岳行ノート

高賀山 1224m/岐阜県関市
2009年8月24日(月)


登山道沿いの笹に揺れるクロヒカゲ

-幼虫の頃に食べた笹の匂いを懐かしむ-


 三歩進んで二歩下がる。秋と夏の高気圧が、綱引きを始めました。しばらくは季節合戦を傍観しましょう。さて高賀山は、8年前の晩秋以来です。

 私は、この山に二つの謎があります。一つは以前登ったとき、山頂でランチしてたら突然、北から団体がガーッと登頂してきました。『そっちにもルートがあるの?』

 私が登った道は、南からの一般コースなので驚きました。その後、今回教科書にしたガイドブックを見て高畑温泉方面からのルートがあるのを知りました。


 後日、現地へ行ったのですが登山口未発見です。まだあの道が、生きてるか山頂で確かめたい。二つ目は、地形図に書かれた峰稚児神社からの別ルートの確認です。


 教科書は、風媒社刊「こんなに楽しい岐阜の山旅100コース 美濃下」です。参考書は「高賀癒しの里」にお世話になりました。単独で行きます。

駐車場周辺図
[−]:縮小 [+]:拡大


高賀の森P

東屋

岩屋

御坂峠

▲高賀山

御坂峠

峰稚児神社

御坂峠

展望地

峰稚児神社

御坂峠

高賀の森P

 ※赤線はGPS軌跡
■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江南:午前8時15分発  25℃
   晴れ後、謎解き歩き
往路:2時間25分(小休止含)
復路:3時間05分(神社周回1:20含)





 258号線を走ると正面に今淵ケ岳が見えてきました。高賀山は稜線の左方向です。選挙カーが、抜かして行きます。


 高賀神社前の御影石の大鳥居をくぐり、三角形の自然公園駐車場到着。広いスペースに私の車一台だけです。

 以前は、もう少し悪路を上って東屋まで行けましたが通行止になっています。準備をして草道へ向かいました。
(10:15)





 夏の高気圧で100点の青空。幅広の道を歩けば、汗ばむのに時間はかかりません。



 8年前は、この東屋横に駐車しました。右にカーブする林道を少し辿ってみると、見る限りでは問題ありません。

 下山時、上手くいけばこの林道を歩いて降りられるかも。でも往きは「高賀登山道」で‥
(10:35)




 沢音を運ぶ風が、涼感を乗せてきます。身体の汗が、Tシャツから飛んでいくのが分かる。『沢は、山の汗?』

 山も体を冷やすため汗をかいているのでしょう。



 流れに架かる橋が朽ちたので、最近、その上に新しい橋を乗せたようです。「ここが二重橋、、、糖尿だょおっ母さん」

 島倉千代子が、歌ったのは50年以上前のこと。
「高賀登山道」はシンプルです。人力で作られた石段が稜線まで続きます。
途中岩塊の斜面があり、材料は現地調達だったことが分かります。

いつごろ何年かけて作られたのでしょう。信仰の道だからでしょうか。
それでも大したものです。私など庭に小石をひくことさえ中々できません。


 やがて巨大な岩屋。この上にも重なってあるので二階建ての岩屋です。比丘尼岩(ビクニイワ)と呼ばれてます。

 確かせきすいさんが、なまめかしいとレポに記していました。美濃市の松鞍山にも同名の岩があります。
(11:30)

 間口4m、奥行5mと広く、かつては山仕事の人が寝泊りしていました。





 岩屋からふと上を仰げ、素晴らしい緑の透光が降り注いでいます。紅葉はどんなものでしょうか。

 稜線が見えたら御坂峠到着。よっせーさんが11年前峠に着いた時、すぐ下に来てる中美濃林道にガックリしました。
(12:10)

 帰りに二つ目の謎をこの御坂峠から確認します。





 稜線は緩やかな道。のんびり登り、緑の空間が青に変わったので振り返ると‥ 

南に高賀三山、左が瓢ケ岳(フクベガタケ)1163m、右に今淵ケ岳(イマフチガタケ)1048mが間近です。
高賀山1224mと合わせて三山を1日で登られる方も見えます。
その三山を結ぶ稜線に登山道はあるのでしょうか。



 先着のご夫婦にご挨拶して山頂ランチです。西に「板取側への下山はできません」との注意書きで×

 灌木を分け北の尾根へ50mほど降りましたが、あの登山道は生きているようです。一つ目の謎の正解をいつか‥
(12:40)〜(13:05)

 山頂にはチョウが沢山舞っています。 左)キアゲハ:一番大型だったので他のチョウを追いかけエリアを主張していました。  中)ツマグロヒョウモン:オスですが派手目の色彩で飛翔すると目立ちます。  右)ジャノメチョウ:地味で臆病です。かなり後翅が欠損していて臆病なのも無理はありません。 

 周囲はかなり木が茂ってきていますが、ポイントの山々は見えます。西に遠く能郷白山、手前右下が日永岳です。右周りで眼を転じると白山乗鞍岳御嶽山‥のはずですが、雲がかかっていました。では二つ目の謎解きに御坂峠へ向かいましょう。












