岳行ノート
笠置山 288m/京都府笠置町


2017年11月25日(土)


宝蔵庫跡の散りゆくモミジ

(建屋は休憩所)



 結論からも申し上げます。笠置山は標高わずか288mですが、これだけ楽めた低山に出会ったのは、今年の大金星です。遠くまで行った甲斐があります。

 この山は「私の登りたい山リスト」に載っていたのですが、なぜ載せたのか、いつメモしたかも不明です。多分、行場巡りの山という理由でしょう。

 さて歩いてみると三部構成になっていました。一部は行場巡り、二部が三角点山歩き、三部は東海自然歩道。情報が多いので25コマの長編にしました。


 名阪国道伊賀一之宮ICで降り、国道163号線で西へ走ります。笠置町役場を右に見て右折し、笠置橋を渡り郵便局を右折すると200mで‥


 教科書は、ヤマレコ「笠置山」です。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図


町営駐車場→登山口→笠置寺(行場巡り)→▲笠置山→三角点→関西本線踏切→町営駐車場

※赤線はGPS軌跡  ●は主な分岐点


■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前7時00分     晴/5℃
駐車地:午前10時05分     晴/11℃
標高差:(40m→324m)284m
往:1時間40分(山頂まで、小休止含)
還:2時間20分(ランチタイム除く)
所要時間:4時間0分




 分岐地点。町営駐車場は二箇所あり、ブロック塀の看板のから左奥が、有料駐車場(500円)でした。

 右奥はJR笠置駅で、電車を降りた登山パーティが、何組か歩いてきます。私も出発しましょう。舗装道を200m戻り‥
(10:20)

 郵便局を右折して150m歩くと、このウエルカムアーチ歓迎・笠置町自然公園」 ガードマンが立っています。坂を登ると‥

 すぐ東海自然歩道の指導標が立つ分岐。ここで車道と別れ、「笠置山0.8km→」を見て、右の参道へ入ります。                     (10:25)






 古い石仏(312年前)が祀られた小さな祠庚申堂を過ぎ、石畳・堀道を登っていきました。上に分かれた車道が見え‥






 合流します。(右下から登ってきました) ここからは、車道を登っていきますが、その前に少し降ると‥






 車道からの南西の眺望。大きなモミジ笠置町の集落が隠れています。戻って登り、きじ料理の松本亭を左に見れば‥

 笠置寺山門。寺は1300年前飛鳥時代の創建。奈良時代には、修検行場として栄えました。1331年元弘の乱で全山焼亡。明治29年復興されました。

 山門から左折し、受付で入山拝観料300円を払います。簡単な境内見取り図を頂きました。順路に沿った沢山のポイント。道は丸く描かれ、反時計回りします。






 修行場入口でテレコが、「入山拝観料を支払うよう!!」訴えています。払わない人がいるようです。『受付を突破するの?』
(11:10)





 舗装された歩道を行くと、いきなり巨岩が覆い被さってきます。この薬師石は五階建ての団地より高い。20mほどでしょう。

 それにしても見事な紅葉です。

その隣、1300年前に刻まれた本尊弥勒大磨崖仏が圧倒的な存在感。
元弘の乱の戦火を受け、残念なことに花崗岩の線刻像は失われたようです。
像の高さは12m程度でしょうか、因みにグリコのランナーは13mですよ。

左の十三重石塔は、鎌倉時代の物で重文です。
磨崖仏右に500年前再建された正月堂が建ち、登山靴のまま入れます。

 中には岩に残る磨崖仏のわずかな痕跡からデジタル技術で復元された画像が祀られていました。

 正月堂を迂回して降ると、堂宇が立派な舞台作りなのに驚きます。先を見ると‥




 道は巨岩のヘリに沿って続いています。小さな祠の千手窟が左の隙間に祀られていました。雨乞祈祷が行われた場所です。

 ここで大チョンボ! 右端の岩に弘法大師が一夜で掘ったという虚空蔵磨崖仏を見逃しました。

 「胎内潜り」 この山には滝が無く、身を清めるため潜った所です。安政地震で天井岩が落下。以後は切り石の天井になりました。

 「太鼓岩」 標柱右の岩。ある場所を叩くとポクポクと木魚のような音がします。探すのが楽しみなので印しはありません。岩の下を身をかがめて進みます。

 「ゆるぎ岩」 1331年元弘の乱後醍醐天皇が鎌倉幕府の奇襲に備え、武器として置いた岩。重心が中央にあり手で動いたが、今はピクリともしません。

 「平等岩」 小ピークの巨岩。岩肌はツルツルで手がかりがないのですが、摩擦頼りに左から右へ登りました。2回目の挑戦で何とか上に立ち‥

大パノラマと天辺に登られた達成感。眼下には美しい水色の木津川の流れ、上方が上流です。
右岸が笠置町の町並み、左岸沿いに関西本線が走っています。
この平等岩は下で割れていて、そこが順路ですが‥





 身体を傾け、その隙間の通り抜け。一人分の幅しかなく「蟻の戸渡り」と呼ばれます。こういうの楽しいですね。

 少し登って二の丸跡の広場を過ぎ‥

 そろそろ山頂かなと注意してると、左に「→」があります。赤テープがあるので右の伐採木の間を登ってみました。

 すると石の玉垣に囲まれた平地。多分この辺りが、山頂と思われます。
(12:00)





