(14:50)

 
東海岳行
  “50年前の6月29日” 

 今年は、ビートルズの来日公演から50周年です。彼らは半世紀前の1966年6月29日(水)、日本にたった一度ですが、やってきました。東京オリンピックから2年経った高度経済成長真っ只中。公演先のハンブルグから飛んで来たのですが、台風で11時間遅れ羽田空港に着いたのは、午前3時44分。

 高校生の私は、この模様を7月3日(日)16:30から1時間、CBCテレビのモノクロ画面で見ていました。彼らを乗せた車が、暗闇の高速道路を白バイ先導で突っ走る。BGMの「♪ミスター・ムーンライト」を今でも忘れません。この時、彼らはデビューして4年目でしたが、すでに世界的なスーパースターでした。

 23歳(ジョージ)〜25歳(リンゴ)の若さで、可能性無限。記録では我が国のデビューは、1964年2月「♪抱きしめたい」、3月「♪プリーズ・プリーズ・ミー」となっていますが、私がラジオで初めてビートルズを聴いたのは、確か後者の記憶です。それ以来、全ての曲を歌えるほど夢中でした。



 ステージは、翌日6月30日(木)から7月2日(土)の3日間5公演。当時、東京には、3000人キャパのホールしかなく、1万人収容可能な武道館が用意されました。その時、不思議に思いましたが、武道の聖地でよく開催できたものです。

 来日前年、ビートルズが英国王室からMBE勲章を授与され、彼らを英国の国家的音楽使節として位置づけたと特番で知りました。彼らの希望でチケットはLP一枚分の価格でS席2100円。私は公演を見に行こうとは、これぽっちも思いませんでした。

 高校生が、新幹線で東京へ行くお金はありません。テレビ放映を胸をときめかして待ち、オープンリールのテープレコーダーをセットしてテレビにかじりつきました。ビデオなんて無いころです。前座のブルーコメッツの演奏やドリフターズのミニコントが終わり、彼らがギターを抱え登場します。曲目は‥


1)ロック・アンド・ロール・ミュージック 日本で人気の曲でしたが、そのことを彼らは知っていたのかな。
2)シーズ・ア・ウーマン ポールにしては編曲が単調。もっといい曲あるのに。
3)恋をするなら ジョージは、この演奏スタイルが好きで「♪ヒア・カム・ザ・サン」でも聴けます。
4)デイ・トリッパー 楽器を重ねていく演奏ですが、この順序はスタンダードになりました。
5)ベイビー・イン・ブラック 地味な曲なのでどうして歌うのか謎でした。彼らのデビュー前に若くして亡くなったもう一人のビートルズの恋人を歌った内容で、その思いが強いのかもしれません。

6)アイ・フィール・ファイン ジョンのギターワークが聴かせる。
7)イエスタデイ ロックバンドですがバラードもいい、ふり幅広い。
8)彼氏になりたい リンゴも歌うぞ。
9)ひとりぼっちのあいつ 3声のアカペラが魅力。
10)ペーパー・バック・ライター 新曲、ベースの躍動感に驚愕。
11)アイム・ダウン ポールの高音シャウトが大迫力。


 私はもちろん全曲知っていますが、大ヒットしたシングル曲がありません。「♪抱きしめたい」「♪プリーズ・プリーズ・ミー」「シー・ラブス・ユー」「ア・ハード・デイズ・ナイト」等です。レコードでは、演奏・歌・コーラスがめちゃうまいのですが、このライブでの技量はアマチュア並みです。

 当時はわからなかったその原因ですが、、、広い場内にもかかわらず小さなアンプとスピーカーでパワー不足。観客の声援が大きく彼らも観客も演奏や自分の歌声が聴こえなかったでしょう。それでは勘で音の高さやリズムを取るしかない。またマイクの指向性が悪くハウリングを起こっていました。

 おまけにアースが取れてないのかマイクに電流が流れ、ポールがビリッと感電して驚く。騒ぐだけで聴こうとしない観客にうんざりし、手を抜いたのでしょうか。4人のほとばしるエネルギーが感じられません。1曲2分程度なので演奏は30分ほど、あっという間に終了。今では2時間半が普通ですから考えられない短かさ。



 2100円のチケットならしょうがないか。そういえば昨年、ポールの49年ぶりの武道館ライブはS席8万円でした。38倍です。テレビを見た翌日学校で友人2人とその話をしていると、、、

 身長170p、クラスで2番目に背が高く、彫りの深い女子が近づいてきました。私たちがビートルズを好きだということは知っています。彼女は学校に内緒で姉さんとビートルズの公演に行ったそうです。チケットは抽選でしたが2日分当たり、2公演とも見ました。

 親がお医者さんなのでそれは可能でしょう。私たち3人にお土産を買ってきたと公演プログラムをくれました。『ありがとう』 いい娘です。さて今年9月22日(木・祝)より映画「ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK」が全国で公開されます。1962年〜1966年の彼らを追った映像です。



 キャバーン・クラブからキャンドルスティック・パークの映像が盛り込まれています。リンゴの名古屋公演10/25も発表されました。ベリベリ楽しみです。ビートルズの残した余韻は、今も私の心で永く永く響いています。何かに夢中になると人生は豊かになりますね。

2016.06.26(日)22:35