 今日は、地図の左下の駐車場から「登山遊歩道」を辿り高賀山に登頂。そこから降った所の御坂峠が、上の写真です。
(13:30)

 写真左の暗い尾根道を登り、峰稚児神社へ向かいます。そこから入り組んだ道を南下し、宮下林道に合流し東屋から駐車場へ戻りたい。

※左地図は東屋にあり、そこが現在地になっています。

10分の急登で峰稚児神社(ミネチゴ)。小さく見えますが、2mの大岩上に2mの祠です。
石段があり岩上で礼拝できますが、展望は望めません。

ここは高賀神社の奥の院であり、江戸時代には円空さんが雨乞いの祈祷をしました。
毎年4/29には、子供の守り神として子供神楽が奉納され、登山大会も同日開催されます。
(13:40)

この広場からいろいろな方向へ道があり、10分ほど探索しました。
結局、上写真の御坂峠まで戻り、尾根道の右隣にある山腹道を歩きます。
その道は地形図にも載っていますが、最近笹刈りされたようです。





 絵地図ではV字形の道で、その尖った場所がこの写真。赤テープがあり、笹刈りの道を降ってみました。すると‥
(14:00)
 尾根の突端に出て南の高賀川への展望地に出ます。古いテープが崖下に続いていましたが無理せず戻りましょう。
(14:05)

 V字道の探索をさらに続けます。崩壊地には新しいロープがかけられていました。その先で疲れが出て探索は中止。

 斜面を這い上がり、峰稚児神社経由で御坂峠まで戻りました。
(14:50) 



 探索に費やした時間は1時間。謎も答えは出ませんでした。日が短くなり、森は4時には、もう薄暗くなります。

 駐車場が見えてきました。車で少し降って高賀神社で参拝して帰りましょう。
(16:10)


東海岳行

    “バンドの弱点”
 
 今年の3月に学生時代の旧友、ヴォーカル森井、ベース稲田からメールがありました。ヴォーカル森井は関東で公務員を退職し、4月から北陸で先生になるという。そんなルートがあるのかいと言う感じです。ベース稲田は定年延長し、そのまま尾張で会社勤めしています。

 昨年「ちょっとミッシェル」(08年4月)のコンサートを今年は名古屋でやりたいと述べている。私たちは学生時代、ビートルズのコピーバンドをしていました。そのコンサートでは♪ミッシェルなどを3人で9曲演奏しました。彼らはヤル気でもちろんギター山たまごもいいよということで、4月から練習開始。

 ベース稲田が仕事終わりに私の家へ来て、新しく選曲した10曲を二人で合わせます。毎週やるのですが、早弾きに指が付いていかない。曲の構成が覚えられない。例えば「一番・二番・間奏・一番の繰り返し‥」でも少しづつ内容が変わるので難儀です。ギターのメロディが覚えられない。歌詞も覚えられない。



 記憶が迷子になり中々思い出せません。2時間もやってると気力の電池が切れてしまう。昨日より今日、何かを得ることが「成長」と言うなら一日一日何かを失っていく。我々は‥そう「老化人」。まあ、ややこしい曲はやらなければいいわけです。

 6月予定のコンサートは伸びに伸びて8月下旬(日)に名古屋の貸しスタジオで決行。その前に何度かヴォーカル森井が来名し、3人で貸しスタジオで練習をしました。若くてうまいバンドが、バシバシ演奏しているのが聞こえます。オジサン・バンドは始めグズグズでしたが、幾度か練習すると何とか様になってくる。

 ところで誰が聴きに来るのか。中心は旧友でしたが、名古屋までの集客は困難を極めます。10人の予定が、前日までに5人に減り、当日蓋を開ければ3人。しかし、ご陽気に『わん・つ・すり・ふぉ!』で開始。昨年演奏した曲を含め20曲ほどです。3人対3人ですから緊張することはないのにとちってばかり。



 ♪イエスタディでは、ヴォーカル森井から私のテンポが速いとクレームがつく。♪レディ・マドンナは、コーラスをするとリズムが狂うのでギターに専念します。

 その曲が終わるとボーカル森井が拍手をくれた。身内で慰め合う。最後の♪イエローサブマリンでは3人とも間奏で迷子になりどこにいるのかこんがらがる始末。

 皆で打ち上げに向かう車中、来年もやるのなら作戦を考えなくてはいけないと話し合いました。「大焼きそば会」をやるので来ないかと誘いをかける。そのアトラクションでオジサン・バンドが演奏をするとか、私たちの演奏で歌ってもらうとか、奇術をやるとか‥



 名古屋栄の打ち上げで飲んだ「キリンフリー」は、キリンのプリウスと評価が高いけど酔えません。翌日私は、高賀山。ベース稲田は仕事。ヴォーカル森井は名古屋で用事。ところが私とベース稲田は、別の発表会にエントリーしているので、その練習を再び開始しなければなりません。

 この日の曲目を忘れることは簡単だけど、また新しい曲を覚えることは容易ではない。でも老いの坂も友と歩けば楽しいものです。
2009.8.26/11:15