 「貝吹き岩」 元弘の乱の折、武士の志気をを高めるため、岩上で盛んに法螺貝が吹かれました。ん〜ここもツルツルだ。

 挑戦して笠置橋方面の展望をゲットしました。この広地から階段を降ると‥

『うわ〜めっちゃ綺麗!』
奈良時代に創建された宝蔵坊跡(宝物庫)で、現在はもみじ公園という名所になりました。
3,4日前がピ−クでしょうか、現在は「落葉進む」状態で天も地も紅い。それはそれで美しい。

ここに来るまで私はこの山が紅葉の名所だとは知りませんでした。
そういえば麓に「11月はライトアップ」の立て看があり、案内のガードマンが立っていたのですね。
遠路はるばる来たけど、いい時期に巡り会いました。絶対ここでランチですね。
(12:15)〜(12:55)



 もみじ公園南にある階段を登ると後醍醐天皇行在所跡の入口です。そして太師堂を横切ると修行場入口に戻りました。

 その辺りの毘沙門堂などを拝観してこの階段を降ると山門です。『階段を逆行して入館料をズルする人がいるのか』

 7コマ目の謎が解けました。 






 山門を少し降れば左に東海自然歩道の標柱が建ちます。左折して「柳生→」へ歩きました。ここからが、第二部になります。
(13:15)

 15分歩けば、かさぎゴルフ場西端にある分岐地点。左の「三角点まで約1km」の案内板から左側の未舗装道を登ります。そして最初の分岐は右を取り‥
(13:30)※この先、H29/9/21〜11/20 松茸山につき入山禁止

 2つ目の分岐 右端の幹に「東海自然道→」の案内。先に倒木がありますが右へ。実はここで私は左道へ進み、道ミス。10分後、ルートに復帰しました。
(13:35)

 ようはゴルフ場沿いを行けば良いのです。私標「三角点この上→」を見て左斜面を少し登り、お目当ての三等三角点324mに出会いました。    (13:55)

 その後は、尾根芯を降っていきます。ゴルフ場が見えなくなった10分後、すんごい急降になりました。横木のヘルプが有難い。低山なのですぐ急降は‥




 終わり、尾根が消えたら右下の堀道に移動。やがて下に線路が見えました。そこは、笠置山へ向かう東海自然歩道です。

 ここから第三部。関西本線の踏切を渡ります。本線でも単線なんですね。
(14:30)
 
東海自然歩道は、木津川左岸の崖を行く一本道です。細いけど整備された素敵な歩道。
川は、澄んだ緑で豊かな流れの川音が心地よい。『電車庫内かなあ‥』
川には花崗岩の巨石がゴロゴロ転がり、自然林の紅葉でウキウキ気分になります。

  踏切から15分、歩道が川岸に降りると巨石でボルダリングしてますよ。釣り人が、10人ほどいました。この先で「遊びカヌーの発祥の地」の石碑が建ちます。

 そして県道に上がり、笠置橋から下流を見ると‥朝は殆ど人いなかったのにキャンパーが満パー。笠置町は、アウトドアー天国ですね。   駐車場(15:00)
 
 
東海岳行
  “道路案内板” 

 今回の道草は、2Q13から投稿いただきました「道路案内板」です。画像も提供頂きました。



 道路案内板というべきか、運転案内板というべきか、とにかく不必要な案内が多いと感じます。例えば、雨の日に高速道路を運転していると「雨 走行注意」の電光掲示板。これを見て「雨が降っているから運転に注意しなければ」と思うドライバーがいるでしょうか。

 雨が降れば誰しも、自然に緊張し注意すると思いますが。浜名バイパスから東へ進むと浜松バイパスに入ります。すると信号がある交差点には「追突注意」の案内板。

 追突はされるのもするのもゴメンこうむりたいもので、こんな案内板を見て、追突に注意しなければと思うドライバーがいるでしょうか。



 山間地を運転していると見かけるのが「落石注意」 「落石注意」の案内は、落ちてくる石に注意せよではなく、落石の多い地域だから落ちている石に注意という意味です。仮に石が落ちてきたら避けようがありませんから。いくら落石が多い地域だからと言っても、道路には何が落ちているか分かりません。

 誰しも前方に注意して(注意していないドライバーがいたら、案内板そのものが不要)運転していますよね。それから「前方急カーブ 速度注意」 

 これもこの案内を見て、スピードを緩めなければ、と思うドライバーがいるでしょうか。  いずれにしろ、案内板の掲示のビフォアーとアフターで、事故が減少したか検証したのでしょうか。



 2Q13さん、ありがとうございました。またのご投稿をお待ち申し上げます。さて道路では、交通安全標語も見かけますが、いくつかよく考えたなあと感じるものがありました。

 「お母さん 猫でも止まるよ 赤信号!」
 「お父さん マザーじゃないよ マナーだよ!」
 「追越し違反9000円 佐渡するめ500円」
 「黒木です ひとみが見てる そのマナー!」


 センスの良いものって誰が作ったのでしょうか、交通課のおまわりさん? それとも一般募集のコンクールがあるのでしょうか。

2017.12.04(月)22:50